つれづれなる・・・日記?

日常思ったこと。興味/関心事を気ままに書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『危険なアネキ』第3話感想?

2005年10月31日 | ドラマ(過去分)
このドラマはどこに行くんでしょうか?

お気楽ドラマだと思えばOKなのでしょうか。

今回はさおり(釈 由美子さん)の話
ありえないことがいっぱいあるすぎて・・・なんですけど。
まぁ、そこはドラマということで割り切って、思ったことをつらつらと。

職業の話。
2話の感想でも書いたけど、両方するのはかなり、相当きついはず。特に看護士は時間が不規則だから。
いつ寝てるのって話になるし。

話を知ってるなら、聞いた時点で最初からそうしとけばよかったような気がするんですが。さおりも看護士ができればいいって話であればですが。
正看という立場がほしいから、さおりもがんばってこの状態でやってきたのかな?
あと、黙認した方の責任は?普通はとらせれると思いますが。

キャバ嬢=悪は偏見ですよ。どう考えても。
コンビニと同じ処分にするって案が妥当でしょうね。迷惑かけたならいざ知らず。ちゃんとしてるということであれば。
キャバクラに行ったことがない人か、行ってえらい目にあったことがあるなら、キャバクラ=悪って流れもわからないでもないですが、それ以外は言っちゃだめでしょう。

少なくともあの会議に出てる人はああいうところに行って遊んでる人が多いだろうし・・・。これも立派な偏見か(自爆)

借金⇒風俗⇒キャバ嬢というのもね。安直というか・・・。
で、借金はいくらなの?寛子(伊東美咲さん)以上ってことかな?

前に書いたけど、3000万円を30万円の分割で返したところで、利子だけだって。

小春(濱田マリさん)のあのシーンは・・・。なんとも言えんものが(爆)

寛子ワールド全快のようで。おれならついていけない。
周りをわかってやってるなら、とんでもない策士だと思うが、どう考えてもそうではなさそうで。これからもこんな感じなのか?
ただ、美咲さんがうまいか下手か置いといて、はまってる感はしないではありません。少し言葉を含ませているのは、わかってやってくださいませ。

勇太郎(森山未來さん)みごとに愛(榮倉奈々さん)の当て馬ですか。
愛にぜんぜんその気がないだけに、見ててちょっと悲しくなりましたよ(笑)
勇太郎には、なんか入っていけないものが・・・。

愛 loves 中村(平岡裕太さん)はわかっていたことですが、まさか、今回の件でさおりに行くとはちょっと予想外。これから中村は攻めるのでしょうか?
さおりは「さらっ」と流しそうな気はしてますけど、ちょっと楽しみ。

勇太郎 中村 (?) さおりと一方通行が複数あってラブコメになってくれるんでしょうか?

次回はその愛が主役のようです。
予告だけでありえないことがたくさんあった、やな予感はありますが「お笑い」なので何でもありか(爆)


過去の感想です。
第1回:『危険なアネキ』第1話感想?
第2回:『危険なアネキ』第2話感想?

危険なアネキ 公式HP
コメント (3)

1ゲーム目だけは◎、あとは・・・

2005年10月30日 | ボウリング
時系列が逆ですが。
午前の早い時間に5Gだけ投げてきました。

起きてから2時間くらい経ってたのので起きぬけってわけではなかったのですが、結構眠い中投げたら1Gはやたらとよかった。
でも、その後が・・。特に3Gの3連オープンのダメージがでかかった。
9カウントの後はしっかりとらないとダメですな。

次回目標(5G)
・ノーヘッド 8以下
・オープン 13以下
・2投目のカウントなし 5以下


5Game合計
ストライク15
スプリット
オープンF15
スペアー20
ノーヘッド10
ガター
AVE165.8



コメント (3)

諸見里さんシード取れた・・でしょ。

2005年10月30日 | スポーツ
ゴルフ・樋口久子IDC大塚家具レディスは宮里さんの今期5勝目・・は置いといて。

だって強すぎ。あれは競馬でいうとディープインパクトだわ。
付け入るスキなし。完勝ですな。
今日も、結局5バーディーノーボギー。そりゃ下はついていけません。
対不動さんはやっぱり宮里さんしかいないってことだね。
あとはミズノオープンに勝てれば今年は終わり・・でいいんじゃないですか?(爆)

