かんちゃんSr.のオヤジな日々

還暦を迎えました。興味のおもむくままに生きています。花柄とチェックを愛しているオヤジです。

好きな仕事を活きいきと

2016年08月31日 21時09分17秒 | 日記

僕の社会人生活は、2回転職をし、3つ目の現在の仕事に就いて、来月で丸18年だ。適正ということを考えるならば、定年退職を挟んで、この2年半が最もストレスがないかな。
これまでは、達成感以上に苦しさが勝る仕事ばかりだった。
断酒という決意をしてからも、精神的に紆余曲折があったが、早起きをして、新しいアイデアが浮かぶことも、多くなった。本当の定年退職まで、続けられるかどうか。

子ども2人は、洋服の仕事だが、息子の方は、高円寺で一番売れている古着屋勤務。
例は変だが、パクチーという野菜。好き嫌いが、真っ二つに分かれるように、古着も受け入れる人と反対の人が分かれている。僕は大好きだけどね。ただ、現行で流通している商品ではなく、場合によっては、100年も前の服も扱うわけで、商品知識がハンパでは務まらない。

盆休みに、隣県まで息子と墓参り行った帰途も、同業他社に寄るほど、洋服の仕事が好きなようだ。

親とはいえ、子どもの仕事に口を出す資格はないが、3年間専門学校に無欠で通い、縫製の技術を身につけたから、だんだんそちらの方向に近づいて行けたらいいなあ。
だが、何事も修行。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

虹がでた

2016年08月30日 21時28分36秒 | 日記

台風10号が、東北地方に進んだあと、仕事が終わり、スクールバスの停留所で虹を見た。

明日で8月も終わりだなあ。
関西旅行が過ぎ、いまひとつ勤労意欲が湧かないが、前向きにやろう。

♫虹の向こうは 晴れなのかしら
あなたの町の あのあたり〜
『虹をわたって』歌・天地真理(僕より4つ年長)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

特殊メイクと背中ジッパー

2016年08月29日 16時57分28秒 | 日記

周囲に影響されやすく自我がないので、わずか3日間の関西旅行のあと、埼玉の私鉄駅のエスカレーターの右側に乗っていた。

 

大阪は刺激的だった。特に大阪のおばさまはポップだ。もう何年も描いていない絵を描いてみた(自慢ではないが、僕の妹はイラストレーターだ)。

大阪では、もっぱら地下鉄と環状線を利用したが、環状線の方がポップ度が高い。まず60代は後半であろうかと思われる婦人。比較的ぱっちりした眼の上、0.7㎜程の細い曲線、自分の眼を疑うほどシュールだった。

下の背中はまた別人。デニム地ではなかろうと思われるが、Gジャン型のジャケットの背中に、服の色とは関係のないジッパーが縫いつけてある。言うまでもなく、ジッパーは何ら機能を果たしていない。

大阪のおばちゃん=豹柄、とは世に知れわたるところだが、そんな画一的な観察では、大阪のレデースファッションは語れない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

だいたい東京

2016年08月28日 20時50分00秒 | 日記

西宮あたりに行くと、大阪なのか兵庫なのかよくわからない。神戸元町まで足を延ばすと、はっきりと兵庫県に来たと認識するのだが。

関西旅行の初日に、現地ガイド(母校の後輩)が、鶴橋に案内してくれた。鶴橋に本社をもつ会社に勤務する男だ。週4日通うという居酒屋に案内してくれたのだが、僕の中の鶴橋のイメージを覆す洒落た店。マリメッコのエプロンがトレードマークの、京ちゃんという若き女将が切り盛りしている。

顔が広い現地ガイドは、僕を知り合いに紹介するが、「この人は、東京から来たと言いますが、実際には埼玉県民です」と説明する。
関西人には、東京も埼玉も境界は判らないだろうに。埼玉県、だいたい東京だからね。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

大阪 神戸のメモ

2016年08月27日 22時27分57秒 | 日記

大阪歴史博物館から窓外の大阪城を望む。下は馬場町。
歴史博物館はNHK大阪に隣接。1〜2時間では見きれない。

JR甲子園口 野菜バル・ルマーケ
オーナーの小川さん(息子の同級生)。契約農家から取る寄せた野菜とパスタの店。パンも自家製。ランチのコースを堪能。

神戸 三ノ宮 餃子専門店・ひょうたん。メニューは餃子のみ。味噌につけて食べる。撮影者を含み、5名で8人前56個。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加