あなたを見つめて。。 monochrome life

モノクロ自家現像の写真を左のカテゴリー一覧からご覧ください。
当ブログ掲載の写真及び記事の無断転載・複写は禁じます。

何事もなさそうな外見の陰で、すべての物がひそかに働いている。 Leica M8 monochrome kodak ccd

2020年06月29日 23時40分24秒 | LEICA(M8・M-E・M3・M2・RF)


Elmarit 28mm F2.8 4th ISO160 1/125 f4 NOT UV/IR Filter capture one pro 20 B&W sepia1







Elmarit 28mm F2.8 4th ISO160 1/125 f4 NOT UV/IR Filter capture one pro 20 B&W sepia1







Elmarit 28mm F2.8 4th ISO160 1/125 f4 NOT UV/IR Filter capture one pro 20 B&W sepia1







Elmarit 28mm F2.8 4th ISO160 1/125 f4 NOT UV/IR Filter capture one pro 20 B&W sepia1







Elmarit 28mm F2.8 4th ISO160 1/125 f4 NOT UV/IR Filter capture one pro 20 B&W sepia1






Elmarit 28mm F2.8 4th ISO160 1/1000 f5.6 NOT UV/IR Filter capture one pro 20 B&W sepia1


新型コロナが日本ではじめて確認されたのが今年の1月中旬だった。
テレビの医学者でもその当時は、これはインフルエンザの一種でマスクと手洗いさえすれば
それほど神経質にならなくても良いという意見もあったが、自分なりに調べてこのウイルスの
人にたやすく伝播する性質、無症状と重篤が極端にあること、地球上の人類に誰ひとり抗体を
持っていないことなどを考えて、きっと世界中にまたたく間に広がって先のリーマンショック
やバブル破綻の比ではすまず、戦後の荒廃した社会になるかもしれない…と自分なりに予感して
それまでのRolleiflex SL66E、Rolleiflex 2.8F、ペンタ67ll、NORITA 66etcの交換レンズとSIGMA
キャノンのデジタルカメラとレンズ(α7R iiとFEレンズとマクロプラナーは残して)を1月末ころ
からすこしづつ売った。80万円~90万円くらいになったが、その後がいけなかった。
過去にライカはフィルム時代から10年サイクルで使ってきたが、ライカを使い続けると写真が下手に
なる(自分のなかでの話しで、おそらくライカ好きのレンズ描写に重きを置いてしまうからか?)と
自分をいましめつつ、手元にズミクロンだけは残していた。
その残った沈胴ズミクロンのために、また厄介なライカ偏愛が始まってしまったが、6月になって
戦後の荒廃したような世界にはいまだならず、やはりこれはライカを再び使いたい為の口実だったか
と自責の念にとらわれています。
おもえば20年以上まえに初めて手に入れたライカM3は、肺がんの疑いが有りCTスキャンや組織検査で
大学病院から告知される前前日に、死を覚悟して馴染みのカメラ店で手に入れたものだった。
告知の順番を待つあいだ、前のご婦人はハンカチで目を覆っていて、もういいもんねライカも買ったし、
思い残すこともないし何を言われてもへっちゃら! 結果はたんに肺の周りを厚く覆った内蔵脂肪でした(T_T)
あの組織検査のつらさ(カーテン越しに見た、目にマスクをされて、口はパイプを固定するためにテープで
止められ、暴れないように両手を固定具で固定され、やっと聞き出した看護師から聞いた言葉。。
大人の人でも大抵は泣きます…)これで3度目のライカ遍歴ですが今回はデジタルですが、ライカレンズは球面
タイプはほとんど使ったことがあるので、描写は想像がつきますが、ライカデジタルはこれから少しづつ研究
していくつもりです。
今回はM8にUV/IRフィルターを外したモノクロに挑戦しています。
M8は発表後にセンサーの赤外線フィルターが弱く、新緑が鮮やかな緑に写らず黄緑になる、黒い化繊の洋服が
ある環境で紫になるとのクレームで、ライカではUV/IRフィルターを推奨しています(これ以降の機種は必要ない)
僕はミラーレスでも液晶で再確認はしなかったので、M8,M9,M-Eの機種で液晶での撮影が出来ないのは、まったく
苦にならず、むしろ液晶は撮影まえに動作確認だけして、切るにしてフィルムライカと同じ撮影後確認は出来ない
スタイルです。前述の、僕たちはフィルムの向こう側で夢を見るを実践しています。昔はみんなそうだった。
M8でのモノクロに関してUV/IRフィルターを外すほうが良いとの意見もありますので、M8はモノクロ専用でカラーは
いっさい撮らない覚悟で、思考もモノクロ回路にして撮っています(モノクロフィルムで永年撮影したことがある
僕たちシニアならきっと理解できると思います)
結論から言うとUV/IRフィルターを外しても付けても、モノクロに関しては許容範囲で外したほうがRAWでの細やかな
調整がしやすいかな?という程度です。(キャプチャーワンプロで結構いじってます)
コメント

