朝礼の話題

見たり読んだりして、感じたことを朝礼で話しています。この頃は仕事の話は少なくなりました。

ジェイソン 知ってます?

2006-02-15 10:02:48 | Weblog
2006/02/14 「ジェイソン」知っていますか?

  「ジェイソン」と訊かれると、映画【13日の金曜日】を思い出します。
  少し古いかなぁ。しかし今でも暗いところで、ドアがギューと鳴ると、
 白い仮面が出てきそうで怖い気持になります。

  毎週 日曜日に高須の麻生先生の家でリンパ・マッサージを受けています。
  麻生家の番犬は大人しい可愛い、リボンを眉毛のように付けた犬です。
  昨年 秋から体調悪く、元気がありません。
  とうとう、後足が立たなくなり、前足だけでいざって移動していました。

  交通事故かな?、老衰かな?可哀そうに と見ていましたが、今週には、
 元気になって四足で、歩いていました。
   
  「どうして、元気になったのですか?」と訊きましたら、「ジェイソン・ティー
  のお陰です」と麻生さんは言います。
  ---------------------------
  アメリカのジェイソン・ウィンターさんは、悪性ガンの腫瘍によって、
 あと寿命は後1年と宣告されました。
  ウィンターさんは絶対死にたくないと勉強し、薬漬け、放射線による対処
 療法とは異なる代替医療を知りました。
  その中でハーブ療法に惹かれ、世界中のハーブを試したそうです。

  なかばヤケになったウィンターさんは3大陸でそれぞれ良いと言われる3種
 のハーブを同時に煎じ、ガブガブ飲み続けたそうです。
  すると、奇跡としか言いようのないことが起こり、あんなに治らなかった
 ガン腫瘍がどんどん小さくなっていき、3週間で完治したそうです。

  今では6500万人の人が愛飲しているそうです。
  日本では2年前から広がり始め、既に4万人の人が飲んでいるそうです。
----------------------------
  そのジェイソン・ウィンタース・ティーを犬に飲ませ、お茶ガラもペット
 フードに混ぜ食べさせたそうです。

  麻生先生の見解では、身体にたまった毒素を排出し、血液をきれいにする
 作用がある ようです。
  病気の犬には効果があった実例です。

  こんな話の好きな私は、早速注文しました。
  アメリカからの発送ですので国際宅急便代が850円掛るのがいやですね。
コメント (1)   トラックバック (1)

癌がミネラルで治せる理由

2006-02-13 14:42:56 | 健康
2006/02/13 癌がミネラルで治せる理由

  家内の妹 川村幸江ちゃんは、2001年 胃癌で亡くなりました。
  49才でした。 5人姉妹の末っ子で姉妹の中で一番の若死にです。
  手術のお医者さんは「この癌は25年前から出来ていた」「大きさは
 胃の裏側へ抜けたほどで、転移もしています」
  「リンパ節への転移が3ヶ所以内なら、治るけれど、4ヶ所以上では
 難しい」とご主人に言いました。。

  癌になっても25年は生きられるのです。
  転移していなければ、急激な死亡はなさそうです。

  転移させない力をつければ、癌もそう怖がらなくてもいい気がしてきました。
  
  転移は、がん細胞の塊から、生きたがん細胞が一個だけ離れ、リンパ液に乗って
 リンパ管に入り、リンパ節を通り抜けながら進み、静脈血管に至り全身に運ばれ
 何処かに居付いて、そこで成長することです。細胞の大きさは十分小さいので
 一個単位なら血液に浮いてどこでも移動できるのです。

  がん細胞が、一個単位で血液中にある時、これを見つけ殺してしまうのが
 免疫です。
  がん細胞を殺す免疫の方法に白血球 マクロファージが食べて分解してしまう
 のがあります。
  テレビゲームの「パックマン」のイメージの、大食細胞とも呼ばれる白血球で、
 大きな口を開け、流れているがん細胞をパクッと食べてしまうのです。
  
  マクロファージは、その内部にミネラルを大量に貯めていて、お腹に入れた
 がん細胞に、そのミネラルを使って作った「活性酸素」を吹きかけ、がん細胞
 を殺し、分解するのです。

  活性酸素は、飲酒・喫煙・ストレスなどから体内で産生され、これが正常な
 細胞の遺伝子に傷を付け、正常細胞をがん化するものだと、抗酸化剤サプリメント
 の広告などで教え込まれてきましたが、がん細胞を殺す武器でもあるのです。

 
  「アガリスクが癌に効く」「メシマコブが癌に効く」「βーグルカンを含む
  きのこ(はたけしめじ)が癌予防にいい」などと宣伝されています。

  これらは、何故、何が、どういう作用で癌治癒に効果があるのか説明のないまま
 「これで治った」と言う実例を沢山集めて、宣伝にしています。
 
  中には作り物の実例もあるようで、先日は、出版社が詐欺罪でつかまっていました。
  「火の無いところに、煙は立たない」とも言いますし、アガリスクも全く
 効果が無い訳でもあるまい、効く理由が知りたいとずっと思っていました。

  マクロファージが多数のミネラル分子を武器として貯え、人間の体内に侵入
 した黴菌やその他異物・体内の反乱分子とも言える【がん細胞】をやっつける
 イメージはよく分ります
  ミネラルはマクロファージのつかう鉄砲の弾丸ですからミネラルがなければ、
 敵を攻撃できないのです。

  そうだ、アガリクスなど訳の解らぬものが、癌に効くというのは、アガリ
 スクに含まれているミネラル・普通の食事では摂れない有効なミネラルが、
 マクロファージに供給され、マクロファージが強力になったと考えれば納得
 出来ます。
  丁度、テレビゲームで、スーパーマリオやパックマンが、金貨や景品を
 取って大きく、力強く変身するように!


  しかし、それなら高価なアガリクスを食べ、アガリクスに含まれるミネラル
 を身体に取り込むより、ミネラルそのものを身体に入れる方が速い。
  まして、植物由来のコロイダル・ミネラルなれば、速く吸収され、効果は
 もっと大きいだろうと考えるだけでうれしくなりました。


  ワラック博士は「ミネラルは癌に効く」とコロイダル・ミネラルの宣伝文に
 書きました。
  米国FDA(日本で言えば厚生労働省にあたります)から「ミネラルは医薬品
 と認めない。癌に効くと言ってはいけない」と通告され、裁判に訴えました。

  何年かの裁判で、ミネラルの効果のあったデータを否定出来なくなったFDA
 は「ミネラルは医薬品と認めない。癌に効くと言ってはいけない」の通告は
 取り消すことで裁判を終えることになりました。

  即ち、FDAは「ワラック博士のミネラルは、癌に効く」と言って良いと
 認めたのです。
 
  勉強して、新しいイメージが、頭の中につくられるのは、愉しいですね。
  
コメント (1)   トラックバック (1)

体脂肪率は20.8%でした。

2006-02-06 16:41:47 | 健康
2006/02/06 体脂肪率は20.8%でした。

 ①先週木曜日の成人病検診では体脂肪率を測定しました。
 私は、20.8%で予想と違い、痩せた井上大輔さんと同じでした。
 私よりスマートな誰もが、23.5~27%ぐらいで、おかしいと再度測って
貰いましたが、こんどは20.5%で肥った私が一番脂肪の量が少ないことになりました。

 ②先週土曜日NHK教育で真鍋かおりの「サイエンス・ゼロ」を観ました。
 「ネムリユスリ蚊」という砂漠の蚊を取り上げていました。

 この蚊は雨が降って水たまりが出来ると湧いて出てきて、その水たまりに
卵を産みます。そしてすぐ死にます。卵が孵って蛆虫になりますが、
砂漠ですので、水は蒸発し蛆虫の生活する水たまりは干上がってしまいます。
 その蛆虫は、干からびて乾いたお茶ガラのようです。
 何ヶ月して水たまりが出来ると、そのお茶ガラは水を吸ってもとの蛆虫に
戻り成虫になって次の世代を生み死ぬのだそうです。

 干からびた時の含水率は3%だそうです。
 蛆虫は乾燥する時、自分の肝臓?で作った「トレハロース」で水を置きかえて
 水の要らない身体になって、雨が降るのを眠って待つのだそうです。
 トレハロースは人間でいえばグリコーゲンにあたるものだそうですがすごいですね。

 
③日曜日「リンパマッサージ」を受けました。
 麻生先生の話です。
 人間は、酸素・水を使って糖分からエネルギーをとり、活動し生活します。
 酸素の量が足りなければ、最終まで分解出来ず、乳酸の形で体内に残されます。
 乳酸は、骨・関節に付着し、肋骨にも付きます。 焼肉で食べる骨付きカルビは
骨に脂が巻き付いていますが、丁度あんな状態のようです。
 そうなると、肋骨の動きが悪くなり呼吸が浅くなり、益々乳酸が溜まるようになります。
 そしていろいろ不具合が起こり、身体の動きもしなやかさがなくなります。
 これが、老化です。

 先生は渡邉の身体は柔らかくなっている。リンパマッサージの成果があがり、
酸素も沢山取り込まれるようになった。
 今、溜まった乳酸は酸素と水を吸収しておおきく膨らんでいる。
 もうすこしすると、乳酸は分解されて尿から排泄されるようになります。

 この①②③の話を聴いて、私の考えましたのは、私の体脂肪率20.8%は正しい
ということです。
 朝昼のプロテイン食事とリンパマッサージで、体中の老廃物・乳酸は酸素で半分
分解され水を吸いつつある。ちょうどユスリ蚊のトレハロースが水を吸っているように。
 今は体重が落ちないけれど、これは、脂肪が落ちた分だけ乳酸が膨らみ、軟らかく
なっているのだ。  
 サウナに入る・散歩をするとかで汗を流せば、急激に体重は落ちるぞ!
 毎日汗を出そう!

