読む日々

テーマばらばらの読書日記

産む、産まない、産めない

2015-08-28 | 
甘糟りり子「産む、産まない、産めない」

子供に纏わる悲喜こもごも。連作短編。

U+2460最後の選択 40才飲食業界でバリバリ働く桜子は、14才年下の同じビルで働く男子と勢いで関係を持ち妊娠。さして迷うことなく出世を棒に振り産む決意をする。
U+2461ポトフと焼きそば
25才の主婦結衣子は、夫の前妻の息子を引き取ることに。ギクシャクしていた関係も硬さが取れて近づけた。
U+2462次男坊の育児日記
妻の今日香は産婦人科医(1話の桜子がかかったお医者さん)な夫は化粧品会社の人事部員。妻から育休を取るよう言われて。
U+2463コイントス
老舗呉服店と嫁重美(桜子の友人)は不妊に悩む。今日香にかかり、その励ましで一度だけ体外受精にチャレンジする
U+2464温かい水
授かった子を死産し、そのショックを乗り越え第二子を授かった。
U+2465花束の妊娠
16才で娘を産んだ母。そして16才の娘が妊娠。
U+2466レット・イット・ビー
独身の百合子。兄の家に産まれた女の子はダウン症だった。
U+2467昨日の運命
桜子は羊水検査をうける。お腹の子の父親には何も告げず。重美は子宮体癌で子宮全摘。

繋がってるような繋がってないような8編。掘り下げ方が薄い(てか短編だけど)けど、1つひとつの事例は考えさせられた。
重美が辛かったな。うちもなかなかできなくて。思い出しちゃった。

待望の息子だったのに、勉強できない、だの、頑張りが足りない、だの。思い切り反省はしました(T_T)
そこにいてくれれば、それでいいです。

なかなか泣けた。
満足度90
コメント

立身いたしたく候

2015-08-26 | 
梶よう子「立身いたしたく候」

商家の五男坊が貧乏御家人の将来の娘婿として養子に入り、お役を求めて奔走するうちに自身の立身とは何か、に気づいていく物語。 
江戸も末期。武士は一体何のために武士なのか。
武士の生まれでないゆえに柔軟な頭で世の中を見れる駿平や、部屋住の幼なじみも結構広い視野で世の中を見ていて、時代が大きく変わる前の様子を日々の生活の中にうまく取り入れてる感じで面白かったです。

満足度90
コメント

夏休み

2015-08-22 | 雑感
あと2日で息子の夏休みが終わり。
とにかく子供の長期休みは親が忙しい。

おひるごはんはもう1人でなんとかなるから中学は楽ちんかと思っていたけど大間違い。
部活・試合で大変でした。

そんな中、この夏はいろいろな「つながり」「縁」「偶然」を感じた。

まず7月に、妹に代わり急きょ柏崎へ甥とその仲間達を迎えに行き、下道で向かった際、刈羽のサッカー場近くを通り
「5年生の時のキャンプやこの春休みの部活の合宿はここだったのか」と確認。その翌々週、なんと息子たちはバスが取れずその会場まで親送迎。
でもスムーズに行けた。


その翌週はU-15のサッカーフェスティバル4日間。土曜日は私が遠方へ送迎したので日曜日はほかのお母さんが市内の会場へ送ってくれた。
昼間甥より電話。「今○○(息子)と一緒だよ」・・。甥は審判なんです。たまたま息子たちの学校の試合の審判にあたったらしい。
息子を迎えに行って甥と話し、息子の肉離れの予後が悪いと話すと、いい整骨院を教えてくれた。

そこが普段私がフットサルしている場所の斜め向かいだった。とてもいい先生で3回行ってすっかりよくなった。
で、なんとその整骨院からの帰宅途中、裏道通ったら5月に盗まれた息子の自転車発見。交番に事情話して乗って帰りました。
お帰り~。その2日前に新しい自転車買っちゃってたのはご愛嬌さ。


お盆には毎年恒例、妹家族との会食。なんとそのお店で20年前の結婚式に招待されて以来会っていなかった元同期夫妻と遭遇。
事情で結婚間もなく急に県外へ出て、それ以来会社の人とも疎遠だったとのことで連絡先交換→かつての上司へ教え、つながり復活。
お互い一瞬で分かって変わらなさに爆笑した。夫婦どちらとも仲良しだったけど披露宴はなぜか新郎友人で招待されたの思い出した(笑)
次は同期で集まりたいな。

そしてお盆休みは部活もお休み。休み明けに部活の外部コーチ(学生さん)が郷里のお土産を配ってくれたと。

静岡かあ。息子の家庭教師くんと一緒だね。

でおととい、久々に来た家庭教師に息子がコーチの話をしたら、名前を聞いて驚く。中学時代、地区のトレセンで一緒だった、と。
ほんとびっくり。静岡の同じ地域でサッカーしていた同じ年の子供たちが長じて新潟の別な学校へ進学し、一人の中学生を通してつながるなんて!!


ということでいろいろありました。

そして今日はこれから中学の同窓会。春から幹事として準備してきました。うまくいきますように!!
息子の試合もあるんだけどね。なんと私の母校も同じ会場。同窓会の日にねぇ・・(笑)
さっき組み合わせ見てきたけど残念ながら対戦はない。

息子は私の実家から保育園へ通ったので、お友達の1人や2人いるはず!!と思い、目を凝らしてきたけど、年長さんから中学1年へのワープはさすがに顔見てもわからないや・・。試合始まったらお母さんたちくるかなあ?親を見ればわかると思うけど・・どうだろ。



コメント (2)

てふてふ荘へようこそ

2015-08-21 | 
乾ルカ「てふてふ荘へようこそ」



昭和な格安アパート。ここには6室あり、各部屋に地縛霊がいた。
各部屋の住人があることをすると霊は成仏し、あとにはビリヤードの球が残される。

恋人に殺された女子大生の部屋には、好きになった女性が必ず死んでしまう若者。
道路で転んで死んだおじさんの部屋には、娘と同じ年頃の、父を早くに亡くし、父にそっくりといわれた容姿にコンプレックスを抱く女性。
収録中の事故で死んだ女優の部屋には、詐欺で服役してきた男。
一家心中で15で殺された美少年の部屋は最初住みながら病で入院し出てしまった大学生。
バイク事故で死んだ男性の部屋には、短期で実の妹。
11才でプールで亡くなった男の子の部屋には生前かかわりがあったらしい男性。

そして大家も実は・・。

大家を救うために立ち上がる住民。
そしてそれぞれの霊との交流を通し住民も大きく成長していた。


泣けるし、ちょっと予想外のシチュエーションでもすんなり受け止められるし、好きな成長ものだし。
楽しく一気読み。

満足度90
コメント

ともえ

2015-08-19 | 
諸田玲子「ともえ」

木曽義仲を慕った松尾芭蕉。義仲寺に葬られている。
その芭蕉を晩年、甲斐甲斐しく世話をした智月尼。2人の、エロスを超えた深い繋がり、今で聞くソウルメイトのような関係をまた、義仲と巴御前の関係になぞらえ、鎌倉時代と江戸時代を行きつ戻りつ描いた小説。

今日は8月19日、俳句の日。そんな日に松尾芭蕉をテーマにした本を読むとは。
そして智月尼の心情や、男女の中にはならずとも心の底から愛し合いいたわり合った2人の姿が心底羨ましかったり、今読めてよかったなぁ、という本でした。

色々思うところがあって、でもまとまらない。海賊と刺繍女を読んで以来の衝撃と感動。

満足度500
コメント