東十条探偵団2

明日は何を撮りに行こうかな?

浅草寺ほおずき市'18

2018-07-12 | イベント

  ほおずき市は朝顔市が終わった翌日から、
  9,10日と決まっている、9日に行こうと思ったら朝からエリアメールが。
  雷注意報、大雨注意報、浸水注意報、そして洪水警報と続々、
  こりゃたまらんと言うわけで10日に行ってきた。


  

     朝からカンカン照り、最高気温は32.8℃。
     あちち、いや申し訳ないけど裏から寄せていただこう、
     広い浅草寺なので裏から行けば10分くらい違うだろう。




  

     この日お詣りすると四万六千日お詣りしたのと同じご利益がある、
     そしてほおずき市はこの日に合わせて開かれる。




  

     今日もカメラはコンデジ、重いカメラを持って歩く気はとうに失せた。
     カンカン照りの下モニターは白けて役に立たない、何が写っているのか分からない。
     顔を半分にしちゃった人ごめんね。




  

     さあ会場に着いた、
     何も見えないモニターで撮りまくるど~。




  

     気のせいかな、和服、浴衣姿がよく見られた。(探したわけじゃないよん)




  

     なんや大阪のおばちゃんみたいやな、
     鶴瓶が女装したらこんな感じ?。




  

     境内の休憩所、上からミストが降り注ぐ、、、甘露、甘露。♪




  

     ここも負けずに涼しそう。




  

     と、ここできれいなおねえさんに惹かれて横道へ・・・。




  

     浅草寺の右隣にある浅草神社、通称「三社さま」。
     初夏の江戸・下町を熱狂の渦に巻き込む「三社祭」はこの神社のお祭りだ。




  

     今年初登場「佐川男子」。
     朝顔市はクロネコが取り仕切っているので殴り込みかな。




  

     枝ほおずき、




  

     鉢植えのほおずき、




  

     そして風鈴、みんなニッポンの夏。




  

     「わたしお手伝いしてるの」。

     「だろう判断はダメ」、現場ではよく言われることだけど
     カンカン照りの下でのコンデジは"だろう判断"。
     写っているだろう、狙ったところが撮れているのだろう・・・
     ふたを開けてみると何とかなってたみたいで、ふぅよかった。

     このあと仲見世を冷やかしながら帰るけど、それはまた明日。♪

          data: 撮影 7月10日 浅草浅草寺ほおずき市 camera/Canon PowerShot G12
          

コメント

入谷朝顔祭り'18

2018-07-10 | イベント
  毎年行っている入谷の朝顔市、
  今は朝顔まつりと言っているようだけど今年も始まった。
  あの狭い所にみんなしてわっと押し寄せるから身動きもとれない、
  あの狭いところならコンデジもいいかと今回はコンデジで撮ってみた。


  

     広い幹線道路"言問通り"にはみ出して店が並ぶ、
     バックヤードは道路の上、背中を大きなトラックが走り抜ける。




  

     「どんな花がいいですか?」、
     カタログが置いてあってまだ咲いてない鉢もこれで選ぶ。




  

     バケツに浮かべた朝顔がきれい。




  

     真源寺の境内、
     善男善女が芋を洗う状態でお詣りをする。




  

     でもそこでもしっかり商売が。




  

     忙中閑あり。




  

     日本手ぬぐい、手提げなどの朝顔グッズ。




  

     小さくてバリアングルモニターのコンデジ、
     手を伸ばして上から俯瞰した画像が撮れる。




  

     客の切れ目でしばしの休憩。




  

     どれにしようかな、、、。




  

     そろい踏み。




  

     狭い歩道の上なので歩く人はすれ違うのがやっと。




  

     店によっていろいろなレイアウト。




  

     金鳥の夏、日本の夏。




  

     道路の反対側は露店が並ぶ、
     そういえば言問通りはスカイツリーの下から始まるんだっけな。




  

     露店を見ると今でも心わくわくね。




  

     やりたいな、どうしようかな・・・。

     ニッポンの夏、入谷の朝顔市は天候がちょっとアレだったけど
     いつものように賑やかに始まりました。
     私は二日目に行ったのだけどいつものように混んでいました、
     普段は乗降客の少ない地下鉄の駅もこの三日間だけは
     電車が着くたびたくさんの人たちがどっと吐き出される。
     一ついいことは駅を出たらすぐに会場、これは楽ちんですね。

     朝顔市が終わると翌日から浅草のほおずき市、
     ニッポンの夏第二弾です。

          data: 撮影7月7日 入谷鬼子母神:真源寺 camera/Canon PowerShot G12
          

コメント (2)

そうだ、富士山に登ろう!

2018-07-02 | イベント
  6月30日は富士山の山開き、
  小野照埼神社の山開きへ行こうと思ったが
  混むからなぁ、去年は雨にも関らず立錐の余地もなかった。
  そうだ、今年は近くの富士山へ登ろう・・・。♪


  

     富士山登山道の入り口、右のツタが這ってる岩の横が登山道入口です。

     初めにお断りしておきますがほとんど使ったことが無いコンデジをヘンな設定にして、、、
     色も何もあったもんじゃないけどどうせお笑いなんだから笑って見てやってください。




  

     さあ出発、一合目の合目石がしっかり立っています。




  

     続いて二合目、前に登ったグループの記念碑がありますね、
     冗談が好きなのは私だけではないようで・・・。




  

     まだまだ元気、足取りも軽く三合目通過。




  

     四合目、この辺りからやぶ蚊の猛攻に遭う。
     「世の中にかほどうるさきものはなし、ぶんぶぶんぶと夜も寝られず」、
     江戸の狂歌はうまいこと言うなあ、、、
     などと感心している場合ではないのだ。




  

     五合目。気のせいかな木々の向こうに人家らしきものがチラっと。
     気のせいだね、富士山の五合目に人家なんてあるわけがない。




  

     八合目、さあもう少しだ頑張ろう。
     やぶ蚊もいなくなった、空気が薄いから飛んでこれないのだろう。




  

     視界が開けt来た、池が見える人家もあるみたいだ。
     宮司さんの家?、あ、いや、何でもない。




  

     やっと頂上へ着いた、ヤッホー!。♪
     右の岩が頂上、いま登ってきた登山道が見える。
     正面から頂上を撮ったんだけど帰ってみたら無くなっていた、
     撮ったときちゃんと確認したんだけどなぁ。




  

     頂上付近には登頂記念碑がいっぱいある、
     笹をかき分け読んでみる。




  

     無事下山出来たのでもう一回登山道を振り返ってみる。
     2歩くらい歩くと四合目の石がある、普通に登ると頂上まで10歩も要らないか。
     ちなみに標高は約1.1メートルと言われているが・・・。♪
     冗談に付き合っていただきましてありがとうございました。




  

     この富士塚があるのは「小衛門町稲荷神社」、
     ベルモント公園のひとつ向こうの通りにあります。




  

     神社を出るとき空を見上げたらこんな珍しい現象が、
     私の富士山初登頂を祝ってくれたのかな。
     「ばんざ~い!」。

          data: 撮影6月30日 小衛門町稲荷
          

コメント (2)

長國寺あじさい祭'18

2018-06-18 | イベント
  すぐ近くの長國寺であじさい祭ということで
  曇り空の下ちょこちょこっと行ってきた。
  まあ去年とほとんど同じで目新しいものはなかったが
  普段目にすることがない変わったアジサイを見てきた。


  

     どうしてこの寺で行われるのかよく知らないけど
     浅草のあじさい祭として行われるみたい。




  

     浅草のゆるキャラの一人とおねえさん二人、「写真撮りますよ~」。
     客のカメラであじさいをバックにゆるキャラとか額縁とか入れて写真を撮るサービス、
     自撮りよりいい写真が出来るとみんな集まっていた。
     彼の名前は「ひさごろう」と、浅草ひさご通りが本拠地らしい。




  

     10時からということで10時半ごろ行ってみた、人出はまあこんなものだろうね。
     混雑して歩けないということはなさそう。




  

     ジューンブライドだろうね、かわいいブーケみたい。




  

     涼しそうな花だけど前日の最高気温は18.4℃、4月の気温だそうでせっかくの涼しそうなあじさいが。
     それはともかく今日見た中で一番のお気に入りだな。




  

     これはこれは目が覚めるようで、さすがピーチ姫。
     街中で見たらびっくりだね。




  

     いろいろな賞を獲得したあじさいたち。
     ウチの床の間に、、、あ、床の間なんて無かったっけ。




  

     こういう場所なんだからだろうけどカラフルなあじさいがいっぱい、
     かつてのあじさいのイメージとは全く違うね。




  

     さてと、あじさいに負けないおネエさんを撮って、、、と。




  

     当然かもしれないけど年配の人たちが多かった、
     こうして若い人たちが来てくれるのは嬉しいね。
     そして横の通路は屋台などが出てテーブルにはそこそこ若い人たちがいっぱい、
     やっぱり花より団子なんだ、どこまでいっても。

     このあと7月に入ると「入谷の朝顔市」や「浅草寺ほおずき市」など
     イベントが続く、そして花火大会もね。
     ここ2,3日寒い日が続くけど夏はすぐそこまで来ている。

          data: 撮影6月17日 台東区・長國寺
          


     大阪を中心に最大震度6弱の大きな地震が発生しました、
     女子児童など数人が亡くなり大勢の人たちが怪我をした模様です。
     朝の通勤時間帯だったため通勤の人たちを始め
     たくさんの人たちの足が奪われました。
     さらに電気、ガス、水道など社会インフラも被害を受け
     これからの生活に大きな影響が出るでしょう。

     地震はいつやってきてもおかしくありません、
     私を含めて日頃の準備はしっかりしておきたいですね。
     亡くなられた方のご冥福を祈るとともに
     被害に遭われた方の一日も早い復帰を祈ります。

コメント (2)

東京下町は燃えているか!

2018-05-19 | イベント
  天気予報に雨マークがついて心配したけど
  お天道さまが「わしも三社祭を見たい」と顔を出してきた。
  三社祭、浅草の浅草神社には約100基の神輿が集まってくるとか、
  東京下町に神輿と共に夏がやってきた。


  

     朝起きたときはまだ雨が降っていた、その後急速に晴れ上がり気温は急上昇。アチチ




  

     ピーヒャラピーヒャラ、テンツクテン、今日のお囃子は生演奏。




  

     さあ記念撮影をしてお神輿に向かいましょう。




  

     こども神輿、準備オーケーで~す。




  

     お神輿の周りはアリの這い出る隙間もない、これでどうやって写真撮るの!?。




  

     さあ大人神輿も立ち上がりました、浅草を目指します。




  

     さすが江戸っ子、凛々しいですねぇ。




  

     一部そうでもない人もいたりして、、、。




  

     今年の女性陣はぐっと若手を揃えました。




  

     早くもボクはお疲れモードかな。




  

     わたしも疲れちゃったな、つかまっているだけだけど・・・。




  

     わたしは大丈夫よ、こんなの軽い軽い。




  

     先行するお囃子チーム、情緒があっていいですね。ピーヒャラピーヒャラ♪




  

     近くの町会のお神輿が追いついてきました、
     たくさんの町会でそれぞれお神輿を持っているので今日はお神輿だらけです。




  

     こちらの女性陣はぐっと貫禄がありますね、
     明日大丈夫かなぁ・・・
     起きられないなんて言わないでね。


     ご覧のようにヒトでいっぱい、ほんとにアリの這い出る隙間もない、
     こんな中でカメラを持ってお神輿の横につくにはかなり勇気が必要。
     内気な私にはかなりの試練でしたが皆さんいい人ばかりで
     ぶつかっても邪魔をしても笑って許してくれました。

     お祭りっていいですね、日本人の原点だわ。(^O^)/

          data: 撮影5月19日 台東区千束
          

コメント (2)