新!編集人の独り言

諸事情によりコメントは承認制にしています。不愉快な気持ちにさせてごめんなさいね。

実はリストラされかかってからの逆転劇だったんだ・・・という話

2019-06-30 06:46:56 | Weblog

今日はリストラされかかった話なんですが・・・

ある時店舗指導担当から店舗開発担当に異動となった訳ですわ。
で、この店舗開発っていうのは新規店舗開発のノルマがあって、自分らは1店舗とりあえず作れと。
この時自分を含め5人程異動したんですけど、この部長が自分に関しては全くの放置(笑)
他の4人は同行や指導をしても、自分にはそういうの一切ナシ。

そのくせ顔を合わすたびに
「まだ契約結んでねえのかよ」
「給料泥棒は要らねえんだよ」
「本部で油売ってないで(資料作成してた)とっとと外回り行け」
等々叱咤の数々(笑)

あ、これは追い出しだな

バカでもわかる訳ですよ。

だったらいいよ、自己流で行くから・・・

まず、部長にグチャグチャ言われないために、ベテラン開発担当のサポートと称して新店設置の準備。
ここで元店舗指導の経験が生きて、システム的な指導とかアルバイト研修、商品入力という新たな仕事を作っちゃいました。
ベテラン勢はシステム関係は知識皆無なので、この段階で既に引っ張りだこです。

それでも部長は
「お前はあくまでサポートで、そんな事やってもお前の評価にはならないからな」
と言ってくる訳です。
でも、それに対する反骨精神のおかげで同期の中で唯一新規の契約に取り付けました(ほぼ独学)

部長の事を快く思ってなかったベテランの課長さんがサポートしてくれて、契約書を部長に叩きつけて
「新規、取れました~」
って言った時の部長、すんげー掌返し。
「君、凄いねぇ、色々な人のサポートしながら新規獲得したんだねぇ。他の連中はまだ誰一人契約まで行ってないのは恥ずかしいよねぇ」
こ・・・こいつ、ゲスいな・・・

でも、もう店舗開発はイヤだなぁ・・・と思ってたところ、意外な展開に・・・

嫌みに対する逃げ道確保の為に勝手に始めた新規店のシステム設定と新店指導が「新規部署」として正式に設立されまして・・・
さらにオーナー研修や新人の店舗指導担当もするという事で、各部署から割とエリートクラスが集結。

そんな中に放り込まれたんですよ、雑種の自分が(笑)
サラブレッドの中にアラブ種一頭って感じですよ。

今でも店舗開発への異動は間違いなくリストラ扱いだと思ってます。
(心当たりはあるし、大きな力が動いたのもわかるし)
でも、突破口って絶対あると思うし、意外なところから意外な展開って起こりえるんです。

自分でさえこの位の事が起こったんだから、大丈夫ですよ。

コメント

急激な業務拡大は当然リスクがある訳だから、この段階で成功とか言うのは早計だよね?という話

2019-06-28 13:29:58 | Weblog
いやいや、まだわからんぞ。
いきなりステーキもだいぶ一時期より勢いが衰えているのは間違いないし、そもそも急激な業務拡大は物凄くリスクを伴う訳で、実際アメリカ進出がうまく行ってない現在、果たして成功と言えるかどうかは疑問だと思う。
そして類似店舗が既にあちこち出来ているし、これからは同形態のライバル店と競争していかないとならない訳で、地盤が固まってない状態のいきなりステーキだって一歩間違えたらダメになる可能性が高い。
現にステーキカレーなんていうステーキ以外の商品を同じ店舗で提供し出したという事は、ステーキの売上が頭打ちだからなのか、それとも新規顧客を取り込もうとしたのか、いずれにせよ二兎を追うものは一兎をも得ず的になる可能性があり、危険な状態だと思う。

ちなみに・・・
この記事を書いた筆者は東京チカラめしを食べた事がないんじゃないかと思う。
東京チカラめしがボロボロになった最大の理由は
「白飯が絶望的に不味かった」事が大きいと思う。
焼き牛丼は味の濃いタレを賭ける事で誤魔化しがきいたけど、定食を食べた時の絶望感といったら・・・
吉野家もすき家も松屋も定食のご飯を前提としているので、ご飯だけでも十分食べられる。
ところがチカラめしは安さ重視の為に白米のレベルを下げてしまった事で客離れが起こっている(実際自分の周りにもかなりの人数がいた)
本部もその点を気づいたのか
「ご飯が美味しくなりました」
なるふざけたポスターを貼って対処したけど、結果として店舗減少というのが多分真相ではないかと。

結局急激な業務拡大は自転車操業みたいになってしまうし、どこかで無理が発生する。
それが積もり積もると結果的にどっかんとなる・・・という事なんだろうね。
コメント

新潟県が本格的に動き出した!!NGT問題は次のステップに。

2019-06-28 06:12:28 | Weblog

今、芸能メディアは吉本闇営業&反社会勢力の問題に力を入れていて、NGT問題については「過去の出来事」的な扱いになってるんですけど、新潟方面では次のステップに移行しそうな感じですね。

新潟県の6月定例会でNGT問題に対する陳情書が提出され、なんと・・・受理されたようです。

http://www.pref.niigata.lg.jp/gijichosa/1356921535880.html

この陳情書によると、今までのAKSの隠蔽体質的な対応や事件についての疑惑等に加え、"チケットの不正販売疑惑""管理売春疑惑"なんて言葉も出ているという・・・これ、文春砲とかじゃなくて、新潟県のホームページですからね。
これらの真相解明で何と!!百条委員会の設置が求められているという・・・

百条委員会が開催されるとなったら逃げ場はないですからね。
嘘ついたら罰金やら禁固刑ですから。
百条委員会と言えば徳洲会裏金疑惑のあった元都知事の猪瀬さんが決まった途端に都知事を辞めるという、その位"言い逃れができない"委員会ですよね。

新潟県にしてもNGT48を使ってそれなりに税金を使ってPR活動をさせている訳だから、県民に今回の一連をきちんと説明すべきという事でどうやら動き出した様子です。
実際の話、百条委員会が開かれるかどうかはわからないですけど、新潟県のサイトにここまで大っぴらに陳情書を載せた以上、そこまではいかなくてもそれなりの動きはするだろうし、この問題についてNHK新潟や新潟日報なんかが物凄く突っ込んだ取材をしているようなので、ここら辺も注目すべきところです。

それにしてもここまでの内容も結構ショッキングな展開でしたけど、まさか新潟のサイトで"管理売春"なんてワードが出るとは思いませんでした。
これ、もし真実だとすれば未成年にそういう事をさせていたという事になりますからね。

ちなみに・・・

水曜日にテレ東音楽祭っていうのがあって、AKB48の皆さんが出演されていましたが、その中にNGT48のメンバーは誰一人として入ってませんでした。

あれれ?
NGT48って今劇場公演とかしてないからこういう撮影できるはずなのに~(笑)

コメント

避難訓練コンサートはなかなか斬新なイベントだったという話

2019-06-27 06:06:20 | Weblog

昨日の続き・・・避難訓練コンサートそのものの話になります。

今回演奏するのは東京消防庁音楽隊の方々。
よく東京都とかのイベントで吹奏楽を演奏していますよね。それとカラーガーズ隊のおねい様方。

ちょうど映像があったので雰囲気を味わっていただけたらと思います。

「4K」東京消防庁カラーガーズ隊🚒

このコンサート、普通のコンサートとはちょっと変わってて
"公演中に震度6の地震が来た時の避難の仕方"という、本当に避難訓練もアリのコンサートになってます。

実際の話、演奏中に緊急地震速報を会場内に鳴らして(笑)、演奏者が頭を守るという動作までしてましたし、自分らもそういう演技をするようお願いされました。

なぜならケーブルテレビが取材に来てて、後日この模様が放送されるから・・・

一通り終わったかと思いきや、本当に避難誘導が始まって、お客さんは一旦ホールの外に避難(笑)
そこまでやるんだ・・・と思ったけど、ここで気が付く訳ですよ。

「これって・・・自分らより施設側の避難訓練シミュレーションじゃないか?」

有事の際、どうしても施設側として避難をする段取りを把握しておかなければならないし、その為には一度実践でデータが必要だろうと。
で、このコンサートが企画されたんだろうなと。
つまり、自分らはそのエキストラという事です。

そう考えれば入場無料も理解できますし、消防庁も防災キャンペーンとして十分なアピールができると。
全員がwin-winの関係なんですね、これ。

さて、避難訓練も終わり、コンサート再開。
ここからはクラシックよりは割と知られている曲が演奏され、カラーガードの華麗なパフォーマンスが目を引きまくる。

でも皆さんのメイクは若干宝塚してました。

ラストに演奏したのは時代劇スペシャルメドレー。
水戸黄門~銭形平次~大江戸捜査網~大岡越前~暴れん坊将軍というラインアップでしたが、とにかく大江戸捜査網が続々する位カッコイイ(笑)

さらにアンコールではオリンピックマーチ。
これはもう観客も手拍子で参加、やっぱり2020年東京オリンピックでもこれが流れるのかなぁ・・・
改めていい曲だと思いましたね。

まあ、こんな感じでなかなか楽しいイベントだったと思います。

こういう機会があったら是非参加してみてはどうでしょうか?
最近、やってないでしょ?避難訓練とか。
久々にやるとなかなか面白いですよ(笑)

 

 

コメント

避難訓練コンサートっていうのに参加してきました(イベント編)

2019-06-26 06:29:36 | Weblog
さて、昨日はティアラ江東さん主催の「避難訓練コンサート」という催しに参加してきました。
なんかタイトルからしてよくわからんイベントではあるんですが、入場無料だし噂のVR体験車も乗れるというのでエントリーしまして・・・
13時からVR車の体験ができるという事で、いの一番に並ぶ(笑)
ほとんどガキです。

今回は地震体験という事ですが、MX4Dなんですよ。
TOHOシネマズで体験してますけど、今回はそれにプラス3Dですからそら期待値マックス。
これ・・・凄すぎる(笑)
今までの起震車体験、比較になりません。
ちょっとしたジェットコースター状態でした。
機会があったら絶対体感したほうがいいですね。
ちなみに隣の女性は物凄い悲鳴をあげてました。

続いては煙体験ゾーン
煙の恐怖を実際に味わってもらう訳ですが、中に入るとなーんにも見えない。
煙は上に行くので、コツとしては姿勢を低くして歩く訳だけど、このテントの中があちこち仕切りがあって、手探りしないと無理なんですわ。
実際の火事だと、この煙も熱いし目はしょぼしょぼするしでこれ以上の過酷な状態になるんだそうですよ。
こういう経験もしておいたほうが少しは気休めになるかもですね。

そして最後は消化器体験
これは町内会の避難訓練では定番中の定番ですね。
とにかく消化器が使えないって人が結構いて、ここに参加している方なんかはさかさまにして使う消化器世代だから、今時の奴を体験して
「今は楽だわ」
とか言ってましたわ。

と、こんな感じで消防署の避難訓練イベントの如く色々な体験コーナーをコンサート前に行っていた訳ですよ。

長くなるので、コンサートの模様にについてはまた後程・・・

コメント

"笑わせる"と"笑われる"は別もの・・・という話

2019-06-25 06:03:35 | Weblog
一昨日辺りから一部SNSで話題になっている事なんですが・・・
とある有名なレスラーさんが
「笑わせるプロレスなんて三流、学芸会以下で、一流は観る者を感動させて尚且つその人の人生にも影響する」
みたいな事を書いた訳ですよ。
この発言について賛否両論が飛び交っている訳です。

「一流二流っていうのはファンが決める事」
「ジャンルが違うから一概に言い切れない」
という否定的な意見から
「ウケ狙いに走ったら、それはもはやプロレスではない」
「プロレスの本質は闘いだし、プロレスを見て感動したい」
なんていう意見もある訳です。

うん、どの意見も一理ありますね。

今ほどではないにせよ、昔からコミカルなプロレスというのは存在していたんですよ。
大体興行の第二試合辺りで、会場の雰囲気を和ませつつ、プロレスの基礎的な技を使ってわかりやすくコミカルに試合をしたり反則したり・・・
相撲で言うところの初っ切りみたいなイメージと考えていただけたらと思います。
あれってある程度の実力とアドリブ力がないとできないんですよ。

自分が思うにこのレスラーさんは
「笑われるような試合をしているのは三流」
と言いたかったんだろうなと思います。
試合の流れとは全く関係なく、ただただウケを狙うとか、これは色々意見があるけど全裸になるなんてのは自分の中ではちっとも面白くないんですよ。
本人からすれば「笑わせている」意識なんだろうけど、観客からすれば「嘲笑している」というスタンスというか・・・
いや、一瞬のスパイスとかならまだ許せるけど、それが延々続くとなると
「ちょっと違うよね?」
ってなる訳です。

実際、うちの若い奴がコミカルプロレスについて拒絶反応していたんですが、じゃあ試しにやってみなってやらせたら、全然面白くない。ダダ滑りで嘲笑どころか無反応。
最悪の結果でしたね。

「笑わせるプロレス」って実は物凄く難しいと思います。
ヘタをすれば人々を感動させる云々より難しい。
だってそうでしょ?
常に新しいネタを考えるのか?
鉄板の絶対笑える必殺ネタを編み出すのか?
その上である程度プロレスの技術力も必要とされるし、笑ってたけど
「いやぁ、面白いプロレスだった」
と不特定多数に言わせないといけない訳ですから。

笑わせると笑われるは似ているようで全くの別もの。
そういう事を書いた気持ちはなんとなくわかりますけど。
でも、正しく伝わらなかったら意味がないと思いますね。

コメント (1)

まあ、こうなったら謹慎もやむを得ないかなぁ・・・

2019-06-24 18:49:46 | Weblog
むしろ闇とはいえノーギャラで芸をするほうが不自然だったもんね。

吉本興業宮迫博之、田村亮ら芸人11人を謹慎処分金銭の授受が発覚詐欺グループとの“闇営業”…

案の定というか、そら何かしらの金銭はもらってたと思いますよ。
ちょっと多めのお車代とか。
云々は別にして、主催者はその位の気を使うと思いますよ。
云々は別にしてね。

それにしても、宮迫さんにせよロンブー亮さんにせよ、バレる嘘をなぜついたかなぁと。
今の時代はそういう見苦しいのは一番叩かれるのわかってると思うんだけどなぁ。

で、謹慎は・・・これはもう仕方ないですよね。
最低3か月位ですかね?ちょうど秋ごろに謹慎明けって感じじゃないかと自分は思います。
年末年始まで引っ張るとは思えないんですよね~・・・吉本さんは。
まずは劇場ドサ周り営業じゃないですか?
メディアからはしばらく遠ざかる可能性は高いと思いますけど、何せ吉本は拠点となる劇場が沢山あるし、その上でイベントや地方公演もバンバンやりますから、逆にこれだけの名前の知れたメンバーがそっちに回せるならある意味で集客も見込めるだろうし。
いや、吉本さんならその位は考えると思いますよね。

で、心配なのはカラテカ入江氏。
こうなっちゃうともう立つ瀬がないというか、責任という重圧が半端ない。
知らなかったじゃすまなくなっちゃいましたからね。
最悪の事態もあり得るだけに、知り合いは何かしらのフォローはしたほうがいいかもですね。
コメント

HUAWAIが事を荒立てるとますます様子見をしないとならないのです。

2019-06-24 07:03:24 | Weblog
物凄く個人的な話・・・

ファーウェイ、米商務省を提訴=通信機器の返却要求

自分の使っているスマホはイオンモバイルなんですけど、現在の機種が使い始めてから3年目に突入したところで、どうにもならなくなってきた訳ですよ。
容量不足だったり、安い機種なのでCPUがボロボロだったり、なおかつ電池が寿命だったり。
こら、機種変しないとならないなぁと。
で、イオンモバイルで手頃な機種がないか偵察に行く事にしました。

はい、8割がたHUAWAIでした(笑)
いや、HUAWEIでもいいんですけどね、アメリカさんが今中国を目の敵にしてるじゃないですか。
そりゃあ、躊躇しちゃいますよ。
店頭にHUAWAI-JAPANが「問題ありません」って掲示してたけど、正直なところ
「本当に大丈夫??」
っていうのが本音も本音。

で、今回のこの一連もアメリカの中国に対する制裁のひとつに対して、中国側が提訴しているような話でしょ?
これでまたトランプさんが
「ざけんなよ」
ってなって、現状より悪化したら・・・
うーん・・・まだしばらくこの壊れかけのスマホで対応するしかないんだろうなと。

自分にとっては結構深刻な話だったりします・・・

コメント

各駅停車に乗るのはかまわないんだけどさ・・・

2019-06-23 07:10:18 | Weblog
通過待ちがハンパないんじゃないの?
京急、各停乗ってポイントどうぞラッシュの混雑緩和、五輪も意識

京急さんって急行やら快速特急やらやたら駅飛ばしの種類があるじゃないですか。
そうなると必然的に快速電車の通過待ちっていうのが発生する訳ですよ。
しかもラッシュ時なんかは分刻みで出発するから、ヘタすりゃあ1駅で2本程通過待ちをしたり、主要駅に停車する度に通過待ちをする事になったりして、精神的にイラつくんじゃないかと思いますけどねぇ。

確かに考え方として各駅停車の有効活用はわかりますけど、確かに京急の各駅停車って各駅停車駅を利用する以外はあまり利用しないイメージですね。
理由はまさに上に書いた「通過待ちの多さ」なんでしょうけど、少なくとも通勤ラッシュ時にチンタラ各駅停車に揺られて横浜まで行くなら快速特急辺りで15分位我慢すれば目的地だから、その位なら我慢しちゃおうってなるんじゃないですかね??

ポイントがどの位つくのかですよねぇ。
人によってはそのポイント目当てに各駅停車を利用するかもしれないけど、結果として物凄いストレスが溜まって「やっぱり快速に乗ろう」ってなっちゃうんじゃないかなぁと思うんですけどねぇ・・・

自分の場合??快速停車駅が目的地の時は間違いなく快速を利用します。

コメント

確かに怒声の飛び交う職場では緊張して実力を発揮しづらいのは事実です。

2019-06-22 05:57:02 | Weblog
「会社でキレる人」が生産性を下げる科学的根拠日本人は「時代遅れの考え」にとらわれている

まず、大前提として「叱る」と「怒る」は別ものという事ですよね。
叱るというのは客観的に相手に対して「それは間違っているからね」と指摘をする事。
怒るというのは自分の感情を前面に出して、相手にぶつける事ですから。
本人が「叱っている」と言っても感情的になってたら、それはもう「怒っている」という事なんでしょう。

とはいえ・・・
じゃあ、この記事にある通り「怒る事をやめられるか?」というと、それはまず無理。
なぜならば人間は感情で生きてますからね。
内心ははらわた煮えくりかえっているけど、努めて冷静に対処している訳だから、そりゃあ積もり積もって爆発するなんてのは当然ある訳です。

自分は普段あまり怒らないですけど、ブチギレる事もあります。
時間にルーズだったり、一度引き受けた事をやらなかったり、約束を守らなかったりと、これを何度も繰り返されると
「テメェ!いい加減にしろよ」
となります。

一回二回位はちゃんと注意したり、必要なら再度説明したりしますけど、それでも同じ事を繰り返されるというのは『この人は怒らないから多少遅刻してもいいや』とか『またフォローしてくれるからいいや」とか、言い方は悪いですけど"舐められてる"んじゃないかと思う事がありますね。
だから、限界突破した時は遠慮なくブチぎれます。上司部下関係ありません。
実際それで会社辞めてますし(苦笑)

最初はできないのは当たり前だし、怒声が飛び交う中で仕事をすると緊張感が高まりすぎて自分の実力を発揮するのって難しいと思います。
初っ端から「怒っている上司」は正直使えないと思って正解です。
ただ、だからと言って何度も同じミスを繰り返されたら、いくら怒らない上司だって内心では
「おいおい、勘弁してくれよ」
位は思ってますから、あまりそれが過ぎると突然大爆発するし、その時は手掛けられない位の大噴火になる可能性がありますね。

大人しい人が怒ると怖いっていうのははまさにこの事です。

コメント

確かに丸亀製麺なんかはうどん屋じゃなくて天ぷら屋と考えたらよい訳だ。

2019-06-21 06:17:26 | Weblog
30分千円“ちょい飲み放題”意外な店でも
夕食を牛丼屋とか丸亀とかで済ませるっていうのは自分もちょっと抵抗があったけど、確かに見方を変えれば、牛皿は十分酒のつまみになるし、最近はそこそこサイドメニューもあるからビールもススム(笑)
丸亀に至っては自分で勝手に天ぷら盛り合わせを作っても500円位でかなり贅沢なものができるし、きちんと〆としてのうどんも存在する訳だから、思わず納得してしまいましたね。
確かに居酒屋で腰据えて飲む・・・って訳じゃないけど、ちょっと一杯ひっかけたいとか、その程度なら餃子の王将もそうだけど、そういうところで十分っちゃあ十分ですからね。

なるほど・・・考えたなぁ(笑)
多分、丸亀も吉野家も最初はそんな発想頭になかったと思うんですわ。
想像だけど、多分どこぞやの呑兵衛がやり始めた事だと思うんですよ、特に天ぷらでビールって。呑兵衛はそういうのはお構いなしなんで(笑)
それを見て閃いたんだと思うんですけど・・・どうなんだろう??

反面、これが流行り始めるとかなり苦境に立たされるのがチェーン居酒屋でしょうね。
そもそも最近のチェーン居酒屋ってファミレスっぽくて、酒のつまみも変にこじゃれたものが多くなってますからね。
それも悪くないし、むしろ女性客を取りこもうとしている姿勢はいいんだけど、本流の呑兵衛どもがなんというか居心地が悪い感じになっちゃってるんですよね(笑)

これから色々な業態がちょい飲みに参入してくるだろうし、チェーン居酒屋は相当知恵を絞らないと・・・ヤバイと思いますね。
コメント

ミニストップのおにぎり100円に値下げって、結構リスキーだと思うんだけど。

2019-06-20 06:03:17 | Weblog
ミニストップ、おにぎり価格を一律100円へ

セブンやファミマでおにぎり100円セールっていうのをちょくちょくやっているし、そもそも系列のイオンスタイルでも98円おにぎりっていうものを販売しているので、できなくはないと思うんですよ。
お客さんも喜ぶし、それはそれでいいと思うんですけどね。

ミニストップの値下げに踏み切った理由を聞いたらゾッとしましたね。
「週末には家族連れが来店し、まとめ買いが起きた」
うわぁ、こいつらリサーチ全然してないなぁと。
確かにテスト販売で100円にしたら売れますよ、それは。
だってセールだもの。
普段に比べて"お得感""プレミア感"がある訳だし、その期間についてはお客さんだって来ますわ。
でも、これが日常化されると話は変わってくるんですよ。

日本人って期間限定ってのに物凄く弱いですから、普段から100円で販売しているものと普段130円で販売しているものを期間限定で100円にするのと、どっちを選ぶとなったら後者を選択すると思います。
最初は
「ミニストップのおにぎり100円らしい」
って結構来ると思うんですよ。そりゃ安いですもん。
でも、人間って絶対慣れてくると価格より味にシフトしていくので、そんなに期待するほど客数が伸びるかというと・・・疑問が残りますよね。

現にセブンイレブンやローソンなんかが高額おにぎり展開を未だにやめていないのは間違いなくそういう購買層が存在していると判断している訳で、価格に見合った味であればお客さんは購入すると自分は思います。
そもそも100円おにぎりって、自分がコンビニに入りたての頃でも"安い"分類でしたからね。
そう考えると、安かろう悪かろうになりかねない部分がある訳ですよ。

まあ、ミニストップのバイヤーがそれで勝てると踏んだ訳だから、それはそれでいいと思うけど、ミスドとかマックとかの実験結果とかをちゃんとリサーチしたのかなぁ??
なんとなーく、勢いでやったような気がするんだけどねぇ~(笑)

コメント

震度6強でも被害最小限・・・日本ってやっぱり凄いとつくづく思う。

2019-06-19 06:21:55 | Weblog
列車内の乗客が高台に避難…国道で落石情報、停電は一時8千戸超

本編入る前に・・・
入力画面がめっちゃ変わって恐る恐る書いてます。

さて・・・
昨日の22時20分位ですか、新潟方面で最大震度6強という大規模な地震がありまして・・・
まあ、一昨日辺りに九州方面で地震雲の投稿があったので、また大規模な奴が来るのかなぁと思ってたら、まさかの北陸で最大震度6強でしたから、ちょっとびっくりしてしまいました。
被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。

で、凄いのは今日現在、新幹線とか通常運行してるんだそうですよ。あとライフラインも既に復旧し始めているという事。
死者・けが人や建物の倒壊もあれだけの規模なのにそれほど出ていない。
やはり東日本大震災の教訓っていうのはかなり大きいようで、迅速な避難行動であったり、耐震制度の強化だったりをきちんとやってきた部分ってかなり大きいと思います。

日本人はどちらかというと用心深い種族らしく、今回はそれがいいほうに出た感じですね。
海外で同規模の地震となると、今回とは比較にならない位の死者・けが人、家屋の倒壊があって、かなり悲惨な状況がCNNとかでレポートされてますけど、日本に関しては2011年から8年の歳月でさらに対地震について対策がなされているんだなぁと。
ま、それでも元の生活に戻る位の回復力となるとまだまだなんでしょうけど。

日本は地震の多い国で、東日本大震災規模の地震を経験しているから、多少大きめの地震でも冷静な行動が出来ると思います。
でも、それが油断につながると結果として悲惨な状況になるので、大規模地震発生の際は迅速にかつ冷静な避難行動を行いましょう。

コメント

料理が苦手な人って、絶対味見してないでしょ?

