生涯いちエンジニアを目指して、ついに半老人になってしまいました。

ボーイング機などのジェットエンジンの国際共同の設計開発に携わった眼をとおして現代の技術のあり方への疑問を解きます。

メタエンジニアの眼シリーズ(63)「誰が文明を創ったか」KMB3426

2018年04月13日 08時00分48秒 | メタエンジニアの眼
TITLE: 「誰が文明を創ったか」KMB3426

書籍名;「誰が文明を創ったか」(2004) 発行日;2004.10.6
著者;ウイル・デューランド 発行所;PHP研究所
初回作成年月日;H30.4.12 最終改定日;H30

引用先;メタエンジニアの歴史  
テーマ;メタエンジニアリングが文明を創る



このシリーズはメタエンジニアリングで「文化の文明化」を考える際に参考にした著作の紹介です。『 』内は引用部分です。

 序文は次の言葉から始まっている。 
『ピューリッツァー賞受賞作家ウィル・デユーラントが、遺作となる本書の執筆にとりかかったのは、亡くなる四年前のことであった。世間で絶賛された大作、百十世紀にわたって人類の歴史を概観した、“The Story of Civilization”のダイジェスト版を作成したいという願いを、彼は妻と娘と共有していた。十一巻に及ぶ“The Story of Civilization”の完成には、妻アリエルの協力を得てもなお五十年ほどの歳月を要した。』(pp.2)

つまりこの書は、アーノルド・トインビーの「歴史の研究」と双璧をなす、人類の文明史の大作といえる。英国の国家機関に所属するトインビーと、アメリカのジャーナリズムに身を置く著者の対比も面白い。国民性からいえば、論理的な分析から入るトインビーと、あくまでも具体例にこだわるアメリカ風の文化の違いが分かる。

著者は、『人間とは一体何かを知るために、歴史を学ぶと決めた。それは科学を通しては決して知ることができない。歴史は、時間の中で起きた事象を考察することによって、哲学的視点を得ようとする試みである。』(pp.2)としている。

『ウィル・デューラントのほとんどすべての著作に共通するモチーフは、文明は人類の進歩のためにあらゆる数々の思想を発展させてきたが、これらの思想の効果についての判定は、歴史の法廷によっておこなわれてきたということである。我々は、歴史の判決に耳を傾けさえすればよいのだ。何時間も哲学的な問題を巡る抽象的な議論ーたとえば一握りの人間が独占している富を、人民一般に再分配すべきか否かについてーを展開しなくとも、人類の歴史はそうした原理が望ましい結果をもたらしたか、それとも予期せぬ惨禍を引き起こしたかを示す実例を提供してくれるのである。』(pp.5)
まさに、具体例に学ぶ態度であり、そのことによってのみ読者を納得させることができると考える米国風の説得法となっている。

目次は、こうした具体例に該当する人物の名前の羅列になっている。そこで、この中からメタエンジニアリング的な人物を挙げてみることにする。メタエンジニアリング的とはどういういうことかを説明する。先ず、エンジニアリングとは、「新たな価値を創造する業」とする。人類社会において、もっとも大きい創造物は「文明」であろう。「メタ」の意味は、「おおもとの」である。「業(技)」を行う際の能力は、自然科学(近世以前は自然学)と人文科学(芸術は、もっとも高度な人文科学とする)を統合したものでなければならない。そして、そのおおもとは「哲学」である。このような考え方は、古代ギリシャのアリストテレス以来、近代の半ばまで世界中の学問の世界で行われていた。古代ローマもイスラム世界もそうであった。

目次に示されたメタエンジニアリング的な人名は、以下である。
・孔子
・ブッタ
・イクナトーン
・旧約聖書の預言者たち
・ピタゴラス
・プラトン
・アレクサンドロス三世
・ルクレティウス
・ユリウス・カエサル
・アウグストウス
・五賢帝
・キリスト
・レオナルド・ダ・ヴィンチ
・マキヤベリー
・ハドリアヌス帝
・ティツアーノ
・ルター
・シェークスピア
・ベーコン
といった具合である。いささかヨーロッパ世界にこだわっているように見受けられるのは仕方がない。

第一章「文明とは」で著者は、「人間は極めて貪欲であった」との表現から語り始めている。これは、ハイデガーの「人は立たせる力に駆り立てられている」に通じる。常によりよく生きようとする生活態度が、他の動物との違いである。

『ほとんどの国家は、いまだに自然の状態のままーつまり狩猟期を脱していない状態にある。戦争はいわば食糧や燃料、原材料を得るための狩猟であり、戦争に勝つことは、国家が食べていくための方策なのである。組織化と防衛のために団結した人間の集合体である国家には、所有欲 と好戦性という人間の古い本能が見られる。それは国家が、原始人と同じように不安を感じ、欠乏や必要に備得るために貪欲であるためだ。外敵がいないと判断したときにのみ、国家は内部のニーズに対処し、曲がりなりにも福祉国家として文明社会の欲求に応えられるのである。』(pp.15)

『しかし、現在見られるこのような欲望の暴走は、逆にこうした状況があまり長くは続かないであろうという希望を抱かせる。何事も、行き過ぎると逆方向への揺り戻しが生じるものだからだ。歴史を振り返れば、欲望の自由な追求が認められた時代の後には、必ず謹厳な抑制と道徳秩序の時代が訪れてきたことがわかる。』(pp.18)が要旨であり第二章からは、具体例の説明になっている。

私が最も興味を持ったのは、第三章の「インドーブッタからインディラ・ガンジーまで」であり。そこから引用する。

『紀元前一六〇〇年頃、アーリア人という頑健な人種が北方からインドに侵入し、その後征服者として定住し、支配者階級となってカースト制度を確立した。またヨーロッパ言語に近いサンスクリット語をつくり、文字を生み出した。その一部は「四部の聖典(ヴェーダ聖典)」として現代に受け継がれている。この聖典は、主に祈りの言葉、賛美歌、宗教的儀式で構成され、ウパニシャッド(師弟問の宗教哲学的な対話)も含まれている。 何世紀もの間、聖典は口承されたが、紀元前三〇〇〇年頃になると文書として記録された。
ヴェーダは今日存在するインド哲学の最古の文書である 。私はヴェーダに大変惹かれており、読者にその抜粋を紹介したい。』(pp.40)

『悟りを開くための第一段階は、「自分自身を含むすべてのものには、 内的で不司欠な非物質的エネルギーがあり、それがなければ何ものも生き、育つことができない」と認識することである。
これらすべての生命力を合わせてブラフマン(Brahman」と呼ぶ。ブラフマンは非物質的で、性別がない無形の本質であり、あらゆる存在に浸透し、すべての生命や思考のみならず 、あらゆる形態や力はそれによって存在している。これこそが唯一の神であり、ヒンドウー教のすべての神々は、ブラフマンのさまざまな側面を人間が理解するのを助けるために生み出されたに過ぎない 。』(pp.42)つまり、「霊魂」の存在であろう。

古代日本の原始宗教は、八百万の神の多くを占めている。その中には古代インドからのものが多い。私は、それらは頑健な人種であるアーリア人が北方からインドに侵入した際に、インド洋に押し出されたインダス文明の担い手の文化だと考えている。アーリア人は、ロシアの中央部に発生した種族で大陸的である。一方、インダス人は商業を盛んにする大河と海洋の民族である。古代日本(縄文文化)が、受け入れるのは海洋文化しかないと考えるべきではないだろうか。

 ちなみに、縄文人のDNAは最近のゲノム解析の結果、従来言われていた北東や東南のアジア人の系統とは全く異なったものであることが判明した。20万年前にアフリカで誕生した現代人は、アフリカ人とヨーロッパ人に分化した後に、ヨーロッパ系が東へ伝播していった。その際の最初の分化が、オセアニア人・南米の先住民・北東および東南のアジア人・縄文人とされている。つまり、縄文人は、中近東のどこかでこれらの人種と別れたことになる。インダス人との繋がりは、あながち空想ではないと思う。聊か自論に走りすぎてしまったが、メタエンジニアの歴史を考え始めるのには、絶好の著作であった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

その場考学との徘徊(42) 都内のさくら巡りのバス旅(その3)

2018年04月06日 07時47分33秒 | その場考学との徘徊
その場考学との徘徊(42)       

題名;都内のさくら巡りのバス旅(その3)
場所;東京都 テーマ;満開の桜    
作成日;H30.4.2 アップロード日;H30.4.6
徘徊日;H30.3.29
                                                       
10:00東京駅出発→隅田川クルーズ→乾通り→高輪桜まつり→目黒川→17:00東京駅

Ⅲ 北の丸から目黒川まで

14:15 北の丸公園の駐車場を出発、靖国神社方向への坂を下る。渋滞のために、首都高速越しに車窓からの千鳥ヶ淵の桜を再び楽しむことができた。




バスは、そこから再び日比谷通りを下り、品川の高輪プリンスホテルに向かった。

道中は、結構長い。まるで都心巡りのはとバスだ。先ずは、国会議事堂前を通過。「議事堂の周りには、桜もたくさんありますが、中はあれにあれています」とガイドさんの説明。



続いて、国立劇場前を通過。ここの桜も見事だった。



さらに、今朝通った日比谷から御成門を通過し、品川駅を通り越し、有名な三菱の迎賓館のわきで第一京浜国道を左に分岐して、立体交差をくぐった。大型バスだとこんな遠回りをするのだ。

ようやく、高輪のプリンスホテル玄関についた。ここでのパンフレットの説明は以下。


⑤ 高輪桜まつり


『高輪桜まつりは約20,000平方メートルの日本庭園に咲く20種類、約230本の桜を堪能できるイベントです。この機会にぜひ日本の春に触れてください。』
バスが着いたのは、宴会場の入り口。以前勤めた会社の株主総会が行われる「飛天」の間の案内が目に付く。一旦館内に入り、廊下伝いに庭園にでた。やはり、場所が場所だけに、高層ビルに囲まれていて狭苦しい感じは否めない。それでも、池の風情がなんとか雰囲気を保っている。








日本庭園には小さな観音堂があり、周辺には灯篭などがあり撮影スポットになる。しかし、狭いことはいかんともしがたい。縁台でのお花見を楽しむカップルも、これでは寛ぐことはできないだろう。桜は、散り始めており、せせらぎが桜色の斑点をつけていた。





15:15 プリンスホテルを出て、目黒川に向かった。
 実は、このコースの桜は、以前に一通り見た記憶があるのだが、わざわざ予約をしたのには理由が二つあった。第1は、天気予報があまりにも好天続きを予想していて、桜の満開の日に合わせられそうなこと。第2は、うっかり広告を読み違えてしまったこと。「墨田川と目黒川の桜クルーズ」と読んでしまったのだ。目黒川をクルーズできるのはありがたい。どこまで遡れるのかはわからないが、神田川クルーズがあるのだから、結構上流まで行けるのではないか、などと勝手に思いもんでしまった。勿論、申し込んですぐに気が付いたのだが、キャンセルするのもおっくうで出かけることにしたのだった。

⑥ 目黒川桜回廊散策

パンフレットの説明は以下。
『東京最大級の桜回廊『目黒川桜回廊散策』(中目黒付近)約3.8km・830本の桜並木が続く、都内最大級の桜回廊。桜に包まれる景色が大人気!桜散策に最適なコースです。』

相変わらずの満員電車状態。変わったのは、皆同じような細長いグラスを持ちながらの散策。桜色をしたシャンパンのように見えるのだが、さて本当の中身は何なのだろう。





川面に散った花びらが、そろそろ溜まりだしていた。すぐに本格的な桜吹雪が見られることだろう。人波をこじ開けての車の侵入も多く、長居は無用で、早々に退散した。




天気に恵まれた一日だった。暑くて上着を一枚ずつ脱いでは、バスの車内に置いていった。そんなことができるのは、貸し切りバスの強みだ。ただ、降車も乗車もほとんどが道端で、急かされるし、場所によっては、停車も禁止なので、バスが来るまで道路わきで待たねばならない。周辺では、車も人も迷惑なことだろう。観光立国のインフラは、まったくなっていないといった方が良いように思ってしまった。観光地ばかりではなく、市内観光がゆっくりとできるインフラを整えられるのは自治体だけで、観光協会などができることではない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

その場考学との徘徊(41)都内のさくら巡りのバス旅(その2)

2018年04月05日 10時24分19秒 | その場考学との徘徊
その場考学との徘徊(41)        題名;都内のさくら巡りのバス旅(その2)
場所;東京都 テーマ;満開の桜    
作成日;H30.3.30 アップロード日;H30.4.5

Ⅱ 浅草から北の丸公園まで 
                                                      
廻る順番はいろいろあるのだが、選んだのは「11号車10:00東京駅出発→隅田川クルーズ→乾通り→高輪桜まつり→目黒川→17:00東京駅」。

12:00 東武浅草駅前の道路わきから乗車。バスが来るまで交差点で待ちぼうけ。



その角に、貸衣装さんがあった。中国人と思しき若者連れが出てきた。



10分ほどでバスに乗車、日本橋方面に向かった。

12:35 大手町をすぎて、新しくなった東京駅前の広い道路わきに停車。ここでも素早く降りなければいけない。観光立国には、まだまだインフラが追い付いていない。バスの乗り降りすら急かされるのは、よろしくない。

坂下門前の広大な広場に張り巡らされたロープは、この時刻は人が少なく、単なる遠回りになるだけだった。荷物検査も十数人が並んだだけで、簡単に入場できた。前回の「皇居乾通り 春の特別公開」の時には、朝一できて大いに並ばされた。



『② 2018年 皇居乾通り 春の特別公開


平成26年の春、天皇陛下が傘寿(80歳)を迎えられたことを記念して、サクラとモミジが植えられた皇居内の「乾通り(いぬいどおり)」が公開されました。
乾通りは、乾門から宮内庁庁舎前に至る乾濠及び蓮池濠沿いの約750mの通りで、桜の時期に通り抜けられるのは2016年の春の一般公開から2年ぶりです!
~乾通り沿いの主な樹木~
(1)さくら類 計76本(ソメイヨシノ 52本、サトザクラ 5本、シダレザクラ 3本、ヤマザクラ系 12本、ヒガンザクラ系 4本)
(2)もみじ類 計59本
(3)アカマツ・クロマツ 計67本
(4)その他広葉樹 計55本』と、説明にはある。

