*方丈の里*

時の流れに 身を委ね・・
日々徒然に 想いをつづる

姉妹サイト;”方丈の流れにのりて一句詠み”


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

売国奴;翁長が北部訓練場返還記念式典をボイコット… 米軍基地減少なのに何故

2016-12-23 12:31:57 | 政治
沖縄・翁長雄志知事が北部訓練場返還記念式典をボイコット… 米軍基地減少なのに何故


 日米両政府は22日、沖縄県名護市の万国津梁館で米軍北部訓練場(東村、国頭村)の返還を記念する式典を開いた。返還面積は北部訓練場の過半に相当する約4千ヘクタールで昭和47年に沖縄が本土復帰して以降最大規模。政府は沖縄の基地負担軽減を目に見える形で示し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の辺野古移設を前進させたい考えだ。
 日本側からは菅義偉官房長官や地元首長らが、米国側からはケネディ駐日米大使らが出席。菅氏は式典で「今回の返還は県内の米軍施設の約2割が減少し、沖縄の基地負担軽減に大きく資するものだ」と強調。地元に対し「返還後の財政措置や地域振興策については確実に実施する」と約束した。ケネディ氏は「日米同盟の画期的な節目を刻むものだ」と述べた。
 一方、翁長雄志知事は式典を欠席。名護市で行われていた米軍の新型輸送機オスプレイ不時着事故の抗議集会に参加。「県民に寄り添う姿勢が全く見えない」と政府の対応を批判した。
 日本政府は年内の北部訓練場返還を実現するため、返還条件のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)の移設工事を急ピッチで進めた。10月には杉田和博官房副長官が、年内の移設工事終了を躊躇(ちゅうちょ)する防衛省に「やれと言っているんだからやれ」と尻を叩いた。工事に反対する活動家リーダーらの逮捕にも踏み切った。
 返還は平成8年の沖縄特別行動委員会(SACO)合意に基づいた措置で、国内の米軍専用施設に占める県内の割合は74・5%から70・6%に減少した。

売国奴;翁長の頭の中は 米軍北部訓練場の返還と、オスプレイの事故との比重はどちらが 最重要事項なのか?
オスプレイは危険だと バカのひとつ覚えの如く発狂し息巻いているが、交通事故により命を落としている現状と比較すれば、オスプレイの事故とは比較にさえならない微々たるもの!
交通事故により 命を落とした犠牲者は 命のうちに入らないのか?
オスプレイ事故が危険だというのであれば、まずは 交通事故による犠牲者をゼロにしてから、オスプレイ反対の声を挙げるべきでは無いのか!
尊い人命に 変わりはない・・
左巻きの思考回路では 人命の軽重に 思いを至らせる思考回路を持ち合せて居ない・・大虚け者!
行政の長で有りながら プロパカンダを優先させる 腐りきった脳味噌では、沖縄の将来は暗澹たるもの。
最高裁判決によって 敗訴が確定しても 尚且つ 判決に不服を唱える不遜な態度。
此奴には 日本国が 法治国家で有るという認識の欠如・・
そんな奴が 行政の長を務める資格は無いと言う事。
法を護れない奴が 沖縄県の長で有り続ける事は、シナを利するだけのこと!
シナのポチ公は 一刻も早く 駆逐すべし!!

*オスプレイのリスクを考える 機動力と抑止力の向上に利点、普天間の辺野古移転は急務だ

「感謝」
お読み頂きました印しに“ポチ”お願い!

人気ブログランキングへ

励みになります!こちらもご協力を・・・!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村





『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 心より慶賀の意を表します!... | トップ | 病床の窓から・・ *** 冬... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
左翼の正体 見たり! (しゃちくん)
2016-12-23 13:55:48
念願だった沖縄の基地負担軽減への非常に大きな第一歩を踏む重要な式典からも逃げてしまいましたね。

実現不可能な「最低でも県外!」という幻想の中で溺れているだけの左翼思想家の正体を見てしまいました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事