ビスタ~リ通信

山のこと日常のことを、思いつくままに。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東北の湯と山の旅

2009-08-15 | 山のはなし

お盆ですね。
お盆と言えば明日は五山送り火ですね。
屋上でビール片手に見るもんね。

つうわけで海の日にKさんご夫妻と行ってきた東北2000キロの旅の報告です。

遅いっちゅうねん、って?
私は文章をひねり出すのに結構時間がかかります。
加えてここ一週間、頭痛がするし…なんやろこれ?
診てもらった方がええんか?
私の頭痛の話しはまあええわ。

海の日の東北行きの経緯はKさんのブログを見てくださいね。
そんなわけで、秋田はどしゃぶりなわけですよ。
どこ行きたい?とKさんに聞かれて真っ先に私が思い浮かんだのは
玉川温泉。
この辺りは仕事関係で来たことがあったのですが
玉川温泉は行かずじまいだったのです。

やったー!というわけで乳頭温泉と玉川温泉をハシゴします。


乳頭温泉郷の黒湯温泉では雨のなか露天風呂を堪能します。
風呂から見える沢が増水してすごいことになっています。
いつかここから登って秋田駒ヶ岳を縦走したいね、
なんて言いながら玉川温泉に移動です。


八幡平の山麓にある玉川温泉。
強酸性の泉質。
肌への刺激が強く、擦り傷や敏感肌にはピリピリと刺激があり。
そのまま飲むと歯のエナメル質が溶け出すほどなのだ。
うっかり一口だけごっくん飲んじゃった。てへ。
長湯は禁物で、源泉100%には10分であがること、と注意書きがされています。
立寄りの観光客に混じって、湯治に来られている方の多いこと。
施設の外の源泉の湧き出る地獄の風景とあいまって
神妙な心持ちとなって秋田を後にしました。

そして、八幡平アスピーテラインを走り抜け
(天気が悪いのに山頂に近づかないと気が済まないのは、やまやの悲しい性か)
福島県まで南下し、磐梯山の八方台登山口まで移動します。

2日間も山に行けなかったので、ここで晴れてほしいところです。


登りでは真っ白で遠くの景色が拝めず…


下山してから山頂が晴れてるで!!!


ラーメンを食べに喜多方に寄ってから帰る道すがらに見えた
磐梯山の美しい景色ったら。

東北~、きっとまた行くで~。
今回はその下見やもん。

次回は、雲ノ平4日間 晴れたの1時間だけだったでござるの巻。
コメント (11)