このぶろぐは、移転してきました。

 ありがとうございます。   ぶろぐ 熊野の癒しの氣を!!弘祥の835号の空室(芝下鍼灸整骨院自由診療部)の引越し先    にようこそ、

ここは、ブログ 熊野の癒しの氣を!!弘祥の835号の空室(芝下鍼灸整骨院自由診療部)の移転先となります。移転の理由ですが、はじめての方は、下記をお読み下さい。よろしくお願いします。

 なお、移転元へは、ココをクリックして下さい

 

皆様、いつも大変お世話になりありがとうございます。先日記事にしましたように、当ブログ移転いたします。最初から書き直すことも考えましたが、いただいたたくさんのコメントを消してしまうことがわかりましたので、移転することに致します。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

 

なお、移転の理由は、以前の以下の記事《2007年4月13日の「タイトルが変更になったわけですが」》の通りです。特に下の方の赤字の通りです。

よろしくお願い致します。

ありがとうございます。

 

 

皆様、いつもありがとうございます。かなり更新があいておりますが、前々からやりたかった新しいしいことを、臨床ではじめる準備をしています。ホームページの開設も急がないと行けませんし……。

 2007/09/15 追記

臨床は、はじめました。また、そのうち記事に載せたいと思います。ホームページ開設日設定いたし、最後の詰めをしております。もうまもなく開設いたします。

 

 2007/10/20 追記

皆様お待たせいたしました。ありがとうございます。ホームページは、9月23日に、無事開設いたしました。いますぐホームページに飛びたい方は、ここをクリックしてみて下さい。

 

では、記事に戻ります。 

いつもおいでいただいている皆様には「あれー」と思っておられる方が、いらっしゃると思いますが、当ブログのタイトルがかわりました。

 実は、昨年12月に現象の研究家でいらっしゃる小林正観さんに、伊勢ではじめて、お会いさせていただき、お話を聞く機会に恵まれました。

 そして、今年になって先月のことですが、その正観さんと深いつながりのある方が、患者さんでおみえくださいました。

 通っている間に当診療所に「本」を1冊寄贈してくださいました。その本の中に載っていたことなのですが、弘祥にピンと来るものがありこのブログのタイトルの変更、新しい名刺の作成、アドレスの変更と進んでいった次第です。

では、その文章を抜粋させていただきます。

●ヒーラー

 よく、氣功師やアロマセラピストの方などで、名刺に「ヒーラー」「ヒーリングサロン」「癒しの○○」などと書いている人がいらっしゃいますが、これはおごり、高ぶり、うぬぼれ、傲慢のあらわれた名称です。
 「ヒール」というのは人を癒す、という意味の言葉。自分で自分のことを「私は人を癒します、癒せる人間です」と言っていることになります。しかし「ヒーリング」とは、お客さんが癒されたと思ってくれてはじめて成り立つのです。癒されるか癒されないかは、施術をおこなう側の人間が決めることではない。送り手側が使うべきではない言葉なのです。
 自らを「ヒーラー」と名乗ることは、天狗になってしまっているということ。「私は他の人よりずっと上にいますよ」と言っているのです。

 また、患者の邪氣を浴び続けた結果、自分の体に痛みが生じていると思っている氣功師の方がいました。
 こういう人は自分の力で治していると勘違いをしています。本来は、天から来た力で治しているのであって、自分の体はただ氣(エネルギー)が通過する「媒体」にすぎないことがわかれば、痛みは自分の体には溜まるはずがない。つまり自分の中に「我」があって、自分の力だと思っているから、痛みや疲れが溜まるのです。人間の「自分の力」なんてどこにもない。
 ですから自己顕示欲があると、疲れと痛みは溜まっていきます。これは宗教論、観念論ではなくて、唯物論的な事実です。おごり、高ぶり、うぬぼれの心があると、「痛み」が残る。これは人格的にいくらレベルが上がっても、最後まで注意しなければならないことです。

「笑顔と元氣の玉手箱」シリーズ……5 究極の損得勘定Part2 1%の仲間たちへ

宝来社

 

 自分と親しくさせていただいている「天から来たヒーラー」と呼ばれているセラピー療術院の忍田 光院長先生の名刺を見てみました。ヒーラーとは、どこにも書いておりません。実は、上の文章を読んだとき、ピンと来るものがあったと出だしで書きましたが、少し前から、何かちがうかなあと思っていたところで、ヒーラー以外のオーソドックスな名刺を作ったところだったのです。自分にとって幸い救いなのは、このブログのプロフィールにも最初から書いていますが、アンテナとして中継と思ってきたことは、正しかったことです。

 そして、つい最近わかったことがあります。このブログのアドレスにもhealer(ヒーラー)がついております。Goo IDがhealer(ヒーラー)なためです。Goo IDの変更は出来ないとのことです。よって、当ブログも引っ越しいたします。準備が整い次第、引っ越しします。

