東十条探偵団2

明日は何を撮りに行こうかな?

五辧の椿

2015-02-26 | 季節の花
 何年か前、、、なんて呑気に思っていたらもう50年前なんですね
 岩下志麻さん主演で映画化された山本周五郎の「五辧の椿」。
 あれ以来ツバキを見ると花弁の数を数えるようになって
 いっぱいある、いっぱいある、、いっぱいある、、、あ!五弁の椿だ !!。




 

 山本周五郎のイメージとはちょっと違うような怖い話、
 岩下志麻さんもそれまでのイメージを捨て
 新しいイメージを作り上げた出世作ではないでしょうか。




 

 山本周五郎と言う名前は勤めていた銀座の質屋さんの店主の名前を
 そっくり借りたものらしい、そしてかなりの庇護を受けていたと云うことで
 この質屋さんがいなかったら山本周五郎もいなかったかも。



 

 ツバキの種類もいっぱいあってとても両手両足どころではない
 何人かの手足を借りてこないと数えられないくらいありますね
 小石川植物園の一角にはたくさんの椿を集めた場所があります、
 それでも十数種類だけど普段見ない花もあって楽しめますよ。




 今までの文字色がちょっと気に入らなくて、もうちょっと濃くなればいいんだけど
 今は手におえず
とりあえず”黒”にしてみました。
 これはTEXAエディタで記述<color="black">。HTMLで<color="666666">と書くと
 いい色になるんだけど他の所でちょっと支障が出るので今は我慢。
 いままでTEXAで書いていたのに続けてHTMLで書いてもいいのかなあ?。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 浅草散歩・千束(せんぞく)... | トップ | 雨に咲く花 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くぅ)
2015-02-27 09:37:35
椿というと、花弁がポトンと落ちて終わるお花の代表ですよね。
わたしもそんな終わり方したいなぁ。
でも、顔がポトンと落ちて終わりじゃないよぉ。

北海道では椿は咲かないのかな?
北限を越えているお花って、結構あるようなのです。
彼岸花など、皆さんのブログで知りました。

残念。
実物見たり撮ったりしてみたいなぁ~
くぅさん (jugemu)
2015-02-27 17:32:54
ツバキは首が落ちるようだから、、、と
武家に嫌われたという説はどうやら間違いで
庭にツバキを植えていた武家もあったようです。

そうですか、彼岸花は咲かない?
こっちに住んでると気にしたことも無かったけど
北限という問題がありましか。
ツバキの北限は青森県辺りらしいけど
そう厳密なものでもないので
どこかでひっそりと咲いているのかもしれませんね。

夏椿というのがあってツバキではないけど
花がツバキそっくり、これは見たことあるけど
雪椿というのを見たことない。
越後の方に咲くというけどこれは見たいですねえ。

コメントを投稿