で、それより気になってたのは諸見里さんシード権。
結局、2位タイ4人の中に入れました。
最後だけ見てましたが、18番の第3打はみごというしかないです。解説の樋口さんが絶賛してました。

これで、たぶんシード(賞金ランキング50位以内)は取れたでしょう。

まだ、確定してませんのでなんとも言えませんが、1255万円取ってダメだったら仕方ないでしょう。
でも、3戦で1200万以上ってすごいわ。
去年のさくらさんでも(3戦で)1000万ちょっとしかとれなかったわけだから。
(さくらさんは下部トーナメントに勝って+4試合の出場権を得たため、結果的には余裕でした。)

大塚家具レディス、宮里藍がV…賞金女王争いトップに

天皇賞(秋) 馬単GET!!(天皇賞結果)

2005年10月30日 | 競馬
ど高めです。ひさびさのホームランです。

久々に熱くなりました。内にいるのは、ま、まさか・・。って感じでした。
よく突っ込んでくれました。>ヘヴンリーロマンス。
もうずっと買い続けますよ。ミッキー(松永幹騎手)もしばらくは買わせていただきます。

でも、3連単もロブロイ軸なら取れてたりする。100万券が。
贅沢はだめですね。

これで今年の黒字はほぼ確定かな?

単勝 1 7580 円
複勝 1 1350 円
    12 970 円
    13 130 円
枠連 1-7 2200 円
馬連 1-13 12340 円

ワイド 1-12 14660 円
    1-13 3550 円
    12-13 2290 円
馬単 1-13 47290 円 200円GET!!
3連複 1-12-13 141100 円
3連単 1-13-12 1226130 円


秋の重賞予想&結果のリンクです。
レース名 購入額結果配当
ローズS予想結果¥3,000¥3,510
神戸新聞杯予想結果 ¥3,000¥5,200
スプリンターズS予想結果¥2,100¥430
京都大賞典休み 
秋華賞予想結果¥6,000×¥0
菊花賞予想結果¥6,000¥20,290
天皇賞(秋)予想結果¥7,100¥94,580

表のスカイブルーは馬券を取ったもの、黄色は取れなかったもの、白は回避。

 購入額計配当金額回収率
合計¥27,200¥124,010455%

(天皇賞(秋)終了時点まで)
コメント (4)

諸見里さん。目指せ単独3位!

2005年10月30日 | スポーツ
樋口久子IDC大塚家具レディースは2日目を終わって、宮里さんが4打差をつけて単独TOP。
まぁ、安全圏ですね。優勝は決まりでしょう。

で、このblogでは何度も登場している諸見里さん。
これが、諸見里さんにとっては今シーズンの最終戦。

今の獲得賞金が786万円。
シードを得るためには1200万程度が必要な様子。
(50位以内なら確定。実際、今年は51位まで?)
この試合で最低でも単独4位(420万円)はほしいところ。

TOPがいってくれれば、下はごちゃつく可能性大。
今日と同じは無理としても、-3くらいでいけば・・・。

目指せ、単独3位。

もし、シード取れなくても、アメリカ予選行くのかな???


『野ブタ。をプロデュース』第3回感想

2005年10月29日 | ドラマ(過去分)
毎度のことですが、殴り書きに

今までの中では1番よかったと思います・・が、1箇所どうしてもげせないところがあって。
こういうやつらは大嫌いなので、むっちゃむかいついた。
詳細についてはおいおいということで。

文化祭でお化け屋敷をするって話。
勝手に話が進んで信子(堀北真希さん)と彰(山下智久さん)の2人で・・ってどういうクラス?
普通クラスで出し物するときって文化部系は別しても、原則クラス優先じゃないのか?

