かんちゃんSr.のオヤジな日々

還暦を過ぎて3年目。興味のおもむくままに生きています。花柄とチェックを愛しているオヤジです。

安いのなんの 福来門

2015年04月30日 20時37分03秒 | 日記

JR高円寺駅の改札口を出、約30メートルばかりの高架下向かいの店。
この店の変わっている点は、店頭のサンプルは、それなりの普通の値段であるが、店内には安値のメニューがてんこ盛りになっており。
きょうで、独立独居ちょうど半年の息子とディナーをした。
父はアイスジャスミン茶×2、子はビール中生×3。料理はもう食べられません、のバラエティーで、千円札×3である。もちろん合計額。
来る日曜日に会う約束の息子の後輩が、ネパールから帰れずにいることを知る。心配である。
コメント

海を見ていた午後

2015年04月29日 22時30分42秒 | 日記
連休初日、鎌倉や湘南方面は、人で溢れていることと思い。日の出桟橋から水上バスに乗船し、台場に向かう。

約600人収容の船は、中国人ツーリストで占有され、まるで香港湾でレストラン船に向かうボートの中のようだった。
お台場海浜公園で、人生初のプレーリードッグに遭遇する。あの愛らしい小動物は、一体何の仲間なのか?

そして、インディアンカレー店で、バイキングに一瞬テンションをアゲたが、そんなに大量に食べられる筈もなく、海を見ながら、しばしボーッとする。浜辺では、タヒチアンダンスのパフォーマンス。
一体ここは、何処なんだ?
コメント

ミヤシンの教え

2015年04月28日 20時00分05秒 | 日記

14歳 中学2年の時の担任だった宮嶋真一郎先生が、昨日他界された。僕らは、愛情を込めて、ミヤシンと呼んだ。
ガキだった僕らの精神のよりどころだった。
ミヤシンの英語の授業のこと、そして諳んじるように命じられた、W.ワーズワースの詩『虹』は、きょうの昼間に習ったことのようだ。
高2の時、先生は学校を去る。僕らはみな、高校生活が中途で終わった気になった。
それから先生が目指されたのは、障がいを持つ人たちとの、共生、協力、共働であった。
今日からミヤシンはいない。でもミヤシンの教えが、僕の魂を掴んでいる。
コメント (2)

禁断の『ニンフォマニアック』

2015年04月27日 19時31分50秒 | 日記
投票権をいただく一市民として、市議会議院選挙に出かけた帰りに、久しぶりにレンタルDVDを覗いた。
えっ?この前、映画館で観たところなのに、すでに店頭に並ぶ作品の数々。以前より、劇場映画がDVDに化ける速度が加速している。

そして、表題の作品vol.1~2を借りる。
とうてい肉食系には見えない、シャルロット・ゲンズブールが、飽くなき性の探求者を演じるギャップに目が点になる。
人は、何かに依存せずには生きられないとはいえ、欲しがり続けた自分史を、静かに語るヒロインの凄味に、恐怖さえ覚え、鑑賞意欲もにわかに減ズ(ブール)。何しろ240分の長編なのだ。
それにしても、エンプティーとは言わないまでも、クライマックスは何とかならなかったものか。監督、力尽きたのか、それとも、如何とも し難い人間の業を、ストレートに見せたかったのか。
コメント

扱いは極めて小さく

2015年04月26日 17時07分16秒 | 日記

ショーとガチの要素が、4:6くらいの微妙なさじ加減で成立しているという意味で、僕はプロレスを愛している。
後楽園ホールでジャイアント馬場が最後に闘ったのは、僕が転職した年、1998年12月である。子ども2人を連れて、馬場さんを見に行ったのは、その2年前。その時すでに馬場は、人の助けを借りないと、ロープをまたげなかった。
昨夜は、後楽園ホールにて、馬場の最後の対戦相手 渕 正信(還暦超えてます)の、勇姿を拝んだ。セミファイナルの10人タッグマッチにおいて、渕が見せ場を作れるよう、ほか4人が細々と動く、プロレス互助組合だ。

帰宅後、購入したパンフレットで復習をし、きょうはスポーツ新聞で、余韻を楽しもうとしたのだが、昨夜の8試合は、わずかに上の写真のごとき扱いだった。
コメント