故忍田 光先生からお聞きしたお話です。

 皆様、いつもたいへんお世話になり、ありがとうございます。

 ぶろぐ本当に長い間、飛びました。いつも読んで頂いていた皆様、ごめんなさい。

 また、ぼちぼちと書いてまいりたいと思います。

 どうぞよろしくお願いします。

 

 

 去る9月2日は、故忍田 光先生の命日でした。

 今日は、先生からお聞きしたお話で、印象に残っているお話しを一つ書きたいと思

 います。

 

 それは、以前、弘祥の知り合いが、ガンになった際手術したことがあります。

 その際、本人や周りのFamilyの御希望で、先生に遠隔をお願いしたことがあった

 のですが、その際お聞きしたお話です。

 

 「弘祥」

 明日、いよいよ手術となります。手術を受けるに当たって、何か氣をつけることは

 ありますか? 

 

 「故忍田 光先生」

 あります。一つ大切なことがあります。

 明日、手術で、腫瘍部を取り除いた後、これで、悪い物は、全てなくなった。

 と 思うことが大切です。これで、悪いところは、なくなったんだと信じ切って

 あげる事が大切です。

 

 周りのFamilyや友人など、全ての方がそう思ってあげるようにくれぐれもよろしく

 伝えてあげて下さい。

 

 

 つまり、下にあげるようなことは、決して思ってはいけません。 ということです。

 

 ・ 手術は、うまくいったみたいだけど、ガンなのでどうかなぁ…

 

 ・ あの場所のガンだからどうなんだろう…、後は良くない人が多いよねぇ…

 

 ・ 5年生存率は、このくらいらしいーよ、○○さんはどうなんだろう

 

 ・ 病氣が病氣だけに、楽観はできないだろうねぇ…

 

 ・  運が良かったら、このまま行くと思うけど、ガンなのでどうかなぁ

 

 

 

 など、思う人がいるだけで、その患者さん自身にマイナスの波動となって伝わるの  

 で、せっかくきれいになっって治るガンも予後が悪くなってしまう…と

 

 

 つづく

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )