説教要旨とみことば

いのちの冠福岡教会の礼拝説教の要旨と聖書のことばです。

みことば

2017-09-30 23:12:41 | 聖書の言葉
まことに、みことばは、あなたのごく身近にあり、あなたの口にあり、あなたの心にあって、あなたはこれを行うことができる。

申命記30:14
コメント

シオンの山

2017-09-28 22:35:45 | 聖書の言葉
主に信頼する人々は
シオンの山のようだ。
ゆるぐことなく、
とこしえにながらえる。

詩編125
コメント

2017年9月10日 説教要旨

2017-09-24 19:23:38 | 説教要旨
2017年9月10日 説教要旨 
エペソ人への手紙4章25節~32節

「その教えとは、あなたがたの以前の生活について言うならば、人を欺く情欲によって滅びて行く古い人を脱ぎ捨てるべきこと、またあなたがたが心の霊において新しくされ、真理に基づく義と聖をもって神にかたどり造り出された、新しい人を身に着るべきことでした。」
先週は、私たちが古い人を脱ぎ捨て、新しい人を着るという事について学びました。新しい人とはイエス・キリストの身代わりの十字架を信じ、罪を悔い改め、罪が赦され、永遠の命が与えられます。そして霊が生きたものとなった人のことです。ただ、ここで問題なのは私たちにその感覚がないことです。しかし、これは真実なので、大切なのはまず「新しい人になった」ことを信じ受け取ることです。主が言われたことを受け取るかどうかは、主の言葉の成就や実質と直接関わってきます。次に新しい人の歩みをすることです。私たちは罪人なので自分の意志や力でそれをすることができません。信仰の対応が必要なのです。「全てのことを感謝しなさい」また、「神の計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださる」とありますから、問題や困難、そして人から何か害を受けた時も感謝をしていくのです。また、罪を悔い改めることです。どんな罪も悔い改めれば赦して頂けますが、そのままにする時に、罪を犯しているという感覚が無くなっていきます。また、握っている罪があるなら捨てなければなりません。そして主に従うのです。その時に新しい人の実質が現れてきます。もし、私たちが新しい人になったことを受け取らず、信仰を用いないならば、新しくされているにも関わらず、古い人の実質しか現れてきません。古い人の実質は25~31節にある通り、偽りを語る、怒り続ける、盗みや不正、悪いことばを語る、無慈悲、憤り、怒り、叫び、そしり等等です。そしてそれは神の聖霊を悲しませんることになります。しかし、新しい人の歩みをしていく時に、(32)「お互いに親切にし、心の優しい人となり、神がキリストにおいてあなたがたを赦してくださったように、互いに赦し合いなさい。」という歩みへ変えられていきます。
コメント

エルサレム

2017-09-24 15:40:28 | 聖書の言葉
主が出て来られる。決戦の日に戦うように、それらの国々と戦われる。
その日、主の足は、エルサレムの東に面するオリーブ山の上に立つ。

ゼカリヤ書14:3〜4
コメント

権力によらず

2017-09-22 12:23:54 | 聖書の言葉
すると彼は、私に答えてこう言った。「これは、ゼルバベルへの主のことばだ。『権力によらず、能力によらず、わたしの霊によって』と万軍の主は仰せられる。

ゼカリヤ書4:6
コメント