真夜中のひとりごと・・・・・☆

ちょっと元気なリラックスタイムに心動いた事など・・気まぐれに色々と できれば画像も加えて書きたいと思いま~す。

真冬の浮遊系ダイビング@大瀬崎

2019-02-13 | ダイビング


 強力な寒波が来て 遂に横浜にも雪が降った翌日 寒さに震えながら伊豆の海に向うという 不運なタイミングでした

     葉山のNanaの写真チームのフォト講座の開催  これは参加しないと!と張り切っていたのですが

   浮遊系ではご指導をいただき 小笠原でもお世話になっている水中写真家 阿部さんが講師をしてくださるので 寒い!!なんて言っていられません

 陽が出たり 真っ白な富士山が見えたり 積雪もなく不安はすぐに消え まずは 画像を見ながら 実践的なレクチャーをたっぷり受けてから 

   海中で まるで本物のようなフィギュアを使っての実践トレーニング 

      ドライスーツでの 浮遊系撮影は なかなか大変・・・・寒くて厚手のインナーを着ているため ウエイトが不足気味で 四苦八苦


 海の中はというと 例年より水温が高く 16~17℃あったので 思っていたほどの寒さは感じられなくて うねりもなく 透明度も良くて快適 


   トップ画像は テルさん発見の ニホンナガダルマカレイの仔魚 ぴゅーんと伸びたおひげにテンションが一気に上がりました


 クラゲがぷかぷかしているので 楽しく撮影  ちょうど良い練習になります

 


 大好きな ベニクラゲモドキ 色々なアングルで沢山撮った中で 一番気に入ったショットです



 クシクラゲ? カブトクラゲ? 沢山いて 取り放題   近づいても 刺胞毒がないのか チクチクしなくて 安全クラゲ




  こんなのもぷかぷか近づいてきたので 大きすぎましたが・・・・




  練習なので カタチが面白いと とりあえず撮って 後で何者なのか見てもらうと カメノテ の抜け殻だそう・・・・

      抜け殻にしては 噴水のような触手のようなものが ステキでした 




  ただの棒に 白い突起状のものがあり 先端にコバルトブルーの筋    ミステリアスな生物なので これも阿部さんに見てもらうと

     スナギンチャクの初期の幼生だそうで この後 丸い形に変わり 着底してスナギンチャクに成熟するそうです




  甲殻類 エビの仲間の幼生




 スズメダイの仲間なのか・・・・・?




  極小で サカナだと認識できますが 拡大すると 口がとがり ひれが大きく ホウボウのような形をしています




  透明なヒラヒラしたもので 優雅に浮遊しているのを見ていたら 次第に 着底!!



  こんな姿!   ウミウシか アメフラシの仲間のようでした


      大瀬崎では 激レアな 深海生物が登場しているようです  登場は残念ながらなかったのですが・・・

  冬でも 様々な浮遊系の生物が登場するようで わくわくしながらの 浮遊 またやってみたくなります

     次は あともう少し ウエイトを足して!!!  ぷかぷかしてみたいですね~

  


  


Comment

初めましてのウミウシたち

2019-01-22 | ダイビング



 岩のくぼみにすぐ見えているのですが くるりと丸まっているコロリとした姿 

     全身を見てみたかったのですが。。。。。耳新しい名前 ハルカゼイロウミウシ 真冬に 春が早く来てしまった感じですが

   ブルーのかすれた感じが 爽やか




  ガサガサした肌感で 大きめでした

     オセナガムシウミウシ という奇妙な名前 触覚が特徴的で この画像では 今一つですが 鞘から 細い先端がちょこっと出ている感じ

         カタチも奇妙な雰囲気で 美しさはあまり感じられませんが・・・・ ユニークなウミウシ!!





   小さめで 全身から複雑なカタチの突起が飛び出していてヤギに擬態していて見えにくい上 逃げ足速く 潜っていきました

      スギノハウミウシSP5 のようです    拡大すると 突起部分がとてもキレイ 粘土では作れないカタチですが




 一番 撮影時間が長く苦心した ゴシキミノウミウシ  初めてではないけれど 過去 それほど真剣に向き合ったことはなかったと思います

   突起部分に隠れた地肌(?)がトルコブルーで お尻の先もブルー  グリーンの突起は 気持ち悪さも感じるのですが

     先端もブルーが入って 何とか 美しい部類にも傾きます

          クロガヤに 3個体が付いていて 水流に揺られ これをマクロレンズで撮るのに 四苦八苦 




  初めてではないけれど 眼点が写り込んだのは 初めての画像!!

