友、伸ちゃん(平屋敷 伸)、ありがとう。 また、いつか、向こうで…。

皆様、いつもたいへんお世話になり、ありがとうございます。たいへんご無沙汰いたしました。一部の方から、年賀状などでいつも、ぶろぐを読んでるけど、ずっと、更新されていませんね。とご心配いただきました。申し訳ありません。また、今日からぼちぼち書いてまいりますので、おつきあいいただければと思います。

2011年度熊野川カヌーマラソン大会は、5月より延期になり9月の開催を考えて我々スタッフは、行動しておりました。しかし、皆様ご存じのようにその開催を考えていた9月、台風12号の紀伊半島を襲った激甚災害により熊野川が未曾有の氾濫を起こし、その被害は筆舌に尽くし難い状況です。次回は、災害について書きたいと思います。

この台風12号の災害のおよそ1ヶ月前に、我々、熊野川カヌークラブのメンバーやカヌーマラソン大会の関係者に深い悲しみが走りました。最初の行政主催の第1回熊野川カヌーマラソン大会より大会にたずさわってこられ、現在の大会実行委員長の引本君や自分も所属する熊野カヌークラブの重鎮であった伸ちゃん(平屋敷 伸)が急逝いたしました。まだ、これからという54歳でした。行政主催の頃は、第1回大会より選手で出場参加し、行政から我々、民間の主催になってからは、裏方のスタッフとして前日(土曜日)の受付では、大会参加者の名簿の確認、カヌーの長さを測ったり、ライフジャケットの確認、浮力体の確認やまた、オプショナルツアーでトレッキングなどをした際は、先導役でした。大会当日(日曜日)には、自分と組んでジェットスキーに乗り、レスキュー活動をやっておりました。カヌーマラソン大会の常連の方々には、見覚えのある顔だと思います。

また、熊野修験道の熊野奥駆けの際も、参加され修験者以外の一般参加の方の安全を最大限に考慮しともに随行されておりました。自分も、カヌーを通して知り合い親しくなった時、山登りが趣味という事で、お願いして一番最初は、長野の駒ヶ岳と宝剣岳から千畳敷から下山コースに連れて行って貰い、熊野では、弥山に連れて行って貰いました。早朝より熊野川の源流という場所から、沢伝いに登り始め途中1時間くらい昼食と休憩をはさみ、8時間を越える行程でした。この弥山行きは、本当にたいへんでした。自分は、ここであやうく命を落としかけましたが、今は、良き思い出です。

さらに、自分の普段の臨床にとても理解して支持して助けてくれるかけがえのない友でした。熊野に、故忍田光先生をお呼びするきっかけも、自分の話しに伸ちゃんが、忍田先生の本を読んでおり「芝ちゃん、わしも、岐阜行くわ、一緒に連れって…。」すると、それを聞いた他のカヌーのメンバーも行きたい…患者様の御希望の方々も行きたいよ…という事で、結構な人数で、岐阜の長良川まで出かけました。久しぶりに忍田先生に再会し、話しははずみ食事会や、翌日の講演会、その後のヒーリングと進む中、先生から、今度、熊野に行くよ。」とうれしいお話しをいただき、都合4回足を運んでいただきました。第1回目は、2003年5月に実現いたしましたが、その後の2006年まで毎年1回忍田 光先生に熊野においでいただきました。熊野入り前日は、自分と一緒に、白浜まで出迎えに行き、次の日は、熊野三山にお参りしたり、名物の茶がゆを食していただいたり、瀞峡をジェット船のチャーター船で堪能したりしていただきましたが、その際も、全て同行してくれ、熊野の様々な土地の歴史や熊野の神々のお話しなど、諸々を忍田先生に話して下さっておりました。2008年9月2日、忍田 光先生の逝去の際は、その月の28日に茨城の忍田先生宅弔問もお互い大宮で合流し一緒にお参りさせていただきました。

 

          在りし日の忍田 光先生と伸ちゃん

 

自分が推奨するEセラネックレスや活水器 蝶々などもすぐにたのんでくれて、入荷を知らせるとすぐ取りに来てくれ、持って帰ると誰よりも早く、大絶賛の感想をくれました。また、たくさんの方にこれらの商品も紹介してくれました。

 

小林正観さんの伊勢の講演会に初めて参加した時も、その後の神宮の夜間参拝や白河伊都子先生の初めて開かれた名古屋のセミナー、熊野で開かれた初めての白河伊都子先生のセミナーも一緒に行きました。自分が、伸ちゃんに、「今度、こんなとこ行くんや…」と話したら、早々に先生達の本を見つけて買って持って読んでおり、「わしも、一緒に行くわ。」と決まって、電話が掛かってきました。