修二(亀梨和也さん)は本当に断れない人みたいですね。あの気持ちはよくわかるような気がする。
でも、あそこまで、せんでも&よくスケジュールできたなぁと何の意味のない感心。

「楽しいことは後になってみないとわからない」のはまさにおっしゃるとおり。
「楽しい」ことをやってるときに感じるときって、すぐ忘れることの方が多いような気がする。
比べるものがあって「楽しい」わけだから、当然、「楽しくない」こともあるわけで。

不法侵入者がいましたよ。(笑)で、何で今になって彫りなおしに来たの?まったく訳わかんないんですが(爆)
高校だよね?中学で習うと「秀吉」の読み方は中学で習うと思うんですが???(爆)

最後のメッセージ。
カップル限定で、この案を思い出した信子>ナイス!です。相当、心に響くものがあったんでしょう。

そんな予感はあった。「めぐりあえたのは奇跡」ってのはあるだろうと思ったら・・。
お化け屋敷の最後ってのもどうかな?って気はしないでもないけど、本当に怖かったらいいメッセージなんでしょうね。

で、写真を撮って消えたときに???ってオチがに相当無理が。
あそこまでいろんなことができるものなんか?よくわかんないけど。江原さんでも呼んで解説してもらいたいものです。

修二に変化が・・。これからどうなっていくのか。
修二が実は一番、大きく変わるのか?・・と予感をさせるような、最後の台詞でした。

なにが、むかついたかって、最初ほっといて、できてみんながいいっていうから、何も考えずにお化け屋敷にクラスのやつら。
社会に出てそういう経験があるせいだろうけど、少なくとも、お前らに入る資格はない!
あれだけ、何もせんと、無視しといてよく入れるな?神経がわからん。
まだ、入らないって意地張ってる坂東(水田芙美子さん)の方が、やってることはよくはないけど、筋が通ってるだけ納得は行く。

過去の感想です。
第1回:『野ブタ。をプロデュース』第1回感想
第2回:『野ブタ。をプロデュース』第2回感想

野ブタ。をプロデュース 公式HP
コメント (5)

このblogの価値は2000万円以上?

2005年10月28日 | コンピュータ
blogの価値を How Much Is My Blog Worth? にURLを入れると算出してくれるらしい。

お遊びとして、面白いんじゃないですか(笑)

で、早速、このblog(http://blog.goo.ne.jp/k_kyj/)でもやってみました。

その結果がこれ

My blog is worth $191,943.60.How much is your blog worth?



だそうです。

1ドルを115円で計算すると、な、なんと、2200万円超!

90%OFFでいいので、だれか買ってください。出血大サービスです。(笑)

ただし、URLに数字があると0になるそうな。ご注意ください。

コメント (4)

『危険なアネキ』第2話感想

2005年10月28日 | ドラマ(過去分)
順番がむちゃくちゃですが、あげておきます。
だって見たのがその順だから。それもすっとばして見てるし。

お気楽に見れるといいますか、悪い方向ではないと思います・・が、月9だよな?これって。
月曜日の9時ってCXの看板だと・・・という固定概念を持っている自分が馬鹿なんでしょう。お笑いドラマだったんだ。これって。途中までは思ってました。

寛子(伊東美咲さん)の弾け方はきらいではないですが、単なる○○にしか見えない。
でも、そういうキャラ設定だし、周りを明るくするってことでよしとしないと、このドラマが成立しないし。
ただ、病院がキャバクラに来た時点で帰さないのは・・って店内に入れるのが間違いって話か。
その前に、病院に入るときもどうかと思ったけど、あの状態でどうやって病院を抜け出せたのかが謎。

勇太郎(森山未來さん)が一番好感がもてるし、うまいと思えるかな。今のところは。そもそも姉弟という設定が・・と思うところもあるけど、実は不器用なところはお姉さんそっくりってところですかね。

あと、話についてはいつもどおりスルーして、気になったキャストだけ。

また、何気にでてる佐藤さん。今回は本当に脇。正直でないほうがいいと(爆)
これから話にからむならOKですが、意味なさすぎ。

さおり(釈由美子さん)、看護士さんだったら、夜勤があるでしょうに。キャバ嬢とこのかねあいはどうしてるんだろう?いつ寝てるの?謎。
そこまで働くには、何か理由はありそうですね。まぁ、それは今後ってところか。
毎回思うが、釈さんのこの系の役は、似合ってるというよりは、そのまま。
そろそろこういうの以外(スカイハイのイズコのようなの)をやっとかないとイメージ固まるよ。

小春(濱田マリさん)がいい味出してます。あんなキャバ嬢がおったらそれはそれでおもろいと思います。しゃべらせたらまずは店内NO1だと。

こんなドラマでまじめに考えるのもどうかと思うが・・・
3000万を債権放棄してないのも謎・・ってのは第1話で言ってるけど、1回支払いが30万=100ヶ月。
一応、やのつく自由業さんで年利30%(安!)として、年の利子がざっと900万。(本当はもっとつくけど計算上)
1年に返すのが360万。さて何年かかるでしょうか(爆)
週30万なら、月120万、年1440万。これなら返せるな。

この視聴率が20%超えているのは月9だから?伊東さんだから?話がいいから?
いずれにしても、おれにはわからん。(爆)

追記:
キャバクラといえば、ドラマ「嬢王」がおもしろい。
テレ東なので見れない方が多いと思いますが、こっちの方がよっぽど展開とかはキャラとかがいい。
ちょっとエッチなシーンもあるけど、本質は1女性の成長物語かな?
大阪は木曜の深夜。スポーツニュースの後です。
時間がある方はぜひどうぞ。

過去の感想です。
第1回:『危険なアネキ』第1話感想?

危険なアネキ 公式HP

天皇賞(秋) 枠順と予想

2005年10月28日 | 競馬
今回の天皇賞はその名にふさわしく、天皇・皇后両陛下がご観覧されます。
天皇陛下として競馬場に見えられることは初めてとのこと。

さて、天皇陛下に関係なく、レースを考えましょう(爆)
枠順です。
11ヘヴンリーロマンス松永幹夫
12スズカマンボ安藤勝己
23リンカーン武豊
24ハットトリックO.ペリエ
35アサクサデンエン蛯名正義
36タップダンスシチー佐藤哲三
47ホオキパウェーブ藤田伸二
48キングストレイル福永祐一
59メイショウカイドウ幸英明
510ハーツクライC.ルメール
611ストーミーカフェ四位洋文
612ダンスインザムード北村宏司
713ゼンノロブロイ横山典弘
714スイープトウショウ池添謙一
715テレグノシス勝浦正樹
816サンライズペガサス後藤浩輝
817アドマイヤグルーヴ上村洋行
818バランスオブゲーム田中勝春


先週・先々週と軸馬がしっかりしてたので、予想も難しくなかったのですが、
今週は、「ゼンノロブロイをどこまで信じるか」で馬券の傾向は別れると思います。

で、自分の結論としては。
3着までには来るだろうが、勝ちきれない可能性大
という中途半端な結論(自爆)

さて、そうなると◎が難しくなるですが、一応、思い切ってテレグノシスにします。「一応」という言葉どおり、自信は全くありません。
テレグノシス自身はマイラーだと思ってますし、距離が長い感は否めませんが、左回り大好き!にかけたいと思います。

あとポイントとしては、牝馬をどう扱うかってことですかね?
エアグルーブのように明らかに強ければいいんですが、宝塚記念で勝ったスイープトウショウの場合は展開に恵まれたのは否定できないし、実績から考えてもそれほどの強さは感じてません。
宝塚記念でえらい目にあってことと、最近は毎日王冠より、宝塚記念の方が直結しているというデータもあり、牝馬中心の印になってます。
(それだけ、今の古馬の牡馬が頼りないってことの裏返しでもあります)
さて、とりあえずの印ですが

◎テレグノシス
○ゼンノロブロイ
▲ヘヴンリーロマンス
△リンカーン
×タップダンスシチー
×ダンスインザムード
×キングストレイル
☆スイープトウショウ
としましょう。(スイープトウショウは馬場は悪ければ消す予定)

さて、次にどう馬券を買うかということになります。
今回は、点数を広げても取れればOKくらいの気持ちで行きます。
人気はロブロイが1番人気なのは間違いないでしょうが、それ以外は、ある程度割れるでしょうから、取れればプラスは計上できると信じて。要は、全くわからんってことなだけですが。(爆)

テレグノシス から15 ⇔ 1,3,6,8,12,13,14 馬単 表裏とも 14点 各200円
ゼンノロブロイから13 ⇔ 1,3,6,8,12,14,15 馬単 表裏とも 14点 各200円
保険 1,3,6,8,12,14 の馬連BOX 15点 各100円


3連単だったら、テレグノシスの1頭軸マルチで印のついてる馬に総流しかな?
ただ、これだとあまりに点数が多いので、(126点)5頭(60点)までに絞らないとだめでしょう。なので、メモ書き程度にします。

