*方丈の里*

時の流れに 身を委ね・・
日々徒然に 想いをつづる

姉妹サイト;”方丈の流れにのりて一句詠み”


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

退席の野党に自民党議員「仕事しろよ!」 TV中継ない日狙って審議止める?

2015-05-31 20:55:15 | 集団的自衛権


安全保障関連法案を審議する衆院平和安全法制特別委員会は29日、実質審議入り3日目で早くもストップした。岸田文雄外相の答弁に反発した野党が退席したためだが、同じ時間帯には鹿児島・口永良部(くちのえらぶ)島で噴火が発生。緊急事態をよそに与党は審議続行を求め、「徹底した審議」を求める野党が“審議拒否”するという政争が展開された。

 審議開始から約1時間後の午前10時前。民主党の後藤祐一氏が岸田氏の答弁に納得せず、審議が止まった。ほぼ同じころに口永良部島で噴火が発生したが、その後も与野党の理事は委員室で協議を続行。約10分後に決裂し、民主、維新、共産の野党3党は退席した。

出席していた野党は、自民党議員の「仕事しろよ!」との怒号を浴びながら再び退席。結局散会となった。

 民主党は28日の特別委の安倍晋三首相のやじに反発しつつ、出席を続けた。同日はNHKが全国中継を実施。中継は野党の主張を伝える貴重な機会でもある。
審議が止まった29日は中継がなく、野党は中継がある6月1日の集中審議には出席する方針だ。
このため、与党には「民主党は最初から中継のない日に審議を止めるつもりだったのだろう」(自民党国対幹部)との疑念が広がっている。

民主党 後藤祐一 議員
この代議士は本気なのか?
エネルギーの確保は国の存続と繁栄の為に極めて重要だが?
石油は「産業の米」と言われており、単に燃やすだけの物では無いか!
石油をめぐる世界情勢は?…
民主党はトンデモ人材が豊富過ぎる。


いずれにしても 「安保法案特別審議」と言っても、質問に立つ野党の お粗末さを聞かされるだけの委員会だから、審議拒否をすると言うことは、仕事をしたくないと言う事なのだから、政府はこれ幸いに、単独採決をやってしまえば善いんだよ。
仕事を放り出すような人間が,政府がそういった行動に出ても 文句は言えないだろ・・・



ご訪問有り難うございます!!
お読み頂きましたら“ポチ”ご協力お願いいたします


励みになります!こちらもご協力を・・・!!
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント

平和と安全は「自国で守る」 安保関連法案は最低限の環境整備・・当然!!

2015-05-31 20:54:29 | 集団的自衛権
中国がバカ発言!南シナ海の埋め立てを言い放ち、 ケリー国務長官が中国で問題提起へ【青山繁晴】





中国は南シナ海の大半を自国の領海だと強弁し、人工島の建設を次々と進めている。26日公表の「国防白書」では、自国に反発する他国との「海上での軍事闘争」に重点的に備える方針を表明した。

 こうした事態に、米国もやっと攻勢に転じ、「公平で平和的な紛争解決と航行の自由のために、米国はたじろぐことなく立ち上がる」(バイデン副大統領)と、対中強硬姿勢を取り始めた。
*中略
 日本も、米国やオーストラリア、インドとの結束の強さをアピールして、中国の軍事的拡張を牽制しているが、多くの日本人にとって南シナ海となると、なかなか現実味がわかない。

どの国も「自国の国益が第一」ということだ。
それでも、倫理観のある常識的な国は「世界の秩序を守ろう」と考えるが、そうではない国があっても、決して特異ではない。

 もう1つは、「米国に対する世界の不信感は強い」ということだ。
オバマ大統領は「米国は世界の警察ではない」と宣言し、世界秩序を保つためにひと肌を脱ぐことをためらってきた。


 
日本は、そんな米国との同盟関係を安全保障の核としている。
日米同盟は重要だが、それを本当に実のあるものにするには、
日本がもっと「普通の国」らしい態勢を整えなければならない。


