ひびのあれこれ・・・写真家の快適生活研究

各種媒体で活動する写真家の毎日。高円寺で『カフェ分福』をオープンするまでの奮闘記、イベント情報などをお伝えします。

オディロン・ルドン展

2012年02月23日 | ART


丸の内の三菱一号館美術館で開催されている『ルドンとその周辺 夢見る世紀末』展を見に出かけました。
ルドンの作品、岐阜県美術館が大量に収蔵しているのですね
いやはや、展示のボリュームもクオリティも非常に満足度の高い展覧会です。

闇の中の光が繊細且つ大胆に描かれる黒の時代から複雑な青色が印象的な色彩の時代へ。そしてルドンが影響を受け、またルドンが影響を与えた画家たちの作品がとてもわかりやすく展示されています。ギュスターヴ・モローの作品が2点、ムンクが3点展示されていたのがお値打ちです


個人的には1865年頃に描かれた『樹(樹のある風景の中の2人の人物)』の、木の枝にきらめく光の繊細な描写と人物の輪郭を照らす大胆な光の表現から目が離せなかったです。暗室で写真を焼く時に大切にしている光の表現がこの絵に集約されているように感じました。

今回の展示の白眉『グラン・ブーケ』は、そのサイズ(248.3x162.9)にまず圧倒されます。ロベール・ド・ドムシー男爵から任せられた城館の大食堂の36平米の壁面をぐるりと飾るルドンの絵、当時の映像を見てみたいものです。


三菱一号館の界隈、ブリックスクエアは魅力的な場所です。ロブションのカフェあり、フランスの激旨バター「エシレ」のショップあり、そしてメッセージ&コンセプト性の高いリサイクルショップ「パス・ザ・バトン」あり・・・。ついつい買い物してしまいます。

ロブションでは前菜(2種類から選択→キッシュを注文)と本日のガレットとドリンクのセット(1600円)を注文。どれもおいしく満腹満腹

エシレではマドレーヌとフィナンシェのセットを購入。しっかりコンガリ、外側はサックサクです。バターの風味がしっかり感じられます。


素敵なお店がどんどん出現している丸の内界隈。出かける度に発見があります!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 1周年 | トップ | 羽田空港へ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
エシレ (いとう)
2012-02-27 16:22:04
ここのマドレーヌやフィナンシェは、Boulangerie Patisserie VIRONが作ってますね。
VIRON (管理人)
2012-02-27 21:57:42
渋谷と、丸の内にも店舗があるのですね。
是非出かけてみたいと思います!
http://www.marunouchi.com/common/JP/shop/detail.cgi?SH_MSH_code=3018

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ART」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事