朝礼の話題

見たり読んだりして、感じたことを朝礼で話しています。この頃は仕事の話は少なくなりました。

死にたい人ハシリアへ

2012-08-31 21:03:01 | 21世紀
死にたい人はシリアヘ
2012/09/01
女性記者がシリアで射殺されました。さすがに英雄扱いはされません。
 以前戦時下のイラクへボランティア活動に行った北海道の女学生はゲリラに捕まり、国が身代金支払って解放され、英雄扱いでタバコ吸いながらインタビュー受けていたのとは違っています。
 報道だろうが、趣味だろうが、管理する警察など無い所に行くのは、死体が出てきただけで幸せと思うべきです。
 中国の奥地に行きますと、死体は出てこないそうです。皆、珍味として食べられてしまいます。文化大革命の時、リンチで殺された人数は1,000万人に上りますが、全国の何処にもお墓も慰霊碑もないのです。皆食べられてしまったそうです。
 国と生活が違うところに、安易に一人旅などするのは、殺され、食べられることを覚悟しましょう。ルーマニアのような名の知れた国だって、聖心女子大の20才の学生さんが殺され路肩に抛り出されて見つかりました。食べられなくって遺体が日本まで帰ってくるのは文明国ですね。
 スティーブン・セガールの「沈黙シリーズ」は、最近のものはスケールが小さくなり、旅行者誘拐事件を解決する話などがあります。これによるとフランスだってパリの飛行場でコネ付けられ誘拐され麻薬中毒にされ、売春婦として売られています。実行犯は東欧ギャングですが、組織し儲けているのはフランス人という設定でした。未成年美女人身売買のオークションもあり、さすが奴隷制度を実行してきたヨーロッパ人だと感心します。
 暴力的圧政のカダフィのリビアでも、フセインのイラクでも警察組織が活動していれば、犯罪の取り締まり・防止も行われていたでしょう。
 警察組織が壊滅し、生活出来ないからシリアでは難民としてトルコやレバノンに一般市民が脱出しています。そんなところに丸腰で取材に行っても殺されるのが当たり前の事と、嘲ってやりましょう。
 ロンドンオリンピックに出場した選手や役員が、祖国に帰らず行方不明になっているケースがアフリカ数か国で起こっています。日本では50万人に迎えられメダリストパレードが行われますが、大きな違いです。世界各国皆日本とは違うし、人間を食べる国・奴隷売春婦にする国もあります。
 韓国では「犬」が大ご馳走ですし、フランスでは「ナメクジ・カタツムリ」も食べます。中国では「猿の脳みそ」をスプーンで掬って食べます。中国人は人間を食べると言うキャンペーンを日本政府は計画し調査を始めませんか?
 準備していると、大きな成果が期待出来そうです。謀略をめぐらしましょう。
コメント

損得勘定

2012-08-30 21:35:45 | 21世紀
損得勘定
2012/08/31
 8月も終わりになりました。オリンピックで「梅ちゃん先生」をしばらく観なかったら、梅子は幼馴染の隣家の息子と結婚してしまいました。
 インテリのお父さんと、叩き上げのお父さんを見ていると、中国に娘を取られた気がするのではないでしょうか? これからの両家の関係は、景気の良くなる鉄工所=中国、知識豊富な医者=日本、と対比して観ていくと面白いかも知れません。
 近所の国と付き合うのも大変です。韓国は日本との損得による付き合い方を止め、自国の正義を貫くようにしたようです。日本との付き合いから得る利益より、その付き合いから失うプライドに耐えられない段階なのでしょう。
 日本の外交政策も、それに合わせ付き合いを縮小する方向に進めましょう。
 中国とも、問題は次次起こるでしょう。そこで日本の利益を守るには、中国の言う事をきかなくてはいけない、というような考えを捨てて貰いたいですね。
 中国とも付き合いを縮小する方向で考えましょう。中国人が安い給料でコンビニで働いています。彼らは日本人に憧れや尊敬の念を持って帰るでしょうか? 彼らは反日・侮日気分を高めて帰るでしょう。中国からの留学生は日本人を尊敬などしないでしょう。下宿も条件付けられ、家族的付き合いなど無いまま、勉強するのに「今に見て居ろ。いつかはやっつけてやる」と思いながら勉強しているでしょう。
 悪意的な外人は日本に来ないよう制限しましょう。買い物旅行の中国人など来ないで良い。香港や上海の方が安いと教えてやりましょう。
 中国人が来て発展した街、新宿・池袋など犯罪まみれのようですよ。あんな発展は要らないとしましょう。
 中国に工場進出した会社も沢山あります。現地工場から配当が来るなら問題ないでしょうが、拡大の為の投資はもう限界ではないですか?
 尖閣にしても、南京事件・支那事変なども、韓国の歴史問題のように言いだしますよ? 
 日本は日本式に生きて行こう。他人を嫌がらせて生きるのは耐えられない。人から嫌がらせを受ければその人その国を避けるようにしましょう。
 グローバル・スタンダードとか言うやり方があって外国はそれに従っている訳でもありません。都合がいいからそれにしたがっているだけで、新しい良い方法があればそれになびきます。
 中国も新指導部が発足すると、どうなるかわかりませんよ。韓国は救いようがありません。アメリカに任せましょう。
コメント