     花咲くように撮りたかったけれど なかなかいい感じのアングルが見つからず 終わってしまいました




   そして ウミウシではないのですが 外套膜が とてもステキでゴージャスな アンガスキヌヅツミ 初!! 

      伊豆や相模湾では なかなか見ることが出来ない種類のようです


         初物との出会いは わくわく感が違いますね~~~
Comment

ウミウシ三昧@大瀬崎

2019-01-09 | ダイビング


人一倍寒がりで 冷え性なのに・・・・・冬になると 恋しくなり 海へ行きたくなるのはウミウシのせい

  そして 今年も頑張って作るつもりのネタを求めて 1年半ぶりの大瀬崎へ

    東名を走っていると 真正面に現れた 雪化粧の富士山に ひとりで声を上げてしまった!!

        ヘビロテで聞いているQueen の名曲と雄大な富士山の風景で 朝からテンションが上がってしまう


 TOPは 極小の オセザキミズタマ   教えてもらったときには 小さくてカタチは全く把握できなくて・・・・

     PC画面で 拡大してみたら なんと ミズタマウミウシ!!! 丸まるっとして 可愛らしい



  小さくて可愛い子は もうひとつ カンナツノザヤ 




   
   今日の1本目の最初が カンナツノザヤ   久しく見ていない気がして 嬉しくなってしまうウミウシです




 親戚で ウデフリツノザヤ 通称 ピカチュウ 

     路上で スマホに現れても 嬉しいものですが (笑) 海で会えると なんだか無性に嬉しくなります




 こちらも 親戚筋で ツノザヤ  ペアですが もぐもぐしていて LOVE という感じではないようで・・・







 透明感のある 斑点模様があり ・・・・全部一緒に見えてしまいますが 多分 フジタウミウシ




  アカコソデ という初めて会う子 




 ホシアカリミノ 久々の出会いでした




 海綿と一体になったような アオサメハダ




  オショロミノ 拡大すると ・・・・とてもキレイでしたが 極小でした




 ゴクラクミドリガイSP 。。。よくわからないカタチですが




 なんと小さい マダライロ  触覚と二次鰓の位置が 不思議!




八丈島には うようよといる コンガスリが 大瀬崎で 初めて見られた!!! 激レアの小さい子




上品な雰囲気の 極小 セスジミノ




。。。。なんだったかな~~~!? ミノウミウシ




 多分 ネコジタウミウシSP 撮影して 後ろ姿だとわかり 次の方に 前を教えて差し上げた子 極小!!




ウララカミノ 新しく名称が決まったらしいのですが とてもキレイ  名前もステキ




ヒダミノの育った子  以前 八丈で 水面の流木に ヒダミノの小さいのが いっぱい付いていて鳥肌ものだったのを思い出したけど

       海面を漂流して旅するウミウシもいるから不思議! かの アオミノも漂流ウミウシだしって教えて頂いた


            大瀬崎の『海の案内人 ちびすけ』の川原さんご夫妻に お世話になり沢山のステキな子たちを見せて頂いてきました


      名前が違っているものもあると思うので ご指摘頂けたら幸いです


    絵の素材にしようか・・・・・・・・・・・・・粘土細工で作ろうか・・・・・・・・・・わくわくしてしまいます






 


       

     
Comment

新年!

2019-01-02 | ダイビング

 新年おめでとうございます!



  2019年 平成最後となった元日 雲一つない凜とした青空の下 いつもと同じように初詣に出かけてきました

  年々人出が多くなっているようで 車の祈祷をしてもらい駐車できる大本山は 駐車規制中!?
  
