*方丈の里*

時の流れに 身を委ね・・
日々徒然に 想いをつづる

姉妹サイト;”方丈の流れにのりて一句詠み”


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

売国奴は締め上げるべし!沖縄県知事の権限無力化を検討 辺野古移設阻止への抵抗を想定

2016-12-25 16:26:29 | 政治
【KSM】政府、沖縄県知事の権限無力化を検討 辺野古移設阻止への抵抗を想定


政府が、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設で沖縄県の翁長雄志知事による移設阻止に向けた権限を無力化する検討に入ったことが20日、分かった。翁長氏は辺野古移設をめぐる訴訟の判決確定後も抵抗を続け、設計変更承認など3つの知事権限で移設を阻止することを想定。政府の無力化は対抗策となり、攻防は第2ラウンドに移った。
 翁長氏は移設を阻止するため(1)設計変更(2)サンゴ移植(3)岩礁破砕-で権限行使を念頭に置く。政府が申請をしてきても、許可や承認を拒否することで移設工事を遅らせたり、阻止したりできると強調している。
 それを踏まえ、政府は対抗策の検討に着手した。
*記事全般;政府、沖縄県知事の権限無力化を検討 移設阻止へ抵抗を想定 


国家国民の安全を護ることが 国家を預かる政府の最重要課題であることは 論を待つよりもない!
たかだか 一介の首長如きが、国政に反旗を翻すなど、許されるものではない。
然も その人間が シナの傀儡ときては、悠長に構えて居る余裕は無い。
地政学上尤も重要な場所を、左巻き思想の人間に、任せることなど、断じて有ってはならない事。
政府は あらゆる法を駆使し、カツラを沖縄から放逐する事に 躊躇などまったく無用!
政治思想模範日であることは明々白々。
それに 加えて、翁長カツラの個人的な資金の流れも 不透明な部分が多いことは、地元の人間で有れば、知らないものはない!
法によって 翁長の無力化を図る方策と併行して、 個人的な資金の流れを徹底的に身辺調査を断行すべし。
案外 そちらのほうから 大きな尻尾を捉まえることができるやも・・?
そちらの方が 早道かもな?



「感謝」
お読み頂きました印しに“ポチ”お願い!

人気ブログランキングへ

励みになります!こちらもご協力を・・・!!
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村


『政治』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 嘘吐き蓮舫、かつて行革担当... | トップ | 12月25日(日)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
資金の流れを探れ (希望)
2016-12-25 21:06:28
前々から不審に思っていたこと、
沖縄振興資金の使い道、政府の権限で調査すれば面白い事実が判明するのではないか、
あの辺野古移設反対派への報酬、日当の出所、シナへの貢物に化けてはいないか等。

ここまで日本に歯向かう知事ならば、あらゆる法律と権限を駆使して身辺調査断行、
シナの日常的な自衛隊への危険な挑発を見るとき外患誘致罪検討が必要ではないか。

危険の芽は事前に摘むことに意義がある。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

政治」カテゴリの最新記事