熊野市近隣の方へお伝えしたいと思います。

 皆様、いつもたいへんお世話になり、ありがとうございます。初めての方はご縁に感謝申し上げます。どうぞよろしくお願い致します。

 

 前からこのぶろぐで紹介させていただいている弘祥と親しくさせていただいている白河伊都子先生の本が、熊野市立図書館に蔵書になったと昨日、熊野市の患者様から教えていただきました。

 

 弘祥、今しがた同図書館のホームページ内の蔵書検索にて、確認いたしました。

 2冊の蔵書を確認いたしました。

 

 昨年3月に熊野で開かれたセミナーから白河伊都子先生のファンの方が、ここ熊野にも増えてきましたが、これで、紀宝町立鵜殿図書館和歌山県新宮市立図書館、熊野市立図書館、それぞれ2冊ずつ蔵書になりました。

 

 下記は先生の著作について弘祥が書いた過去の記事です。まだの方は、よろしければお読み下さい。

 

 1冊目のスピリチュアルプレゼント改訂版の記事は、ここをクリックして下さい。

 

 2冊目の「幸せは数えると増える 法則」 についてはここをクリックして下さい。

 

なお、白河先生からは現在別の本を執筆中と聞いております。出版になりましたらまた、皆様にお知らせしたいと思います。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

8日は立秋でした。秋の養生を一つ

皆様、いつもたいへんお世話になり、ありがとうございます。初めての方は、ご縁に感謝申し上げます。どうぞ、よろしくお願いします。

 

 

EMXセラミックのネックレスに、黄色の色の含まれている方々には、たいへんご苦労様でした。昨日8日で立秋になりましたので、土用は終わりました。季節は、秋です。秋を表す色は、東洋医学では、白色となります。 次にかかげる色の方は、大切な季節になりました。お体の声を聞いて無理のないよう、お過ごし下さい。 

 

                 秋を表す白色を含む各色

 

つまり

ホワイト(白)  ホワイト(白) = (白) )

ピンク(桃)   ピンク(桃色) = (赤+白) )

バイオレット(むらさき)    バイオレット(むらさき) = (赤+青+白) )

ペールグリーン  うすい緑= (青+黄+白) )

ダルグリーン   にぶい緑= (青+黄+黒+白) )

グレー(ねずみ) グレー(ねずみ)= (黒+白))

ベージュ= (黄+黒+白))

 

 

以上の7つの色の方は、秋は、肺の氣が、旺盛になる時期なのですが、旺盛になれない方が多くみられます。

 

肺の氣には、からだの氣の陽氣をめぐらしてからだを温めるのと発散させる作用があります。肺の氣は、陽性で活動的な性質を持ちます。肺の氣が弱くなると、感冒や鼻の病氣になります。また、悲しみすぎたり、乾燥しすぎたりすると、肺の氣を落とすことになります。

 

また、乾燥しすぎていたみやすくなるところは、東洋医学では、皮毛(ひもう)です。同じく疲労をおこしてくるところは、氣です。肺の臓が、病んできた場合出て来る五液は、肺は、涕(はなみず)になります。

 

東洋医学では、東洋医学の五行学説から、肺を選んだ場合、五味(五臓を養う味)は、肺は、辛い味、五穀(食べると良い穀物)は米(=こめ)、五果(食べると良い果物)は桃(=もも)、五肉(食べると良い肉類)は馬肉となります。したがって、肺の氣が、旺盛になれない方は、肺の氣を旺盛にするために、味は辛い味、馬肉や桃、米などをとるのが良いとされています。

 

どうぞ、白色の色が、構成として含まれる7つの色の方々は、秋のこの時期を、大切にお過ごし下さい。

 

参考文献 東洋医学全書

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )