*方丈の里*

時の流れに 身を委ね・・
日々徒然に 想いをつづる

姉妹サイト;”方丈の流れにのりて一句詠み”


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

今こそ・真心を返すとき!!台湾南部地震 安倍首相「必要な支援、何でも用意」

2016-02-06 14:03:09 | 災害

2月6日早朝、台湾南部でマグニチュード(M)6・4の強い地震が発生。複数のビルが倒壊するなどの被害が出ており、救出活動が続いている。東日本大震災の際に多くの義援金が寄せられたことから、ネットでは「恩返ししたい」などの声も。
安倍晋三首相は6日午前、台湾で発生した地震による被害が出ていることを受け、馬英九総統にお見舞いのメッセージを送り、「亡くなられた方々へのご冥福を心からお祈りするとともに、被害に遭われた方に対し、心からお見舞い申し上げます」と述べた上で「この困難な時に日本は台湾に必要な支援を何でも供与する用意があります」と伝えた。 
「支援を何でも供与する用意があります」
安倍総理・・そんな悠長な事を言ってないで、まず 救援隊と緊急物資を真っ先に送りましょうよ!
東北震災の時の、温かい支援を受けたことを、忘れないで・・
こんな場合に その恩返しをするとき。
近隣諸国と言っても 台湾と日本は特別な絆で結ばれている国。
真心には 真心で返す!
それが 日本人の心!!
犠牲になられた方々の ご冥福をお祈り致します。



ご訪問有り難うございます!!
お読み頂きましたら“ポチ”ご協力お願いいたします

政治 ブログランキングへ
励みになります!こちらもご協力を・・・!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメント (1)

安藤優子・・おバカキャスターぶり露呈!!

2015-09-14 10:25:57 | 災害


【フジテレビ】鬼怒川堤防決壊報道での安藤優子アナの言動に怒りの声多数 見当違い発言も多く【グッディ】
ぴち@pichixxx
フジテレビで安藤優子アナが「自衛隊は救助本部がまだ出来ておらず、ヘリの隊員が行き当たりばったりで救助しているのではないか」とか言ってるけど、なんの根拠にそんな事言ってるのよ…
1. hermann @toyonohoshi 9月10日
@pichixxx @tsuyakohime1 自衛隊の主任務は国の専守防衛です。そのために必死の訓練を行っているのです。災害救助も積極的に行ってます。しかしベテランアナウンサーともあろう安藤さんが感謝の言葉でなく緊急の救助活動にケチをつけるようなことを言わないで貰いたい。
2. うな(安保法制に反対する輩は何人?) @unauna711 9月10日
@pichixxx @koukogaksha
フジテレビは正気?
againmammyさん 2015/9/1021:18:58
ひどかったですねぇ(笑)
茶色の家の人を先に助けていた時に、電柱の男性に自衛隊が気が付いてない! ってわめいてましたね(笑)
その10分後茶色の家が流されていて…

安藤キャスターが、TVでヒステリー症状を、起こして喚いていたが、あまりのおバカぶりに他のチャンネルに切り替えたけどな・・
自衛隊勇士諸君に イチャモンを付けるなどお門違いも甚だしい!
過酷な助教の中で、冷静な判断を持って、果敢に救助作業に当っている自衛隊諸氏の、行動に何処が統制が取れていないというのか・・
阿呆も 休み休み抜かせ!!
一刻を争う緊迫状態の中で、的確な判断を持って、事に当たっている。
その判断に誤りがないことが 即座に証明された場面。
救助された家屋が10分後には、濁流に流されてしまった場面。
的確な判断力がなければ 被害者もろとも濁流にのまれていることは間違いない。
日頃の厳しい訓練の上で培われた 判断力を、ど素人がとやかく言うことではない。



ご訪問有り難うございます!!
お読み頂きましたら“ポチ”ご協力お願いいたします

政治 ブログランキングへ
励みになります!こちらもご協力を・・・!!
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