 

 人一倍健康には、氣をつけており、日頃からトレーニングや山歩き、我々、カヌーのメンバーでは、一番、長生きすると思っておりました。自分を、本当にかわいがってくれ、アマチュア無線の免許、船の免許も一緒に取り、ダイビングもバディの仲です。ラフティングで初めて下った北山川の音乗からの激流下りも一緒に下りました。また、自分のまわりで唯一、パラグライダーで空も飛んでおりました。あたたかい夏は、ウインドサーフィンや林道をオフロードバイクで果敢に攻め、素潜りしたり秋は、松茸取りそれも断崖絶壁を上ったりロープで下りてなど、冬は、スキーと、熊野の山々をはじめ熊野の自然を知り尽くし、休みがとれれば遠くは、日本全国の山々への登山、縦走、四国では、大歩危、小歩危のラフティングと…ですから弔辞で勤務先の新宮市長が語りかけておりました。役所では、「スーパーマン」と呼ばれていたそうです。

 

そんな伸ちゃんでしたが、、昨年、7月31日が終わろうとする、午前零時前に新宮地方に警報が発令されたため災害出動しその出動先で倒れ、日付がかわった8月1日の午前2時頃発見され、緊急搬送されるも、4時過ぎ54歳で永眠致しました。

 

新宮市長が「これからの新宮市の発展の為になくてはならない人を亡くし、言葉では、言い表わすことができません。あなたを突然失い、役所の全ての者が、今、深い悲しみにおります。本当に悔しいです。」と涙声で弔辞を読んで下さいました。

 

自分達、熊野川カヌークラブのメンバーも本当に悔しいです。今も、ここへは、よく土曜日にみえてくれていたので、ひょっこり、入ってくる氣がしてなりません。今でも、信じられません。パソコンに今も残る、メールの数々、写真、携帯に残るメールまだ、消せません。白河先生に教えてもらいましたが、亡くなった方の写真は、これは、という物を残し後は、滅する方がいいそうです。なんでも、あちらで落ち着かないそうで、ですから、写真は、迷いましたが、皆様に報告という事で、載せました。期限(3ヶ月)を切って写真は、将来下ろします。

 

では、伸ちゃん、本当にお世話になりました。心から感謝してます。伸ちゃん、ありがとう。また、いつの日か、あちらで、会おう…。

 

追伸:24年8月3日 お約束通りに画像は下ろします。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

第23回熊野川カヌーマラソン大会は、中止となりました。

皆様いつもたいへんお世話になり、ありがとうございます。初めての方は、ご縁を感謝申し上げます。どうぞ、よろしくお願いします。

 

友人のカヌーマラソン大会実行委員長から電話がありました。

カヌーマラソンに出場を申し込みいただいた皆様に、至急ご伝言です。

第23回熊野川カヌーマラソン大会は、台風2号による前線の刺激で現在、熊野川が増水しています。

台風の進路にあたることから、今後ますます激しい雨によるさらなる増水が予想される為 中止 になりました。

 

なお、今年度中に大会が開ければ、開きたい考えがあると実行委員長からのお話がありました。 また、決定したらこのぶろぐ

でもお知らせしたいと思います。

 

 どうぞ、皆様、御了承の程、お願い申し上げます。

  

  熊野川カヌーマラソン大会ホームページ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

こちらも、遅まきながら第23回熊野川カヌーマラソン大会のお知らせです。

 皆様、いつもたいへんお世話になり、ありがとうございます。初めての方は、ご縁を感謝いたします。どうぞよろしくお願いします。

 

カヌーを愛する皆様、お元氣でしょうか?寒い冬も終わり、あたたかい春が、熊野にもやってきます。パドリングには、最高の季節がやってまいります。お待たせいたしました。毎年、新緑の5月に熊野川で開催されるカヌーマラソン大会のお知らせです。 今年で23回目になります。

平成23年5月29日 日曜日に決まりました。今年も弘祥の友人が実行委員長です。弘祥も今年も熊野川カヌークラブの一員として、レスキューの方のお手伝いに行く予定です。

カヌーマラソンに出場される皆様、また、それを陰で支えて下さっている陸上及び水上スタッフの皆様、いつもたいへんお世話になり、ありがとうございます。今年も、皆様方にお会いできることを楽しみにしております。熊野川でお会いいたしましょう。

 

