説教要旨とみことば

いのちの冠福岡教会の礼拝説教の要旨と聖書のことばです。

アレオパゴスの真ん中に立って

2012-04-19 00:01:28 | 聖書の言葉
そこでパウロは、アレオパゴスの真ん中に立って言った。「アテネの人たち。あらゆる点から見て、私はあなたがたを宗教心にあつい方々だと見ております。

私が道を通りながら、あなたがたの拝むものをよく見ているうちに、『知られない神に』と刻まれた祭壇があるのを見つけました。そこで、あなたがたが知らずに拝んでいるものを、教えましょう。

この世界とその中にあるすべてのものをお造りになった神は、天地の主ですから、手でこしらえた宮などにはお住みになりません。

また、何かに不自由なことでもあるかのように、人の手によって仕えられる必要はありません。神は、すべての人に、いのちと息と万物とをお与えになった方だからです。

神は、ひとりの人からすべての国の人々を造り出して、地の全面に住まわせ、それぞれに決められた時代と、その住まいの境界とをお定めになりました。

これは、神を求めさせるためであって、もし探り求めることでもあるなら、神を見いだすこともあるのです。確かに、神は、私たちひとりひとりから遠く離れてはおられません。

私たちは、神の中に生き、動き、また存在しているのです。あなたがたのある詩人たちも、『私たちもまたその子孫である』と言ったとおりです。

そのように私たちは神の子孫ですから、神を、人間の技術や工夫で造った金や銀や石などの像と同じものと考えてはいけません。

神は、そのような無知の時代を見過ごしておられましたが、今は、どこででもすべての人に悔い改めを命じておられます。

なぜなら、神は、お立てになったひとりの人により義をもってこの世界をさばくため、日を決めておられるからです。そして、その方を死者の中からよみがえらせることによって、このことの確証をすべての人にお与えになったのです。」

使徒の働き17章22~31節

ジャンル:
社長
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 心の中の隠れた人がらを飾り... | トップ | 祈りのために、心を整え身を... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2012-04-20 09:51:49
ブランドコピー財布激安

こんにちは

当店の商品を買います

合計3~5万円は3%引き

合計5~10万円は4%引き

合計10万-20円7%引き

合計20万円以上は10%引き

信用第一、良い品質、低価格は、商品は絶対の自信が御座います。

品質保証:15日以内の品質問題は交換することができる

よろしくお願いします

www.lscopy.com

コメントを投稿

聖書の言葉」カテゴリの最新記事