 結局、
「自国の平和と安全、国益は自分たちで守る」
という当たり前のことを、日本もやらなければならないのだ。

国会で現在審議中の安全保障関連法案も、そのための最低限の環境整備だと私自身は解釈している。

 あらゆるケースを想定して準備しておくことは重要だが、あまりにも小さなことにこだわり過ぎて、使えない制度にしては意味がない。
「日本人の生命と財産を守る」使命を負う国会議員は、そのことをどれだけ真剣に考えているのだろうか。
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150531/dms1505310830005-n1.htm
*引用終わり

日本のマスゴミは シナの媒体報道機関に成り果ててしまい、反日報道を繰り返し, 国土の死守・国民の命の安全など何処かに置き忘れてしまった妄言を繰り返しているだけ・・
しかも 国民の附託を受け国民の命を最優先に考え,議論しなければならない事案から、遠くかけ離れ自衛隊のリスクがどうたらこうたら、ピント外れた質疑で 無為な時間を費やしているだけ。
維新松野に至っては「安保法制をなぜ急ぐ?何か相当な危機がこの国に迫っているのか,それがわからない」
如何に野党議員と言えども これ程のお花畑質問が出来るものだ!
しかも 国民注視の特別審議の席上での愚問・・
良識有る 国民諸氏へ問いたい!
このような人間に 国家の重要法案を任せておいて、 日本は平和を維持し続ける事が出来ると思いますかね?
国民主権の民主主議国家の日本国に 生を受けている国民で有れば、国家の安泰は我々自身が真剣に向き合う必要が,喫緊の最重要課題だと認識す米ではないの!
戦後70年 曲がりなりにも 平和を保つことが出来たから,現状維持で構わない・・
世界情勢が 大きく変わろうとしているこの時期に 平和ボケした感覚は危険極まりない考え方では無いのですかね?



ご訪問有り難うございます!!
お読み頂きましたら“ポチ”ご協力お願いいたします


励みになります!こちらもご協力を・・・!!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

「韓国に関連する部分は相談して」 日韓防衛相会談で韓国が要望・・なんでや?

2015-05-31 20:53:51 | 厭中・嫌韓情報


 中谷元防衛相は30日、訪問先のシンガポールで韓国の韓民求(ハン・ミング)国防相と会談した。
日韓防衛相会談は平成23年6月以来、約4年ぶり。
中谷氏は防衛秘密を交換する際の手続きを定めた軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の早期締結合意の必要性を呼びかけたが、韓国側からは明確な回答はなかった。
 会談で中谷氏は自衛隊の観艦式への韓国艦艇の参加や、閣僚の相互交流などを提案した。
韓氏からは、日本が審議している安全保障関連法案に関して、「韓国に関連する部分では相談してほしい」と要請を受けた。
*全文http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/150530/plt15053019510012-n1.html

「韓国に関連する部分では相談してほしい」
「安保法案」は 日本国家の抑止力の根幹に「根差す法案なんだよ!
なんで そんな大事な法案をチョン如きの劣等国家に相談しなきゃ為らないの?
中谷防衛相も 実のある会談は望むべくも無いと言うことは、最初から解りきっている事なのに、なんでこの時期に会談する必要が有るの。
チョンの思惑は 見え透いている。
アメリカさんから カマシを入れられたから、アメリカの顔色を気にしただけの、パフォーマンスでしか無い。
「非韓五原則」
(1)教えない
(2)助けない
(3)盗ませない
(4)来させない
( 5)関わらない。

ようやく効果が 形となって 現われてきたときに、日本側から思わせぶりな態度を,日本側から示すものじゃないよ。
外交と謂わば 武器無き戦い!
こちらに非が無ければ 相手が 音を上げるまで毅然とした態度を貫くこと!
それが 外交戦略という物。