    危うく入場させてもらえない規制に遭遇。。。ちょうど 出て行く車が続き 入場出来る幸運のタイミングで救われました


  画像は 暮れに出かけた八丈島のモザイクウミウシ 

  
    ゴージャスなシチュエーションだと思い 新年のtop を飾ってみました  笑

      今年も 健康で 家内安全 交通安全を 祈願してきました



  向って右側の触覚が 奇形になっていて V サイン   VICTORY になっているって解釈で・・・・


     なんだか 運気が 良さそうな雰囲気です 


      今年は初めて おみくじを引いてみました

   “ はなされし かごの小鳥のとりどりに 楽しみ多き はるののべかな  ”

       末吉でしたが 運がとても良いそうで 

    “ 世のため 人のために 尽くしなさい 幸福まして。。。。。。。”

      
        尽くすって とても好い言葉!! 今年は 周囲のために 尽くすことを念頭におくことを心がけたいです


     皆さまにとって 素晴らしい年になりますように  


       今年も どうぞよろしくお願い致します 

         
         

     
  
Comment

2019年のカレンダーに青いサカナ!

2018-12-11 | ダイビング



 12月に入ってから 加速度を付けて時間が過ぎていく感じがします 


   来年のカレンダーができあがり 早速お世話になっている方々に配り始めるのですが それもなかなかおぼつかず。。。




  表紙には 左下の3枚 自分の写真が使われています   

      下が モルディブのモンガラカワハギ   大好きなモンガラをタイミング良く撮影できた写真です

    その上2枚 向って左が 小笠原のニラミハナダイ  右が八丈島のケヤリとコールマンウミウシ

       すべて今年撮影したもので とっさに探し出せたお気に入り写真 

  


  トップの写真が 7 8月を飾っている パウダーブルーサージョンフィッシュ 青いサカナ

       9月のモルディブ クルーズの最終日に やっと会えた待望の群れ!!

            このブログに 1日目から4日目まで 記録していますが・・・・・・・・・・・

        最終日の5日目を 記載していなくて 

    実は 日本画展の作品制作に 追われ 写真の整理が途中で出来なくなり ブログにもアップが出来なかったという オチがあったことを

       ここでバラさなければなりません


     カレンダーに載せる写真のデータをチョイスする時に  大慌てで パウダーブルーのデータを探して 現像して 送ったので

        最終日の他の写真が 新しいデスクトップPCに入っていないことに気付きました 


    今年のやり残し まだまだ沢山ありますが 今年中には やり遂げなくてはなりません  そして 来年のカレンダーを配らなければ!!
     
 
    
Comment

風響会日本画展(第37回)終了しました

2018-11-10 | 制作

 


 毎年この時期に開催の 日本画グループ展は37回目を数え 今回も多くの方々に見て頂き とても嬉しく思っています

   30号に海中世界を描き始めたのが 平成18年だったので 今回でちょうど10年


      10年前に描いたのは 八幡野でダイビングをしていて 沢山会えた ミノカサゴでした

   今回のF30号は トップの モルディブでやっと水中で出会えたジンベエザメ

     9月に見てきて 帰国後 描こうと思い立ち 制作スタートだったので 短期決戦で かなり辛い 夜中仕事。。

         大好きな ジンベエザメを描ける喜びを感じながらの 楽しさもありましたが!


          モルディブで 沢山の群れを見た ヨスジフエダイの 印象が強烈だったので ジンベエザメを取り巻くようにしてみたくて

               とにかく沢山描き 数えると 600匹・・・・・・

                        数えたことに 呆れると言われましたが・・・


                  実際の海風景とは違う 絵空事 !  










  F8号 同じく モルディブの海風景から   ムスジコショウダイ

       昨年 金箔を押して 失敗したパネルの和紙を 切り取り 揉み紙にし一回り小さいパネルに張り替えたもの

            金を沢山使って仕上げています


           冒険しつつ 実験的に描きましたが 楽しくて 一気に完成してしまいました




   P12号  教室で モデルをデッサンし それを元に日本画にしました  チャイナドレスの踊り子

        裾の切れ込みが 足の付け根まであり とてもセクシーなチャイナドレス 美しい方で 人物は苦手なので やめようと思いつつ

             うっかり描いてしまい かなり悪戦苦闘

 


     F3号   仲良し      リリーちゃんと ゆいかちゃん    娘が実家に母の様子を見に行ってくれたときに

          送ってきた写メールの画像に心が動き作品にしました    小さい作品ですが こちらも苦戦して完成 3歳の誕生日のお祝いにプレゼント

              ちょっと貸してもらい 展示しました

      

         今回は ウミウシがないねって言う指摘を多数頂きました


              また ウミウシも描いていきたいと思います


   
Comment

日本画展のお知らせ

2018-10-27 | 制作



   第37回 風響会日本画展に出品します

 毎年 この時期に同じギャラリーで開催している日本画展ですが 今年も ギリギリセーフで完成しました


     昨年は F50号に初挑戦し パネルの重さと大きさに かなり疲れてしまったので 今回はいつも通りの F30号


    9月に出会ってきた モルディブの圧倒的な あの生物たちを描きたくて・・・・・・自分で撮ってきた写真と イメージの世界を膨らませた海風景に描き上げました 


      限られた時間の中での制作でしたが 思いが叶った感動と 過去にも描いたことがある経験に助けられ スムーズに進められた気もします


   他には F8号 同じ海での大好きなサカナの群れは ちょっと面倒な模様のサカナ。。。。。描き始めると 楽しく個々で少しずつ違った模様が面白くて早く描けたのにはビックリ!!


   かなり時間をかけた P12号の人物画  これは 何度もやめたくなりながらも 海の絵を描きたくて 何とか完成に持っていけた作品


      それから F3号の人物と犬  これも時間をかけて苦心した作品で モデルになった本人にプレゼントしていて 自宅にはありません


        作品展期間中 貸してもらうために搬入前日に 娘の所に取りに行ってきます


               人物は 苦手なのに なぜか描いているのが不思議~~~~ 


       メンバーは 大学時代の日本画教室の卒業生   卒業してから 年1度開催・・・・よく続いていると思います


              自分が一番にくじけそうな気がしていますが

           年一度の 同窓会感覚と お世話になった恩師への感謝の気持ち 

      細々とでもいいので 奥の深い 難しい日本画の技術とセンスを磨けたら という思いや

              絵が好きだった父親への想いも加わり 楽しみながら描いています


    作品がどんどん増え続けることへの懸念も あるのですが・・・・・・


  JR関内駅近くのギャラリーですので お近くにご用があれば 是非お越しください


       ◎は 当番で在廊しています    ×は行けない日です    ○は 行くつもりの日です   









Comment

モンツキベラの baby ~~LOVE~~

2018-10-19 | ダイビング



すっかり秋めく涼しさ 葉山の海は久々にドライスーツにしました

    ウエイトを 重ためにして。。。。。。。(カメラが軽くなったので


  平日の のんびりダイビングで 葉山では初めてお目にかかる 『モンツキベラ』のちっちゃい赤ちゃんが 棒だけになったフトヤギに絡んだ ウミシダの中を

     ふらふらと 彷徨っている感じで ちょいちょい 見失ってしまいます


   この もんちゃんは 八丈島では 季節にあまり関係なく 見る確率は高く キレイなソフトコーラルにいると 必ず教えてもらい

       背景との絡み具合のタイミングを見て シャッターを押しています

          もんちゃんの 可愛さと 背景との対比が決め手になりますが


      今回の葉山の子は 背景と擬態しているような目立たない面白さが 格別でした 

          台風が多かった今年の夏 流されてきたのでしょうか・・・・・!?


 過去 初夏と 真冬の 八丈島の もんちゃんの写真です


 

 (初夏のもんちゃん)


 

 (真冬のもんちゃん)


Comment

念願だった出会いが叶う4日目@モルディブ

2018-09-21 | ダイビング


以前から 間近で見たことがない マダラトビエイ

  4日目の1本目は 「クダラティラ」  毎回 サカナの群れがとっても多いエキサイティングなポイント




  輝さんを取り巻くヨスジが 圧巻 


    ヨスジの群れ ヒメフエダイの群れ・・・など どちらを見てもぐっちゃりと 群れが取り巻くポイント

       そこに マダラトビエイが びゅ~~~~ん 

    遠目に見たことは何度もありますが 至近距離に ゆっくりとやって来ることはまず考えられなくて・・・・

         このポイントで 長年の夢が叶った出会いでした




 同じチームで ご一緒していた Wさんたち  羨ましくなるような3ショットが撮れてしまいました 

   

   どうも・・・・同じ個体が グルグルと回っていたようでしたが  ヒトが 気になっていたのでしょうか!?