熊野川カヌーマラソン大会ホームページ

 

熊野川カヌーマラソン大会公式ブログ

 

 出場される皆様に事務局からの御連絡を転載しました。

 

第23回熊野川カヌーマラソン大会への参加申込書を、前回、前々回に参加いただいた方々に送らせていただきました。

到着まで今しばらくお待ちください。

今回は、5月22日に田辺市で植樹祭が開催されます。その関係で、開催日も第4日曜日ではなく、最終29日となりました。

しかしながら、例年お手伝いいただいているボランティアスタッフの減少や、スタート地点で行われている道路工事などの関係で、例年通り開催できるかどうか直前まで決定できない状態が続いていました。

関係各所の方々のご協力で、どうにか開催できることとなりました。

しかしながら、開催日の決定が遅くなったために、休みが取れないとか、別の予定があって、参加できないという方もたくさんいらっしゃるようです。

カヌーマラソン大会への参加を楽しみにしてくださっていた方々には誠に申し訳ありませんでした。

なにとぞご了承くださいますようにお願い申し上げます。

 

 

第23回大会での変更点は

  参加費をこれまでの3000円から4000円に値上げさせていただきました。なお、参加費のうちの一部は、東北大震災への義援金として寄付させていただきます。

  スタート地点がこれまでより300メートルくらい下流寄りになります。現在、熊野川町日足では国道168号線の工事が行われています。このため、これまでのスタート地点へは立ち入りができない状態になっています。

 今回は、道路の工事業者さんのご協力で、別のところに、川原への降り口を整備していただけることになりました。降り口はこれまでよりやや下流側になります。また、三重県は、三和大橋の橋げたの工事をしていて、これまでのスタート地点の流れが少し変わってしまっています。

そのため安全にスタートするため、やや下流側に移動することにしました。

ご了承ください。

上位入賞者を、昨年は上位6位までとしていましたが、今回は上位3位までとさせていただきます。また例年いろいろと手違いの多い表彰式での賞状の授与は取りやめ、記念の楯の授与とさせていただきます。

こちらも併せてご了承ください。

 

それではたくさんの皆様のご参加お待ち申し上げております。

 

なお、先ほど弘祥、友人の引本実行委員長と電話で話しました結果、次の事を聞きましたのでお知らせいたします。

 

今回、案内の発送がたいへん遅くなったので、大会公式ホームページからダウンロードした申込書類に記入の上、メール添付も受付させて頂きます。とのことです。

 

 

 

では、皆様、また、熊野でお待ちしております。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

熊野川カヌーマラソンにお出で頂いた皆様、ありがとうございました。

 今回中止になりました第22回熊野川カヌーマラソン大会にお出で頂いた皆様、ありがとうございました。

大会は、ご存じのように中止となってしまいました。

自然と共に楽しむカヌーでは、あの雨と風ではどうしようもありませんでしたが、年に1回の悠久の熊野川下りを楽しみにしておられて遠方よりみえられたカヌーイストの皆様、申し訳ありませんでした。

来年もスタッフ一同お待ちしております。

 

以下は、熊野川カヌーマラソン大会公式ブログからの転載です。

 

今回も多くの方々にご参加申し込みをいただいておりました第22回熊野川カヌーマラソン大会ですが、当日の天候不良および、天候の回復が見込めないこと、および水温の低さや、河川の増水の可能性などを勘案し中止とさせていただきました。

この日のために練習を重ねてきてくださった皆様、一年に一度の楽しみにしてくださっている皆様、はるばる遠方よりおこし下さいました皆様、誠に申し訳ありませんでした。

来年は5月22日開催予定です。

どうぞこれに凝りませず来年もご参加ください。なお、来年は入賞の景品もどっさりにしたいと思っています。

                 熊野川カヌーマラソン大会実行委員会

                                 引本 孝之

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

本日の熊野川カヌーマラソン大会は、中止になりました

 カヌーマラソン大会においでになった皆様にご伝言です。

 第22回熊野川カヌーマラソン大会は、天候悪化と低温と増水のため

 中止 になりました。

 

 なお、新宮の河原に降りる道路も国土交通省により閉鎖とされております。

 

  

  熊野川カヌーマラソン大会ホームページ

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

第22回熊野川カヌーマラソン大会のお知らせです。

    カヌーを愛する皆様、お元氣でしょうか?寒い冬も終わり、あたたかい春が、熊野にもやってきます。パドリングには、最高の季節がやってまいります。お待たせいたしました。毎年、新緑の5月に熊野川で開催されるカヌーマラソン大会のお知らせです。 今年で22回目になります。

