説教要旨とみことば

いのちの冠福岡教会の礼拝説教の要旨と聖書のことばです。

すべてが益になる

2014-10-30 07:38:47 | 聖書の言葉
神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。

ローマ人への手紙 8:28
コメント

心の低い人

2014-10-29 07:55:33 | 聖書の言葉
人の高ぶりはその人を低くし、心の低い人は誉れをつかむ。

箴言29:23
コメント

預言

2014-10-28 18:01:37 | 聖書の言葉
今は朝の九時ですから、あなたがたの思っているようにこの人たちは酔っているのではありません。

これは、預言者ヨエルによって語られた事です。

『神は言われる。終わりの日に、わたしの霊をすべての人に注ぐ。すると、あなたがたの息子や娘は預言し、青年は幻を見、老人は夢を見る。

その日、わたしのしもべにも、はしためにも、わたしの霊を注ぐ。すると、彼らは預言する。

また、わたしは、上は天に不思議なわざを示し、下は地にしるしを示す。それは、血と火と立ち上る煙である。

主の大いなる輝かしい日が来る前に、太陽はやみとなり、月は血に変わる。

しかし、主の名を呼ぶ者は、みな救われる。』

使徒の働き 2:15~21
コメント

わたしの民がたくさんいるから

2014-10-27 07:44:45 | 聖書の言葉
ある夜、主は幻によってパウロに、「恐れないで、語り続けなさい。黙ってはいけない。

わたしがあなたとともにいるのだ。だれもあなたを襲って、危害を加える者はない。この町には、わたしの民がたくさんいるから」と言われた。

使徒の働き 18:9~10
コメント

神は私たちと共におられる

2014-10-26 08:23:54 | 聖書の言葉
この世界とその中にあるすべてのものをお造りになった神は、天地の主ですから、手でこしらえた宮などにはお住みになりません。

また、何かに不自由なことでもあるかのように、人の手によって仕えられる必要はありません。神は、すべての人に、いのちの息と万物とをお与えになった方だからです。

神は、ひとりの人からすべての国の人々を造り出して、地の全面に住まわせ、それぞれに決められた時代と、その住まいの境界とをお定めになりました。

これは、神を求めさせるためであって、もし探り求めることでもあるなら、神を見いだすこともあるのです。確かに、神は、私たちひとりひとりから遠く離れてはおられません。

私たちは、神の中に生き、動き、また存在しているのです。あなたがたのある詩人たちも、『私たちもまたその子孫である』と言ったとおりです。

使徒の働き17:24~28
コメント