今日の桜は、どれもほぼ満開。
中ほどに「ミドリザクラ」があった。みんなが見つめているのだが、どう見ても緑色には見えない。桜も歳をとると色が変わってくるのかな。








皇居の桜らしさは、いろいろな背景で楽しむことができる。
多くの桜は、松の枝と重なるのは仕方がない。
明治神宮の植林は、100年後の森をイメージして計画的に作られた。ここの桜も100%人工林なのだから、もう少し植える場所を考えてほしかった。





乾門の出口までは、約30分。
前回は、途中から東御苑方向に曲がったのだが、
今回は乾門を出て、交差点を渡り、北の丸公園に入った。



ぽかぽか天気なので、あちこちでピクニックのシートが広げられている。子供たちが大勢遊んでいる。



『③ 北の丸公園の桜観

北の丸公園は昭和30年代に桜が植えられ、現在では東京のお花見名所として知られています。
池や芝生の美しい緑あふれる園内に、ソメイヨシノなど約330本植えられています。
乾通りをご覧いただいた後はぜひ北の丸公園の桜にも心癒されてください。』が、説明用のパンフレット。




その中で、アオザイを着た女性がお互いの写真を取り合っていた。自撮りが主な中国系とは、やはり異なった雰囲気を感じてしまう。日本の文化は、やはり中国大陸よりは、東南アジアに近いのであろうか。



北の丸公園の芝生広場での集合時刻には間があったので、池の反対側の土手に上って、千鳥ヶ淵を眺めることにした。





『④ 千鳥ヶ淵・靖国神社の桜観賞(車窓)


千鳥ヶ淵緑道にはソメイヨシノやオオシマザクラなど約260本の桜が咲き乱れ、桜のトンネルを作ります。
例年、桜のシーズンには日本全国から100万人以上のお客様が訪れる東京の桜名所です。
靖国神社ではソメイヨシノをはじめとする約500本の桜が参道を華やかにし、この時期には毎年約50万人のお客様が全国各地から訪れます。』との説明。

お堀に沿ってのそぞろ歩きもよいが、ここから全体を眺める方が、ゆっくりと鑑賞できる。ボート遊びが桜の枝の陰からちらほら見えるのも良い。

14:15 北の丸公園の駐車場を出発。渋滞のために、車窓からの千鳥ヶ淵も楽しむことができた。



バスは、そこから再び日比谷通りを下り、品川の高輪プリンスホテルに向かった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

その場考学との徘徊(40) 都内のさくら巡りのバス旅(その1)東京駅から浅草まで 

2018年04月04日 08時06分45秒 | その場考学との徘徊
その場考学との徘徊(40)        
題名;都内のさくら巡りのバス旅(その1)東京駅から浅草まで

場所;東京都 テーマ;満開の桜    
作成日;H30.3.30 アップロード日;H30.4.4
                                                       
『「日帰りツアー」と一口で言っても実は色々あります。さあどれから参加しますか?
日帰りバスツアーでも「観光名所めぐり」「季節の花・自然めぐり」「社会見学ツアー」など、いろんなテーマでご紹介しています。
さらに、バスに乗る以外でも人気のツアーが多数。 普段なかなか乗る機会がない「船」で東京の街をめぐるクルーズツアー、ガイドがご案内しながら街あるきする散策ツアー、東京・その他エリアの歴史に注目してゆかりの地をめぐるツアーも人気です。 ポケカルテーマ別ツアー一覧(テーマ別にツアーを検索することができます)』

 という宣伝に目が行き、ついつい暇に任せて『皇居「乾通り」特別公開&「高輪桜まつり」見学&目黒川桜のトンネル散策&隅田川お花見クルーズバスツアー~おにぎりセット付~ いつもとは違うお花見を楽しめる! 』を予約してしまった。
 
今年の桜は、極寒の冬とぽかぽかの3月によって、空前の咲き誇りのようだし、天気も抜群に良さそうだ。それぞれの場所は、すでに何回か行ったところだが、一気通貫で見られるのも楽しみだ。しかも、すべての場所で満開というチャンスはめったにあるものではない。

廻る順番はいろいろあるのだが、選んだのは「11号車で、10:00東京駅出発→隅田川クルーズ→乾通り→高輪桜まつり→目黒川→17:00東京駅」。

それぞれの場所の説明は、以下(①~⑥)のようにあった。
3月29日(木)快晴、最高気温の予想は24℃。
長くなるので、3つに分ける。
(その1)①
(その2)②、③、④
(その3)⑤、⑥


① 隅田川千本桜クルーズ

パンフレットの説明は以下
『東京の桜景色の代名詞!江戸時代から続く桜並木1000本桜のお花見を満喫!
隅田川の両岸に咲く「隅田川千本桜」をお楽しみください!』

8:45 千歳烏山駅発 急行 平日の通勤時間帯なのだが、この時刻ならばなんとか乗ることができる。

9:30 東京駅着、集合場所の丸ビル前にはすでに相当の数の人が集まっている。お年寄りが多い。
  


10:10 東京駅前出発、日比谷通りを下ると、芝の増上寺前を通過。最初の桜にお目にかかる。



首都高速にちょっと乗って、レインボーブリッジを渡りお台場に入る。ここから「水上バス」に乗るのだ。

なぜか、最近また有名になった「自由の女神」も桜に囲まれている。



11:00 「お台場海浜公園」から出航 天気晴朗で波なし。
先ずは、レインボーブリッジをくぐり、隅田川の河口に向かう。



やや遠いが、新旧の築地市場を眺めること
ができる。




勝鬨橋をくぐると、隅田川の橋が次々に現れる。船内放送の説明にも興味がわく。それぞれの橋にはいわくつきの話がある。作った時のいきさつや、形へのこだわりなど。最近の建造物にはない歴史を感じる。




吾妻橋をくぐると、浅草の岸辺の公園の桜が見えてくる。ここも満開のようだ。




11:50 約1時間で浅草の船着き場に到着。先を急ぐので、公園の桜を愛でる時間はない。




東武浅草駅前の道路で、先ほどのバスに乗り込む。
12:10 皇居に向かって出発。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メタエンジニアの眼シリーズ(62)老子

2018年03月23日 08時18分44秒 | メタエンジニアの眼
その場考学研究所 メタエンジニアの眼シリーズ(62)
          
「老子」  KMM3436

このシリーズはメタエンジニアリングで「文化の文明化」を考える際に参考にした著作の紹介です。『 』内は引用部分です。

書籍名;「老子・列子」[1996] 
訳者;奥平 卓 発行所;徳間書店
発行日;1996.5.3
初回作成年月日;H30.3.20 最終改定日;H30.3.23 
引用先;メタエンジニアの歴史



 日本では、孔子があまりにも有名で、老子の中身までを知る人は少ない。しかし、諸子百家の中で、もっとも深く自然を追求して、しかる後にそこから倫理や政治といった社会学を説く態度には、アリストテレスとの共通性を見ることができる。そこで、彼も歴史上のメタエンジニアの一人としたい。その理由は別途示す。彼の自然を優先し、しかる後に人為をなすの思想は、東洋思想の根源であり、西欧文明の後の次の文明の柱ともなる思想だと思われる。

 成立の過程は、諸説あって明確ではない。
 『老聃に対する疑惑をますます深めさせるのは「史記」(漢代の史家司馬遷の著、前90年ごろ成立)の老荘中韓国列伝である。(中略)
孔子はかつて老子と会見して、礼についての教えを請うたが、老子は、孔子の学問方法や態度に厳しい忠告を与えた。孔子は帰ってから、老子を竜にたとえて、これを讃えた。
老子の学間は、オ能を隠し、無名であることを旨とした。ながらく周に暮していたが、周の徳が衰えたのを見てそこを立ち去り、函谷関(一説に散関ともいう)に至った。そこで関令の伊喜に請われるままに上下二篇の書を著わし、道と徳の説を五千余言の文章にして立ち去った。その最期を知る者はだれもいない。』(pp.17)
 このように。孔子は老子に注意をされるような立場だったのだが、日本での評価はなぜか逆になっている。

『老子の学説は、自然哲学から認識論、倫理説、さらには政治論から軍事論に至る領域を包括する。 老子はこの広壮な体系を、圧縮できる極限まで圧縮して、僅々五千字のうちに表現した。それはいかにして可能であったか。かれはいう。
 「およそ、いかなる理論にせよ現象にせよ、それぞれに基本原理を持つものだ」(七+章) 老子は、この世界を支配している原理を徹底的に追究し、洗い出さずにはいなかった。そして極大の世界を動かす極微の法則をつかみ、簡約にして無限大な思想体系の構築に成功した。『老子』における原理とは何か。それは、自然と人間との両者に関する深刻な認識である。』(pp.25)

自然観としては、『老子の思想の根底にあるのは、冷徹な自然哲学である。かれは神の意志を信じなかった。自然は、不断に生起しては消滅していく非情な物理的自然として、把握されていた。
かれは自然を変化においてとらえようとし、宇宙間の事物の変化を通じて、そこに一定の通則を見出す。それは万物の根元、つまりあらゆる現象の背後にひそむ時空を超越した本体と、その運動法則とである。』(pp.25)

これは、アリストテレスの「自然学の後の学(すなわち形而上学)」に通じる。

 続いて、人間観については、『老子にあっては、生命も物質もひとしく道の所産と考えられた。人間とてその例外ではない。 しかしながら、あらゆる存在のなかで、入間のみが自覚的存在であり、自己と世界との根本的な成立の根拠を自覚しうる。それゆえに、人間は、道・天・地と並んで、字宙間の四大のひとつに数えられた(二+五章)。』(pp.26)

 これも、形而上学の存在論のはしりと思う。

 さらに、倫理説では、『万物は、根元たる道から本性を付与されている。老子はこれを「徳」と名づける。おのれの徳を守り、自然を全うすること、そのとき、人間は、自在な道のはたらきと一体化することができる。
それゆえ、知の最上のありかたは、徳を自覚し、道を認識することである。それは、自己の内部へ向けられ、万物に内在する道を志向すべきもので、自己の外に向かい、事物の外面にとらわれてはならないものであった。
「知識を外に求めて、駆けずり廻れば廻るほど、ますます知識はあやふやになる」(四十七章)』(pp.27)

 現代の中国においては、老子の考え方を唯物論的にとらえたり、観念論的にとらえたりされるという。しかし、その弁証論的な認識の方法については、一致して評価されているとある。いずれにせよ、老子を元とする道教は、現代中国では最大の宗教となっている。

老子の中でのもっとも有名な言葉は、「天網恢恢疎にして漏らさず」と思われる。
goo辞書には、『「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。』とある。一般的にはこう思われている。しかし、この著には、『天の道は争わずして善く勝ち、言わずして善く応ぜしめ、召さずしておのずから来き、繟然にして善く謀る。天網恢恢、疏にして失わず。』とある。第72章の漢文「天網恢恢、疎而不失」を読めば、そうなる。

Wikipediaの「老子」には、次の記述がある。『老子が言う小国寡民の国。そこでは兵器などあっても使われることは無く、死を賭して遠方へ向かわせる事も無い。船や車も用いられず、甲冑を着て戦う事もないと、戦乱の無い世界を描く。民衆の生活についても、文字を用いず縄の結び目を通信に使う程度で充分足り、料理も衣服も住居も自給自足で賄い、それを楽しむ社会であるという。隣の国との関係は、せいぜい鶏や犬の鳴き声がかすかに聞こえる程度の距離ながら、一生の中で往来する機会なども無いという。このような鮮明な農村の理想風景を描写しながら、老子は政治について説いてもおり、大国統治は小魚を調理するようにすべきと君主へその秘訣を述べ(60章)、要職者などに名声が高まったら返って謙虚にすべきと諭している(9章)。』

このことから、老子は世捨て人のように思われがちなのだが、発想を変えれば、そこことは前述の「天網恢恢、疎而不失」に通じるところがある。また、このような社会は未開の社会と思われがちだが、「文徳をもって社会を明るくする」将来の理想的な文明ともいえるのではないだろうか。特に、人為よりも先ずは自然を深く考えることは、現代の西欧型文明の次の文明にとって重要なことだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

その場考学との徘徊(39)王墓と直弧文との関係

2018年03月14日 10時56分07秒 | その場考学との徘徊
その場考学との徘徊(39)         
題名;装飾古墳(15)

場所;奈良・岡山・熊本・福岡県  テーマ;古代王の墓    
作成日;H30.3.3 アップロード日;H30.3.14
                                                       
TITLE:王墓と直弧文との関係

 熊本県と福岡県で多くの装飾古墳と歴史博物館を見学した。特に、各地の歴史博物館には、最新の研究資料が豊富に置かれていた。私の目的は、文化と文明の関係について歴史をたどりながらメタエンジニアリング的に考えてゆくことにある。その中での最大の問題は、1万6千年も続いた縄文時代の文化が、現代日本の文明へと、どのように文明化していったかにある。私の定義では、1万6千年も続いた文化は、もはや「文明」である。
  
 文明とは、英語で言う都市化でも市民化でも、ましてや文字文化でもない。文明とは「文徳(武徳ではない)をもって、人間の社会生活を明るくしてゆくもの」と考えている。つまり、古代中国の易経のそれである。そのように考えると、大航海時代から産業革命を経て成長した現代の西欧科学文明は、文徳と武徳が半々であり、「半文明」となる。
 
ローマ帝国や唐帝国は、武徳により成立したが、繁栄期のそれは、ほぼ文明といえると思う。それでは、100%の文明は、過去にあったのだろうか。あった、それは日本の縄文文明であり、世界最長の文明だった。

 また、「文字文化」が文明の最大要素との考え方が一般的なのだが、私はそれについても疑問視している。現代の最新のコンピューター技術でも解読できない文字はもとより、現代においても世界中でお互いに読むことも理解することもできないの字が氾濫している。この状態は「文をもって、世の中を明らかにする」とは遠い状態だと思う。ちなみに、「漢字」だけは、読むことができなくても、理解することは可能なので、文明の一要素といえる。英語などは、宇宙人から見れば単なる記号の一つとなるだろう。

 世界文明には、必ず宗教がひっついている。それは、人類が他の動物との違いを明らかにする、ほとんど唯一のよすがになっていると思う。例え、人間の脳よりも優れた人工頭脳でも、宗教を持つことはできない。縄文時代の宗教は、アニミズムとよばれ、先祖崇拝、輪廻転生、精霊の宿る巨大な自然物崇拝などであろう。大きく分ければ、多神教ということになるのだが、現代社会では一神教よりは多神教のほうが、進んでいると考えた方が都合が良いことが多くなりつつある。一神教のほうが優れているという西欧的な考え方は、文徳ではなく武徳である。
 
