読む日々

テーマばらばらの読書日記

ただいま!マラング村

2018-04-28 | 児童書・絵本
「ただいまマラング タンザニアの男の子のお話」

ハンナ・ショット作 佐々木田鶴子訳 齊藤木綿子絵




乳を亡くし、母が失踪してしまった兄弟は、耐えきれず叔母の家を飛び出す。
街で兄とはぐれたソツ。数年を路上で過ごすも、幸運なことに愛犬と共に寄宿舎へ入れる事に。

5年学び、思い切って故郷を訪ねると、中から兄の声が。

というところまでのお話。なんと実話だそう。

赤ちゃんよりは少し大きい小さい子が好きで、読み聞かせボランティアをしているけれど、いつか、この本のシスター達のような事が出来たらいいのになぁ、と憧れる。
財産持ってないと無理だけどねσ^_^;

コメント

トオリヌケキンシ

2018-04-28 | 
加納朋子「トオリヌケキンシ」



何かしらの病気が出て来る、あったかくてホロっとする短編6つ。

※注意
ネタバレありあり。


・トオリヌケキンシ
トオリヌケキンシと書かれた道の奥は、クラスメイト女子の家だった。おやつ目当てに通う日々。そして引越しをした自分は途中で躓き引きこもりに。そこへ数年ぶりに女子がわざわざ訪ねて来てくれる。今度は自分があなたを救うばん、と。女子は、場面緘黙症だった。彼に救われたのだと。
人はあずかり知らぬところでひとを救っていたりするのだなぁ。人と人との関係は一方からはわからない。

・平穏で平凡で、幸運な人生
同じようなものの中から、特定の物を探すのが得意だった主人公。それを、共感覚というのだ、と教えてくれたのは生物の教師。彼は夏休みに南米で墜落した飛行機事故の犠牲者として新聞に載っていた。10年経ち、幼子を連れて沖縄旅行へ行く主人公夫婦。なんとレンタカー毎、幼子が誘拐されてしまう。教師のエピソードはどうした?と思ったら。なんか、このお話、キュンとした。

・空蝉
幼稚園の頃、豹変した母親に虐待された過去を持つ大学生。いつも自分を励まし導いてくれたのは自分が作り出した想像上の友達だった。継母に心を開けずにいた主人公に、1つ上の先輩がしてくれた種明かし。母は脳腫瘍で人格が変わっていたと。そして想像上と思い込んでいた友達の正体は。母の気持ちが切ないお話。

・フー・アー・ユー
人の顔が覚えられない、相貌失認という障害を持つ男子と、醜形恐怖症の女の子の恋。
ハッピーエンドで微笑ましい。

・座敷童と兎と亀と
40代主婦兎野さんがひょんなことから関わった亀井さんというお爺さん。陽気な奥さんを亡くした亀井さんちに、なんと座敷童が出ると。
実は亀井さん、脳梗塞の後遺症で左半分が見えてなかった。そして、亡き息子の彼女が産んでいた少女が住み着いていた!
ご近所ネットワークの暖かさに涙が出てがたくさん出て来たお話。

・この出口のない、閉ざされた部屋で
大学入試に体調崩して失敗した引きこもり男子。親友はうえで出てきた兎野さんちの息子か?
完全に引きこもる前に公園のベンチで出会った緑野優芽という少女を、好きだと思っていた。
夢の研究に余念のない主人公、完全に病んでる?と思ったら引きこもりではなく、無菌室に入院していた白血病患者だった。緑野さんは隣のお部屋の患者さん。退院の際医師より手紙を渡される。
これは少女が切なかった。最後の詩?句??が良かったなぁ。夢は緑野を、ただ駆け巡る。

満足度100
コメント

おまえ うまそうだな

2018-04-26 | 読み聞かせ
4/26読み聞かせ資料3

「おまえ うまそうだな」 宮西達也




小さな恐竜が生まれ、目の前にいたティラノサウルスをお父さんと思い込む。

そして別れの時。


怪獣!!とみんな叫んでた笑先に恐竜、って言えばよかったかな?前の本はそう言ったけど、これを読み始める際にわざわざ言わなかった。
親切じゃなかったな〜と反省σ^_^;

8分
コメント

だくちるだくちる はじめてのうた

2018-04-26 | 読み聞かせ
「だくちるだくちる はじめてのうた」

原案V・ベレストフ 阪田寛夫作 長新太絵

4/26読み聞かせ資料2



恐竜時代。孤独なイグアノドンが山の噴火の音の他に初めて聞いた音は、プテノダクチルスの歯をきしらす音。


初めてできた友達、初めて聞いた歌。

前のが盛り上がりすぎてちょっとテンション下がってたかな?


4分
コメント

たべたのだあれ

2018-04-26 | 読み聞かせ
4/26読み聞かせ資料1

五味太郎「たべたのだあれ」




今年度初読み聞かせは2年生。

あるものを食べた動物は、他の個体とちょっと違う。
当てるのに、大盛り上がり笑

2分半で読む予定が3分以上かかった。


たぶん3・5分
コメント