       真下から見ると エイ独特の 変顔チック    トリミングしてみました

  初めて知りましたが 目が 猫目 




  横顔が まるで鳥のよう。。。。。。マンタにも引けをとらない カッコイイ容姿だと思います


 そんな4日目・・・・・・前日に スノーケリングでジンベエザメとの出会いを果たしても やはり水中で!!を目指して リベンジをするそうで

   ジンベエザメが 深く潜っていくが確認された海域で 潜るそう   過去何度も 空振りを経験しているので

       まず ・・・・・・難しいのだろう  でも もし 出会えるチャンスがあるのなら~~~何度でも 潜りましょう 

   意欲満々で 泳ぎました

         ガイドさんの動きを注視しながら泳ぐこと20分 

    ガイドさんの 急な変異と すぐ近くに 黒い影  


   あっ  ジンベエが 来た~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 





 これが2ショット目  遂に 念願叶う瞬間が訪れ   


   割合と落ち着いて シャッターを押して ダイビングコンピューターを見ていました




 みんなで追う場面ですでに リミットの深度だったことに気づき そこで追うのをやめたのでした 


    「みんな~~~~~~!! そんなに行かないで~~~~~~~~~!!」海中では 届かぬ声。。。

              ガイドさんに ストップをかけられて 皆さん無事 ジンベエとの出会いを果たしました 

  最初にモルディブで 水中ジンベエを目指してから 6年半が過ぎ 会いたい!!という気持ちが叶えられ 海の神様に感謝!

                                           モルディビアンスターズの皆様にも感謝!


   この 感激は筆舌には尽くしがたく 2ショット押したシャッターで 気持ちが映し出せたかなぁ~と感じています

      最終日に 5日間撮った水中写真で 各自1枚提出し フォトコンがありましたが この1枚をエントリーし 入賞を頂き さらに嬉しかったのは言うまでもありません

            ちなみに フォトコンの審査員は ダイビングをしないクルーたち! 水面のジンベエはいつも見ている方たち 水中っていうのは 写真だけ!

                自分の感動が 伝わったのが 本当に嬉しかった 

      前日の夜のことですが 島に上陸 夕食をさせて頂いたのは 前夜祭だったなって 後で思いました 



    満天の星空 新月の夜空には 天の川がくっきりと見え 星だらけで 星座も全く・・・・・わからず


    砂で作られたジンベエザメのレリーフは 素晴らしく胸を打つもので 水中で出会えなくとも これだけでも満足かも・・・・と思わせるものでした



 浜には 大きめなカニが いっぱい   砂のジンベエの頭部分の崩れたところは この子が 這い出した痕 


4日目は マダラトビエイ 水中ジンベエザメとの出会いだけでも もう満足感で いっぱいなのに


    3本目に ナースシャークのポイントでも 前回以上の興奮の体験が待っていて



 沢山のナースシャークが 我々のいる白砂の元に集結して まったりと あくび。。。。。。。

     まるで 丸太を転がしたように 重なりながら積み上がってゆき


 

 最後には 15本を数えました

     流れがなければ もう少し撮れたのですが・・・・・ 体をキープするために 砂に指を突っ込み  やたらと動けず 


 大満足のダイビング後は ガイドのSchermie の マジックショウ開催 




    初めて訪れた6年半前からの馴染みの現地ガイドさんで 日本語がお上手で 気さくな方   前回はちょっと時間が余ったときに カニの折り紙教室をさせてもらったら

       彼は とことん頑張り 折り上げ 驚きでした! 子供の頃から折り紙になじむ日本人でも難しいカニ折り紙なのに・・・・

 間近で見ていても 仕掛けがわからない ステキなマジックに 一同 大盛り上がりで


        大きく胸が動かされた 4日目も 更けてゆきました~~~~~~~~~~~~次回で 完結です 
                                                        
    




     






  




