坊守のたわごと

日々の忙しさからちょっとのがれて本当の自分を見つめる時間を持ちたい!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

春季彼岸会法要

2011-03-22 09:44:29 | 松子
朝から冷たい雨が降る中、「彼岸会法要並びに東北大地震追悼法要」にたくさんのお参りをいただきました。
いろんな噂が飛び交い外出を差し控えられた方も多く、いつものお中日に比べますと比較的ゆったりとしていました。
ご門徒さん口々に、「今回の地震でお寺は大丈夫だったか」との心配をしていただきました。ありがたいですね
なかなかご門徒の方々とも混雑しているときはゆっくりお話もできませんが、ゆっくりと近況報告やら諸々お話ができました。
あらためて多くのご門徒の方々に支えられていることを痛感いたしました。
今回も法要の後に牡丹餅のご接待をいたしました。Hちゃんもお手伝いをしてくださいました。
Hちゃんこの4月から新1年生です。お母様と一緒に阿弥陀経を、ちゃんと称えていらっしゃいました。
初参式からのたくさんのお参りをしてくれたHちゃんに、「阿弥陀様といつもごいっしょだからね」を私からのプレゼント
小学校でたくさんのお友達といろんなことにチャレンジしてほしいですね。

コメント (2)

彼岸会

2011-03-18 15:12:46 | 松子
大震災からはや8日が過ぎましたが、思う様に救助や物資が届かずもどかし限りです。
春の彼岸会が始まりましたが、ここの所急に寒さがぶり返し、被災地の方々にはお寒い思いをしておられるのかと思いますと、こうして暖かいところにいられるのが申し訳なく思う毎日です。
3月18日(金)~24日(木)まで春の彼岸会です。
21日(月)お中日、11時より「春季彼岸会永代経法要」がお勤まりになります。
ぼたもちのご接待をいたしますので、交通の便が不安定でご心配でしょうが、どうぞご家族おそろいでお参りください。
玄関前に東北、関東大震災の義援募金箱を設けましたので皆様の温かいご支援をお待ち申し上げます。
コメント

地震

2011-03-12 16:28:22 | 松子

東北地方の大地震!!大変なことになりました。被災にあわれた多くの方々に、心よりお見舞い申し上げます。

一夜明け、テレビで見る大変な状況に、ただただ心が痛みます。

一瞬にして津波にのみこまれていく様が地獄絵のようでした。「あゝ怖かったでしょう~苦しかったでしょう~」涙が止まりません。

これからどのようになっていくのか、想像もつきませんが、早く元気が取り戻せるよう、私にできる限りのことを協力したいと思います。

東北の方とはくらべものにはなりませんが、東京の方もかなり揺れました。

本堂の輪灯が横に激しく揺れろうそくが倒れたり、香ろうが落ちたりしました.

仏具が少し破損したくらいで今日は、変わりなくご法事をお勤めすることができました。

朝早くからご門徒さんが心配をしてお電話をくださいました。ありがたいことでした。

本堂もお墓の方も大きな被害もなく私たち家族のものも元気にしております。

境内では「一人キッズサンガ」のコハチャンがいつもと変わりなく元気に遊んでいました。

コメント