なぜか7枠が非常に濃い面子になってます。
自信のない方は、7枠からの枠連なんていかがでしょう(笑)

秋の重賞予想&結果のリンクです。
レース名 購入額結果配当
ローズS予想結果¥3,000¥3,510
神戸新聞杯予想結果 ¥3,000¥5,200
スプリンターズS予想結果¥2,100¥430
京都大賞典休み 
秋華賞予想結果¥6,000×¥0
菊花賞予想結果¥6,000¥20,290
天皇賞(秋)予想結果

表のスカイブルーは馬券を取ったもの、黄色は取れなかったもの、白は回避。

 購入額計配当金額回収率
合計¥20,100¥29,430146%

(天皇賞購入前まで)
コメント (7)

『ブラザー☆ビート』 第3回 「三男の甘い誘惑」感想

2005年10月28日 | ドラマ(過去分)
今回は短く。あっさりと。

今回は純平(中尾明慶さん)の番。

よく言えば純粋無垢、悪く言えば単純というか世間知らずの馬鹿。
おかしいと思わないのがおかしいと。男の目から見ても思う。
女性がみんなあんなのとは思わないけど、電話だけって・・・出会い系とか詐欺とかしか考えられんけど。
そんなに世の中甘くはない。と毒男が言ったところで何も説得力ないけど(自爆)

陸(速水もこみちさん)はいったい何人と遊んでるだろうか?☆の数ってこと?

春恵(田中美佐子さん)はいったいどんなおかんだったんだろう?
ここまで良く育ったと感心しきり。
本当に気ままに生きてきたのでしょう・・としか思えない。

達也(玉山鉄二さん)に一目ぼれの知里(国仲涼子さん)。わずか30秒で玉砕!で。次回4話は国仲さんの回になる様子・・。

それに1回のゲストと思っていたら・・あれ?予告で出てきたぞ。
どうも、元カノとしてみたい。その板ばさみに達也があうのかいな?

このドラマは春恵を中心とした、親子や兄弟の話と・・・恋物語と思ってなかったんですが。いったいどこへ行くんでしょうか?

過去の感想です。

第1回:『ブラザー☆ビート』第1回 「長男の逆玉見合い」感想?
第2回:『ブラザー☆ビート』第2回 「次男のホストNo.1」 感想

ブラザー☆ビート 公式HP
コメント (4)

こういうバカはいくらでもやってほしい(笑)

2005年10月27日 | コンピュータ
玩具メーカーのタカラが非常にバカげた(100%誉め言葉です。お間違いなきよう)USB機器を出すことになりました。

ターゲットはもろに自分たち世代で、私も写真をみて物欲が見事に刺激されました。

記事で紹介された装置たち(機器)は
「ファイヤーランチャー」
「ストームブラスター」
「グリッターパネル」
「エマージェンシーボタン」

の4つの装置たち。

名前だけでも十分そそられるものがあります。

でも、実際は
「ファイヤーランチャー」→ ランチャー(キーボードについてるボタンを押すとアプリが起動するやつ)
「ストームブラスター」→ 卓上USB扇風機
「グリッターパネル」→ LEDパネル
「エマージェンシーボタン」→ Windowsシャットダウン用ボタン


と、今までに発売されたことのあるものばかり。
でも、写真を見ると、遊び心をくすぐるには十分なもの。

「エマージェンシーボタン」はマジで欲しいなぁ。

特に必要ってわけでもないけど、あったらおもろい。
ネタとして、1回は使える。それだけだけど。(爆)

写真が記事に出てるのでぜひどうぞ。

「射程距離に入った」「てーーーー!」──タカラがつくるとPC向けパーツはこうなる (itmedia)
コメント (2)

日本シリーズが・・終わっちゃったよ。

2005年10月27日 | スポーツ
まずは、千葉ロッテマリーンズ 日本一おめでとうございます。

4連敗ですか・・・。結果論ですが、勢いかな?

