東十条探偵団2

明日は何を撮りに行こうかな?

また問題が、この鳥は?

2018-11-20 | 鳥たち
  やっとコサメビタキの名前を見つけたあと
  百花園に行ったらまた見っけ。
  今度は鳴き声つきで「ツィ、ツィ」というか舌打ちのような感じ、
  結構大きな声であちこちから聞こえてきたが、、、。


  

     「ツィ、ツィ」とか鳴きながら飛んできた鳥、高~い木のてっぺんに止まる、
     あ、あの鳥だコサメビタキ。
     ここに住みついちゃったのかな、などと思ったけど・・・。




  

     何か一つ腑に落ちない、すっきりしない。
     ちょっと横顔を見せたとき、え?これってもしかして・・・。




  

     これってコサメビタキじゃなくジョウビタキの♀のジョビ子なんじゃないの?、
     あまり見ないからそれはそれで嬉しいけど、コサメビタキじゃなくがっかりしたことも確か。




  

     と、ここでカラスがとんできたので避難、さらに高い木に。
     あれぇジョビ子ってこんな高い木に止まったっけ?
     今まで見たときは手の届くくらいな高さでしか見てないぞ。




  

     でもなぁ見れば見るほどジョビ子、
     コサメビタキの目と違う、くちばしも違う、尻尾もちょっと違う
     なによりも羽根に白い斑点がチラと見える。
     と、またカラスが来て飛んで行ってしまった。




  

     諦めていたら向こうの方でさっき聞いたあの鳴き声が、
     声の方へ行ってみると、いたいた。
     でもここでコサメビタキの鳴く声、「声を聴いて探せる鳥ではない」とネットの資料、
     私は声に導かれ2,30歩歩いて見つけた、それに、、、。




  

     前と違って今度は目の高さに止まっている、この姿はもうジョビ子に間違いない。

     真ん丸のかわいい目、細いくちばし、オレンジのお腹、
     そしてなによりも羽の白い斑点、、、すべてがジョビ子の特徴だ。

     ほんの少しの間だったけどコサメビタキの再来かと喜んだが
     まあジョビ子だってそれに勝る喜びだ。
     ジョビ男は毎年たくさん見ているけどジョビ子は数えるくらいしか見ていない、
     正直いうとジョビ男よりジョビ子が嬉しい。

     だけどジョビ子があんな高い木に止まるとは思わなかった、
     そして鳴き声にも。
     帰ってから鳴き声を調べてみたけど私が聞いた声そのままだった、
     鳴き声もジョビ子の鳴き声。
     今年はシーズン早々珍しい鳥、あまり見ない鳥を見た、
     このまま鳥の当たり年になってくれればいいけどね。

          data: 撮影 11月16日 向島百花園
          






コメント (2)

ここはどこ?私は誰?

2018-11-12 | 鳥たち
  そろそろ鳥たちも姿を見せるころだなぁと歩いていた、
  突然目の前を小さな鳥が、「あ、ウグイスか」。
  待ってましたと撮り始めたがちょっとヘンだな、
  どうもウグイスとは違うみたい、誰なんだこの鳥。


  

     飛んでいるときは、「あ、ウグイスだ」と思ったんだけど
     よく見ると違うような、、、なんという鳥なんだろうね。




  

     まず目が違う、ウグイスはこんなギョロっとした目じゃない、この半分くらいな小さい目(と思う)、
     そしてクチバシもウグイスはもっと細くて長い(と思う)。




  

     ウグイスというには尻尾が短すぎる、
     キリっとしていてまあカッコいいけど名前が分からない。
     Web図鑑を隅から隅までと言っていいほど探したがドンピシャの鳥がいない。




  

     誰かおいらの名前を知らないかぁ、
     「名無しさん」ではちょっとカッコ悪いよ。




  

     ギョロっとした目、太くて短いクチバシ、短いシッポ、、、おいら誰なんだ?。

     私も長いこと鳥を見ているけどこんな鳥は初めて、
     一応都会の市街地や公園などで見られる鳥はみんな当たってみたけど分からない。

     自然界は広いね、まだまだ知らないことがいっぱい。
     「知ることは楽しいことだ」という言葉がある、
     確かに、知らないことを知るのは刺激的であり、楽しいことだね。
     誰か私を楽しませてくださいな。

          data: 撮影 10月16日 向島百花園
          

コメント (4)

かわいくないオナガの声

2018-09-08 | 鳥たち
  セミの声が聞こえなくなった木立の奥で
  ギャーギャーと大きな声で鳴いているオナガ。
  セミの声より始末が悪い天下の悪声、
  そっかぁオナガはここに棲みついているのかぁ。


  

     セミは木に止まって鳴いているけどコイツは飛びながらだ、
     ギャーギャーッ大きな体でギャーギャー。
     と、仲間がいてこれもギャーギャー!セミよりよほど始末が悪い。




  

     カラスの仲間だけど黒いのは頭だけ、
     体は、羽はきれいなんだよね。
     カラスはカァカァとわりと澄んだ声で鳴く
     コイツはギャーギャーと絞め殺されるような声で鳴く。




  

     なんか言ったかぁ!?。




  

     誰か上にいるの?




  

     よく見たら幼鳥みたい、今年孵ったヒナだね
     クチバシが黄色い。

     蜀山人の狂歌にこんなのがある。
     「まだ青い素人(白)義太夫玄(黒)人がり、赤い顔して黄な声を出す」
     いろいろな色を巧みに組み合わせ「五色の皮肉」だと。
     これは落語の「寝床」で演じられるけど義太夫などもう誰も知らないね。

     「まだ青いお尻」、ケツが青いくせして・・・
     「クチバシが黄色い」、なんだよクチバシが黄色いくせに・・・
     いずれも素人をからかう言葉だけど
     今ならひと悶着ある言葉かな。

     オナガくん、君はクチバシが黄色いんだから
     騒がないで少し静かにしてなさい。

          data: 撮影8月31日 向島百花園
          


     時間が経過するに従い北海道の地震の被害が明らかになってきました、
     見渡す限り地滑りでその形が変わってしまった山々。
     地割れ、液晶化現象、目を覆うばかりの惨状です、
     幸いにもインフラは徐々に復興しているようですが
     計画停電の話が出るくらいその歩みは遅々としています。
     私たちは遠くから見守ることくらいしかできませんが
     それでも全力で応援しています。
     一日も早く元の生活に戻れるように全力で応援しています。
コメント (2)

飛んで、飛んで、飛んで

2018-07-26 | 鳥たち
  毎日がアチチでどこへも行く気がしない、
  行こうとするけど体が拒否する。
  帰りに駅から5分のベルモント公園に行ってみた、
  ヒナのためのエサ集めだろうかツバメが超低空をスーイスイ。


  

     このごろツバメはあまり見ないのでよく分からないけど
     子育ての季節じゃないのかな、
     二羽のツバメが地面すれすれを飛び回っていた。




  

     え、こっち来んの!?
     お~い、ぶつからないでくれよー。




  

     いろいろな鳥に言えることだけど"主翼"?ってこんなに長いんだね。




  

     地面すれすれね、腹を擦ったりしないんだろうか。




  

     ちゃんと"燕尾服"を着て飛んでる・・・。♪




  

     初めはただ見ていただけだったけど何回も何回も繰り返し飛んでくる、
     これは見ているだけでは勿体ないな。
     及ばずながら、、、
     飛んでいる鳥、しかもツバメを撮ろうなんて身の程知らずだけどね。
     でも目の前を繰り返し円を描いて飛んでくれたからわりと撮り易かった、
     たまには違ったものを撮るのもいいね。

          data: 撮影7月24日 ベルモント公園
          

コメント (4)

ハスを見に来たオナガ?

2018-06-15 | 鳥たち
  まあどうしたわけかオナガが飛んできた、
  最も花に縁遠い鳥の一つだろうに。
  いまの時期でもギャーギャーと鳴き声だけは聞こえるが、
  でもまさか花を見に来るなんてね。


  

     オナガは高いところを飛んでいてなかなか下の方へ降りてこない、
     こうして低いところで見られるのはあまりないことだ。




  

     カラスの親戚だけど頭だけカラスに似てしまった、
     そして声はカラスよりひどい声でギャーギャーと鳴く
     悪声にかけては天下一品だね。




  

     あれ何か見つけたのかな、
     カラスと同じで何にでも興味を示す。




  

     特等席!。♪




  

     何か咥えてる?虫かな。
     こんな場所では長い尾羽が気になるね。




  

     よいしょっと、何か気になるなぁ。
     ここでは方向転換が難しいや。




  

     あら見てたの?
     てへ、落っこっちゃった。

     基本的にきれいな鳥なんだけど背中の方は特にきれいね、
     あの鳴き声さえもうちょっと何とかすればファンが増えるだろうけど・・・。




  

     ♪ どんなに上手に隠れても な~がい尾っぽが見えてるよ~

     頭隠して尾っぽ隠さず、、、
     この長い尾っぽ、隠すに隠せず困ったぞ。
     でもこれが名前の元、せいぜいアピールしようかな。

          data: 撮影6月7日 足立区・堀之内公園
          

コメント (4)