 そして物事は2つの要素で決っているのではない。
 体重=固定の重量(骨・筋肉・内臓)+脂肪 と言う構図ではない。
 体重=固定の重量(骨・筋肉・内臓)+脂肪+含水乳酸+○○のような
  3つ以上の要素を考えた方がいい。
  脂肪が減るとき、一気に減るのではなく他の要素に置き換わりながら
 進む。諦めずにダイエットに励もう。そのうち気が付いたら体重80kgと
 なるだろう。  楽しみだなぁ!

 


*トレハロースとは何でしょう? グーグルで見てみました。
 トレハロースの存在が初めて学術的に明らかになったのは1832年のこと。
ウィガーズが麦角中に発見したのです。そして1859年には、バーサローによって
、トレハラマンナ(ペルシャ地方に生息する象鼻虫が作るもの)から分離され
トレハロースと名付けられました。

 以来、トレハロースが持つ不思議な力が様々な分野に応用できるのではと
期待され、研究が盛んに行われました。
しかし、トレハロースを抽出するのは難しく、抽出できても価格が1kgあたり
3~5万円もする高級品。
トレハロースを大量生産する方法が見つからないかぎり実用化は不可能と
されていました。
 1994年、林原は世界で初めて微生物・酵素技術を使った「でんぷんからの量産」
に成功。1kgあたり300円レベルにまで価格がダウンしたことにより、
今急速にその利用が広まっているのです。
 また最近では、トレハロースと骨の健康にも関係があるという実験報告もあり、
医療面でも注目され始めています。

 旧約聖書の「出エジプト記(モーゼがイスラエルの民を率いてエジプトから
イスラエルに移動する場面)」に、興味深い話がでてきます。
 イスラエル人が砂漠をさまよっている時、神ヤハウェの啓示に従って、
パンの代わりに荒野の表面にあるうっすらと白い実を食べて飢えをしのいでいました。
 彼らは、蜜を入れたせんべいのような味のするその実をマナと呼び、
カナンの地にたどり着くまでの40年間、食べ続けたのです。
 この話にでてくるマナというものの一種にtrehala mannaがあり、
それにはトレハロースがたっぷり含まれています。
実はそれがトレハロースの語源になっているのです。


 人間をはじめとする生き物は、水分がなくなると生き残れません。
でも昔から、完全にひからびて死んだような状態でも水をごく少量加えただけで
生き返る生物の存在が知られていました。
 たとえば、砂漠に生息するイワヒバという植物、クマムシ(緩歩動物)、
酵母などは乾燥して何年もたっていても水さえ加えれば生き返ります。
この復活現象は長年の間、「不思議な現象」として
原因が分からぬまま扱われていました。
 近年になってこの不思議な「復活現象」には、生物の細胞内にある糖が
大きく関わっているということが分かりました。
 その糖こそ「トレハロース」なのです。
 トレハロースが水に代わって細胞を守る働きをしているなどといわれています。
 だからトレハロースは、別名「命の糖」「復活の糖」と呼ばれています。

 もっと身近な例を挙げてみましょう。
 干し椎茸は何カ月おいた後でも、お湯あるいは水に浸すと、
元の状態にもどりますね。 これも実はトレハロースの働きなのです。
 椎茸に含まれているトレハロースが多ければ多いほど、
より元に近い状態になることが実験で報告されています。

 バッタ、イナゴ、ハチなどの昆虫は、長い距離を飛んでも、
長い時間跳ねてもまったく平気。
小さな体のいったいどこにそんなエネルギーが?と感心してしまいます。
これらの昆虫の体液中にはトレハロースが蓄えられていて、
これを必要な時にブドウ糖に変えているのです。
人間など哺乳類の血糖はブドウ糖ですが、
これら昆虫の血糖はトレハロースというわけなのです。
コメント (1)   トラックバック (1)

「役者狩り」 佐伯泰英著 光文社文庫 \571

2006-02-01 08:50:39 | 趣味
2006/01/31 「役者狩り」 佐伯泰英著 光文社文庫 \571
  「狩り」シリーズ第10作です。

  映画化すれば主演高橋英樹というような、倫理観あるヒーローが
 幕府の権力を乱用する青年将校とも言える鳥居耀蔵の方針と行動に、
 抵抗し、その一つ一つに勝利していくシリーズです。

  1作から9作までは、主人公夏目影二郎が、鳥居の意を実行する
 鳥居派実行部隊を狩る話でした。
  10作目は逆で、役者を狩るのは鳥居側で、影二郎は役者を守る
 立場で活躍します。

  絵空事の小説ですが、人物描写と時代背景で読めるものになっています。

  影二郎はスーパーマンで常にギリギリで勝ちます。
  影二郎の父親は幕府の要職にありますが、妾腹の彼は、無頼の仲間
 に入っていたこともあり、変わった友人も沢山います。

  影二郎の手助けをする、父親の密偵は、三蔵法師を守る孫悟空達を
 思わせる能力と行動力を持っています。

  疲れた時に、ホッとする清涼剤になります。

  10作X5編で短編小説50編があります。
  テレビ連続活劇にすれば、しっかりした筋立てで人気を博すでしょう。
  くだらないお笑いより視聴率がとれますよ。
 
コメント (1)   トラックバック (2)