スズキ・メソード 清水尚志ヴァイオリン教室blog

~どの子も育つ、育て方ひとつ~

発表会

2021-05-05 23:30:15 | 日記

本日、無事に発表会を終えました。
昨年は中止を余儀なくされ、今年もどうなる事かと直前まで心配でしたが、無事に終演を迎えられました。
コロナ対策に奔走してくださった幹事の皆様初め、多くの協力をして下さった御父母の皆様にはとても感謝です。

短いリハの中、響きの良いホールで気持ち良く弾くことが出来るだけの準備の出来た子。緊張に押しつぶされてしまった子。
ある生徒が「先生、どうしたら緊張しなくなりますか?」
緊張はいつだってしています。恐らくはこの先もずっと。
ただ、出来るだけの事をしようと考えているだけ。その、出来るだけの事をへの完成度や準備が十人十色。そこへの拘りの高い子ほど成功を収めるのかな?しかし、そこに時間を掛けるだけの余裕が無いのが現状でしょうか?
一つの能力をしっかりと身に付けると、他にも応用が効くのだけれど…。
一つだけ言えることは、皆はまだまだとても若い。これからも多くの失敗と成功を経験して成長して下さい。出来れば多くの成功を引き寄せるだけの努力を惜しまない子に育ってほしいですね。
また来年も無事に発表会が開催できる様、今はコロナ感染対策をしっかりと行い、乗り越えていきましょう。

お疲れ様でした。

雷鳥

2021-04-18 22:46:24 | 日記


立山室堂での楽しみの一つは、真っ白な冬毛の雷鳥に逢う事。
GW過ぎ頃から段々と夏毛に代わってしまうので、真っ白な雷鳥を見られるのはこの時期と厳しい冬山登山の時でしょうか。
今年も真っ白な雷鳥に会えました。
この雷鳥は、GW過ぎ辺りからは縄張り争いが見られるので、もしかしたら、また休みを利用して雷鳥に会いに行くかもです。
出来る事なら夏頃にヒナを連れて歩いている姿も見たい。

今年は、北アルプスにどれだけ行けるだろうか。
昨年は近くから眺めるだけで終わった奥穂高岳への登頂は叶うだろうか。槍ヶ岳も。
夏山開山までに、落ちた筋肉を戻す事と、付いた脂肪を落とす事から少しずつ開始ですね。

立山室堂平

2021-04-17 22:23:47 | 日記


立山黒部アルペンルート50周年との事で行って来ました。
前日に低気圧が抜けた事もあり、雲一つない真っ青と真っ白の幻想的な世界が広がっています。
ただ、雪の大谷の方は14メートルとの事。例年は17メートルから高い時は20メートルに迫る高さ。
やはり温暖化の影響なのでしょうか…。
この時期の立山室堂のもう一つの魅力はなんと言っても真っ白な雷鳥に出会う事。
過去の雷鳥遭遇率はほぼ100%。それでも会えるまではハラハラドキドキ。
今年はどうでしょうか?それはまた次回に。

常盤平教室の桜

2021-03-30 00:05:44 | 日記


松戸市常盤平教室は熊野神社敷地内にあり、その神社の奥に中々立派な桜の木があります。
今年の花見はこちらで。
日曜には、小さい子達が合奏レッスンに大勢集まりました。
緊急事態宣言が解除とはいえ、ディスタンスを意識してのレッスン。
しかし、常盤平教室は1階がホールになっているのでスペースは十分。
今年の発表会は、関係者のみでの開催として何とかホールで演奏出来る環境をと考えてますが、会場が閉鎖しない事を願うのみです。
この先もディスタンス、除菌、換気等をしっかりとしていきましょう。

日立海浜公園

2021-03-19 13:00:18 | 日記


天気が良いので、休みを利用して娘家族と日立海浜公園公園までお出掛け。
菜の花の黄色がとても綺麗。
そろそろ桜の季節ですが、鮮やかな黄色は蜜を避けられ、のんびり散歩も出来てとても良かったです。