このような考え方を前提として、「王墓と直弧文との関係」を考えてゆこうと思う。

 縄文土器の文様は、「縄文」である。現在でも土器を作り続けているニューギニアの部族は、「土器に描かれる文様には、宗教的な意味がある」と明言している。縄文は、二つの縄を色々なやり方で捩ったものと考えられている。それは、輪廻転生の代表の「蛇の絡みあい」を示しているとの学説が、多くの支持を得ている。私もそう考える。輪廻転生のもう一つの代表は、「お月さま」であり、満ち欠けの形や軌跡が、様々な文様となって、土器に記されている。勾玉は、その変形だともいわれている。つまり、新月から満月へ、満月がだんだん欠けてやがて闇夜になる変化は、連続的に示すと大空に描かれた勾玉形になる。この説明は、長野県富士見の井戸尻郷土館に、その地で発見された多くの縄文土器や土偶の展示とともにある。

土器は入れ物であり、土器の表面に描かれた文様は、中身を守るためと考えるのが自然であろう。いつまでも、そのままの質を保つ。あるいは、もっと素晴らしいもの(例えば酒)に転生してゆく、といった考えがあると思う。火炎土器が特殊だといわれるが、私には、火炎が中身を守るという意味において、特殊性は感じられない。

 もう一つ、中身を守ること、あるいは素晴らしいものに転生してゆくことを願うものがある。それが王墓だ。石棺の中や周囲には、本人が使用したり愛でたものが納められるが、その周りは「守るもの」に囲まれなければならない。その時には、1万数千年間伝わってきた縄文の思想が伝わっていると考えるのが自然な発想だと思う。墓ほど伝統文化が守られるべきものはない、といっても過言ではないと思う。現代でも、そのことは世界各地で保たれている。

 言葉や文様は、世代とともに変化をしてゆくのが常である。3世代も経てば、言葉が通じにくくなることもある。5世代前の言葉や文様は、かなりの変化を経ていると考えた方が自然だ。縄文と月も、三角の鱗や円や勾玉、メビウスの輪のように変化を続けた。

 直弧文は、部分的には直線と弧の組み合わせだが、全体としてみると、線の入った帯が複雑に絡み合っているが、帯は繋がっている。つまり、縄文文様が進化したものと考えることができるのではないだろうか。勿論、その目的は石棺の中身を守ることにある。

 そのことは、直弧文の塗り絵をすると一目瞭然となる。縄文をシンプル化した帯が、お月様の象徴である円を巻いている。まるで、蛇が絡みついているように。そして、ある部分は勾玉形のようにも見えてくる。



 通常の石棺の蓋には文様がない。しかし、石人山古墳の有名な石棺の蓋の文様は、明らかに埋葬された人物を守ることと、輪廻転生を願う心が示されている。それは、輪廻転生の原型である月(満月)と直弧文である。その上ご丁寧に、この直弧文には、上から×状の柵がある。浮き彫りになっているので、この×文は、直弧文が外れないようにしてある。だから浮き彫りにする必要があった。

 伝統文化の神髄は、周辺部に残るという学説がある。日本各地の廃村やさびれた神社には、古い思想や神像(仏像)が残されている。中央部や、人口密度の高い所での存続は不可能だ。磐井の乱のあと、吉備や大和は栄えたが、磐井の支配地域は取り残された。だから、伝統文化が残ったと考える。

 それでは中央部、すなわちヤマトや吉備ではどうであろうか。その時代の九州よりも古い時代にその証はあった。二つの著書に明言されているので、その部分を引用する。第1は、吉備の楯築神社のご神体の巨石である。

福本 明著「吉備の弥生大首長墓 楯築弥生墳丘墓」新泉社[2007]



『御神体との初めての対面である。近藤は、しばらくの間動けなかった。 「物をみて息をのむというようなことはそう滅多にあるものではない。帯を返し潜らせ巻きつけたような弧状の文様が線彫りで全面をおおっ ている。それは文旬なしに弥生後期の特殊器台の装飾を想起させた。驚くべき品だ」
このときのことを後に近藤はこう書き記している。御神体の不思議な文様を見た近藤は、即座に以前から埴輪の起源として研究を進めていた弥生時代後期の特殊器台の文様との類似を直感したという。ただ、後に述べるように、特殊器台は円筒形の周囲に帯状に描かれた平面的な文様であるのに対し、この御神体の文様はひとかかえ以上もある大きな石の表面全体に立体的に描かれており、ダイナミックさにおいてくらべものにならないものがあった。』(pp.7)とある。

また、この石には顔が描かれており、『顔だけを出し、体全体を帯で幾重にもまかれている姿にみえる人物が、はたして楯築弥生墳丘墓に葬られた首長自身であるのか・・・。』(pp.65)とある。

 この石の文様は、弧状をなす帯が複雑に絡み合っているとして、「弧帯文石」と命名された。ご神体の時代推定は難しかったが、その場所に80メートルの古墳があり、発掘調査で同様の文様の石が発見されて、弥生時代後期のものと比定された。その古墳にある祠は、いくつもの巨石で囲まれている。

 また、森浩一編集「日本の遺跡発掘物語4 弥生時代」社会思想社 [1984]には次の記述がある。



『纏向遺跡は大和平野の東南部で、ちょうど神体山の三輪山の西北方に広がる微高地に営まれた古墳時代前期を盛期とする集落跡である。 この地域には古墳時代前期の巨大前方後円墳として知られる箸墓古墳をはじめ西殿塚古墳、行燈山古墳、渋谷向山古墳などが東辺に群集し、三輪王明ともいわれる初期ャマト政権の本拠地と考えられているところ。

この遺跡の調査はいまも断続的に続けられているが、一九七一(昭和四六)年から七五(昭和五〇)年の発掘調査で、石塚古墳から古墳時代前期初めの土器にまじって、木の円い板に弧線と直線の組み合わせで文様化した弧文円板と呼ばれる木製品が出てきた。この文様が、楯築神社のご神体にある文様と非常に似ているのである。 どちらが祖型で、どちらが影響を受けたのかによって、巨大前方後円墳成立の過程が変わってくるし、ひいては古代政治のあり方にもかかわる重大な問題である。』(pp.152)
と記されている。

 また、別の例としては、
『吉備の特殊器台土器の外周を飾る線刻文様は勾玉形(巴形)や三角形の透し孔をもつ特異なものであるが、、なぜこの文様でなければならないかがわからなかった。ところが弧文円板の文様分析によって勾玉形の孔は文様構成上、必然的に生じることが判明した。この勾玉形は弧文円板から特殊器台へ、という流れの方向が決定したとしている。 楯築神社の龍神石(亀石)の文様については、文様に一定のパターンがみられず、構図上の法則性も認められないが、細部に円板と共通するところが多い。細部の文様比較論ははぶくが、宇佐、斎藤 両氏は「亀石の作者は勾玉形の意識はなかったにしても弧文円板の趣きをイメージでとらえ、吉備において再現を試み、その間の記憶の減退を創造力で補って、吉備的直弧文をたぐいまれな石の造形にたかめたのである」とする。』(pp.154)とある。
 しかし、著者の森氏は、大和と吉備では文化が異なっており、「断定できない」としている。

