読む日々

テーマばらばらの読書日記

リテイク・シックスティーン

2016-03-29 | 
豊島ミホ「リテイク・シックスティーン」

高校に入学した沙織にできた友達、孝子は、なんと12年後から「高校から人生やり直したい」とやって来た人物だった。

信じられないし妄想かと思うけど何気に未来を知っている孝子。やり直しの高校生活を孝子が楽しむうちに巻き込まれた沙織も本来しなかったはずの恋をしたり、充実した生活を送り始めて。

想いを寄せ合う村山と同じ、医師の道を歩もうとした時、お金の問題で幼い頃別れた父に仲間達と会いに行き。

孝子の葛藤から揉めたり、あるある女子高生ネタもたくさん。
うまく言えないけど胸キュンなストーリーでした!

私も高校生活くらいからやり直したいなー。いや中学かな。でも面倒かな^^;

あと!最後の1文が、今日は1998年3月29日、ってあって
私が読み終えた日が3月29日だったから少しびっくりした(笑)


楽しかった。満足度100
コメント

緋の天空

2016-03-28 | 
葉室麟「緋の天空」

光明皇后の一生。
乳兄弟として育った首皇子=聖武天皇や、父の政敵、長屋王の息子、膳夫との幼い時の関わりや胸に秘めた想い。そして天皇皇后となり、長屋王の変を経て国の中心としての生き様。

史実とフィクションを混ぜてあるのでしょうがストーリー展開さすがです。
聖武天皇少し情けない(笑)膳夫がいいオトコすぎる。

大昔の天上人の世界ですが、仏教伝来からしばし経って、神の国から仏国土への転換の道筋を作った天皇皇后ですね。
何代か後に桓武天皇の御代があり、伝教大師が出現しますね。
なかなか興味深かったです。

満足度100
コメント

信濃川

2016-03-25 | 
なかむら みのる「信濃川」

ある共産党議員の人生をモデルに描いた小説。信濃川になぞらえている。

あとがき読まないで借りて読んでいて、途中で名前が地元の議員さんに似ているのに気づいた^^;

うちの地元では超有名な方です。市議会議員を長く務め、ある時屋根から落ちて入院した、という記事を読み心配していましたが(落ちた場所は事実とは違う場所になってた)、その後見事に復活されて。市議会は下りて県議に出たけど、初回は惜しくも時点。4年後当選されて今、県議ですね。

市議会やめて県議に鞍替えした理由、初めて知りました。よくもまあそんな状態で奮闘されましたね。

市民の為に日々努力されているのは、党員でなくても地元の人は皆知ってるので応援してる人多数。

この前、戦争法案反対の署名のお願いを息子が受け取ったけどどこやったかなぁあせ(;^_^Aこの本読んだら、署名しなかった事が申し訳ない気がしてきた。

幼い頃の章は涙無くしては読めません。私の子供時代は世間もみんなそこそこいい時代で。でも今は子供の6人に1人が貧困と言われてますよね。日本はどこかで間違ってしまった気がする今日この頃。
コメント

六十五歳アイルランド留学物語

2016-03-24 | 
酒井治信「六十五歳アイルランド留学物語」


セイコーエプソン?を退職した著者が、かねてより念願のアイルランド留学を叶えた滞在記。

もともと長野の諏訪でコーラスやらビオラやらと言った趣味を持たれ、アイルランドでもコーラスグループに入ることができ、ミサで歌ったりも。

また短期留学で語学を学ぶ様子が具体的で、ご自分の話される言葉は英語でもカタカナで表記されていて微笑ましいし分かりやすかった。

読んで、行ってみたくなったし、素敵な方だなあ、今現在は80歳か、どうされているのかな、とちょっと検索したら、諏訪の合唱団のHPに題字のデザインが「故酒井治信」と書いてあった。

いつお亡くなりになったのかわからないけど、きっとずっとパワフルにやりたい事にチャレンジされていたんだろうな。
ご自身が「1番よい時期」と仰ってた60歳からの10年間、は全うされた事と思います。

それにしても行ってみたいな。

満足度100
コメント

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

2016-03-22 | 映画・ドラマ
昨日最終回の月9。タイトルは合ってるのか?ちょっと不安。

視聴率悪かったんだ?意外。普段月9なんて観ない私でも嵌るくらい面白かったのに。

時にイライラするくらい不器用な若者達の生き方。いいなー、可愛いなぁ、と思って見続けた。

前回のラストが音の死を演出していて、友達や息子とも「どーなるの?」と予測合戦(笑)私は、苦労した音ちゃんがこのまま死んじゃうなんていう救いのなさはあり得ない!と力説。

案の定、結構あっさり意識回復(^ー^)b次なる試練は北海道の養父の死でしたね。
逃がしてくれた養母を一人にできない!と北海道へ帰る音。うん、このくらいの障害が丁度いいと思うよ。

意識不明は朝陽君に、音のお母さんの手紙を読ませて回心されるためのアクシデントだったんだね。

いやー。ハッピーエンドでスッキリして連休を終えられました(´▽`*)ありがとう。

コメント