ご訪問有り難うございます!!
お読み頂きましたら“ポチ”ご協力お願いいたします


励みになります!こちらもご協力を・・・!!
ブログランキング・にほんブログ村へ



コメント

「そんな遠い地震が…」1000キロ離れた仙台、福岡、大阪でも揺れと「不安」

2015-05-31 20:53:14 | 災害


30日に起きた東京・小笠原諸島沖を震源とする地震。週末の夜に日本列島の広い範囲を襲った揺れに、各地から「そんな遠いところで起きた地震が」と驚きの声とともに、口永良部島での噴火に続いて大きな地震が起きたことへの不安を漏らす声が聞こえた。

メカニズムは?】
今回の小笠原諸島西方沖の地震は、フィリピン海プレートの下に、太平洋プレートが沈み込んでいる場で発生しました。
震源の深さが590kmと非常に深く「深発地震」と呼ばれます。
日本周辺での深発の地震では、過去最大となります。このタイプの地震は、深い場所からプレート内部を伝って揺れが広がるため、広範囲で揺れを観測します。
また揺れ方は、独自に地震の揺れを観測している、関東の江戸川区のYUREステーション(図)をみてみると、約2分間の長い初期微動(P波)の後、さらに2分以上の主要動(S波)が到達し、まるで2回の地震があったような揺れ方をはっきりと捉えていました。
過去にあまりないような巨大な深発地震の特徴を明瞭に表しています。

【関東で特に強く揺れた理由】
通常の地震の揺れ方は、震源に近い場所が強く揺れ、距離が遠くなるにつれて弱まるものですが、今回は震源からはるか遠い関東でも震源に近い小笠原と同じくらい揺れたところがありました。
これは300km以上の非常に深い所でおきる「深発地震」によく起こる揺れ方で、「異常震域」と呼ばれます。
地震波は固いプレート部分は伝わりやすく、柔らかいマントル部分は伝わりにくい性質がありますが、震源が深くなると、まわりを柔らかいマントル部分に包まれていることから、地震波の減衰が大きく、逆に固いプレートは地震波が伝わりやすいため、太平洋プレートを伝って日本海溝で接触している北米プレートにも伝搬し、遠く離れた関東でも震度5強の揺れを引き起こしました。

グラリ・・あっ地震!
とっさに 口之永良部島のことが 脳裏を掠めたが、今度は遠く離れた 小笠原諸島を震源とした地震。
それにしても 遠く離れた我が家でも揺れるとは・・
マグニチュード8.5と言えば ,東北大震災に匹敵する巨大地震。
これが直下型だと想像すると・・・
幸いにして考えるべきか?
何となく 人智では計り知れない 地球のメカニズムに 異常が現われているような 不安感に襲われるのは私だけか?
自然の驚異の前には 人間は為す術がないことは、神戸大震災・東北大震災で 強烈に見せつけられている。
災害は忘れたころにやってくる・・諺に有るが、この最近は 忘れるまもなく天変地異に見舞われている。
怖がってばかりじゃ 日常生活は成り立たないし・・
万一に 備えて身の回りの 非難準備品の点検だけは, 常日頃から怠らないようにする事ですね。
春一番の吹かなった年は 異常気象に見舞われるというデーターも有るし・・
データーが 外れることを祈ることしか出来ないが?



ご訪問有り難うございます!!
お読み頂きましたら“ポチ”ご協力お願いいたします


励みになります!こちらもご協力を・・・!!
ブログランキング・にほんブログ村へ






コメント

散文詩  「 蓮 花 」

2015-05-31 20:52:23 | 散文詩


泥深き

蓮池(れんち)の中に

その身を置けど


他を寄せ付けぬ

清廉の

神々しささえ

漂わせ


咲く花びらの

華麗さよ


仏陀の教え

忘れじと


五濁悪世


抜けきれぬ

我に説くのか


高潔の


花弁をみせる

蓮の花



ご訪問有り難うございます!!
お読み頂きましたら“ポチ”ご協力お願いいたします


励みになります!こちらもご協力を・・・!!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント