木工屋CAN(俗楽坊勘介)

福岡赤村
草木染木工CAN工房
JAZZカフェ 風の杜(水休)
0947-62-3277
焚き火と外飯

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「風雨の牡丹見学」

2012-04-30 21:19:31 | Weblog
 
朝から横殴りの雨が降っている。
古い館なのでこういうときは雨漏りがする。
迷わず臨時休業に決めた。
昼過ぎ雨は小降りになってきたが風は相変わらずだ。
友人の牡丹園の黄色の牡丹が気になったので電話した。
「大丈夫、まだ見れるよ」とのこと、早速出かけた。
黄色の牡丹とご対面、淡い黄色が雨に濡れ美しい。src="http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3f/59/aa286bffece289223ab55e09278935ff.jpg" border="0">






コメント

  オイラ的偏見と要らぬお世話三昧

2012-04-29 19:47:42 | Weblog

世の中には変わった人がいる。
1、 タバコを吸いながら健康の話を熱心にしている人。
そういう人は健康に関してかなり勉強している。それでもタバコはやめない。
2、 私ベジタリアンよと言いながら生クリームやバターたっぷりの
ケーキやお菓子を食べている人。
こういう人は安ければイイと農薬まみれの野菜を買っている。
3、 血圧が高いといいながらもお酒を控えない人(オイラに似ている)
こんな人はお酒を飲む言い訳が凄く上手い。だが誰もその言い訳を信用していない。
4、 食事の量を減らしてダイエットしていると自慢する人。
そんな人に限って、お菓子をバリバリ食べている、しかも油で揚げたお菓子だ。
たいてい数ヵ月後にはダイエット以前より太っている場合が多い。
5、 私コーヒーにはうるさいのよといいながらお喋りばかりして後で気づいて
冷めたコーヒーを一気飲みしている人。あなた猫舌なのね(笑)

そうそう、TVで違いのわかる人か男だったか、そんなインスタントコーヒーの
コマーシャルがあった。違いの分かる人はインスタントコーヒーは飲まないだろう(漠)

変わった人=変人、、、、なるほど、、、。
みんなと同じじゃ面白くないけど、明らかに可笑しいのは嫌だねぇ。
個性的と変人は似ているようで全く違うのだ。

タバコを吸うのは個人の勝手だ、その人が肺癌になろうが喉が悪くなろうが
オイラの知ったことではないが、灰皿を汚されるのは嫌だなぁ~!

ランチの献立を聞いてランチ以外に何かないですかと聞くので
素麺セットならできますというとOKした。
うちの素麺の露にはイリコがたっぷり入っているのだ(笑)
化学肥料まみれの土壌では地力が弱く、ミネラルやビタミンの多い野菜はできない。
販売している野菜の95%はこういう野菜だ、しかも農薬で厚化粧している。
ベジタリアンで通したければ自分で野菜を育てることだね。

オイラが鹿や猪を食べている話をしたら顔をしかめるご婦人がいた。
話を聞いてみると極上の霜降りの牛肉などを食べているらしい。
抗生物質をたっぷり食べて育っているのでさぞや美味かろう(笑)

十人十色、人は人、要らぬお世話は押し付けないようにしましょう。



仲良く楽しくいきましょう~!

コメント (2)

 我が家の春

2012-04-29 07:34:07 | Weblog
赤の八重桜が雪の降るごとく散り始めた。
桜の横の坂道はピンクの絨毯となる。

草が随分伸びてきたので草刈をした。
急な斜面なので足場が悪く刈りづらい。
背負い式と肩掛け式の草刈機を使い分け、
踊るがごとく振り回して刈っていく。
元気は余っている、程よい汗をかいた。
今夜の露天風呂は格別だろう。

新緑が眩しいくらいに周りに広がっている。
ご神木の葉っぱも随分目立ってきた。

ガビチョウが煩いほど泣き喚く。
(ガビチョウは台湾からの帰化鳥)
連休に突入した、忙しくなってくれることを祈る。
それにしてものどかだなぁ~。

草刈した斜面は画像で見るより急勾配

コメント

 牡丹尽くし

2012-04-27 22:29:12 | Weblog
 
義母(妻の母)を誘って牡丹園を見に行く(二度目)
今回は満開状態で素晴らしかった。
赤、白、ピンク、黒(濃い赤)、紫、紅白、、、、、。

大輪、小輪、八重、一重、などなど、すごいの一言。

今年はまだ黄色を見ていない、も一度行きたい。
早咲きは終わりだが、遅咲きが咲き始めている。
それにしてもこれだけ(100種以上)を管理、手入れするのは大変だろう。
美しいものを見たのでオイラの心も浄化されたかも?
牡丹に関連して偶然とはいえない出来事があった。
先日焚き火と外飯の会のときお土産で日本酒をもらっていた。

高地の司牡丹の原酒だ、17度以上、純米大吟醸。
〇五年、五月、三日製造、寝かせてあるのだ。
グラスに注ぐと黄色で幾分濃い、どっしりした美味さだ。
ドイツワインのトロッケン・ベーレン、アウスレーゼみたい。
そして、今日、友達が四国のお土産にくれたのが、なんと。
「船中八策」だ、同じ司牡丹酒造製の純米超辛口。
これは水みたいにスッキリしていくらでも飲めそう。
それにしても牡丹を見た後に牡丹と名の付く酒をもらえるとは、、、。
これは、運気が上昇してきた証ではないだろうか。
きっとそうに違いない、いや、そうだ、飲まなくては、、、。
ありがたい、嬉しい、ツイてる、ラッキー!
ムフフだね。
コメント

懐かしいもんメッケ

2012-04-25 19:53:16 | Weblog

昼前から雨がポツリ、ポツリ、農作業を中止(田植えの準備)

古いPCをいじっていたら作品の画像があった。
旧友に会ったような気分だ(笑)

酒樽のベンチ  長さ106   幅30   高さ38
 福岡市内の鮨屋の待合にある

船底のベンチ  長さ173   幅29   高さ21
http://blog.goo.ne.jp/admin/newentry/#
 思い入れがあるので手元に置いてある
柳のベンチ    長さ118   幅40   高さ38
 大阪にあると思う(たぶん)












コメント