     
Comment

ジンベエと一瞬のスイムや上陸の3日目@モルディブ

2018-09-19 | ダイビング



3日目も朝食前から青い海に飛び込み ご機嫌ダイビング~~~と思いきや

    激流で 気合いを入れなければ前に進めないし 気を緩めると流される  眠気も一気に吹っ飛ぶ海でしたが

        モルディブでは必見の 薄紫色の美しいソフトコーラルが繁茂している大好きなポイント

             潮流がないと ソフトコーラルが美しく開かないということでした。。。。。前回は さほどの流れはなく ゆったりと泳げた記憶がありますが

      今回は ちょっと大変!! 流されないよう 周囲のたくさんのウミウチワに衝突しないよう・・・・緊張感 

   ヨスジの群れや アデヤッコが 薄紫のソフトコーラルに彩りを添えてくれるステキなシーンに出会いましたが・・・・・・アデヤッコの美しい姿が撮れたカットには

       薄紫の背景がなかったのです   激流の中 シャッターを押すのは 至難のワザ カメラの設定も なかなか変えることは出来ず



   そんな中 ドロップオフを流していると さりげなく マンタとモブラが ふわふわと通り過ぎていく癒やしのシーンが目の前に広がりました




  この日も 絶好の晴天   7時頃に日の出が見られる船上   日の出も日の入りも 360度 見渡せると方向感覚が麻痺します

 海も時化ることなく 安定の穏やかさ

     いよいよ ジンベエザメがよく見られるという海域に入り 沢山のボートが集結している・・・ということはジンベエが出ていることなのですね 

          長く捜索することなくジンベエ発見の声が!! ダイビング予定だった準備を 水面のスノーケルに変えて 大慌てで海へ飛び込むと

              そこには 少し先に大きな黒い物体がこちらに向っているのが 見えるではないですか~~~~~~~





  過去 毎回ジンベエスイムをしていて それはそれは泳ぎまくって ・・・カオを前の人のフィンで蹴られたり 壮絶なものでしたが 

     少し泳いでから ジンベエが近づいてくるのを待っていたら ベストポジション 正面近くを通り過ぎていきました

          もうこれ以上 何も望まない幸福感に包まれて 追うことはしません 

       Happy & Lucky な ひとときでした~~~~~~~~~ 

2日目は朝から 背中や後頭部が 循環の悪さから来る頭痛があったのですが 午後から スパを担当している うめちゃんにほぐしてもらったら とても良い具合に

    疲労回復し4本目の ナイトマンタまで 快調!! しかも 3日目は朝の筋トレ at 最上階デッキ に参加 筋トレマニアのテルさんの提案で 毎朝 みんなでストレッチや

       スクワットなど 程よい準備運動をして 体調維持が出来た感じです  水泳に変わる とても良い健康法だと体が認識  その後 疲労感からの頭痛は解消でした




  ジンベエザメとの至近距離の出会いがあったので かなりの満足感はありましたが 水中ジンベエが 最大の目標 念願 なので 次のジンベエ探索ダイビングにも期待をかけて

     みんなで ゆるゆると 泳いでいくダイビング    途中 サカナを追ったりはダメ と釘を刺され まっすぐに泳ぎ続けていたら


 

    視界にムスジコショウダイが  ほぼ その場で撮りました 


         30分ほど 泳ぎましたが  ・・・・・・・残念ながら ジンベエザメは どこか離れていってしまったようでした



  3本目は マクロ    みんなでマクロレンズに変えて 唯一 1本だけ 小さい生物を じっとして撮ることに

     でも・・・・・・・・・・目がマクロレンズについて行けない・・・・・・・・・やっぱり ワイドが好きなんだと 痛感しました


この子が 腹黒のモルディブクマノミ         腹びれが真っ黒です



  ガイドさんに教えてもらった ちっちゃめな ブチウミウシ    ほとんど撮れ高無し。。。トホホ 


この日はダイビング後 近くの島に上陸するミニツアー

 

   島の名前はわかりませんが モルディブの方々が普通に生活しているところに ちょっとお邪魔をするので あまり肌を露出しない服装で!とのこと

        敬虔なイスラム教徒である島の女性は 暑くても長袖と足まで隠れるスカートや長ズボンで 頭は大きいスカーフで顔だけ出してすべてを覆っている方が

            多く見られました


       お土産物屋さんも沢山あり English でも伝わります




  赤く縁取られた国旗です



 ボートの桟橋から続く 島のメインストリートは お祭りのように 赤い旗が! スピーカーから なにやら賑やかな声がながれ

     後で聞くと 大統領選挙の活動だそう !?



 お店も 沿道も 見るもの珍しく 楽しんでいるうちに すっかり 黄昏時に・・・・・

        ディンギーボートに分乗して 母船に戻り 

                  バラエティーに富んだ 3日目が 終わりました




  

      
            

            
Comment