何事もなさそうな外見の陰で、すべての物がひそかに働いている。 Leica M8 monochrome kodak ccd

2020年06月12日 22時59分14秒 | LEICA(M8・M-E・M3・M2・RF)


Elmarit 28mm F2.8 4th ISO160 1/500 f2.8 NOT UV/IR Filter capture one pro 20 B&W sepia1







Elmarit 28mm F2.8 4th ISO160 1/90 f2.8 NOT UV/IR Filter capture one pro 20 B&W sepia1







Elmarit 28mm F2.8 4th ISO160 1/60 f5.6 NOT UV/IR Filter capture one pro 20 B&W sepia1
コメント

僕がコダクロームの夢を見てたころ prologue1  Leica M8 & Leica M-E・KODAK ccd sensor

2020年05月27日 09時54分07秒 | LEICA(M8・M-E・M3・M2・RF)



LEICA M-E Summicron 50mm F2 ver4 capture one pro 20 Film Standard







LEICA M-E Zeiss ZM Distagon T* 35mm f/1.4 capture one pro 20 Film Standard







LEICA M-E Summicron-M 35mm F2 2nd capture one pro 20 Film Standard





以前はモノクロ化はPhotoshopやNIK collectionとかを使っていたが、Capture One 20の最新版を使うようになってからは、
紙焼きモノクロに必須の焼き込みや覆い焼きも、直観的なレイヤーとマスクによってPhotoshopやLightroomから比べたら、
嘘のように簡単だ。
この画像はブラック&ホワイトメニュープリセットよりpanchromatic2だが、数十種類のパターンの組み合わせで限りなく
自分のモノクロが再現できる。
Mモノクロームを買わなくてもいいかも。
もちろん15年も大昔のライカM8・M9やキヤノンのデジタル初期の遺物カメラや、なんとEpsonRD-1さえもサポートしている。
コメント

monochrome mania  Sigma Sd Quattro H Sigma Photo Pro 6 現像

2019年10月24日 23時29分34秒 | 海かぜ川かぜ


SIGMA 24-35mm F2 〈Nik Collection Silver Efex Pro〉




SIGMA 24-35mm F2 〈Nik Collection Silver Efex Pro〉




SIGMA 24-35mm F2 〈Nik Collection Silver Efex Pro〉




SIGMA 24-35mm F2 〈Nik Collection Silver Efex Pro〉




SIGMA 24-35mm F2 〈Nik Collection Silver Efex Pro〉




SIGMA 24-35mm F2 〈Nik Collection Silver Efex Pro〉




SIGMA 24-35mm F2 〈Nik Collection Silver Efex Pro〉




SIGMA 24-35mm F2 〈Nik Collection Silver Efex Pro〉




SIGMA 24-35mm F2 〈Nik Collection Silver Efex Pro〉




SIGMA 24-35mm F2 〈Nik Collection Silver Efex Pro〉




SIGMA 24-35mm F2 〈Nik Collection Silver Efex Pro〉




SIGMA 24-35mm F2 〈Nik Collection Silver Efex Pro〉




SIGMA 24-35mm F2 〈Nik Collection Silver Efex Pro〉



" I am always looking outside,
trying to look inside,
trying to say something
that is true.
But maybe nothing
is really true.
Exsept what's out there.
And what's out there
is constantly changing. "

" わたしはいつも同じイメージを撮っている。
心の内を見ようとして、いつも外を見ている。
なにか本当のことを伝えようとして。
でも、本当の真実など、どこにもないのかもしれない。
あそこにあるもののほかには。
そして、あそこにあるものは、いつも変化している。"