 皆様、どうぞ、ご理解いただければ幸いです。ありがとうございます。

追記 

以上のような理由で、healer(ヒーラー)からarigatou(ありがとう)に移転しました。どうぞ、よろしくお願い致します。

また、しばらくの間、この記事がトップになるように致します。どうぞ、ご理解いただければ、幸いです。ありがとうございます。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

本日18日、午後2時から4時まで全国一斉引き受け氣功があります。

  過去に熊野新宮の引き受け氣功教室に参加された方は、藤谷先生から直接お聞きになって覚えていらっしゃると方もおられると思いますが、今までここ熊野新宮やまた、全国で開かれた引き受け氣功教室に参加された方や藤谷先生の本を読まれて理解されている方々にお伝えいたしたいと思います。(ワンダーライフ研究会の会員の皆様には、本部より手紙が来ていると思います。会員の方で、もし、この連絡を受けていない方は、本部に聞いていただけるとよいと思います。)

 今日10月18日木曜日のお昼から、『全国一斉引き受け氣功』があります。最初は、毎月1日と15日に試験的に実施しておりましたが、自然のリズムとの調和をを考えて「新月」と「満月」の日を対象として実施されることになりました。また、都合がつかない方々のために、平成19年度2月より実施日が追加されました。新しく加えられた新月・満月の日以外は、実施時間がお昼の2時から4時までとなります。なお、新月・満月の実施時間も変更があり現在は、夜の7時から9時までです。

 

では、簡単な説明と心構えを、この弘祥の元にいただいた手紙から書き写します。

 

① 「全国の引き受け氣功をする皆様と全員がつながっています」とイメージします。

② 「すべての世界の不調和の闇(病氣や不安、人災・天災など)を引き受けます」と思って下さい。

③ 「ご自身のピンチや闇の部分を引き受けます」と思って下さい。

④ 手を動かさない場合は、心の中で想うだけでも良いです。

 

 

10月18日(木曜日) 

   午後2時より午後4時の間の好きな時間で、結構だと聞いております。

    上記の氣持ちになって、皆様どうぞ、ぜひ体験してみて下さい。

 

 

 次回は、10月26日満月  夜の7時から9時までの間です。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

21日の日曜日から秋の土用に入ります。

  当院「オンラインショップ熊野835」でEセラネックレスをお世話させていただいた皆様方にお伝えしたいと思います。  

 まもなく今月の21日より、秋の土用に入ります。以下のネックレスの色の方は、以下のことに氣をつけて、11月8日立冬までをお過ごしいただければと思います。  

 

 皆様ご存知の土用 実は、年に4回あるのを、前に書きましたがおぼえていらっしゃいますでしょうか?今月21日から、18日間秋の土用です。立冬(11月8日)の前18日間を秋の土用といいます。

 自分が、ダウジング して、お渡しした皆様のEMXセラミックネックレスに黄色の色が入っている方(混ざった色に黄色が含まれる方)は、この土用が、ひじょうに大切となります。

  

       年に4回巡ってくる土用に関係する各色 

 

つまり

イエロー(黄色=  (黄) )

オレンジ= (赤+黄))

グリーン (青+黄))

ダークグリーン(濃い緑= (青+黄+黒))

ダルグリーンにぶい緑= (青+黄+黒+白))

ペールグリーンうすい緑=(青+黄+白))

ベージュ= (黄+黒+白)) の方

 

 以上の7つの色の方は、この各季節の土用の間、「疲れやすい、からだがだるい、食欲がない、」と訴えるかもしれません。土用は、脾(東洋医学では、西洋医学の脾臓をささず、消化器一般をさし示します。)の氣が、旺盛になる時期です。旺盛になれない場合に、先に書いた症状「 疲れやすい、からだがだるい、食欲がない」が出ます。脾の氣が、弱くなると食べ物の消化吸収が十分でなくなるため、筋肉に力がなくなり、唇の色が悪くなります。また、脾の氣は、悩みすぎたり、湿氣の多いところで生活すると、弱くなります。

 東洋医学の五行学説から、脾を選んだ場合、五味(五臓を養う味)は甘い味、五穀(食べると良い穀物)はキビ、五果(食べると良い果物)はナツメ、五肉(食べると良い肉類)は牛肉となります。旺盛になれない場合は、これらの物を摂るのが、良いとされます。

 しかし、ここで注意が必要です。ふだんから甘いものをよく食べたり、牛肉をよく食べたりしている方は、減らす方がベターです。つまり、何事も度合いが大切なのです。度が過ぎると、よくないです。この時季に、体調を崩すと、なかなか回復できません。どうぞ、黄色の色が、構成として含まれる7つの色の方は、特にこの、18日間を氣をつけて、お過ごし下さい。