2019-06-18 06:26:52 | Weblog


料理をするのが苦手って言う人が自分の周りにもいるんですよ。

何を作ってもおいしくできないって嘆く訳です。

で、話を訊くと何となく共通している事がわかってきて・・・
とにかく材料の分量がテキトー
味見しない
補正しようとして、変なモノ入れる
この三つ。

確かにイチイチ計るの面倒だし、自分もある程度テキトーに入れてるから気持ちはわからんでもないんですけどね。
匙加減っちゅーのは、ある程度料理が出来る人が
「こんなもんかな?」
って感じで初めてできる奴だから、料理が苦手って人はやめたほうがいいですね。
で、レシピで大さじ1とか書いてあるけど、あれはあくまで"割合"と考えたほうが失敗しないです。

例えば
醤油大さじ1、酒大さじ1、砂糖小さじ1なら自分は
1:1:0.5
って感じで、後は微調整ってやり方をしています。

で、ここで必ず味を見るのは必須ですよね。
レシピに頼りすぎる、または自分の直感に頼りすぎるとここでゲゲボな味になっちゃうので、特に味付けの時は頻繁に味見をするべきですね。

あと、意外と料理が苦手な人って段取りが悪いですね。
調味料なんかは事前に用意しておくとか、なんなら合わせ調味料作っておくとかしたほうが間違いないです。
大抵アレを入れ忘れたとか、分量間違えたとかでパニックになっちゃって、結果料理そのものに火が入りすぎてダメになっちゃうとか。
事前に準備をしておくこと、これ結構重要なんですよね。

最後に味の補正・・・
アレンジとか慣れない事はまずやめましょう(笑)
で、味って冷めてくると塩分が強くなるから塩分を抑えめに作ると食べる時にちょうどいい塩梅になります。
味見の際に
「んー・・・ちょっと薄いかなぁ」
位がベストですね。

とにかく食べ物ですから、自分の舌で確かめながら作っていくしかないんですよ。
自分が本当においしいと思ったら、他の人が食べてもほぼ大丈夫ですから(笑)


ほぼね(笑)


コメント

確かに家賃が給料の半分を占める可能性は高い

2019-06-17 06:34:42 | Weblog
でも、貸す側だってそれなりにかかるものはかかる訳で・・・

給料の大半が家賃に消えてしまう…日本の住宅政策は大丈夫か? 藤田孝典さん持論

うちも貸家っぽい事はやってるんだけど、実際の話今時の造りじゃないから徹底的に家賃を安くしているんですよ。
そうすると維持費で精いっぱいなんですよ。
ほとんど手元に残らないのが実情です。
建物の老朽化だったり、地デジ移行によるアンテナの取り換えだったりって、全部大家が対処する事だから、そういう不測の事態に備えてある程度のお金を蓄えておく必要があるんですよ。
そこに固定資産税とか土地を借りていれば借地権とか、そういうモロモロの支払いもその中で行わなければならないし、その上で自分の生活費を捻出する訳だから、今の家賃って結構妥当な金額だと思うんですけどね。

ただ単に部屋を貸して楽にお金儲けできる・・・って訳ではないんですよね。
その部屋を作るにしても莫大なお金がかかってるし、そのお金の回収もそこに含まれてる訳ですから。

確かに家賃が発生しなければ生活は楽になると思います。
本当に給与の半分持って行かれる可能性は高いし、失業しても絶対"支払わなければならない"お金ですからね。
この記事の言いたい事はわかるけど、ただ単に借りる側の救済提言だけ書いていい子ぶっても、貸す側には貸す側の事情っていうものがしっかり存在するし、そこをきちんと把握してから書いているのかなと首をかしげる訳です。

何でもかんでも制度改革で国の金をアテにし出したら、かの国みたいになってしまうんじゃないかと思います。
厳しいようですが、現実はそんなところですよね。
コメント