労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

シャンハイ 戦史ものでありスパイものであり恋愛ものであり・・・上海租界さながらに複雑~

2011-08-23 | いい映画観てますか?(アジア)
 今日は先日購入した製本機(なんと40万円もするねんで!)を使って、明後日のうちの労組の一つ上のローカルセンターとしての位置づけの労組連合会の、定期大会の議案書を作った。
86ページの冊子、コツがわからず10冊くらい失敗したけど、コツがわかってからは印刷屋さんに出した並の議案書が出来上がった!
すごい!・・・がこれでまたどっかで仕事が無くなって雇用が減るのだ・・・複雑・・・o( ̄ー ̄;)ゞ


=47 -8-】 予告編で、この映画は絶対に観ておかなくてはならないと確信していた、うん、期待は裏切られなかった。

 1941年の上海には、イギリス、アメリカ、日本など列強各国が租界を置き、覇を競っていた。上海に赴任したばかりの米国諜報員のポール・ソームスは、親友でもある同僚・コナーが日本租界で殺されたとの知らせを受ける。コナーにはスミコという日本人の愛人がいて、上海三合会のボスのランティンを調査していた。あるパーティーで新聞記者と偽ってランティンに接触したソームスは、妻のアンナや日本軍大佐のタナカと出会う…。 


 アヘン戦争の代価として1842年に誕生した上海租界、この映画の頃には英米列強の租界を纏めた共同租界と、フランスのフランス租界、そして力ずくで認知させた日本租界があったと映画では解説していた。
租界(そかい)は行政自治権や治外法権をもつ清国(のちに中華民国)内の外国人居留地のことを言うらしく、この映画で知った。
ネットの和英辞典で調べたら「a concession; a settlement」となっているが、この映画ではsectorとされていた。
セクターっがそれっぽいな。

 アメリカ代表はジョン・キューザック、中国代表のコン・リー、香港代表のチョウ・ユンファ、日本人代表は渡辺謙と菊地凛子(このスケールになると急に偉大な女優だと感じる俺?)、国際色あでやかにキャスティング濃いね~渋いね~、つーってなんてったてデヴィッド・モースが渋い!


 歴史的な背景に絡めたリアルなサスペンス、そこで躍る日本軍人・米国人スパイ・中国人商人・反日レジスタンスなどの微妙で複雑に絡み合う駆け引き、リアルで大規模なセット・美術・衣装が複雑でかつ深い深いストーリーをリアルに彩る、という映画だ。
あんな主人公(ジョン・キューザック演じるポール・ソームス)がなんでそんなにもてるねんって個人的なつっこみどころがあったけど、でも、時間を忘れる展開といい感じで頭を使わせていただけて、けっして意地悪しないストーリーは、良かった!
テレビかレンタルで、もう一度、いろんな細かいところを確認しながら観たい。
もし、あそこであーなってこーなっていたら日本軍の真珠湾攻撃はなかったのか!


コメント (2)   トラックバック (33)   この記事についてブログを書く
« ビギンの島唄 オモトタケオベ... | トップ | 1997年8月の波乗り日記 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
日米開戦直前 (KGR)
2011-08-23 12:22:23
日米開戦に向かう日本軍、アメリカの情報部、そして反日レジスタンスと日本に加担する中国人の思惑が絡んで、陰謀渦巻く上海で愛憎劇が繰り広げられる。
ざっくり書いちゃうと期待した通りになっちゃうんですが、なんか陰謀/スパイ部分が中途半端でした。
コナーにしても結局嫉妬で殺されちゃったわけで、極秘事項をつかんで暗殺されたわけじゃなく、犬死に/無駄死にですよね。
折角のセットとキャストがもったいない気もしました。
  実は人間ドラマだったのですね (  KGRさんへ)
2011-08-23 12:51:06
  そのわりにはキャストが豪華すぎて。

  最初はスパイドラマだと思ってみてましたが、
  謎がさほど深くないので、途中から人間ドラマだと割り切って見ることに切り替えました。
  みんな誰かを裏切り、裏切られ。
  でもぐちゃぐちゃにはならない、というラストが良かったです、自分としては。
  もっと尺取って、サスペンス的な要素を深くしてくれたら、
  華キャストが浮かばれた大作になったのに・・・というのが少し残念。

コメントを投稿

33 トラックバック

試写会「シャンハイ」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2011/8/8 一ツ橋ホール。 第2次大戦開戦前夜の中国で、日米中が諜報部員の活躍によって、 お互いの行動を探りながら、それでもなお戦争に突入してしまう 緊迫の情報戦だと思い、実はかなり期待していた映画。 まずまずの入りかな。 前方の数列目の中央付近に空...
シャンハイ / SHANGHAI (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click ジョン・キューザック×コン・リー×チョウ・ユンファ×渡辺謙  ジェニファー・アニストン×クライヴ・オーウェン主演の『すべてはその朝始まった』のミカエル・ハフスト....
シャンハイ (あーうぃ だにぇっと)
8月12日(金)@一ツ橋ホール。 今日から夏の短期休暇。(笑) たまりに溜まったお仕事を片付け、夕方から一ツ橋ホールに出かけた。 この時期の東京は人も車も少ない。 他県ナンバーの車の比率が普段より高い。 慣れてない故か危険な運転をするドライバーが多いの...
シャンハイ (LOVE Cinemas 調布)
1941年の上海を舞台にとあるアメリカの諜報部員の死の真相を突き止めようとする主人公の視点で、男と女の複雑に入り組んだ悲しい関係を見つめた運命の物語だ。主演は『2012』のジョン・キューザック。共演にコン・リー、チョウ・ユンファ、菊地凛子、渡辺謙といっ...
映画 「シャンハイ」 (ようこそMr.G)
映画 「シャンハイ」
シャンハイ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
太平洋戦争開戦前夜の上海を舞台に、米国、日本、中国など各国の人々が己の信念をかけて生き抜こうとする物語を、スウェーデン出身で「1408号室」のミカエル・ハフストローム ...
シャンハイ (はるみのひとり言)
シャンハイ 試写会で見て来ました。見てから一週間くらい経つので、すでに記憶が薄れてかけてるんですが・・・太平洋戦争開戦前夜の魔都・上海。米国諜報員のポールは同僚で親友コナーの死の真相を突き止めるため上海へと渡る。やがて各国の思惑がうごめく中、巨大な陰謀....
シャンハイ (新・映画鑑賞★日記・・・)
【SHANGHAI】 2011/08/20公開 アメリカ PG12 105分監督:ミカエル・ハフストローム出演:ジョン・キューザック、コン・リー、チョウ・ユンファ、フランカ・ポテンテ、ジェフリー・ディーン・モーガン、菊地凛子、ベネディクト・ウォン、ヒュー・ボネヴィル、デヴィッド....
シャンハイ (だらだら無気力ブログ)
アメリカのジョン・キューザック、中国のコン・リー、チョウ・ユンファ、 そして日本の渡辺謙、菊地凛子といったインターナショナルなスター俳優の 豪華共演で贈る歴史サスペンス。 1941年の上海を舞台に、友人の死の真相を追うアメリカ人諜報員が、やがて 危険な愛に踏...
『シャンハイ』 ('11初鑑賞114・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆★-- (10段階評価で 5) 8月20日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 12:40の回を鑑賞。
シャンハイ(試写会) SHANGHAI (まてぃの徒然映画+雑記)
チョウ・ユンファ周潤發やコン・リー鞏俐、渡辺謙などアジアのスターが結集したサスペンスドラマ。 1941年、上海はアメリカやイギリス、フランス、ドイツそして日本といった列強の租界となっていて、抗日ゲリラが暗躍していた。アメリカ諜報員のポール(ジョン・キュー....
シャンハイ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評)
40年代の上海の猥雑な空気が伝わってくるような映像が魅力的。だが、サスペンスとラブストーリー、どちらも中途半端になってしまった。欧米各国や日本の思惑が入り乱れる1941年の中 ...
シャンハイ (うろうろ日記)
試写会で見ました。前説の三木(真理子)さん、すっごいステキでした。なんで、誰も褒
シャンハイ    SHANGHAI (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
上海出身の映画製作者マイク・メダヴォイが企画して、太平洋戦争勃発直前の上海を舞台にして入り乱れた租界に暮らす男女の様子を描いたサスペンスだ。登場人物が下の者に指揮しているうちは重厚的だったけど、現場で銃撃戦をするシーンが出てきて深みに欠けていた。もう少...
『シャンハイ』 (・*・ etoile ・*・)
'11.08.11 『シャンハイ』(試写会)@明治安田生命ホール yaplog!で当選。いつもありがとうございます! これは予告を見て気になってた。ジョン・キューザック好きだし☆ *ネタバレあり、ごめんなさい!辛口です(涙) 「日米開戦直前の上海。様々な国の租界地区が存在...
