説教要旨とみことば

いのちの冠福岡教会の礼拝説教の要旨と聖書のことばです。

神のことば

2013-07-31 12:00:14 | 聖書の言葉
救いのかぶとをかぶり、また御霊の与える剣である、神のことばを受け取りなさい。

エペソ人への手紙6:17



コメント

詩と賛美と霊の歌

2013-07-30 12:00:44 | 聖書の言葉
詩と賛美と霊の歌とをもって、互いに語り、
主に向かって、心から歌い、また賛美しなさい。

エペソ人への手紙5:19



コメント

いのちの水

2013-07-28 12:00:49 | 聖書の言葉
「わたし、イエスは御使いを遣わして、諸教会について、これらのことをあなたがたにあかしした。わたしはダビデの根、また子孫、輝く明けの明星である。」
御霊も花嫁も言う。「来てください。」これを聞く者は、「来てください」と言いなさい。
渇く者は来なさい。いのちの水がほしい者は、それをただで受けなさい。

ヨハネの黙示録22:16~17



コメント

報い

2013-07-27 12:00:11 | 聖書の言葉
「見よ。わたしはすぐに来る。わたしはそれぞれのしわざに応じて報いるために、わたしの報いを携えて来る。
わたしはアルファであり、オメガである。最初であり、最後である。初めであり、終わりである。」

 ヨハネの黙示録22:12~13





コメント

小羊のいのちの書

2013-07-26 12:00:11 | 聖書の言葉
私は、この都の中に神殿を見なかった。それは、万物の支配者である、神であられる主と、小羊とが都の神殿だからである。
都には、これを照らす太陽も月もいらない。というのは、神の栄光が都を照らし、小羊が都のあかりだからである。
諸国の民が、都の光によって歩み、地の王たちはその栄光を携えて都に来る。
都の門は一日中決して閉じることがない。そこには夜がないからである。
こうして、人々は諸国の民の栄光と誉れとを、そこに携えて来る。
しかし、すべて汚れた者や、憎むべきことと偽りとを行う者は、決して都に入れない。
小羊のいのちの書に名が書いてある者だけが、入ることができる。

ヨハネの黙示録21:22~27



コメント