読む日々

テーマばらばらの読書日記

幻想的な月

2012-10-31 | 雑感
サッカー終えた息子と自宅前で月を眺めてみました。



雲の切れ間に十六夜月。周囲の雲に月の光が反射して、なんとも幻想的。
コメント

813 続813

2012-10-31 | 



「813」「続813」モーリス・ルブラン作 堀口大學訳


なかなか図書館へ行けず、蔵書読み返し中。

中学生の頃、南洋一郎訳?作?のアルセーヌ・ルパンシリーズにハマり、すっかり恋をしていた私ですが、その後、文庫でルパンシリーズを買い揃えてみたら、南版に比べてあまりに難解な訳。で、中学生の時のドキドキは復活はしませんでしたが、やはり面白かったです。

で、たぶん15年ぶり位に再読。

一番の感想は「字が小さい…」
老眼進んでるのかなぁ。

お陰で二冊(と言っても、上下巻です)読むのにかなり時間がかかりました。

19世紀終わりから20世紀初頭のフランスの様子に心惹かれます。
あと私がルパンを好きな理由が、ぐっすり眠る事で復活できるところ。この辺りが健全というか、素敵だなぁ、と感じてました。神経質な男は嫌だ、と思ってました。今回も、ルパンの人柄に魅せられました!ルパンはO型かな。なんてね。

ストーリーはどんでん返しが凄いけど、再読だからね、ストーリー自体にあらたな発見は特にないです。有名な本だから、ネタバレも不要かな。

先頃、「ルパン、最後の恋」なる本が出版されました。借りようかと思ったけど、やはり手元に欲しいかも。
コメント

1年前

2012-10-27 | 雑感
可哀想

プロ野球ドラフト。原監督の甥、菅野投手、日ハム交渉権獲得のニュースを今、知りました。あれだけ巨人を熱望している若者を、なんでわざわざ指名するかなあ。それに、いつも思うけど、...


このブログ、1年前の記事はこうでした、ってメールが最近送られてきます。

で、今日はこれ。
去年のドラフト。

今年は2日早かったんですね。
菅野君、無事巨人に決まってよかった。

この1年、巨人軍はいろいろありましたが、無事優勝できたし。


でも今の感心事は野球よりサッカーです
アルビ、ヤバい・・・・・・・・・・・・。
コメント

好きな曲、届きました

2012-10-25 | 雑感
先日書いた「好きな曲」
http://blog.goo.ne.jp/dingo468tm/e/bb46d9ebdaeca7b77ab2fa67a841335d結局アマゾンで中古品をオーダー。
中々届かなかったけど、昨日、到着。




シングルコレクション、なので、やはり私の好きな曲はシングルだったのか。
1980年リリースでした。小学生だったから、リアルではわからなかったのね。

高校生の時にダビングしてもらったのはベスト盤のようです。
考えてみたら、渋い趣味だわね>友達

他の曲は、いいなあ、ってのと うーーん ってのと、入り混じってます。当たり前か。
1977年の「長雨」が今の私にはずーん、と迫って来るモノあり。

高校生の時のベスト盤収録の「あなただけGood Night」はいい感じ。
「片隅にひとり」も当時聴いてたけど、改めて聴くと鳥肌モノです。

まだ前半しか聴けてないので、後半が楽しみ
コメント

十歳の戦慄

2012-10-24 | 
宇佐美 游「十歳の戦慄」


女同士のある意味恐ろしい人間関係を描いた短編4つ。

まずは小学校が舞台。十歳って、TeenAgeの始まりだもんね。怖い怖い。

二つ目は銀座のホステスをやめてOL兼占い師になった女性と、元のお店の同僚を中心に描かれる世界。銀座の女たちのいろんな世界が、占い師への相談という形であらわされたりしてる。

三つ目は、足にコンプレックスのある女性と、足自慢の女の見えないバトル。

四つ目は海外赴任先の妻達の狭い世界の怖い話。

面白いといえば面白いけど、でも怖いし、後味はよくない。

満足度60
コメント