もう一つの世界 !

せめて 週末だけでも スマホを伏せて もう一つの 心の世界を 歩きましょう !

京都 東山 南禅寺 疎水 

2006年03月26日 | 
京都 東山 旅情シリーズ1

南禅寺の疎水は
その 色 形 大きさ 香り が
風景に ぴったり 嵌っていました
できれば 二人で 歩けると いいですね
・・・・・・


「 煉瓦の架け橋 」

朽ちた 赤色が 妙に 懐かしい
煉瓦の やさしい アーチが
二人を やさしく 迎えてくれる
疎水を走る 水の音は 聞こえない

琵琶の湖と 京の都を つなぐ
命の水道 架け橋が 佇んでいる

緑のワンピースが 煉瓦に映え
あなたの白い 細い指が
煉瓦の肌を 優しくなでる
「水が流れているよ・・・」

あなたの ハスキーボイスが
煉瓦の壁に こだまして
赤く 赤く 色づいた

アーチを 見上げた 瞳に
木々の 緑が 揺れていた
・・・・・


2006年3月26日
笠原 道夫


コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

帰郷・・・・

2006年03月11日 | 団塊世代
2007年以降の4年間で約1000万人が
定年退職を向かえ、一応の区切りをつけます。
まだ働く人
自分のペースで働く人
自由人になる人

いろいろな選択がありますが・・・

どういうわけか 妙に生まれ故郷が
懐かしく浮かんできます

そして、こんな詩が蘇ってきました
・・・・

「 帰郷 」  中原 中也
・・・・
これが 私の故里だ
さやかに 風も吹いている
  心置きなく泣かれよと
  年増婦の低い声もする
ああ おまえはなにをしてきたのだと・・・
吹き来る風が 私に云う

2006年3月11日
笠原 道夫

コメント
この記事をはてなブックマークに追加