今日の108円

1日1冊108円・・・・・・最近そうでもない。

先崎学の実況! 盤外戦 先崎学 2006年5月15日 講談社

2016-10-11 05:36:35 | 108円
NHK将棋番組のハチャメチャな舞台裏。かつてトレードマークだった眼鏡を捨て、近視矯正手術を受けた顛末。棋士が本を書くことの光と影。メン類との長き戦い。そして掟破りの将棋VS.囲碁対決まで。初対面以前から互いを認め合っていたミステリィ作家・森博嗣氏との対談を含む、ほぼ書下ろしエッセイ文庫!
裏表紙より。
『盤外戦』→某国の大統領選挙みたいなもの(てきとう)



第1部 毎日がガチンコだ!


地雷の虜

  あとは終わりなき悪夢、エンドレスである。
アレが存在しなければ、今頃パソコンの自作も出来たと思う(真顔)



焼肉征服

 さて、若者は焼肉を前にすると野獣になる。若者だけではない。こちらも野獣になる。とにかく男は肉のかたまりを前にすると平常ではいられなくなるのだ。
だが待って欲しい。
1番男が野獣となって突進するのは脂肪のかたまりではないだろうk



流浪の「負け組」

 一枚のシート、一枚の新聞紙で、人は変わる。皆が同時にやめればいいが、自分だけやめるのは損をするから嫌という理屈を持つ。なんとかならんかいな、とため息をつきながら、私は今日も立ったままうろうろする。
縄張り意識ってのは動物的・本能的なものだから・・・・・・
つまり畜生と同レベルの連中に理性ある対応を求めるのは無理。



初心者の気持ち

 私は自分で書いているんだあ。
タマスィの叫び。




タイトルの『盤外戦』は第2部だけど、ホコタテ的な話で拍子抜け。
メインは第1部の『書下ろしエッセイ』。
専門的な話は無いため、将棋を知らなくても多分大丈夫。
たまにクスリ~hmhmと言った所で、少しパンチに欠けるかな。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新明解国語辞典 第五版 [小型... | トップ | HUNTER×HUNTER 16対決 冨樫... »

コメントを投稿

108円」カテゴリの最新記事