コメント

ミスじゃ済まされない!!避難指示遅れ、市長謝罪=「決壊すると思わず」

2015-09-13 17:05:41 | 災害


記録的な豪雨で鬼怒川の堤防が決壊した茨城県常総市の高杉徹市長は13日、甚大な被害が出た同市三坂町・上三坂地区の住民に堤防の決壊前に避難指示を出さなかったことについてミスだったと認め、「そこが決壊するとは思っていなかった。大変申し訳なかった」と謝罪した。
 
 高杉市長は記者会見を開き、三坂町のうち住民から「水位が上昇している」と情報提供があった一部には避難指示を出したと説明。上三坂地区などは、具体的な情報がなかったという。
 上三坂地区付近で堤防が決壊したのは10日午後0時50分ごろ。三坂町の一部には同日午前10時半までに避難指示を出していたが、上三坂地区を含む鬼怒川東部地区に避難指示が出されたのは決壊から2時間後の午後2時55分だった。
 

これって レンホーの予算スーパーぶった切りと言い、行政の判断ミスと言い、完全に人災事故と言われそうな様相を呈してきたな・・
ミスでこのような悲惨な目に遭わされ、ましてや尊い命まで犠牲を強いられると言う事は、有ってはならない事。
過去の災害への学習が全く為されていない。
そう非難されてもいたいかたない。
お役所仕事の悪しき典型。
被害にあわれた方々にしてみれば・・浮かばれないよ!


*決壊前に避難指示出さず=甚大被害の上三坂地区-茨城県常総市

ご訪問有り難うございます!!
お読み頂きましたら“ポチ”ご協力お願いいたします

政治 ブログランキングへ
励みになります!こちらもご協力を・・・!!
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村


コメント

ミンスの負の遺産!!◆鬼怒川の氾濫、ソーラーパネル設置で丘が削り取られていた

2015-09-12 16:45:00 | 災害



◆鬼怒川の氾濫、ソーラーパネル設置で丘が削り取られていた場所からも
茨城県常総市で9月10日、鬼怒川沿いの堤防沿いの複数の地点から
水が氾濫したが、そのうちの1つである若宮戸(わかみやど)付近あたりでは
もともと堤防がなく、太陽光発電所の建設の際に、堤防の役割を果たしていた
丘も削り取られていたことがわかった。
日テレNEWSによると、大型の土のうを積んで対応していたが、
そこから水があふれたという。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
: ストレッチプラム(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/:2015/09/12(土) 12:21:23.37 ID:+yWyfflE0.net
鬼怒川から大規模な水害が発生した茨城県常総市で11日、住民の逆井(さかさい)正夫さん(67)が
「これは人災だ」と訴えた。同市若宮戸地区では、昨年3月ごろから大規模太陽光発電所(メガソーラー)が
建設されたことがきっかけで自然堤防が削り取られた。豪雨による濁流はその場所から越水し、
住宅地をのみ込んだとみられる。近隣住民で最後までメガソーラーの建設に反対していたのは逆井さんだった。
高さ2~3メートルの自然堤防が約150メートルにわたって切り崩された。逆井さんは「本当に悔しいよ」と憤る。
がれきにまみれた幸子さんの車いすを手に「女房を守るためにも堤防を削るなとずっと戦ってきたんだ」と
涙が噴き出た。自宅には濁流が流れ込み、妻が大好きだったバラや家庭菜園も全て流された。
近隣住民の50代女性は建設業者に脅されたという。「危ないから山を崩さないでと言ったら
『あんまり騒ぐと、ここに住めなくなるよ。いいんですか』とすごまれた」と振り返る。
自宅が壊滅的被害を受けた20代女性は「住民一体となって市なり、国なり訴えたい」と怒りをあらわにした。
詳細 日刊スポーツ報道 2015/9/12
http://www.nikkansports.com/general/news/1536943.html
襟立てレンホーの事業仕分けでの、予算ぶった斬りだけで無く、チョクトとソンの太陽光発電も、被害を大きくした要因が考えられるとしたら、ミンスは全員腹を切るしか、国民に対する謝罪の方法はないよな!
こうして見ると 三年間の民死政権の残した、負の遺産のあまりの大きさに、声も出ない。
未だに 国会審議で国家を破滅の道へと、導こうとしている奴等。
断じて 許してはならない屑集団だと言う事を、愚弄民諸君は、心しておくことでしょう!!



