読む日々

テーマばらばらの読書日記

愛を乞う人

2017-01-21 | 映画・ドラマ
ドラマ「愛を乞う人」


篠原涼子主演の2時間ドラマ「愛を乞う人」

下田治美の原作も読んだし、原田美枝子主演の映画もレンタルで観た事が。原作は読んでいて切なかったのと、なくなったお父さんの手掛かりを探った時に、在日外国人は戸籍には載らないから調べるのがすごい大変なんだなぁ、と思った。
映画は、中井貴一がすごーく印象的だったし、原田美枝子の演技は迫力があったなぁ。

で、ドラマ。ストーリーの細かいところは覚えてなかったのか、細かいところは変わっていたのか?

弟が警察に捕まるところから、娘に問われるまま過去を語り出す母。
母と別れ、台湾出身の父に愛され育ったのに、その父が病で亡くなり、頼る人もなく孤児院へ。10歳のとき、母が引き取りに現れ、そこから地獄の6年間が始まる。 

篠原涼子も広瀬アリスも、なーんの心配もない演技だし、回想部分の出演者達もうまい人ばかり。映画見てるようだった。

で、何よりうまいなぁ、泣けるなぁ、と思ったのは、父の入院中、主人公を預かっていた亡父の友人夫妻の妻、はつ役の木村多江。

女性としての幼い子に与える愛の深さに涙が止まらなかったし、台湾へ訪ねてきた主人公と娘に再会し、過去を語る時もあまりに自然で、ドキュメンタリーと思うくらい。すごい女優さんなんだなぁ。




おそらく愛されずに育った母、人の愛を確かめたくて周りを傷つけ自分を傷つけ、ぐっちゃぐちゃにしちゃう人生。

それにしても娘に対する虐待の凄まじさ。それを隣で見つめていた異父弟もせつなかったろうなぁ。

弟が、姉を救うため母にしがみつき「姉ちゃん、逃げろ!」と叫ぶところは号泣シーンだった。
その後の弟も苦労したんだろうな、いい年になって窃盗で捕まっちゃうんだもんね。
捕まっちゃた弟のムロツヨシもいい味が出てる。



実父と別れたあとの男の達も悪い人ではなかったようで、母さえ落ち着いてればこんな過酷な人生を送らなくて済んだのに。

けれど、自身は優しい夫とと出会え可愛い娘に恵まれて。

父の遺骨を辿る事で母の、娘の知らなかった顔にも出会えた。

とても面白いドラマでした。
もう一度観ようかなぁ。

そういえば、孤児院で、鈴木梨央演じる主人公に、母が迎えに来た事を告げた施設員は、綾瀬はるかの わたしを離さないで で鈴木梨央のいる施設で先生やってた女優さんか?違うかな。一瞬しか出てなかったから確認できなかった^_^;
コメント

カルテット

2017-01-18 | 映画・ドラマ
冬ドラマ、何を見ようか考えて、とりあえずこれが面白そうかなぁ、と。

松たか子主演、TBS火10の「カルテット」

旦那が失踪している妻、松たか子はバイオリニスト。姑は松たか子に息子を殺されたと疑っている。真相を探るため、チェリストの満島ひかりを雇い、偶然を装い松たか子に近づかせ、高橋一生と松田龍平とカルテットを組み、軽井沢の別荘で共同生活が始まる。

謎解きもあり、弦楽奏も聴け、イケメン高橋一生も眺められ、更にエンディングテーマでは松たか子の歌も聴ける。なかなか豪華なドラマ♡まだ初回なので展開読めないけど、ひとまず見続けよう。

あとはべっぴんさんしか見てないけど、スキコトのお兄ちゃん、三浦翔平が出てる深夜枠のドラマも録ろうかなぁ。と悩み中。
コメント

ペコロスの母に会いに行く

2017-01-15 | 映画・ドラマ
「ペコロスの母に会いに行く」

平成25年の映画かな。
漫画家の岡野雄一さんと母親との物語を映画化。

撮影時、原田貴和子と原田知世姉妹が出る、と何かで見てて気になってたけど、観る機会がなくて。
TVで放送してくれたので録画して観れました。

新潟日報でも、いまだに週イチで岡野さんの4コマ漫画を連載中。
いくつになっても、または亡くなっても、母というのは特別な存在なんだな〜。

映画はまあ、長崎の街並みみて、赤木春恵さんの名演技みて、原田姉妹の美しさを堪能して、

ってところかな。

終ってクレジットに今井ゆうぞう、って出てて、あ、そういえば撮影時にブログに書いてあったような??

と、役名のないクレジットだったのでまた戻って早送りで確認したら、原田貴和子演じる若い頃の母に手紙を届ける郵便屋さんの役だった。あまりに自然で、ゆうぞうカラーが出てなかったから気付かなかった。お上手でした。

最近は20も下の男の子達にメロメロだから、ゆうぞうさんのブログもあまり見てないなぁ^_^;
コメント

ウェン王子とトラ

2017-01-12 | 読み聞かせ
1/12読み聞かせ資料2


チェン・ジャンホン作/絵
平岡敦 訳
徳間書店

本日のメイン。
昔の中国で、虎に育てられた王子がいた、との言い伝えをベースに作られたお話。子供を猟師に殺された母虎が村を遅い、王は占いに基づいて息子の王子を虎に差し出す。 

王子に会い母性が目覚めた虎は、王子を立派に育て上げる。

時は流れ、王子を取り戻しに虎退治に来た王や兵の前に立ちはだかる王子。そこへ実の母であるお后が前に出てきて、王子は虎に、城に戻ると告げる。

毎年毎年、虎に会いに行く王子。そしてある日、王子は息子を預けにやってくる。

泣かずに読めるか心配だったけど無事読み通した^_^字が小さく本はデカく、そして長い。読み手泣かせの1冊。

みんな、ものすごく真剣に聴いてくれた。

10分
コメント

とらはえらい

2017-01-12 | 読み聞かせ
1/12の読み聞かせ資料1

五味太郎作・絵  クレヨンハウス

次同じのを読む方に本を貸したので写真なし。

5年生。メインは次のながーいお話なので、導入として虎繋がりで読む。

5年生には幼すぎるか?という感じだけどとりあえず読んでるうちに聴く態度が出来上がっていく。

4分
コメント