ビスタ~リ通信

山のこと日常のことを、思いつくままに。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

極寒の大峰・ところがどっこい2組にばったり

2010-02-09 | 山のはなし

しつこい咳にしばらく山を休んでいたびすはんです。まいど。
少し落ち着いてきたので、矢も盾もたまらず大峰へと向かいました。

2月6日(土)
観音峰登山口~観音峰~三ツ塚~法力峠~ごろごろ水~洞川温泉街~観音峰登山口

天川村の観音峰登山口に到着すると急に雪が振り出しみるみるうちに辺りは真っ白に。
風が強く、やたら寒い。雨具の下にインナーダウンを着たまま出発です。
谷から吹き上がる風に滅入ったので観音峰まで行って引き返そうかと思ったけど
予想以上に積雪が少ないので、先に進むことにしました。


観音平。ススキが出ていました。

こんな天気の悪い日に縦走するのはたぶんわたしらだけやな。

雪の下の岩がごつごつして歩きにくいけれど
雪に埋もれていない赤テープや標識のおかげで、
法力峠までスムーズに歩くことができました。


もうすぐ法力峠。とても歩きたかったコースを今回やっと歩くことができて大満足!

寒いけどせっかくわいはんが担いでくれたので法力峠でお昼にします。
鍋焼きうどんをつくろうかとセッティングしていたら、
稲村ヶ岳からとある隊列が下りてきました。

「!」

「こんにちはー」と私たちに、にこやかに挨拶をしてそのまま通り過ぎていく河童さん
あわてて最後尾を歩いていたtochikoさんに手を振ると、「あー!!」。
お二人とも私たちに気がついてくれました。
一斉に騒ぎだす私たちに、ぽかーんとしているだーはん
みなさんが稲村ヶ岳に行くことはだーはんのブログで知ってはいましたが
まさかこの天候で行っているとは驚きです。ス、スゲー。

だーはんのお友達ののべさんとも初めましてのご挨拶をし、
集合写真を取り合いっこです。楽しかったー。


さようならー。お互い姿が見えなくなるまで手を振ります。

そんなこんなでお別れをしたあと、携帯を見て呆然としているわいはん。
「どないしたん」
「こんなことってあるんか?」
わいはんの携帯に届いたメールはKさんからのものでした。

「観音峰登山口にある車ってわいはんの?」

なんと。
この悪天候に私たちだけでなく
Kさんご夫妻も同じコースを歩いているようです。
いっこうに温かくならない鍋焼きうどんをぬるいまま食べ終え
ごろごろ水から先は車道をえんえんと歩きます。

Kさんの車も停まっている観音峰登山口に戻り、
歩いてきた道を車で引き返すと、
いました、いました。

洞川温泉街で下山してきたKさんご夫妻を発見!
4人で天の川温泉に行き、食事をして帰路につきました。

歩いてよかった。
歩いている時は血管が凍るような寒さだったけど
下りてみれば血管が逆流するくらい興奮した一日でした。
コメント (17)   トラックバック (1)