 

参考文献 東洋医学全書

 

余談ですが、夏の土用の丑の日にうなぎを食べますが、ちなみに、この秋の土用にも丑の日が、あります。それは、22日月曜日です。今年は、ご存じのように、たいへん残暑が厳しかったです。精を付けるために、また、うなぎを食すといいかも知れません。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

明日、11日新月に全国一斉引き受け氣功があります。

  過去に熊野新宮の引き受け氣功教室に参加された方は、藤谷先生から直接お聞きになって覚えていらっしゃると方もおられると思いますが、今までここ熊野新宮やまた、全国で開かれた引き受け氣功教室に参加された方や藤谷先生の本を読まれて理解されている方々にお伝えいたしたいと思います。(ワンダーライフ研究会の会員の皆様には、本部より手紙が来ていると思います。会員の方で、もし、この連絡を受けていない方は、本部に聞いていただけるとよいと思います。)

 明日10月11日木曜日の夜、新月に、『全国一斉引き受け氣功』があります。最初は、毎月1日と15日に試験的に実施しておりましたが、自然のリズムとの調和をを考えて「新月」と「満月」の日を対象として実施されることになりました。また、都合がつかない方々のために、平成19年度2月より実施日が追加されました。新しく加えられた新月・満月の日以外は、実施時間がお昼の2時から4時までとなります。なお、新月・満月の実施時間は、夜の7時から9時までです。

 

では、簡単な説明と心構えを、この弘祥の元にいただいた手紙から書き写します。

 

① 「全国の引き受け氣功をする皆様と全員がつながっています」とイメージします。

② 「すべての世界の不調和の闇(病氣や不安、人災・天災など)を引き受けます」と思って下さい。

③ 「ご自身のピンチや闇の部分を引き受けます」と思って下さい。

④ 手を動かさない場合は、心の中で想うだけでも良いです。

 

10月11日(木曜日) 新月

   8月13日の新月より夜の実施時間が変更になっています。

   午後7時より午後9時の間の好きな時間で、結構だと聞いております。

    上記の氣持ちになって、皆様どうぞ、体験してみて下さい。

 

次回の一斉引き受け氣功は、また、書き足します。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

皆様、たいへん長らくお待たせいたしました。

 皆様いつも大変お世話になりありがとうございます。

 9月23日 芝下鍼灸整骨院のホームページを開設いたしました。

 ブログの右端のブックマークあるいは、こちらからお入りになって下さい。

  みなさまからの一番のご要望のあったEセラネックレスの色の意味は

 芝下鍼灸整骨院ホームページの右側の項目の中の取り扱い製品の中のEMセラ

ミックネックレスをクリックしていただきますと、Eセラネックレスのページに飛びます。

ページの上と下に作った16色のカラーの表の上にカーソルを合わせクリックしてい

ただくとそれぞれの色の説明にまいります。

 どうぞ、確かめてご覧になって見て下さい。

 では、どうぞ、よろしくお願いします。ありがとうございます。弘祥

 

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今日4日、全国一斉引き受け氣功があります。

  過去に熊野新宮の引き受け氣功教室に参加された方は、藤谷先生から直接お聞きになって覚えていらっしゃると方もおられると思いますが、今までここ熊野新宮やまた、全国で開かれた引き受け氣功教室に参加された方や藤谷先生の本を読まれて理解されている方々にお伝えいたしたいと思います。(ワンダーライフ研究会の会員の皆様には、本部より手紙が来ていると思います。会員の方で、もし、この連絡を受けていない方は、本部に聞いていただけるとよいと思います。)

 今日10月4日木曜日のお昼から、『全国一斉引き受け氣功』があります。最初は、毎月1日と15日に試験的に実施しておりましたが、自然のリズムとの調和をを考えて「新月」と「満月」の日を対象として実施されることになりました。また、都合がつかない方々のために、平成19年度2月より実施日が追加されました。新しく加えられた新月・満月の日以外は、実施時間がお昼の2時から4時までとなります。なお、新月・満月の実施時間も変更があり現在は、夜の7時から9時までです。

 

では、簡単な説明と心構えを、この弘祥の元にいただいた手紙から書き写します。

 

① 「全国の引き受け氣功をする皆様と全員がつながっています」とイメージします。

② 「すべての世界の不調和の闇(病氣や不安、人災・天災など)を引き受けます」と思って下さい。

③ 「ご自身のピンチや闇の部分を引き受けます」と思って下さい。

④ 手を動かさない場合は、心の中で想うだけでも良いです。

 

10月4日(木曜日) 

   午後2時より午後4時の間の好きな時間で、結構だと聞いております。

    上記の氣持ちになって、皆様どうぞ、ぜひ体験してみて下さい。

 

 

次回は、10月11日新月  夜の7時から9時までの間です。

 

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )