四季と自然とはりんこの花菖蒲

季節の草花を撮り歩き 家では花菖蒲にボケてます

冠山は秋の花

2015年08月28日 | 写真

3ヶ月ぶりの冠山は日差しは強くも涼しい風が吹いていました

登山者の話では ちょっと荒れているそうで福井側からは9月中は入れないようです。(岐阜県側は問題ありません)


ツルリンドウは見頃を迎えております


クルマバハグマはこれからです


モミジバハグマ


ホツツジ


ミズナラのドングリ


登り始めは曇っていましたが青空が見えて山頂もクッキリ


山頂直下の崖、登り口は脇に頼りないロープがありますが途中からは自力での上り下りになります。
でも、ここに四季を通じて花が咲くから面白い。今まで僕が見た花は(ハルリンドウ・イワカガミ・オオバギボウシ・オオコメツツジ
キンコウカ・ノギラン・アキノキリンソウ・イワショウブ・カライトソウ・オヤマリンドウ)です


崖から見る冠平、みんながお昼ごはんを食べるところです。周りの緑はチシマザサと葉の切れ込みがないヒトツバヨモギです


カライトソウ


イワショウブ


ノギラン


オヤマリンドウ


山頂です。


山頂からのパノラマ(画をクリックで360度パノラマに移動します)

コメント

大垣市花火大会

2015年08月23日 | 写真

8月22日(土)
8月1日に予定されていた花火大会が市内を流れる揖斐川が前日上流で大雨が降り、ダムを解放したため下流の
河川敷会場の水位が上がり延期となりました。

撮影場所は明星輪寺がある金生山から レンズ70-300、ISO100、F値5.6、シャッター速度3.2~5秒
倍率は花火の大きさを予測して85~300mmで当然マニュアル撮影、トリミングしてます。

6時34分、7時30分からだけど明るいうちに花火が上がる場所を予測してピント合わせ

7時20分、ピントを合わせ動かないようにテープで固定したけど不安


右が大垣の花火、左は何処のか分かりませんが途中から派手に上がってました。


最後の2尺玉


おわりました。

コメント

残暑に咲く山野草

2015年08月19日 | 写真

高速を使えばさほど時間がかからないけど、何時どこにどんな花が咲いているの分からない地域を
この辺をフィールドにされている写真友に案内していただき楽しい一日を満喫してきました。

ツリフネソウ


フシグロセンノウ  このオレンジ一色はよく目立ちます

 ウバユリ
葉が枯れて(歯が抜けて)から花が咲くから付いた名前だけど、最近のバァちゃん達はメッチャ元気・・・・・?


ノブキ 野に咲くフキは一見地味だが1㎝くらいの中は花束てんこ盛り


セリバシオガマ


欅(けやき)の森に咲くオオキツネノカミソリは地元の人たちに大切に保護され一般に開放されています

コメント

森の妖精 レンゲショウマ

2015年08月17日 | 写真

自然に咲くレンゲショウマを見たのは10年以上前のような気がする。早朝、森に入ると緑に囲まれた中に露に濡れ
乳白色に光るレンゲショウマ、まだ蕾が多く開花は少ないものの伊吹山や鈴鹿山系、揖斐の山々では見られず
僕にとって憧れの花の一つです。


山野草や高山植物は同じような姿でその地域の名が付く花が沢山あるが日本固有で一属一種の花は『森の妖精』と呼ばれるのにふさわしい


淡い色がうつむき加減に咲く花姿をアングルファインダーで覗くと、朝の光に透ける何とも言えない瞬間である。


コメント

イワタバコ

2015年08月12日 | 写真

8月9日(日)
何年も前から分かっていましたが なかなかタイミングが合わず今年こそはと出かけましたが
やっぱり遅かった。4箇所ほど回りましたが同じような残り花となっておりました。

 静かで雰囲気もありいい感じのところです。

う~ん、小さいけど納得の株


モミジガサ 昨年地元の方に調理済みを頂きましたが美味です。

 逆光です。こちらへは午前中に来るべきでした

タマアジサイ


ムシカリの実 葉っぱが虫に食べられボロボロになっているのでムシカリでいいと思います。

 ヤブミョウガ
イワタバコ、今年も残念な結果となりましたが また来年の楽しみが一つ増えました。

コメント