平成22年5月23日 日曜日 開催決定です。今年も弘祥の友人の引本君が、実行委員長です。弘祥も例年、熊野川カヌークラブの一員として、レスキューの方のお手伝いに行っておりましたが、今年はまだ、現時点で行けるかどうかわかりません。何とか都合がつけばまいりたいと思います。その時は、どうぞよろしくお願いします。

カヌーマラソンに出場される皆様、また、それを陰で支えて下さっている陸上及び水上スタッフの皆様、いつもたいへんお世話になり、ありがとうございます。本年もどうぞ、よろしくお願いします。

 

熊野川カヌーマラソン大会スタッフ一同より

今年も、皆様方にお会いできることを我々、熊野カヌーマラソン大会スタッフ一同は、楽しみにしております。皆様、今年も熊野川でお会いいたしましょう。

 

熊野川カヌーマラソン大会ホームページ

 

熊野川カヌーマラソン大会公式ブログ

 

 

  携帯電話からは、 canoe@river.ocn.ne.jp  をご利用下さい。

第22回熊野川カヌーマラソン大会の参加申込書の受け付けを開始しました。

また、熊野川カヌーマラソン公式ホームページからも参加申込書をダウンロードできます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

第21回熊野川カヌーマラソン大会のお知らせです。

  カヌーを愛する皆様、お元氣でしょうか?寒い冬も終わり、あたたかい春が、熊野にもやってきます。パドリングには、最高の季節がやってまいります。お待たせいたしました。毎年、新緑の5月に熊野川で開催されるカヌーマラソン大会のお知らせです。 今年で21回目になります。

平成21年5月24日 日曜日に決まりました。今年も弘祥の友人が実行委員長です。弘祥も今年も熊野川カヌークラブの一員として、レスキューの方のお手伝いにまいりたいと思います。

カヌーマラソンに出場される皆様、また、それを陰で支えて下さっている陸上及び水上スタッフの皆様、いつもたいへんお世話になり、ありがとうございます。今年も、皆様方にお会いできることを楽しみにしております。熊野川でお会いいたしましょう。

 

熊野川カヌーマラソン大会ホームページ

 

熊野川カヌーマラソン大会公式ブログ

 

 出場される皆様に事務局からの御連絡を転載しました。


参加申込書を発送しました 転居された方でお手元に届いてない方は 事務局までご連絡ください

   事務局アドレス(携帯電話も可)  canoe@river.ocn.ne.jp

第21回熊野川カヌーマラソン大会の参加申込書の受け付けを開始しました。

また、熊野川カヌーマラソン公式ホームページからも参加申込書をダウンロードできます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

201名の皆様、どうぞ、よろしくお願いします。

 昨晩、25日の日曜日に開催される第20回熊野川カヌーマラソン大会の水上レスキューのスタッフ会議に参加してきました。

実行委員長は、弘祥の友人で熊野カヌークラブのメンバーです。

実行委員長から会議の冒頭参加人数201名、参加艇147艇が紹介されました。

実行委員長はじめスタッフ一同、久しぶりに200名を超えて、感激しております。

皆様、ありがとうございます。

遠くは、東京、岐阜、香川、愛知、兵庫、滋賀などからも参加いただけるとのこと、たいへんうれしく思っています。ありがとうございます。

前日の24日から熊野入りされる皆様のために企画もあるようです。どうぞ、熊野を堪能していって下さい。

25日は、悠久の熊野川の川下りをどうぞ、お楽しみ下さい。

 

どうぞ、みなさまよろしくお願いします。

では、選手の皆様また家族の皆様、スタッフ一同、心よりお待ちしております。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

第20回熊野川カヌーマラソン大会の開催日が決定

 カヌーを愛する皆様お待たせいたしました。寒い冬も終わり、あたたかい春が、熊野にもやってきます。パドリングには、最高の季節がやってきました。毎年、新緑の5月に熊野川で開催されるカヌーマラソン大会の開催日が決まりました。

平成20年5月25日 日曜日に決まりました。今年も弘祥の友人が実行委員長です。弘祥も今年も熊野川カヌークラブの一員として、レスキューの方のお手伝いにまいりたいと思います。

皆様、今年も熊野川でお会いいたしましょう。

 

熊野川カヌーマラソン大会ホームページ

 

熊野川カヌーマラソン大会公式ブログ

 

 

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

熊野川カヌーマラソン

 移転前のブログの記事にまいります。よろしくお願いします。

 熊野川カヌーマラソン

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )