読む日々

テーマばらばらの読書日記

家族の告白

2012-05-31 | 児童書・絵本
「家族の告白」下川香苗・作 佐竹美保・絵

幸せに暮らしてきた中学3年の千歳。ある日父親がリストラされた事で、急激に世界か変わって行く・・・。


これは重い重いお話でした。千歳は成長するんですが、ここまでの苦労は可哀想。
でも、普通に生活できる事の有難さや家族の在り方、夫婦ってなんだ、ということを色々考えさせられたのは確か。

でも、やっばり重いなあ・・・


満足度は70位。
コメント (1)

長生き競争!

2012-05-31 | 
黒野伸一「長生き競争!」

65年振りに故郷の町に帰った聡。コンビニで同級生でライバルだった弘と再会し、そのまま地元の同級生達と同級会をする。その席で、誰が1番長生きするか賭けをしよう、ということになる。賭け金は最後まで生き残った者が受け取るということで。

HIVに感染した20才のエリも参加する。

この人の描く老人は、とてもいいんだよね。本当に面白かった。死生観も、人それぞれだけどそれぞれ納得だし、70代半ばから80半ばまでの老人がさらに老いていく姿がリアル。

出てくる娘や、エリやその元彼や後輩達もいい。

10才の頃の知り合いと晩年を仲良く過ごす、っていいなあ。
それにしても人生って、本当にあっという間。

そして人生は、たった5秒の躊躇から全然違う風に運ばれていくんだなあ、とか、運命についてもいろいろ考えさせられた。


相当おもしろいです、これ。

満足度はもちろん100
コメント

頑張ってる

2012-05-30 | 雑感
息子、サッカー漬の日々です、相変わらず。しかしタフだよね。私の子とは思えない。

きのうは体育館での、女の子のところに混ぜてもらっての練習で、迎えに行ったときにちょっと覗くだけですが、がんぱってたし、上達してきているように思いました。スクールの練習に活かされるといいな



キーパーが憧れです。でもチビだからなあ・・・

コメント

海薔薇

2012-05-30 | 
小手鞠るい「海薔薇」


既婚者同士の、初恋のような恋。10年以上にわたる日々。
会えるのは、年に一度、10/5だけ。顔をみるだけの年もあった。

陶芸家の徹司は、高校生の時、園芸部の波奈子に野球のボールを拾ってもらった時の、バラの花びらが彼女に降り注ぐ光景に目を奪われ、嫌がっていた家業の陶芸の道に進み名を成す。

N.Yのデパート勤務の波奈子が、出張で岡山に来た際、備前焼のギャラリーで惹きつけられた焼き物の作者が徹司。

カバンを忘れ、引き返したところで再会するが、徹司はもちろん覚えているが、転校ばかりで2年しか岡山にいなかった波奈子にとっては初対面同然。でもそのまま食事をし、どうしようもなく徹司に惹かれた波奈子は「来年も会いたい」と告げる。

そこから5年、東京で、N.Yで、年に一回会う。

その日を待ちわびて残りの360日余りを過ごしているかのよう。

徹司が波奈子と生きる選択をひそかにした時、事故が・・。


と 書くと、残酷なラストかと思うけど、ハッピーエンドです。

こないだ読んだ「年に一度の、二人」と被っててビックリしましたが。

こっちの方が、せつなさを体感できて引き込まれました。
44才での初恋。ダンナさんとはお見合いで、恋をしたことがない波奈子。
とっても純粋で頑張り屋さんの彼女にはとても共感できたし、応援したくなりました。

ダンナさんもいい人で。誰も傷つかないストーリー展開でよかった。

満足度100
コメント

パンク

2012-05-28 | 雑感
今朝、起きてシャワーをしていると、外から何か大きな声が・・。
どうしようもないし無視して、で、上がったところでオットに怒鳴られる。

「さっきから呼んでるだろーが

どうやら私の車のタイヤが1個パンクしてたようで。だからって朝の5時から大声ださなくてもいいのに。

で、私が出て来ないから仕方なくスペアに付け替えておいてあげた、と恩着せがましい。それを言うなら 私は昨日、あなたの母親に呼びつけられて、夜の8時に行って来ましたわ。その帰りにクギかなにか踏んだせいなんじゃないのかなっっ

さて、困った。早くタイヤを見てもらえば治るかも。まだ買って1年だし・・・って事で、妹に電話してみる。
そしたらラッキーな事に、朝の10時に私の会社近くに用事があるとのこと。

で、会社にお願いして、1.5km離れた黄色い帽子のお店へ行き、そこで妹に拾ってもらって会社へ戻り、修理後のを取りに、昼休みにまた妹に迎えにきてもらってお店へ、という計画が立ちました

結局、バルブの劣化で、そこから空気が漏れてたらしく、残りもヤバイとのことで4つ交換してもらった。
お店の人も感じがよくて良かった。

会社もほぼ休憩時間でコトが収まったのもよかった。

出費はちょっと痛かったけど、知らなかったら大事故に繋がってたかもだし。

って事で、今朝はキレてごめんね、と心の中で夫に謝罪。見つけてくれなかったら、いざ出勤、って時にやっと気付いたわけだしね。

実家の親からも電話で「大量のイチゴが収穫できたから、昼休みに取りに来い」と言われたけど、かくかくしかじかで車を取りにいかなきゃなんだわ、と話したら、父がお店まで持ってきてくれた。

いい事悪い事混在の日であわただしかったけど、結果的にはいい日だったのかなあどうだろ。
コメント