日本の棚田

日本の棚田・長野県の棚田の写真を載せてあります。
見てください

中国広西チワン族自治区の旅(広西チワン族自治区・龍勝各族自治県・平安村への入口)

2011年11月30日 07時44分13秒 | 中国
ここは中国・広西チワン族自治区・龍勝各族自治県・平安村への入口です。
「龍勝の棚田」の入口の平安村の入口に来ました。
 
広西チワン族自治区には龍勝の棚田、漓江に広がる山水画の世界、
山水画にとけ込む小さな町、伝統的木造、少数民族の里等があります。
それらを訪れる「中国広西チワン族自治区の旅」です。
 
 
傘をさして、棚田が見えるかもしれない地点へ登りはじめました。
始めはお土産やが並びます。
「棚田の景観」を商品とする観光地です。
 
龍勝の名物の竹筒飯を作っています。
竹筒に御飯や椎茸、人参などを詰めて火であぶったもの。
香ばしくお米も粘りがあってとても美味しい。
 
 
 幼子が店番をしています。
 
 
これから約400メートル登ります。
足が悪くて登れない人は「籠」に乗ります。
籠を担ぐのは男です。
コメント

中国広西チワン族自治区の旅(広西チワン族自治区・龍勝各族自治県・平安村への入口)

2011年11月29日 07時40分06秒 | 中国
ここは中国・広西チワン族自治区・龍勝各族自治県・平安村への入口です。
 「龍勝の棚田」の入口の平安村の入口に来ました。
 
 広西チワン族自治区には龍勝の棚田、漓江に広がる山水画の世界、
山水画にとけ込む小さな町、伝統的木造、少数民族の里等があります。
それらを訪れる「中国広西チワン族自治区の旅」です。
 
「龍勝の棚田」へのゲートです。
標高は約700メートルです。ここまで車で来ました。
小雨模様です。
ここから徒歩です。約400メートル登ります。
 
 
ゲートには観光客の荷物を竹で編んだ籠で運ぶ女性が沢山います。
車から荷物を出し、籠に入れます。
雨に濡れない様にビニールで覆います。
約30元で平安村の宿泊先まで担ぎます。
 
 
ゲートを通ると荷物を担ぐ女性が沢山います。
働き手は女性です。
これで棚田(中国では梯田と言います)巡りの準備が整い、スタートです。
傘をさして、棚田が見えるかもしれない地点へ登りはじめます。
コメント

中国広西チワン族自治区の旅(広西チワン族自治区・龍勝各族自治県・金竹壮寨)

2011年11月28日 07時41分38秒 | 中国
ここは中国・広西チワン族自治区・龍勝各族自治県・金竹壮寨です。
「龍勝の棚田」の入口のチワン族の村に来ました。
 
広西チワン族自治区には龍勝の棚田、漓江に広がる山水画の世界、
山水画にとけ込む小さな町、伝統的木造建築、少数民族の里等があります。
それらを訪れる「中国広西チワン族自治区の旅」です。
 
 
昼食の郷土料理を食べた食堂からの眺めです。
流れの速い川に立派な石橋が架かっています。
上流は雨かもしれません。
 
 
対岸には50段以上の棚田があります
よく見ると棚田の中段に農家の人が作業をしています。
 
 
望遠レンズでとらえました
農家の人が棚田の法面(土手)を叩いている様に見えます。
田の水漏れ防止のために叩いているのでしょうか?
コメント

中国広西チワン族自治区の旅(広西チワン族自治区・龍勝各族自治県・金竹壮寨)

2011年11月27日 07時45分21秒 | 中国
ここは中国・広西チワン族自治区・龍勝各族自治県・金竹壮寨です。
「龍勝の棚田」の入口のチワン族の村に来ました。
 
広西チワン族自治区には龍勝の棚田、漓江に広がる山水画の世界、
山水画にとけ込む小さな町、伝統的木造建築、少数民族の里等があります。
それらを訪れる「中国広西チワン族自治区の旅」です。
 
 
 
昼食の郷土料理を食べさせる店です。
入山料を支払った二階が食堂です。
桂林市内から約3時間30分です。丁度お昼ごはんの時間です。
 
 
食堂ではチワン族の村の若い人達が「歓迎の歌」を歌ってくれました。
お茶のサービスで各テーブルを回ります。
 
 
今日の昼食です。
左端は竹筒に入ったスープです。
麻婆豆腐、チンゲンサイ、ジャガイモが並びます。
コメント (1)

中国広西チワン族自治区の旅(広西チワン族自治区・龍勝各族自治県・金竹壮寨)

2011年11月26日 07時47分08秒 | 中国
ここは中国・広西チワン族自治区・龍勝各族自治県・竹壮寨です。
「龍勝の棚田」の入口のチワン族の村に来ました。
 
広西チワン族自治区には龍勝の棚田、漓江に広がる山水画の世界、
山水画にとけ込む小さな町、伝統的木造建築、少数民族の里等があります。
それらを訪れる「中国広西チワン族自治区の旅」です。
 