 いずれにせよ、大和と吉備で一時期だか大古墳に用いられた直弧文が、その後はその地方では見られずに、ほぼ1世紀を経て、九州王朝の墳墓に見られるようになったことは、「文化の神髄は周辺部に残る」ことを示している。
 著作に載っているそれぞれの写真は、著作権がありここでは示すことができないのだが、これらの文様は明らかに同じ思想に基づいて描かれている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八ヶ岳南麓の24節季72候 春六題(寺田寅彦随筆集より)

2018年03月13日 09時23分01秒 | 八ヶ岳南麓の24節季72候
春六題(寺田寅彦随筆集より)
                                                            
 私のブログは、「生涯いちエンジニアを目指して、ついに半老人になってしまいました」を副題にしている。その中のカテゴリーの一つが、「八ヶ岳南麓の24節季72候」だ。このシリーズを書き始めたのは18年前で、当時はまだブロブは存在しなかった。そこで24プラス72で96項目を小冊子にまとめ、デザイン・コミュニティー・シリーズの第4巻として、平成23年3月23日に発行した。



だから、このブログのカテゴリーは正しくは、その続編になる。
https://blog.goo.ne.jp/hanroujinn67/e/23a4bc39e60204a522a7a3f465d8edc7

初版の冒頭には次の文章がある。「優れた設計者は自然に学ぶ、だから自然に親しむ心が大切だと思う。設計者の頭の中は、寝ても覚めても設計のことでいっぱいな時がある。そんなときの休養は自然の中に身を置くことが一番良い。多くのひらめきを感じることもあるが、心のリフレッシュは人生の楽しみを色々と与えてくれる。
 
私が、八ヶ岳の南麓に小さなログハウスを建てたのは、21世紀の初頭、2001年の夏であった。そこで、「一紀荘」(私と妻の名前の一文字でもあるのだが)と名付けた。標高は、1130m、唐松と白樺を主とする落葉樹の森の中なので、夏は涼しく快適であり、冬はすべての葉が落ちて富士山や甲斐駒、北岳が朝日に輝くところを楽しむことができる。

 つまり、設計(デザイン)と自然の結びつきを語ろうとしたのだが、これがなかなかに難しい。そんな時に、この書を見た。
「寺田寅彦随筆集」[1947] 岩波書店 1947.2.5発行



寺田寅彦は戦前を代表する日本の物理学者なのだが、夏目漱石との交友が密で、「吾輩は猫である」の水島寒月や「三四郎」の野々宮宗八のモデルともいわれるそうだ。
 
この随筆集は、岩波文庫として1947年に発行されているのだが、私が読んでいるのは2011年に印刷された第97版だった。物理学者の著作としては、抜群の長寿と版数だ。その中に、「春六題」と題する短文がある。春の自然と物理学の出会いが語られているので、そこから、冒頭の言葉と、結びの文章を引用する。

第1題は、『暦の上の季節はいつでも天文学者の計画したとおりに進行してゆく。』ではじまり、当時はやりだして間もない、アインシュタインの相対性理論に言及して、『だれでもわかるものでなければそれは科学ではないだろう。』で結んでいる。

第2題は、『暦の上の春と、気候の春とはある意味では没交渉である。』で始まり、平均気温論を述べたあとで、『流行あるいは最新流行という衣装や化粧品はむしろ極めて少数の人しか付けていない事を意味する。これも考えてみると妙なことである。新しい思想や学説でも、それが多少広く世間に行き渡るころにはもう「流行」はしないことになる。』で結んでいる。

第3題は、『春が来ると自然の生物界が急ににぎやかになる。』ではじまり、桜の開花日に言及した後で、『眠っているような植物の細胞の内部に、ひそかにしかし確実に進行している春の準備を考えるとなんだか恐ろしいような気がする。』で結んでいる。この文章は、大正10年に書かれているのだが、このころも桜の開花日は話題だったことがうかがえる。

第4題は、『植物が生物であることは誰でも知っている。しかしそれが「いきもの」である事は通例だれも忘れている。』で始まる。これには大いに異論がある。八ヶ岳南麓の本格的な春の始まりは、5月初旬になる。その時の大木の芽吹きのスピードは、犬の毛が生え代わるどころの騒ぎではない。さらに短期間で花が咲き実がなり、膨大な数の子孫を増やす。私は、動物よりも植物に生きる力の強いさと、変化のスピードを感じる。彼は、『ある度以下の速度で行われる変化は変化として認める事はできない。これはまた吾人が個々の印象を把持する記憶の能力の薄弱なためとも言われよう。』としている。

第5題は、『近年急に年をとったせいか毎年春の来るのが待ち遠しくなった。』で始まる。大正10年で彼はまだ40歳だ。私は70歳を過ぎて同じ考えを持ったので、日本の健康寿命の急速な伸びに感謝。ちなみに彼は57歳で亡くなっている。ここでは、『物質と生命の間に橋のかかるのはまだいつのことかわからない。』とか、『生命の物質的説明という事からほんとうの宗教もほんとうの芸術も生まれて来なければならないような気がする。』としている。近年、遺伝子の全容が明らかになって、「生命の物質的説明」はほんの少しだけ進んだのだろう。しかし、命の解明は、まだいつのことかわからないと思う。

第6題は、『日本の春は太平洋から来る。』ではじまる。太平洋高気圧に押されて沸き上がる雲の動きを解明しようとしている。『磁石とコンパスでこれらの雲のおおよその方角と高度を測って、・・・。(中略)高層の風が空中に描き出した関東の地形図を裏から見上げるのは不思議な見物であった。』としている。

 いずれの項も、素直に発想の連続的な転換が容易に理解できるので、聊かの安心感を覚えた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メタエンジニアの眼シリーズ(61)「寺田寅彦全集 第5巻」[1997]

2018年03月12日 10時20分03秒 | その場考学との徘徊
その場考学研究所 メタエンジニアの眼シリーズ(61)
          
「寺田寅彦全集 第5巻」[1997]
著者;寺田寅彦 発行所;岩波書店    1997.4.4発行
初回作成年月日;H30.3.11  最終改定日;

引用先; 「メタエンジニアの歴史」



 近代日本のメタエンジニアの第1人者は、寺田寅彦だと思う。物理学者をメタエンジニアと呼ぶことには、聊か違和感があるかもしれないのだが、それには、私なりのエンジニアの定義がある。

エンジニアとは、「エンジニアリングセンスをもって、世の中の役立つモノやことを創造する人」である。寺田寅彦は、夏目漱石の一番弟子といわれるほどの文筆家であり物理学者でもあった。その彼は、常に、現実社会を見つめ続けて、「寺田物理学」という学問を創造した広義のエンジニアだと思う。また、メタエンジニアである所以は、彼の「科学者と芸術家」の中に如実に表れている。

更に、『厳密な意味の孤立系が存在しないのに物理学は現象の予報をしようとする。「自然現象の予報」においては、関係する条件が多い上に制御は一般にできないので、主要な少数の条件を選んで他を無視するほかなく、選んだ条件も十分な測定は難しいから、予報はいきおい近似的とならざるを得ない。』と主張していることは、まさにメタエンジニアリングの出発点のMiningにおける「潜在する課題」が、物理学にとどまらずにすべての学問分野に存在することも示唆していると思う。

彼の広範囲に及ぶ著作の中から、全集第5巻のメタエンジニアリング思考がよく表れていると感じる二つの短編を選んだ、「科学者と芸術家」、「漫画と科学」である。

「科学者と芸術家は、次の文章で始まっている。
 
『芸術家にして科学を理解し愛好する人も無いではない。また科学者で芸術を鑑賞し享楽する者もずいぶんある。しかし芸術家の中には科学に対して無頓着であるか、あるいは場合によっては一種の反感を抱くものさえあるように見える。また多くの科学者の中には芸術に対して冷淡であるか、あるいはむしろ嫌忌の念を抱いているかのように見える人もある。場合によっては芸術を愛する事が科学者としての堕落であり、また恥辱であるように考えている人もあり、あるいは文芸という言葉から直ぐに不道徳を聯想する潔癖家さえ稀にはあるように思われる。
科学者の天地と芸術家の世界とはそれほど相容れぬものであろうか、これは自分の年来の疑問
である。 夏目激石先生がかつて科学者と芸術家とは、その職業と噌好を完全に一致させ得るという点において共通なものであるという意味の講演をされた事があると記憶している。』(pp.239)

 この言葉は、大正10年に「電気と文芸」という書に投稿されている。現代とは多少異なる環境なのだが、専門家の中では、このような感覚が残っているように思われる発言がたまにはある。

 『衣食に窮せず、仕事に追われぬ芸術家と科学者が、それぞれの製作と研究とに没頭している時の特殊な心的状態は、その間になんらの区別をも見出し難いように思われる。(中略)
 芸術家の生命とする所は創作である。他人の芸術の模倣は自分の芸術でなと同様に、他人の研究を繰返すのみでは科学者の研究ではない。勿論両者の取扱う対象の内容には 、それは比較にならぬほどの差別はあるが、そこにまたかなりの共有な点がないでもない。科学者の研究の目的物は自然現象であって、その中になんらかの未知の事実を発見し、未発の新見解を見出そうとするのであるのである。芸術家の使命は多様であろうが、その中には広い意味における天然の事象に対する見方とその表現の方法において、なんらかの新しいものを求めようとするのは疑もないことである。』(pp.260)

 さらに進んで、こうまでも言っている。
『科学者と芸術家とが相逢ーて肝胆相照らすべき機会があ?たら、二人はおそらく会心の握手を交すに躊躇しないであろう。二人の目差す所は同一な真の半面である。
世間には科学者に一種の美的享楽がある事を知らぬ人が多いょうである。しかし科学者には科 学者以外の味わう事の出来ぬような美的生活がある事は事実である。例えば古来の数学者が建設
した幾多の数理的の系統はその整合の美においておそらくあらゆる人問の製作物中の最も壮麗なものであろう。物理化学の諸般の方則は勿論、生物現象中に発見される調和的普遍的の事実にも、単に理性の満足以外に吾人の美感を刺戟する事は少なくない。ニュートンが一見捕捉し難いような天体の運動も簡単な重力の方則によって整然たる系統の下に一括される事を知った時には、・・・・。』(pp.261)

 さらにまた、科学者は客観的、芸術は主観的という紋切り型の考え方も否定して、科学者の主観性を強調している。また、観察力と想像力も両者に共通する必須の感覚であるとしている。とくに、科学者の直観力と、芸術家のインスピレーションの重要性は類似のことである。

「漫画と科学」

 この文章も、大正10年に「電気と文芸」という書に投稿されている。「漫画とは」という定義に始まっているのだが、大正時代と現代との漫画に対する根本は変わりがないように感じる。

 漫画の表現は、『一方において特異なものであると同時に他方ではその特徴を共有するーつの集団の普遍性を抽象してその集団の「型」を設定する事になる。こういう対象の取扱い方は実に科学者がその科学的対象を取扱うのと著しく類似したものである。』(pp.280)として、現実社会の中の「普遍性を抽象してその集団の「型」を設定する」ことにおいて同じであるとしている。

 また、『例えば物理学者があらゆる物体の複雑な運動を観察して、これを求心運動、等加速運動、正弦運動などに分解してその中のーつを抽出し他を捨象する事によって、そこに普遍的な方則を設定する。物理学教利書にある落体運動は日常生活において目撃するあらゆる物体の落下にそのまま適用するものではない。空気の抵抗や、風の横圧や、 周囲の物体より起る不定な影響を除去した時に始めて厳密に適用さるべきものである。そしてこれらの第二次的影響の微少なる限り近似的に適用するものである。それでこの種の方則は具体的事象の中から抽象によって取り出された 「真」の宣言であって、それが真なるにもかかわらず、実際に日常目撃する現象その物の表示ではない。
優れた観察力をもった漫画家が街路や電車の中で十人十色の世相を見る時には、複雑な箇体が 分析されて、その中のある型の普遍的要素が自ずから見出される。そしてその要素だけを抽象し、 それを主として表現するために最も有効な手段を選ぶのであろう。その表現の方法は「術」であ るかもしれないが、この要素をつかみ出す方法は「学」の方法に近いものである。』(pp.260)
 さらに文末では、一般的に、「絵画に対する漫画の位置」と、「文学に対する落語や俳句の位置」を「にたところがないでもない」としている。

解説;

 「寺田物理学」という言葉を用いて、
『寺田の考察は、誤差のない測定はないこと、バネの弾性が過去の扱いによるなどの履歴現象があること、気体の圧力が分子の衝突に起因して常に揺らぐことへと広がって、再び「厳密な意味において普遍的な正確な方則が可能であろうか」と問うことになる。

厳密な意味の孤立系が存在しないのに物理学は現象の予報をしようとする。「自然現象の予報」においては、関係する条件が多い上に制御は一般にできないので、主要な少数の条件を選んで他を無視するほかなく、選んだ条件も十分な測定は難しいから、予報はいきおい近似的とならざるを得ない。』と書かれている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

その場考学との徘徊(38)博多から東西南北へ(その6)再び北へ

2018年03月09日 12時45分33秒 | その場考学との徘徊
題名;装飾古墳(14)
場所;福岡県  テーマ;古代王の墓    

作成日;H30.3.7 アップロード日;H30.3.9
                                                       
TITLE:博多から東西南北へ(その6)再び北へ

 熊本県と福岡県の各4日間の一人旅で、多くの装飾古墳と歴史博物館を見学した。今日は最終日で福岡空奥から羽田へ帰るだけだ。しかし、歳よりは朝が早い。5:30に起床をして、午前中の計画を練った。
JRで数駅北へ行くと、香椎の宮と筥崎宮がある。両方の歴史を比べると、内容はかなり異なり、先ずは香椎の宮へ行くことにした。
6:30からの朝食、今回ロビーに新聞があったのは二日市のみ。最近のビジネスホテルは安値競争なので仕方ない。フロントで新聞を買った。

 博多駅前のこのホテルは一昨晩泊まった1号館は高級感が売りらしくフレンチ風だったが、今朝の2号館のバイキングは一転して居酒屋風。客質も当然異なって見えた。




7:52 博多発鹿児島本線で、8:05 香椎着。ここで香椎線(宇美行)への乗り換え時間がたっぷりだったが、なんとその間電車は駅に止まっていた。どうも増結車両を外しているようだ。久しぶりののんびり気動車だ。
  香椎線の地図が車内にあった。反対方向は「海の中道」まで行っている。帰りに寄ってみよう。



香椎神宮は、無人駅だったのは意外。駅より徒歩約4分で大鳥居がある。わかりやすい場所だ。



     