[映画『シャンハイ』を観た(超短信)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆試写会が当たりました^^  渡辺謙と菊池凛子とミカエル・ハフストローム監督(トルシエ似)の舞台挨拶もありまして、私は、あまり、かような派手な試写会は経験なかったので嬉しかったです。  ・・・へーっ、舞台挨拶のスチール写真撮りは、観客そっちのけであのよ...
『シャンハイ』 (こねたみっくす)
太平洋戦争開戦前夜、東洋の魔都・上海。そこで繰り広げられる国家ではなく5人の男女関係だけを揺り動かす、別に1941年の上海が舞台じゃなくてもいいやん!な物語。 ジョン・キュ ...
シャンハイ (とりあえず、コメントです)
太平洋戦争前夜の上海を舞台に、様々な想いと愛に動かされていく男女の姿を描いたサスペンスです。 話題のキャストと、1941年の上海がどんな状況だったのか興味があって気になっていました。 “魔都”と呼ばれた上海で世界の混沌がそのまま繰り広げられる様子に、ちょっと...
映画「シャンハイ」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「シャンハイ」観に行ってきました。 1941年10月~12月の大東亜戦争(太平洋戦争)勃発前夜の上海(シャンハイ)を舞台に繰り広げられる、アメリカ・中国合作のサスペンス作品。 ハリウッド映画でしばしば登場する日本人俳優・渡辺謙が主演している映画でも...
映画「シャンハイ」  (FREE TIME)
映画「シャンハイ」 を鑑賞しました。
『シャンハイ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト「シャンハイ」□監督 ミカエル・ハフストローム□脚本 ホセイン・アミニ□キャスト ジョン・キューザック、コン・リー、チョウ・ユンファ、渡辺 謙、菊地凛子、デビッド・モース■鑑賞日 8月21日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満...
シャンハイ (miaのmovie★DIARY)
【Shanghai】 2010年 アメリカ・中国・日本 1941年、太平洋戦争勃発前夜の上海。 日本軍占領下の混沌としたこの街に、米国諜報部員ポール(ジョン・キューザック) が降り立つ。彼の目的は、親...
シャンハイ (花ごよみ)
アメリカ、日本、、中国のスターの競演。 主演はアメリカの、ジョン・キューザック。 中国側は、コン・リー、 そして彼女の夫役の、チョウ・ユンファ。 日本の渡辺謙。 ミカエル・ハフストロームが監督。 1941年、太平洋戦争勃発前の、 魔都と呼ばれた上海租界が舞台....
シャンハイ (映画的・絵画的・音楽的)
 『シャンハイ』を渋谷シネパレスで見てきました。 (1)終戦記念日の後で、時期的にはある意味でふさわしいのではないかと思い、映画館に出かけてきました。  映画は太平洋戦争直前(1941年)の上海を舞台としています。  物語は、米国情報部に所属する諜報員ソームズ...
シャンハイ(2010) (佐藤秀の徒然幻視録)
隅っこのスミコ 公式サイト。原題:SHANGHAI。ミカエル・ハフストローム監督、ジョン・キューザック、コン・リー、渡辺謙、チョウ・ユンファ、菊地凛子、ジェフリー・ディーン・モー ...
シャンハイ/ジョン・キューザック、コン・リー (カノンな日々)
予告編が流れ始めた頃は『上海』というタイトルだったように思ったんですけど、いつの間にカタカナ表記になったのでしょう?しかも中国映画だとばかり思っていたらアメリカ映画だ ...
■シャンハイ (しんちゃんの徒然なる映画日記)
第234回「ノンフィクションの中のフィクション」 さて、今夜の作品「シャンハイ」もそれほど観たいと思った作品ではありませんでした。「戦争」を題材にした映画というのはたくさんありますが、どの映画も悲惨で救いが無いので、観終わった後がとっても後味が悪いから...
シャンハイ☆そこは、愛が命取りになる街。 (☆お気楽♪電影生活☆)
  仕掛けられた≪愛≫   世界を揺るがす≪陰謀≫
■『シャンハイ』■ (~青いそよ風が吹く街角~)
2010年:アメリカ映画、ミカエル・ハフストローム監督、ジョン・キューザック、コン・リー、チョウ・ユンファ、菊地凛子、渡辺謙出演。
映画「シャンハイ」@ヤクルトホール (新・辛口映画館)
 試写会の主権はぴあさん。ぴあ恒例の3夜連続試写会の最終日で、休刊の決まったぴあ主権の最後の試写会だそうだ。映画上映前にはぴあ編集長からの挨拶があった。客入りは8割くらい、客年齢は高い。
『シャンハイ』 半分の満足 (Days of Books, Films )
Shanghai(film review) 『シャンハイ(原題:Shanghai
「シャンハイ」 底が知れない街 (はらやんの映画徒然草)
太平洋戦争開戦前夜の上海、そこは「魔都」と称されることが多いように、欧米列強と日
シャンハイ (5125年映画の旅)
上海に潜伏していた米軍諜報員が何者かに殺された。同僚の諜報員ポールは真相を掴むため上海を訪れ、そこでマフィアのランティン、日本軍の大佐タナカらと接触する。ポールはラン ...