プロショップデイオフとペンションクヌルプの白馬便り
DAYOFF&Knulp NEWS



アルペンとテレマークで滑って軌道の修正。アルペンで滑るコブの様に、テレマークでも滑りたい。
アルペンでは、コブの壁に当たるまで待って、コブの出口に合わせる意識で滑っているが、テレマークではタイミングが早く、コブに当たるまで待なくて(遅れてしまうのを恐れているのかな)コブの中でターンしてしまうので、コブの出口に合わせられる様にトレーニング。
シーズン最終盤。頑張っていきます・・



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今日は、外足テールをコブの入り口に当てることから初めて、コブ裏をこすって外足でコブの中ほどに合わせるまで。次回以降は、外足ブーツ下で、コブの出口に合わせる様なライン取りに変えるまで、調整は続く・・・



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ご用意しているドリンクの入れ替えを考えながら、候補をテイスティング。
一部販売停止になったジュースや新たな地ビールが販売になったり、加えたい銘柄があったり、一部にとどまりそうですが、メニューの入れ替えを予定。
画像の中からは2銘柄を加える予定だけれど、定期的な仕入れが、し難いものもあるので、スポットでのご提供(裏メニュー)は、今後も続く感じです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




自分が、テレマークで意識しているのは、足首の角度と、両足の脛をブーツのタングに常に触れていながら、外足で谷回りから山周りまで仕上げること、体の傾きを邪魔しない内足の切り替えで両足ブーツを体の外に動かすこと。そして胸のラインをキープして、股関節を操ること。
フラットでの基本的な操作をテレマークとアルペンターンの両方でトレーニングしてます。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




まだまだ雪はたっぷりあるけれど、今週で八方尾根のスカイラインコースがクローズ。寂しいです。
(八方尾根スキー場はゴールデンウィークまで営業予定です)
シーズン中毎日、下山コースとして滑るゲレンデであり、フリーランはほぼスカイライン。
今年は基礎練ばかりしてたので、自分としては、黒菱第2ゲレンデが、メインゲレンデではあるのだけれど、それでもスカイラインは、やはりマイゲレンデ。
残り数日楽しまさせていただきます。
今日は天気も良いし、八方をゆっくりフリーラン。スカイラインも何本滑ったかな。疲れるくらい滑りました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




何事にも基本が大事。
テレマークスキーのことでも想うことも多くあって、日々試行錯誤しているます。
そして行き着くところは、やっぱり基本が大事。
用具も動きも、スキーが基本だから、改めて、アルペンスキーから見直し。
色々と新たな気付きの日々です。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




3月は悪天候の日も多くて、上がれない日もあるけれど、バーンコンディションもコロコロ変わるから、良い練習になります。
4月の八方はほぼコブになるから、3月のうちにテレコブに向けて、アルペンとテレマークの両方履いて、色々と基礎練習月間。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今年も山雅観戦の開幕。
殆どTVでの応援となりますが、時間が取れたら、観戦対策を万全にして、後ろに人がいない最後部の角の席から応援します。
今年こそJ1に昇格を期待してます。
勝っても負けても楽しみますが・・・



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




テレマークにおいて、外足がとても大事、アルペンもそうですけれどね。
テレマーカとして、気づくか気づかないか。何気ないことなのだけれど。
毎日、いろんな気づきがございます。
今日は、ちょっと気づいた。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




春のゲレンデになって、2021もそろそろテレコブ始動します。
まずは基本から、外足でコブ裏とらえて削る様に滑り、外足でコブを受けとめることから・・・
2021シーズンのテレコブを模索していきます。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2月19日から3月31日(予定)の長野県民の家族宿泊割引第2弾が始まりますが、ペンション&コテージ クヌルプも参加しています。

1泊2食付きでのご宿泊の場合、大人1名様につき 5,000円の割引になります。夕食のみまたは朝食のみご用意の場合や素泊まりの場合は、大人1名様につき 3,000円の割引となります。

ご利用の際には、https://tabi-susume.comにアクセスしていただき、内容ご確認の上、「安心旅人宣言カード」をダウンロードしていただき、身分証と共にご持参下さい。家族宿泊割ですが、1名様でのご利用も可能です。

下の画像は2月17日のクヌルプ



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日は底当たりがあったけれど、今日は底当たりもなくドライな新雪がグッドコンディションでした。
風、降雪、気温、視界、そして雪質・・色々な要因で、最高の1日か或いはそうでない1日か、毎日カメレオンの様なゲレンデ。今日は、午後1時くらいまでは、視界も無く、きっと最高の1日ではなかった様な・・(自分はそこにいませんでしたが)、自分が上がった午後2時以降は、視界もクリア。それまでが良いコンディションで無かったからか、スキー場終了時間前2時間の自分が上がった時間も、随所に踏まれていないバーンがあって、終了前2時間、最高の1日でした。上がらないと分からない。いつも言っていることだけれど、まさにそんな1日。今日の自分にとってはたった2時間。でも最高の1日でした。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




非圧雪テレマークの為の意識Vol.6 受け足(外足)は、基本的に非圧雪で重要な外足の話。
非圧雪の中で、外足は、ギャップや地形変化等を感じるセンサーとして働き、荒れた雪も受け止めて、バランスや落下方向、スピード等をコントロールする大事な役割。ロングコース、急斜面、アイスバーン非圧雪では外足に頼ることも多い。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




フラットでは、ターンのマックスの状態からの切り替えも、雪面への圧を抜かない様にしている。非圧雪ではフラットの様にはいかないけれど、悪雪や硬いバーンでの切り替えや、荒れたバーンの谷まわりの落ちるところも、圧を抜かずに2本の足で捉える様に意識している。 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




非圧雪テレマークの為の意識Vol.4は内足。
自分は常に2本の足の中心に立つイメージ。そして、踏めるポジションに立つことを意識していて、重要なのが内足。
基本的に角付けして、進行方向の方向づけは内足の役割。切り替えから山周りは短く、谷周りは下に落とすか、山に切り上がるかを内足で方向づける感じ。
非圧雪はバランスを崩すことも、地形変化や起伏にやられたり、急斜面やアイスバーン等で滑りの流れが止まることも、そういった時のリカバリーも内足の仕事。ずらしたり、面で立ちポジション修正したり、内足の役割は重要。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