                 -Robert Frank
コメント

京都  sony α7R ll  Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA

2019年09月19日 23時32分05秒 | Digital

ISO100 f6.3 1/160sec -0.7ev



ぬか漬けを冷蔵保存ではなく、常温管理して1年半になる。

そもそもは昔のカメで漬けようと決めていたが、杉樽が通気性がよくて美味しく漬かると調べて続けてきたが

1年半は水抜き(野菜から水分が出るので、定期的に水抜きをしなければいけない)は一度もしたことがなかった。

ただ夏場30度を超えると1日に2度のかき混ぜでも、表面が黒く酸化する現象(これは醤油や味噌作りでも起こる

糠の植物性脂肪や添加するだし雑魚などの動物性脂肪が空気に触れて酸化する)が起こりやはり冷蔵庫で管理する

しかないのか。。と諦めかけていた(通気性ガ極めて良いということは素人考えで酸化が起きやすい?)が、

ネットで美濃の弥満丈(やまじょう)製陶を知り、取り寄せて杉樽から陶器のカメに変えてみた。

この陶器は釉薬に通気性があり、土に混じっている雲母が抗菌作用があるらしい。

1週間目で効果が出始めて、7月8月の最高気温でも冷蔵庫に入れずに1日に2度のかき混ぜで常温で管理できるようになった。

この日本の異常な暑さを常温で乗り切ったことに、すごく自己満足しているぬか漬けオジサンです。

そういえば去年の真夏には自宅の10年の年季の入ったMacproがダウンして、まずメモリがなんども認識しない症状が出て、

そのうちディスプレイカードが熱で完全に駄目になること2回、ヤフオクで手に入れた中古カードを差し替えても1週間も持たなかった。

奮発して冷却パイプが何本も付いためちゃ高いディスプレイカードに変更した途端、メモリの不具合も起こらなくなり、メモリも

32GBに増設してブートキャンプでMacとWindows10を気分で切替えながら、楽しい日々を過ごしております。
コメント

 漂流郵便局  想いを届けられなかった人に。。。

2019年08月12日 01時38分25秒 | Digital
































































α7R ll   Planar T* FE 50 mm F1.4 ZA


人生でひとつ悔いが残ることは、あなたに産んでくれてありがとう、と言えなかったことです。 半崎美子「母へ」 半﨑美子 「桔梗の咲く頃」
コメント

α7R II・Planar T* FE 50mm F1.4 ZAキャッシュバックキャンペーンに乗ってしまった。

2019年08月03日 21時55分36秒 | Digital

α7R II
Planar T* FE 50mm F1.4 ZA


先月の連休3日間に粟島(漂流郵便局)佐柳島(猫の島)豊島(豊島美術館)へ行ってきた。

5月のGWも正味3日しか休めなくて、毎年のことだが春から土日も休みなくて心身ともに壊れそうになる寸前で、

7月に入ると毎年ウソのように仕事がまともな状態になりこのまま年末まで人並みに土日、祝日を休めるようになる。

粟島の漂流郵便局は以前Cool Japanで放映していた場所で、今回どうしても行きたくて新幹線と船を乗り継ぎながら、

島民より猫の数のほうが多いというネコノシマホステルを拠点に島々を訪れたが、最終日を除いて雨だったがかえって

雨と霧に霞む離島での佇まいは、この漂流郵便局というドラマ設定の場所に自分が居ることで気持ちが穏やかに過ごせた。

漂流郵便局というのは数年前の瀬戸内芸術祭のコンセプトの一貫で、ウイキペディアによると【漂流郵便局

(ひょうりゅうゆうびんきょく、英語: Missing Post Office[1])は、日本の芸術家・久保田沙耶による芸術作品。

香川県三豊市詫間町の粟島にある旧粟島郵便局舎を利用した、宛て先不明の手紙が集まる「郵便局」である。

2013年(平成25年)の瀬戸内国際芸術祭の作品の1つとして久保田沙耶が制作した。久保田は漂流郵便局の「局員」を務め、

かつて粟島郵便局で実際に局長を務めていた、中田勝久が漂流郵便局の「局長」に就任している。なお「郵便局」と称して

いるが、日本郵便株式会社と関係はない。】中田さんは現在も月に土曜だけ局長の服装でボランティ勤務をされている。

人は誰でも自分の想いを伝えたくても、その人がすでにこの世に居なかったり、何処にいるか判らないときに、その想いを

心のなかに閉まったまま届けられないままいつか記憶から消えていく。

ここはそんな想いを届けられなかった人のために全国からまた海外から、行き場の無い手紙や葉書をこの郵便局で預かっている。

そう、まさしく漂流郵便局とはその名前のとおり海岸に打ちあげられたボトルメールの終着点です。

土曜日は誰でも自由に膨大な数の郵便物を読むことが出来て、いつか見も知らない差出人と気持ちを同期して涙している自分がいます。

この盆休みにアップする予定です。

自分も5年前に6年間自宅介護をしていた母が亡くなったとき、燃え尽き症候群のように虚しい日にちを過ごした記憶があります。

(Bさんのメールの言葉に救われた)

盆休みにそのとき買った漂流郵便局宛て葉書に、そのときの自分の気持を母に宛てて出そうと思っています。

そんな島旅に出る5日前にネットで、ソニーからカメラで3万・レンズで1万のキャッシュバックキャンペーンがあることを知り、

それまでまったく興味がなかったソニーシステムに戦略と分かりつつ乗ってしまった。

乗ったのは他でもないPlanar T* FE 50mm F1.4 ZAがAF手ブレ補正が使える!その一点だけだった。

写真を趣味にやってきてライカもクラカメも国産のすべてのメーカーも使ったが、いつもカール・ツァイスだけは

PlanarもDistagonも大好きなレンズだった。

キャノンのカメラとレンズを下取りに出して、出発の翌日に手に入ったZEISSレンズをワクワクしながら持って出かけました。

自分は標準レンズがいちばん好きで、キャノンのEF50mmF1.2Lだけは売らないで10年以上持っているが、Planar 50mm F1.4は

SIGMA 50mm F1.4の凄まじいシャープさEF50mmF1.2Lの柔らかさを合わした素晴らしいレンズでした。
コメント

さくら よき日に  EOS 5D Mark iii EF16-35mm F4L IS SUM EF70-200mm F4L IS II USM

2019年04月04日 01時08分01秒 | EOS 5D Mark lll




































コメント

神戸  EOS 5D Mark iii EF 50mm F1.2L

2019年02月20日 00時14分36秒 | Digital


ISO1600 f7.5 1/160s +1/3EV






ISO1600 f2 1/1600s -1/3EV






ISO1600 f1.2 1/640s +2EV
コメント

Zoo Macro-Planar T*50mm F2 ZE

2018年12月22日 01時03分37秒 | Digital

EOS 5D Mark lll Macro-Planar T*50mm F2 ZE
コメント

坂道  EOS 5D mark iii Makro-Planar T* 2/50 ZE

2018年10月31日 23時08分19秒 | Digital


NIK collection Silver Efex Pro2 Fujifilm Acros 100




NIK collection Silver Efex Pro2 film off
コメント

Canon 5D mark lll

2018年10月13日 00時00分58秒 | Digital



Soft Cream 〈 Sigma 50mm f1.4 〉
レンズはソフトクリームに焦点が合っていた。目は美しいひとに焦点が合っていた。





Mimosa Flower〈 Makro-Planar T* 2/50 ZE 〉
ミモザが秋に咲く種類があるのをはじめて知った。あと1ヶ月、も一度たずねてみよう。風が吹いていた。
コメント

植物採集 Sigma sd Quattro H Sigma 24-35mm f2

2018年07月15日 10時16分31秒 | 植物採集
コメント

ずっと遠い昔に見たような光景(お城に登る石段から見た動物園)

2018年06月16日 14時14分12秒 | Digital


Canon 5D Mark3 EF 28mm F2.8(NIK collection Silver effect /Fuji Across100)




パナマ帽子とサングラスと漬物樽

毎年のことながら、2月半ばから4月末までは土日祝祭日を一日も休みなく過ごした。
どうにか目途がたって、GWの前半をMoto Guzziで、鳥取までツーリングに行こうと、
鳥取市内で2泊の予約を入れたが、前々日に無理だとわかって泣く泣くキャンセルした。
幸い後半は休みが取れて、今日も家でごろごろしたり電車で近場の地方都市へ写真を、
撮りにでかけリフレッシュできた。
あと忙しいのも5月末までなので、心のゆとりが出来て、やっと更新もすることができた。
1ヶ月半はどこにも出かけなかったので、お金もあまり使わずにすみ、お金も貯まったかと
思えば、そうでもなくかわりネットでいろんなものを買ったので、出費はいつもと変わりなく、
まあこれもストレスで精神に変調をきたさないための代価だと思えば安のかもしれない。

PCで仕事をしながら合間に買ったものは、本物のパナマ帽子とレイバンサングラスと木製の漬物桶。
パナマ帽子は2年ほど前から夏に出かけるときは、昔、親父が爺さんになってから被っていたのを
いつか自分自身も爺さんになりつつ、帽子なんてまるで興味がなかったのに被りだした。
パナマ帽子はケンマ草だったが結構のお気に入りだが、やはり本物のパナマ草で織ったのが欲しくて
本場エクアドル製かイタリア製か悩みに悩んだあげく、とうとうイタリアのPanizza製を買った。
頭サイズは結構大きめで58.5cmだが、なかなか59cmが無いなかここの製品は59cmが有り、被ってみると
誂えたようにピッタリで、まるで帽子を被っていないような心地で、正解だったと満足している。


レイバンは昨年の夏に大垣へ旅行に行ったとき、歩き疲れて水辺のベンチでサングラスを外して、携帯を見て
いるうち眠ってしまい、慌てて起きてそのままベンチに携帯とサングラスを置き忘れてしまった。
ホテルに着いてから気がつき、市内の警察に届け物がないかと、問い合わせしたら携帯は見つかったが、
サングラスは戻ってこなかった。(WAYFARERは再購入、CLUBMASTERは自分にはまるで闇金業者だった(・・;))
そもそもサングラスは右目を網膜裂孔のレーザー手術を2度してから、夏の眩しさが気になりだしての理由だが
ネットで検索しているあいだに人気種を2個見つけてしまい、仕事で出られないストレスから2個を同時買いして
しまった。(かれこれ8年ファインダーは右目ではまったく見えず、左目で覗いているので鼻の油がカメラについて困ります)
どちらも顔ひらべったい族の日本人に向けた、アジアン仕様で実にしっくり顔にフィットする。
具体的にいえば横から見てグラスの下が手前に向いていて、頬骨とグラスの隙間が少なく、鼻に強めに押し当てても
まつ毛がグラスに触らずに歩いていても、ずってくることはない。


最後にぬか漬けだが、これまで何度も冷蔵庫で漬けるぬか床の素というので、お漬物を漬けてみたが2ヶ月もすると
味に深みが無く、いつしかやめてしまうことがあった。
思えばおふくろが何十年もぬか漬けを漬けていたが、冷蔵庫ではなくカメにいれて台所の床下で保管していたのを、
思い出して、ネットでいろいろ調べたら生糠から捨て野菜を最低1ヶ月以上してから、乳酸菌を作っていくのが
いちばんとの回答で、石鹸で手を洗わずに(身体の雑菌がそのぬか床の乳酸菌を作る?)木樽で作る(余分な水分を
発散させるらしい)のが良いとのことで6Lの木樽を暗室の片隅に置いて、もうかれこれ1ヶ月半くらい捨て漬けを
している。

いつも思うんだが形から入る性分はこんなところにも現れているようで、恥ずかしい(*´ω`*)

追記:5月、6月現在まだ土日休みなく働いております。
カメラを触った記憶は1ヶ月半まえ、バイクに乗った記憶は10ヶ月まえ、7月の社保庁検診では胃潰瘍が再発見かなぁ…。
で、いつものようにストレス解消のため仕事の合間にネットから、ディスコンになったPanasonic GX7 MarkIIと
Pana LEICA DG SUMMILUX 15mmF1.7とLEICA DG SUMMILUX 25mmF1.4とVoigtlander 25mmF0.95を狂ったように買ったまま
箱から一度出したきりで、心はドンケのボロバッグに詰めて街を放浪しています。
体を壊すか心を病むかを選択すれば、散財で妄想の世界のほうがまだいいか。
コメント

神戸 Sigma sd Quattro H Sigma 24-35mm f2

2018年01月10日 01時34分18秒 | Digital











コメント