坊守のたわごと

日々の忙しさからちょっとのがれて本当の自分を見つめる時間を持ちたい!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今年も漬けました

2010-06-15 05:20:40 | 松子
鳥取産のらっきょう10㎏、昨日今日の2日間で漬けました。
家中らっきょうの臭いが充満しています。
甘酢漬けは、3週間ほどで食べられます。
甘酢は名前の通り甘いので住職はちょっと苦手なよう。
住職ご希望の塩漬けもつけました。
10㎏は、多いように思えますが 1年かけて食べ尽くします。
血液をきれいにしてくれると言うことなので、沢山食べ 身も心も美しく
なれることでしょう。
コメント

世田谷組仏教婦人の集い

2010-06-14 09:19:12 | 松子
仏教婦人の集いが烏山の妙祐寺様ご本堂で開催されました。
各お寺より仏婦の方々が大勢お参りになりました。
正法寺からも13人参加いたしました。
今年は「食といのち」をテーマに北組教覚寺副住職、大江宏玄先生のご法話と午後からは帝国ホテル総料理長、田中健一郎氏の講演と有意義な一日でした。
何一つとして、無駄ないのちは無い!
それらの大切ないのちを、日々いただいて生きている私たち、そのいのちをいただかないと生きていけない私たちです。
こころから感謝していただかなければいけない。
当たり前のことですが再確認できた尊い一日でした。

今回うちのお寺から30代の若い方が参加してくださいました。
最近、中学生の息子さんを亡くされ失意のなか、よくお墓参りに見えてました。
お墓の前で長いことお参りをされている姿を見るたび、どうお声かけをしたらいいのか、私も悩んでおりました。
ご法話会などお誘いをしていたんですが、この度やっと参加してくださいました。
帰りの道々、「ご法話はもちろん有り難いお話しでしたが、お寺に集っておられる方々がこんなにも楽しそうに、生き生きとしておられることが、鳥肌が立つほどの驚きと、上手く言い表せないけどまたお寺に行きたい、行かなければ! と思いました。」涙を流しながらお話し下さいました。
いろんな事情ではありますが、こうして先ずは、阿弥陀さまの前に座れたご縁は尊いことだとお話しをしました。
これからも、一緒にご聴聞いたしましょう。
合掌
コメント

6月の着付け

2010-06-04 20:44:32 | 松子
そろそろ浴衣の季節です。
年に1回ですから、結び方を忘れます。
涼しげに結べました。
コメント

祥月命日

2010-06-02 22:30:02 | 松子
今日は前住職の祥月命日です。
早いもので、7回目のご命日です。
朝、お参りをしながら「早いね~」と…
前住職に教えていただいたことを、一つずつ々行っておりますが、ちゃんとやれているのでしょうか~お点をいただきたい
「大丈夫、大丈夫ですよ」と笑顔の前住職のお顔が思い出されます。
これからの一大事業を、ご門徒と共に成し遂げられますようお導きいただきたいものです。
コメント (2)

6月になってしまいました。

2010-06-01 20:13:55 | 松子
いつの間にか早6月になっていました。
ゆっくり休養を取っている間に、正法寺の庭にも色とりどりの花が咲き乱れていました。
上を見上げると、鳥達が忙しく巣作りに励んでいます。
私が頑張っていようと、休養を取っていようと自然のいとなみは、なんら変わることがありません。

先日、町田のN婦人からトマトの苗をいただきました。
カゴメのトマトの苗だそうです。名を「凛々子」成長が楽しみです。
おすそ分けが出来るようになると良いですね~お・た・の・し・み・に
コメント