 
金竹壮寨です。( 金壮=チワン族、寨=村)
窓口で入山料を50元支払いました。(約800円です)
支払いの窓口には公安と思われる人が退屈そうに観光客を見ていた。
 
 
 路にはお土産屋が並んでいます。
チワン族の刺繍を販売する売り子さんです。
チワン族の民族衣装はピンクと黒が基調です。
 
 
 お土産屋の前でチワン族のお母さん達です。
子育て・子供の成長のお話をしているのでしょうか?
日本でも良く見る風景ですね!
コメント

中国広西チワン族自治区の旅(広西チワン族自治区・龍勝各族自治県・龍脊村)

2011年11月25日 07時39分37秒 | 中国
ここは中国・広西チワン族自治区・龍勝各族自治県・龍脊村です。
桂林から約90Km先の「龍勝の棚田」へ向かっています。
 
広西チワン族自治区には龍勝の棚田、漓江に広がる山水画の世界、
山水画にとけ込む小さな町、伝統的木造建築、少数民族の里等があります。
それらを訪れる「中国広西チワン族自治区の旅」です。
 
 
高度が上ってきました。
「龍勝の棚田」の棚田に近づいてきた雰囲気です。
 
  
谷底を覗くと川に沿い農家と段々田畑がありました。
どの様な生活を営んでいるのでしょうか?
自給自足の生活でしょうか?
コメント

中国広西チワン族自治区の旅(広西チワン族自治区・龍勝各族自治県・宛田村)

2011年11月24日 07時33分54秒 | 中国
ここは中国・広西チワン族自治区・龍勝各族自治県・宛田村です。
桂林から約90Km先の「龍勝の棚田」へ向かっています。
 
広西チワン族自治区には龍勝の棚田、漓江に広がる山水画の世界、
山水画にとけ込む小さな町、伝統的木造建築、少数民族の里等があります。
それらを訪れる「中国広西チワン族自治区の旅」です。
 
 
トイレ休憩で入ったガソリンスタンドです。(中国石油です)
 
 
ガソリンスタンドで果物と野菜を販売しています。
オレンジ、リンゴ、パイナップル類と大根です。
 
 
 今回の旅で使用した車です。
日産です。
コメント

中国広西チワン族自治区の旅(広西チワン族自治区・龍勝各族自治県・中庸村)

2011年11月23日 07時39分55秒 | 中国
ここは中国・広西チワン族自治区・龍勝各族自治県・中庸村です。
桂林から約90Km先の「龍勝の棚田」へ向かっています。
 
広西チワン族自治区には龍勝の棚田、漓江に広がる山水画の世界、
山水画にとけ込む小さな町、伝統的木造建築、少数民族の里等があります。
それらを訪れる「中国広西チワン族自治区の旅」です。
 
 
中庸村で見つけた小さな小さな市場です。
鶏の販売です。
自宅の庭で飼っていた鶏を地元の人が買う 朝市です。
 
 
果物類が並んでいます。
スイカ、バナナ、ブドウ類です。
広西チワン族自治区は中国の南部にあります。
こんな小さな村としては豊富です。
 
 
市場の中に、むかし懐かしの手押しポンプがありました。
ご婦人が小雨で足が汚れ、足を洗っています。
 
コメント

中国広西チワン族自治区の旅(広西チワン族自治区・龍勝各族自治県・中庸村)

2011年11月22日 07時36分43秒 | 中国
ここは中国・広西チワン族自治区・龍勝各族自治県・中庸村です。
桂林から約90Km先の「龍勝の棚田」へ向かっています。
 
広西チワン族自治区には龍勝の棚田、漓江に広がる山水画の世界、
山水画にとけ込む小さな町、伝統的木造建築+、少数民族の里等があります。
それらを訪れる「中国広西チワン族自治区の旅」です。
 
 
中庸村で見つけた小さな小さな市場です。
地元で採れた野菜類を地元の人が買う 朝市です。
 
 
 
青野菜が並んでいます。価格表示はありません。
秤売りです。(量り売り)過っての日本もそうであったように現在の中国の市場では、野菜であれあらゆる物が量り売りです。
買う側からすれば無駄もなく経済的で非常にありがたいです。
コメント

中国広西チワン族自治区の旅(広西チワン族自治区桂林市)

2011年11月21日 07時41分29秒 | 中国
ここは中国・広西チワン族自治区桂林市です。
 
広西チワン族自治区には龍勝の棚田、漓江に広がる山水画の世界、
山水画にとけ込む小さな町、伝統的木造建築、少数民族の里等があります。
それらを訪れる「中国広西チワン族自治区の旅」です。
 
 
 
 
両江四湖(りょうこしこ)の遊覧です。
桂林市内にある木龍湖、桂湖、榕湖、杉湖の四つの湖のナイトクルージングです。
杉湖の日月塔です。ここから、遊覧船は出発します。
 
 
夜景はライトアップされ、その美しさは目を見張るものがあった。
その美しさは圧巻だ。
コメント