かんちゃんSr.のオヤジな日々

還暦を過ぎて3年目。興味のおもむくままに生きています。花柄とチェックを愛しているオヤジです。

オブリガードな夜

2016年10月31日 21時50分29秒 | 日記

昨夏、自然発生的に誕生した職場の6人会も数えること7回目の会合となった。

いつの間にか、僕が毎回の幹事となり...
今夜はブラジル料理店で、シュラスコである。
職場では、身分も担当も異なる面々だが、そんなことは関係なく和みます。
意気込んで臨んでも、肉はそんなに食べられるものではない。焼きパイナップルを食べながら、頭の中ではPPAPのメロディが巡ります。

広島出身のメンバーから、帰りにおみやげをいただく。何とお礼を述べていいか分からない。
コメント

夏の疲れ

2016年10月30日 23時20分35秒 | 日記

平日は目覚めると、大体が4時45分です。1時間ほどボーっとしながら動いているが。
休日だからといって、起床時刻は変わらないが、今朝の目覚めは7時45分。体調は悪くないが、季節の変わり目が身体に響く齢になったということかな。

午後、上り方面の西武線に乗ろうとした時、ぱっちり目が開いた。
KPPトレインには乗り飽きたところで、ワタナベNのハロウィントレイン。強インパクト‼︎
コメント

ドトールで最果タヒ

2016年10月29日 18時01分12秒 | 日記

少年期、僕が親しんだ詩人たちは、おじいさんになるか、鬼籍の人になってしまった。
最近、妹から教えてもらった最果タヒ、若いがちゃんと暗い、と評判。僕の子ども世代の詩人だが、その言葉が胸に刺さる。哲学はしたことはないが、哲学の域または、禅問答テイストも匂わす新しい詩なのだ。

死者は星になる。
だから、きみが死んだ時ほど、
夜空は美しいのだろうし、
ぼくはそれを少しだけ、期待している。
きみが好きです。
死ぬこともあるのだという、
その事実がとても好きです。
「望遠鏡の詩」の一部

文庫化されている詩集もあるが、どの書店でも在庫切れ。川越のヴィレヴァンでやっと、最新詩集を入手した。
贅沢な休日の時間、を気取っているわけではない。本屋からの帰途、ドトールで読んでいます。
コメント

100本目は湊かなえ

2016年10月28日 22時50分37秒 | 日記

100本目の鑑賞は文化の日あたりか、と想定していたが、仕事が早く終わったので。

湊かなえの作品を読んだことはない。
であるから、湊かなえ原作の映画化作品での比較しかできないのだが。今作は時流に迎合しすぎた感がある。
とりわけ中年男性の画一化した取り扱われ方には、笑うしかない。
リアル高校年代に、適役を見つけられなかったのか本田翼、山本美月の高校生役は無理があるかな。特に本田翼に凄味がありすぎ、という意味で。
観たかった作品には変わりはない。
11月は半ば辺りから、公開ラッシュです。
コメント

渾身のチャーハン

2016年10月27日 22時01分03秒 | 日記

有給休暇を2時間分取得し、家事をした。
チャーシュー、長ねぎ、メンマ、卵でチャーハンを作る。
カレーピラフっぽい色合いになったが、なかなかの味を出す。
もやしスープも作った。
自分で料理をする時間的余裕もつくりたいね。
コメント