ご訪問有り難うございます!!
お読み頂きましたら“ポチ”ご協力お願いいたします
政治 ブログランキングへ
励みになります!こちらもご協力を・・・!!
にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村


コメント

感謝!!自衛隊救出劇に賛辞の声続々 犬2匹を袋に入れしっかり抱えヘリから救助

2015-09-12 11:48:17 | 災害


 鬼怒川の堤防が決壊した茨城県常総市では10日、自衛隊や警察、消防などが、濁流の中で取り残された住民らをヘリコプターなどで救出した。テレビの生中継を見た人々から、隊員の練度と現場判断、心遣いに、「神判断」「感動した」などと賛辞が寄せられた。
 「子供の犬なので置いてこられなかった。自衛隊の方に『お願いします』と言って連れてきました。ホッとしました。ありがとうございました」
 自宅の屋根で犬2匹とともに救助を待ち、自衛隊のヘリに救出された男女の住民2人。女性は搬送先に到着後、こう語った。
 決壊現場近くには何人もの住人が取り残され、救出を求めていた。陸上自衛隊北宇都宮駐屯地の隊員らは上空から現場を確認し、「危険度が高い」と判断した順番に救助を続けた。
 隊員は住民2人が待つ屋根に降り立つと、犬を白い袋に入れるなどして、住民とともに救出した。ヘリにつり上げられるとき、隊員が犬をしっかり抱え、頭をなでるシーンも見られた。
 近くでは、電柱につかまり、恐怖に耐えながら救助を待っていた男性(64)もいた。堤防を見に出て自宅の庭に戻った直後、「決壊したぞ」と声が聞こえ、間もなく水にのまれた。泳いで逃げようとしたが流され、近くの電柱から突き出た棒をつかんだという。
 「ヘリから見ても疲労が分かった。できるだけ早く助けなければと思った」
電柱の近くに降下した隊員は、男性がパニック状態に陥っているとみて「大丈夫ですよ」と何回も声をかけたという。
 操縦していた隊員は、電柱にかかる電線が、ヘリのケーブル引っかからないよう細心の注意をはらって操縦した。
 避難先の体育館に到着した男性は「ものすごく寒かった」と語った。
 自衛隊のヘリは、電柱にしがみつく男性よりも先に、住宅で待つ住民を救出した。直後、住宅が濁流に押し流される映像が流れた。ネット上には「自衛隊、凄い判断」「日本の誇り」などと書き込みが見られた。
 現場上空でヘリを安定してホバリングさせる技術や、降下した隊員の無駄のない救助活動、住民やペットへの対応…。人々を驚かせる任務を遂行できるのは、日々の厳しい訓練が背景にある。
自衛隊勇士諸氏の 心の中には、災害であろうと、他国からの侵略であろうと、日本国民の命を護ることに、全精力を傾注し 日夜過酷な訓練を重ねているからこそ、このような時にその真価を発揮する。
戦争法案反対だなどと 喚き散らしているお花畑諸君!
戦争のない平和な国家を望んでいるのは、自衛隊勇士諸君こそが、心の底から望んで居ること。
でなければ これ程までに、自らの危険を顧みず、国民の命を護る事が出来ようか!
命の尊さを 知ればこその、勇気ある神行動が取れる!!
ひとりでも多くの 命を救おうとしている姿を目にして、暢気にデモにウツツを抜かしている、平和ボケの輩は、己の愚かさに気付かないのか・・
日本国民であれば 恥を知れ・・恥を!!



ご訪問有り難うございます!!
お読み頂きましたら“ポチ”ご協力お願いいたします
政治 ブログランキングへ
励みになります!こちらもご協力を・・・!!
にほんブログ村 政治ブログへにほんブログ村
コメント