満月通信

「満月(バドル)」とは「美しくて目立つこと」心(カリブ)も美しくなるような交流の場になるといいですね。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

家族でラマダーンを楽しむための下準備

2011-07-16 | ハルカ
بسم الله الرحمان الرحيم

السلام عليكم


家族でラマダーンを楽しむために




ラマダーン月を「天国のバーゲンセール月」とよぶシェイフもいらっしゃるほどたくさんポイントをつけてもらえる。まず毎日の義務の行いが、70倍に換算されるので、一日義務の礼拝を5回しただけでも、2ヵ月半近く毎日5回義務の礼拝を欠かさずしたのと同じポイントが、たった一日でつきます!

①できるだけ5回の礼拝を合同礼拝でする。家族で一緒になど、モスクに限らず、誰かと一緒にする。

下準備→ これは、今から、ご主人とお子さんにお願いしておくといいですね。

②毎日サダカをする。毎日小額でもいいので、サダカをする習慣をつけるために、毎日300円とかサダカをする、一ヶ月終わったら、まとまった金額のサダカになっている。

下準備→ 日本では、モスクが遠くて毎日行くのが大変なので例えば、家の中に、サダカボックスを設けて、ラマダーン中に家族でサダカし合う。これも今からサダカボックスを作って、貯まったら、ラマダーン最後の日に、どこにあげに行くか?を、家族で話し合って、わくわく感を盛り上げる。

③親兄弟、親戚関係のつながりを強くする。普段会わない人だったら、手紙を書いたり、電話をして、近況を聞いたりして、連絡を取り合う。

下準備→ 親戚の名前を、ご家族で一緒に、書き出して表にする。ここ数ヶ月間連絡を取り合っていない名前に丸をつけたりする。

④毎日決まったドゥアーをする。毎日続けることが大事。

下準備→ 子供と一緒にご家族で「ムスリムの砦(フスヌ=ル=ムスリム)」などのドゥアー集を今からチェックして、ドゥアーが叶うチャンスが満載のラマダーン中に、叶えて欲しいことが含まれているドゥアーを書き出す。

⑤善行をする。何かを学ぶこと、学んだことを教えること。
普段の70倍の報酬がある。


下準備→  ラマダーン中は、ご家族で、毎日5分でも、難しければ、週に何日かお休みの日だけでも、お互いにイスラームに関することを教えあう時間を持つ。本やインターネットからでも、テキストをちょっと書き出したりしておくなど。

⑥クルアーンを完読する。覚えたスーラを、礼拝で読むようにする。クルアーンがまだ読めない方は、日本語訳のものを読んで、読んだところを実行する。

下準備 → 女性は、毎日ジュズ(20ページ)読むだけでは、生理の期間読めないので、完読が終わらない。今から、ラマダーン中に、一日何ページ読めば完読できるか計算して出しておく。一人で完読するのは無理、という場合は、家族みんなで完読できるように、一人ひとりの担当パートを決める。例えば、お母さんは、1~200ページ。お父さんは、早く読めるから、P201~550、子供達は、P551から最後まで、とか。アラビア語が読めなければ、イクラを、一日何ページ進めて、ラマダーン終了後には、どこまで進んでいるようにする、とか目標を設定する。



★ お子さんと一緒に楽しむラマダーン目標を立てよう!


①ラマダーンは特別な月だということを知らせるために、子供の部屋に飾りをつけたり、ラマダーンに入る前に、家族で集まって、子供にプレゼントをして、ラマダーン突入おめでとうプレゼントをあげる。

②子供の好きな食べ物を、ラマダーン月の毎日の献立にする。一緒に献立を立てて、ラマダーンを楽しみにさせる。

③サフールに子供を起こすため、いいにおいのする子供の大好きな料理を作る。

④子供は断食しなくても、親と一緒にサフールを食べたら、ほめる!

⑤子供は、少しづつ断食できるように、練習をして整えていく。子供がやりたい分やらせるようにする。絶対に無理強いしない。

⑥水遊びとかウドゥーをすると、喉が渇いているのを忘れる。

⑦お子さんのお友達(ムスリムでもノンムスリムでも。)を招いて、イフタールパーティーをする計画を立てる。
                  
アッラーのご加護と祝福がありますように
والسلام

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« シャアバーン月にすると良いこと | トップ | 【最後の審判の日 ― 秤&ス... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ハルカ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事