ビスタ~リ通信

山のこと日常のことを、思いつくままに。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最難関にして最高のコース~弥山川~

2010-06-08 | 山のはなし

6月5日(土)6日(日)は大峰山脈の弥山川コースに行ってきました。

そう、関西で山やってる人なら誰しも一度は
行ってみたい、いや、挑戦してみたい、あの、弥山川ですよ。
私も、常々行ってみたい、いや、挑戦してみたいと思っていました。

そんな訳で狼平でお泊りするという余裕のある行程で、鼻息荒く出発です。

6月5日(土)熊渡~滝見平~狼平避難小屋(泊)
6月6日(日)狼平避難小屋~弥山~八経ヶ岳~カナビキ尾根~熊渡


出ました。おなじみの登山口にある看板。
行きはふ~んと眺めるだけでしたが、
下ってきて改めて見直すと
これが非常によくできている看板だということに気がつきます。
これのおかげで、あいまいな記憶が整理できました。

以前、弥山川に取り付くつもりが、いきなり登山口から間違ってしまい
カナビキ尾根を登ってしまったという前科があるわいはん。
今回は、さりげなく私の後ろにまわる。
ワシがルートファインドするんかいな。


白川八丁に降り立つと、だだっぴろい空間に投げ出される。
「私は本当にここを登っていいのか?」マジメに自問自答し始めた。

白川八丁をつめて、やがてガマ滝へ。
ガマ滝から先、次々と難路が我々の行く手を阻む。


こんな道は弥山川ではデフォルトです。終始安定感ゼロの登山道でした

河原では徒渉を何度も何度も繰り返す。
でもこの日は水量が少なかったのでラクでした。


が、しかし、わいはんはポケットの中の新しいカメラが心配で
四つん這いになって渡るのであった。


河原の石がいつしか巨石となり、三点支持で大岩を登っていきます。
大股でグイグイ登ってしまって痛む股関節に閉口しながら一ノ滝へ。


一ノ滝からは梯子の連続です。
私、いままで梯子って楽に登らせてくれるので、嫌いじゃなかったのですが
ここまで連打されると温和な私でも頭にきます。
テメー 人の体力奪ってんちゃうぞ ワレ

「いやあ、参りましたな」
苦笑いしながら、ようやく秘境の名瀑と名高い双門ノ滝を拝める滝見平へと到着!
すごいすごい。展望台のキワキワの所で
足元の崖の遥か下まで岩を削って走る白布に、シャッターを切っていると背後から
「これこれ、そんなとこにいてたらあかん」とお咎めの声が。
「わいはんもここまできて見てみいな」


恐る恐るキワキワまで近づいてササッと身を翻すわいはん


滝見平からも激登が続き、そして激下ったあと、河原に出る。
清流が心を癒す。


癒されたと思ったらまだまだ続きまっせ~。
どこが登山道やねん!

河原小屋を経て、河原沿いを相変わらず赤テープ頼りに進んで行くと。


ハイ!出ました。テレレレッテレ~
弥山川名物「オーバーハング鎖梯子」

登り始めはブラブラ身体が揺さぶられ、上部では岩と梯子が密着してしまい
手を掴むところがないという「オーバーハング鎖梯子」。


ハイ!もうひとつ。弥山川名物「もう道すらないボルトの登山道」
ふざけてはいけません。

で、このボルト道を越えればゴールはもうすぐ。
やっと一般登山道に出てきた。


狼平避難小屋。ああ、山上のオアシスよ。
この景色に再び出会え「無事でよかった」とつくづく思う。

いや、待て。確か佐渡島でも同じ事を……。
とにもかくにもお疲れさま!!7時間かかってゴールです。

ちょっと長くなったので次回に続きます。
次回は、突如我々の前にエビスビールを担いだ神様が光臨!




ジャンル:
ウェブログ
コメント (20)   この記事についてブログを書く
« 経ヶ岳は福井県の最高峰なのだ | トップ | 弥山川から一夜明けて八経ヶ岳へ »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (oyaji)
2010-06-08 22:48:20
お~、憧れの弥生川
私の技術&体力では、ちょっと躊躇してしまいます
川の色がめちゃくちゃ綺麗です
続編のエビスが、楽しみ



Unknown (アランチャ)
2010-06-09 00:04:13
ビスターリさん、こんばんは。
関西の最難関コースだと、話にだけは聞いていましたが、どうも聞きしに勝るもの凄さの様で、私の力量ではどう考えても無理・無茶・無謀の3点セットです。
でも、水が恐ろしく澄んでいて、多分飛び切り冷たくて、気持ちのいい所なんでしょうね。
続きも楽しみにしています。
いいなぁ (カモシカ)
2010-06-09 07:14:35
弥山川双門コ-ス手に取る様にわかる案内ありがとう。一度行ってみたいと何時も思っています。
Unknown (うさぎ)
2010-06-09 10:17:58
ひょぇーーーー秘境というか
もー○○探検隊!(ーー;)
鎖梯子ぶらぶらは百歩譲っても
ボルト登山道は、、、
崖側には鎖があるんでしょうかぁーーー!
続き 楽しみです。

わいはんさん
カメラ大事なら四つん這いにならない方が、、、(~_~;)
素人目に見てもこけたら全部濡れますぞ、、、

6月5日は六甲山芦屋川ロックガーデンコース(有馬下り)登ってきました。
今まで荷物の重量測ったことないのですが
カメラ機材12キロ背負ってました。
で、写真1枚も撮影せず。
こんなこともありますねーってナイナイ!
アホです、、、(@_@。
Unknown (だ~)
2010-06-10 12:42:14
快晴の土日でしたね
いい時期に行かれてうらやましいです。
おいらも梅雨の晴れ間を狙ってますがどうなるやら

Unknown (ふるぽん)
2010-06-10 15:21:26
すっかり、ご無沙汰しております。

私のお気に入りの弥山川だ~(笑)

関西屈指の弥山川ルートに行ってこられたんですね。ある意味アルプスの山々より手強い場所。。。

歩きごたえはあったけど、美しい弥山川を満喫されたのではないでしょうか?


ところで、昨年、大雨か何かで道が一部崩壊したと聞いていたのですが、狼平まで行けたと言うことは道が復活したのでしょうか?
Unknown (食う寝るさんだ~す)
2010-06-10 19:31:02
すんごいコースだね!
もはや登山道ちゃうやん!!!と思いけり・・・
でも、ちょっと楽しそうww
最難関にして最難関なコース (hanasaku)
2010-06-10 21:03:10
オオバーハングの鎖梯子、ボルト登山道
こりゃやはり手強い
いや、手に負えないが実感です

それにしても持つべきは友ですね
Unknown (すぎっちょん)
2010-06-10 22:41:56
はじめまして~
この前日に ここを歩いたものです。

狼平のオアシスって気持 実感しました。
Unknown (たかっさん)
2010-06-10 22:56:43
このコース一度は行って見たいなとは思っているのですが、思うばかりで中々手強いコースでありんす。でも行きたいなぁ~

コメントを投稿

山のはなし」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事