最終戦だけがまともで、あとはなんだったんでしょうか?
先発のできがすべて(ここで書きました)とは思っていました。が、井川選手がすべてだったような気がします。

でも、井川選手には悪いけど、やる前から負けるとは思っていた。
初戦井川選手ってのは采配ミスだと思います。
下柳選手か福原選手で初戦行くべきだったと・・。
まぁ、今となっては結果論でしかないですけどね。

来年やり直し、特にバントは。


コメント (2)

『あいのうた』第3回 「今日で性格ブス辞めます!?」 感想

2005年10月27日 | ドラマ(過去分)
某blogドラマより、こっちの方が笑えるもんなぁ・・。
たぶん、これと、1000ccは無理してでも見ることになりそう。

ネタばれ全開です。

自分から、あっさり「記憶喪失のうそ」をばらす洋子=愛ちゃん(菅野美穂さん)
最初からずっこけました。(笑)そんなあっさりばらすかって。

でも、房子(和久井映見さん)、もしかして当てずっぽ?
先週の流れからして確信をもってやってると思ってたら・・。あらら、違ったのね(笑)
ジムでも愛ちゃんと房子のやりとりもおもしろかったです。

亜希(山内奈々ちゃん)の「きもちわる」のつっこみは大笑いさせてもらいました。

お弁当の話で1時間終わってしまいましたが、今回はお弁当をネタにした「親子愛」がテーマかな?
自分の中学・高校と弁当でした。
まぁ、元々大食いなので、残すことはまずなかったですが、実際ああいう気持ちで弁当を作ってたんだぁ、とちょっと感傷にひたってました。
それはさておき、あいちゃんいいですよ。なんかやわらかくなってるし。
お弁当が残って悔しいところなんて、女性としてすごくかわいいですよね。
家族となじもうともがいてる(本人はそういう意識はないんでしょうが)のもよくわかるし。
さすが、菅野さんってところでしょうか。

あんぱんの件や頭をなでられる件等々、初回から思ってますが、性格ブスじゃないですよ。洋子は。
「ひねくれもの」と1話の感想で書いてますが、そうでもなく、どうも、洋子は相当なトラウマの塊みたいですね。
これからもそれは大切な要素して、いろいろ出てくる感じです。

話がそのままというか、予想どおりというか。
お弁当の話の残った理由も、最初に残ったのをみた時に、(箱が変わった時に確信したけど、そっち使えよ!ってつっこんだのは自分だけじゃないでしょう。(笑))そうだろうなぁと思ったら、そのままだし、優二(玉置浩二さん)が記憶がないのがうそだって気づいているのもそのままだったし。
でも、このドラマはそれでもOKのような気はします。

次回、乙葉さん=愛ちゃん(本物)で登場?ってどうも故郷に帰るようです。
次回もこんな感じでほんわか行ってほしいものです。

追加

演出を担当している連続ドラマ「あいのうた」(日テレ系水曜よる10時放送)の撮影現場での出来事を書いていきます!
大谷太郎さんのテレビドラマ「あいのうた」撮影日記
http://blog.goo.ne.jp/otani-taro

にありますが、ENDINGがあるらしいです。
まだ、出てません。いまの感じではこれからも出そうにないです。
DVD行きなんでしょうね。たぶんだけど。


いままでの感想です。

『あいのうた』第1回感想
『あいのうた』第2回 「幸せなんて私に似合わない」 感想

あいのうた 公式HP
コメント (4)

『1リットルの涙』第3回「病気はどうして私を選んだの」感想

2005年10月26日 | ドラマ(過去分)
非常にひねった感想のように思われるかもしれませんが、そう思ったしまったので、そのまま書きます。

いきなり本題ですが・・。

とうとう告知されました。
でも、一切悲しさを感じてません。
おや?と思ってしまうくらい。(最後の台詞と字幕はさすがにくるものがありましたけど)

自分で知ってしまうってのは、たぶん一番つらいものだと思います。
でも、親の立場だといいたくないのは当然で。
時代が違うし、歳も相当下で、ちょっと近い体験をした自分としては、動転するのはよくわかるような。
親、本人、医者の全部の立場がわかるだけに、いろんな感情が入り乱れてて、ちょっとしんどいなぁ。。。

あと、話の展開が速い。今回だけで3週間以上経ってるし。

今回は特にそんな気がしたんですが、できれば、露骨な泣かせは辞めて欲しい。
かなり、元の話からいろいろとついてるようです。
まぁ、実話を元にしたフィクションなのでそれはそれでいいんですが、このドラマは「前向きに」が最大のテーマだと思っていて、普通の亜也さんを描写してもらえればそれで。多少の着色はいるだろうけど、過度には辞めてほしい。

これから先は、亜也さん本人もですが、家族や周りが変わってくるはず。あくまで前を向いてほしいです。特に亜湖(成海璃子さん)がどう心境が変わっていくか楽しみです。
お母さん(薬師丸ひろ子さん)は、あいかわらずいいです。これからまた違った感じになっていくでしょうから、さらに期待大です。

次回はもうリハビリするようですが・・。
これからの亜子さんの前を向く生き方を見るだけで十分です。


過去の感想です。
第1回:『1リットルの涙』第1回 「ある青春の始まり」 感想
第2回:『1リットルの涙』第2回 「15才、忍びよる病魔」 感想

1リットルの涙 公式HP
コメント (9)

『鬼嫁日記』第3回感想?

2005年10月25日 | ドラマ(過去分)
今回も放送時間とは逆でアップします。

順不同で気ままに書きます。

今までの中では一番笑えたと思いますが、やっぱりしっくりこないものが。
原作のblogを読んでないからなんと言えないところがあるとはいえ、こんな嫁でよく耐えられると感心しきり。

頭の遅刻の件だけで、もうむかつきモード突入。
普通さ、遅刻の程度にもよるが、少しはあわてるだろうって。
後のシーンがのんびりしてたのも「おや?」とは思ったけど、普通は謝るだろう!

もう、blogがバレテルってどうよ。ご近所にも実際もばれてるのかな?
嫁が知っていて、嫁もblogを書いているって話は聞いたことがあるけど。

今回は「浮気」がテーマ。
男で未婚の自分としてはなんともわかりにくいネタではありますが、男側から見ればあの程度の対策はして当然。
テクニックというより、浮気するならそれくらいは・・ってレベル。

女性どうしが飲んでるシーンで「浮気」の話が出るのはいいけど、盛り上がるところでない。
前から言ってるように子供は常に一緒にいる必要はまったくないし、ああいう現場に子供はいたらだめ。いさせたらだめ。
親を見て子は育つのは、実体験済みだからああいう良くないものは後々きっちり子供に出ます。
実際、嫁のおかんがああだから、子どもも、ああなって、さらにその子も・・悪魔の連鎖か?(爆)

数少ない笑えたところ。
写真で女子高生のスカートの中を撮っているのと間違えてられそうになって言い訳してるとこ・・って笑うところでないかな?もしかしたら。
あと、あそこまで、頻繁に連絡したら着信も発信も自分で埋まることがなぜわからんのか?それで浮気調査?笑わさんといてくれ。あまりに馬鹿げてて笑ってしもた。
その割には、脇が甘いというか、つめ切れてないというか。。。

なんで、他人の家のことにあそこまで口出しするかな?「内政干渉」でしかないと思うけど。いくらなんでもやりすぎ。まぁ、ドラマだから着色してる部分は多いとは思いますが。
勘違いしないでください。浮気は肯定はしません。
というか、そういう状況下になってないからわからんってのが本音だけど、自分はできないと・・思います(自爆)
妻子もちの友人どもに聞いてみるか?(笑)

冴子(滝沢沙織さん)とあゆみ(井上和香さん)が、嫁の影響は受けているものの、思ったよりは豹変していないのは、せめてもの救い。
結局健次(永井大さん)は浮気の兆候もみせないまま、フェードアウトってところですか?(笑)

嫁の最後の台詞も、あの流れで言われたところで説得力のかけらすらない。
言うだけ腹立つし(笑)
言ってることとやってることがあまりに離れてるのは、おれにはやっぱり理解できんわ。


ちょっと脱線

沢村(小池徹平さん)は結局どうするんだろ?彼女は?そのうち逃げるぞ(笑)ちょっと気になる。
今回、川田さんいましたっけ?
ちゃんと見てないだけかもしれないけど、てっきりレギュラーだと思っていましたが。。。


今までの感想です。
第1回:『鬼嫁日記』第1回感想?
第2回:『鬼嫁日記』第2回感想?


鬼嫁日記 公式HP
コメント (3)