駅は質素だったが、神宮の境内はやはり立派だった。池があり、石橋を渡り、階段を上ってゆくと全貌が彰隆になって来る。早朝なので、人気はない。神主が一人、ご神木の横で。四方まいりをしていた。このご神木には、新古今和歌集の歌碑が添えられている。






ご神木のわきには「武内の宿祢の像」がある。赤ん坊を抱いているのは、神功皇后がこの地で懐妊し、船団
を率いて三韓征伐を行い、帰国後に誕生したという「応神天皇」なのだろう。





拝礼を済ませて奥へ向かう。かなり離れたところに昔の痕跡があるようだ。
この神宮は、他の神社とは異なり天皇を祭る「廟」であるという。云われは,谷川健一編
「日本の神々-神社と聖地-1」白水社[2000]の文にこのようにある。

『香椎宮は『古事記』では「詞志比宮」、『日本書紀』では「橿日宮」として、神功皇后伝説とともに記録に登場する。神功皇后伝説は北九州の海神信仰に由来すると思われるが、北九州沿岸一帯にこの伝説が多いのは、海女たちの定住を物語るものであろう。香椎宮から博多湾をへだてた西方海上には志賀島があり、『三代実録』の貞観十八年(八七六)には「香椎廟宮毎年春秋祭日志賀嶋日水郎男十人女十人奏風俗楽」とみえて、香椎宮の祭に古くから志賀島の海女(白水郎)が参加していたことが知られる。この地もまたこうした海人族をつうじて、海外と深いつながりをもっていたと推定されるが、このことは香椎宮の起源や性格を考えるうえでとくに重要であろう。

香椎宮は、記紀によれば、盤征伐のために九州におもむいた仲哀天皇、神功皇后が仮宮(本営)を置いたところであり、仲哀天皇が新羅を討てとの神託を受けながらそれを信じなかったため急死したとう、新羅征討伝説の発端をなす場所である。社伝によれば、養老七年(七二三)の神託により、九国に課役して大廟を香椎の地に造営し、よって香椎廟と称したという。』(pp.128)
とある。その仮宮跡が神宮の裏手にある。




更に、住宅地の中を進むと「武内宿祢の不老水」がある。彼は300歳の長寿だったと云われている。





一廻りをして香椎神宮駅へ戻る。



列車先ほどのJR香椎駅を超えて、海の中道駅に着く。
ここでは、一転して若いカップルが多く、皆水族館に入っていった。こちらは海と対岸の博多を眺めて
  



玄界灘を見るつもりが、広大な遊園地に阻まれて、入場料を払わなければみることができない。仕方なく反対方向の対岸の博多の街並みを見ることにした。
 
春霞に少しかすんで肉眼ではよくわからない。こんな時にデジカメは便利だ。眺望遠で寫してコントラストを上げるだけでよい。学生時代の旅を思い出した。一眼レフの本体を2つ持ち、一方にASA100のフィルム、もう一方は、使用期限の短い赤外線フィルムを入れて、レンズも数本持ち歩いた。しかし、歳をとるとその方が趣があって、数倍楽しみがあるように考え込んでしまう。






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

その場考学との徘徊(37) 博多から東西南北の古代遺跡へ(その5)西へ

2018年03月07日 15時36分25秒 | その場考学との徘徊
題名;装飾古墳(13)
場所;福岡県  年月日;H30.2.18

テーマ;古代九州王国     作成日;H30.3.2 アップロード日;H30.3.7                                                       
TITLE:博多から東西南北の古代遺跡へ(その5)西へ
 
博多から西へは、地下鉄の延長で唐津までのローカル線を楽しんだことがあるのだが、今回は波多江という駅で下車した。そこは、海辺のリゾート地となってしまった糸島半島の付け根の中央部で、全体が伊都国ブームになっているという。伊都国は魏志倭人伝の国の一つとしての認識しかなかったのだが、どうやら邪馬台国よりも重要な国だった、との話に興味をそそられ出かけることにした。

目的は翌日に伊都文化会館で終日おこなわれる「第4回伊都国シンポジウム、伊都国人と文字」というシンポジウムを聞くためなのだが、今日はその予習として、この地の「伊都国歴史博物館」を訪ねることにした。
 昼食後に出発して2時過ぎに波多江着。やはり、バス便は当分なく、仕方なくタクシーに乗った。運ちゃんは親切で終始観光案内に夢中。途中に古墳やら名所があり、そこへ寄りたいようだったが、こちらは歴史博物館で少しでも多くの時間を過ごしたい。乗車前に聞いたとおりに¥1500で到着。



歴史博物館は、予想通りに田舎の畑の中にしては規模が大きく、見所が多くあった。しかし、何よりも、帰りのバスが心配で先ずはそれを確認。幸い、少し歩けば丁度良い便があった。




受付には、多くの関係冊子があり、目移りがするほどだったが、中の一冊「伊都国の王都を探る」という記念特別展のかなり厚い冊子を求めた。中身は4章に分かれており、古代の地形と地政学から始まり、発掘物から、かなり豊富な推論が示されていた。つまり、魏志倭人伝当時の海外交流の中心地だったというわけである。古代伊都国の交易の場としての繁栄は、どうやら現在とは地形が違ったらしい。海面が今よりの高く、入り江が沢山ある。
 残念ながら、ここでもすべての展示物も説明も撮影禁止。仕方なく、最上階の休憩所に併設の図書置き場の本を眺めた。




2時間弱のゆっくりとした見学の後で、博物館を出て歩き始めた。学校のわきを抜け、橋を二つ渡る。「高祖」というバス停はすぐに見つかった。




目の前に神社と城跡があるので覗いた。看板を見て驚いた。続日本記によれば、この城は天平勝宝時代に大宰府の長官だった吉備真備が作った山城だそうだ。当時はかなりの規模だったことが書かれているが、今は面影がない。




1日5本のコミュニティーバスは時刻通りに来たが、案の定他に客は無し。先ほどの波多江をとおり、
肥前前原の駅前までの道中、地元が長い運ちゃんはいろいろと教えてくれた。糸島半島から博多までの帰路はこの道しかなく、土曜日の夕方の反対車線は延々と大渋滞だった。夏のシーズンにはさぞ大変なのだろう。




 翌日は10時からのシンポジウムだ。参加者は地元の超お年寄りが90%だろうか。市長さんの地元自慢から話が始まった。
 講演は大学教授(元、現、準)が数名、交代での発表で話は面白かった。
・伊都国から日本の古代を考える
・伊都国の外交
・対外交渉における文字使用
・博多湾沿岸における文字資料
・最近の邪馬台国研究と文字文化
といった題名であった。




今日のメインテーマは、最近発掘された当時の硯の半分の欠片から始まったようなのだが、果たしてそれが文字使用にどうつながるのかは、正直分からなかった。通過した中国か朝鮮人が割れたので置いていったとも考えられる。いや、その方が自然だ。彼らが旅の途中で日記などを書くには、硯の携行が必須だったはずだ。一方で、当時の伊都国人が本当に文字を使用していたのならば、鏡の文様だけではなく、当時の土器や古墳にも書き残されているのではないだろうか。文字は記録を残すためのものなのだから。硯硯の数も、一人に一つ必要であり、相当なくてはならない。



地元のお年寄りには大うけなのだが、私にとっては、なんとなく、しっくりといかないシンポジウムの講演であった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加