かんちゃんSr.のオヤジな日々

還暦を過ぎて3年目。興味のおもむくままに生きています。花柄とチェックを愛しているオヤジです。

海辺の生と死...疲れた

2017年07月31日 22時19分33秒 | 日記

満島ひかり、素顔に威力あり、という点を除いて、疲れるのみの作品だった。

戦争終結前月の7月、特攻戦隊長の若き海軍士官は、奄美群島の島で戦闘配置に着いている。島にはこれまた若き小学校の教師がひとり。未来に希望を持てない二人だが、必然の成り行きで、恋におちていく。

疲れた点①
この作品の中で、徹頭徹尾、女先生はメソメソしている。
疲れた点②
二人はなかなか結ばれない。
疲れた点③
帝大出のインテリ海軍士官は、文学が主専攻で、島唄に興味を持つが、軍人と文学青年との心的せめぎ合いの描かれ方が中途半端。

テアトル新宿、日曜の夜の回は満席で、
この作品への期待度は高いのだろうが、
2.5時間余りは、いかにも長すぎた。
新宿に居ながら、奄美の自然が満喫できた点で、良しとしなければ。
コメント (2)

阿波座にて

2017年07月30日 21時23分50秒 | 日記

出張パックの大阪行きは、あっけなく終わり、明日からまた仕事だぁー。
カラクリは大体想像の範囲だが、ホテル付きパックは、新幹線の往復運賃より安いという点は、驚くしかない。

今回のホテルは、市内西区 地下鉄阿波座駅のすぐそば。景色としては、高速道路が見えるだけ。
決して不潔感はないのだが、どことなくしみったれた印象がある宿だった。だって部屋のデスク上のメモ用紙、1枚しかないんだぜぃ。

朝食付きという点は、認識していなかった。
ビジネスホテルの朝食タイムの不思議は、開始時間には満席で、客の食べも佳境に入っていることがよくあること。今回も然り。
全く期待していなかったのだが、バイキングでは、和洋の列がそれぞれある。当該ホテル、朝飯に経営魂を傾注していたのだね。
和メニューの中に、母が生前好んでいた、茄子の煮びたしを発見。
コメント

本店マニア

2017年07月29日 18時44分32秒 | 日記

2012年の広島行きにて、高級ベーカリー・アンデルセンの本店に入って以来、本店入店には、ある種のゾクゾク感を覚えるようになった。
その後、神戸ではDONQの本店で2度ほど、お茶をした。
今回は、神戸元町を中心に本店巡り、
冒頭写真は、
言わずと知れた高級子供服。孫ができたら利用したいが、その気配は、微塵もない。

ケーニヒスクローネ。前回訪れた時は、
古く狭い店であったが、改装されていた。
外国の街にきたようでは?

風月堂、喫茶室がすこぶる居心地よし。
プティゴーフル缶の絵柄のバリエーションが豊富であった。
コメント

少っち食べる

2017年07月28日 22時53分54秒 | 日記

神戸に行き、必ず立ち寄る中華店で焼鶏、麻婆豆腐、水餃子を食し、南京町にて亡き先輩のお嬢さんが営む店で、木苺のジェラートを味わう。
神戸新聞社ビルの階下にある、マリメッコの店舗を見学してから、母校の後輩の案内で、宿をとった阿波座を経由して鶴橋に移動した。

本日のクライマックスは、後輩が常連となっている店で、スコッチエッグをご馳走になる。ブログ日記にも書いたが、スコッチエッグは、僕の中での最高のデリカシーである。その美味さに感動。

以上、一日のメモ。関西息抜き旅行での定番コースである。

ジェラート@クラレット・神戸南京町
スコッチエッグ@在邦(ジェイバン)・鶴橋
コメント

1泊なのに

2017年07月27日 22時04分13秒 | 日記

母の生前から計画し、チケットも取っていたので、一泊で大阪に行って来ます。
2年に一度、夏に関西方面に行っていましたが、今年行くことで毎年になりました。

小学生の遠足の時から、荷物をまとめるのが苦手です。今回も2個口になっている。
旅慣れた人なら、1ヶ月くらいの旅をこの程度にまとめるだろうに。

現役バリバリ管理職でもなし、なにもパソコンまで持参しなくても、よいわけですが....
1泊なのに。⤵︎
コメント