夏の終わり

2012-08-29 22:02:15 | 21世紀
夏の終わり
2012/08/30
 「夏休みを最大限に遊び、真っ黒に日焼けした人が、秋の涼風を楽しめる」昔の小学高の先生が言っていました。頭のどこかに残っていて、現役の頃一生懸命働いてこそ、引退生活が楽しめるのだと考えていました。
 考え方によっては、「今は楽しむ時間ではない。働く時間だ。楽しむのは引退してからだ」自分に言い聞かせていたのかもしれません。
 活動的な真っ黒な顔をした孫たちを見ていて、彼女たちは、秋は秋で楽しいだろう。結局何時でも楽しいだろう。何をやったから楽しい、満足感があるから楽しいというような条件はない。楽しい人は何時でも楽しいし、暗い人は何時でも暗いと感じます。
 苛められるのは辛い。苛めるのは不満解消し楽しい。学校の成績が上がると、褒められ認められてうれしい。成績が下がるとバカにされて癪だ。だから勉強し、良く覚えよ。と言うような原始的な考えで、私達70年前の子供は育ったようです。
 教育理論を教育学部で習って、先生になって、実行しようとしても、どこか違う。生徒は理論どうりには動かない。そこで愛情が必要と悟っても、日教組の先輩先生などは、「そんな青臭い事は忘れよ」「学習指導要綱のとおりしておけばよいのだよ」「私達はしいたげられている労働者なのだ」と言っているような気がしてなりません。
 子供は楽しませてやらなくてはならない。しかし、それは他から与えられるものではない。自分の好奇心でやってみて、好奇心が満足したことが楽しみであるという定義はどうだろう。与えられた宿題やっても楽しい事はない。
 英語で教育=エデュケーションとは、引き出すという意味だそうで、その子供の持っているものを引き出すことを教育と欧米では考えられています。
 日本の義務教育とは、社会生活に必要とされる事を記憶することと定義され、それを覚えたかどうかで成績が付けられます。
 次の世代、欧米と日本の差が出るのはこの教育の違いによる、人間性の薄さではないかと心配です。
 小学校・中学校など、小さな組織の寺子屋的大きさでいいのではないか?
 学校の定員は、1クラス40人、1学年3クラス、1学校18クラス位を限度とし、狭い地域の小学校で、PTAは直接学校に文句言ってはいけない。文句のある人は警察に言うなどの規定はどうでしょう?
 テレビ・ゲーム・携帯など学校には一切持ち込み禁止、連絡事項は高等で言い書き取らせるなどの、原始教育が必要な時代と感じます。
コメント

孫が可愛い

2012-08-28 20:47:25 | 21世紀
孫が可愛い
2012/08/29
 人情が薄いせいか、歌で「眼にいれても痛くない」「孫の為なら何でもする」とか言う歌詞を聞くと、嘘だろう 子供のためにしても、孫のためもするだろうか? など感じていました。
 年取って出来た4番目の孫娘は4才です。この盆に名古屋から遊びに来てくれました。この子は今生きていること、存在していることに絶対の自信があるように感じます。AKBのI want you をカタコトで歌い、保育園で覚えた歌を歌いまわります。親の教育が良いのでしょう、何事にも物怖じしません。静かだなあと感じるときは絵を書いています。中々筆遣いが良く一筆書きのように書いても絵になっています。そして「お祖父ちゃんクサイ」と言います。
 最近、私は足腰が特に悪く、トイレまで行くのが一苦労です。時々ちびって濡らすこともあります。ちり紙で絞るようにふいても自分でも分かる匂いがあります。自分では老廃物が沢山出てくれてありがとうと思うのですが、気にしています。  
他の子や孫は感じても言わないのでしょうが、4才はハッキリ言います。
 こういう小さい子が、何の悩みも心配もなく、自分が存在しているそのことがうれしい。それが生命力だ。生長の家式で言えば「生命の実相」はそんなもんだと納得させてくれます。
 10才以上になって、知恵がつき、自分と他人を比較したり僻んだり、イジメ問題を起こすようなると、勉強して自分の生き方を見つけよ と突き放してやりたくなりますが、4歳児の自由奔放は、これを損なわず、10才までも20才までも保持させてやりたいなと思います。
 
 私達の子供の頃は、クラスの組み変えはなく、1年生からずっと同じクラスの持ち上がりでした。先生は変わりましたが3年は一緒でした。家も近所の子供ばかりで、親や先生の干渉もなくお互いの家を行き来し遊んでいました。
 別にボスも出来ず、イジメもありませんでした。
 小学校のクラス会は、60年たった今でも集まります。なにか4歳児の自由奔放さを皆持っている雰囲気です。
 今の義務教育は、管理過剰で、成績を上げよう、いい学校に入れようと、しているように思えます。テレビ放送も沢山あり、マンガもゲームもある時代ですから、昔のようにはいかないとは思いますが、4才児の自由奔放を持たせるという基準を作り素朴な学校でありたいと感じます。PTAなど廃止し、教育委員会は、教師に関係ない人間を置きましょう。親は授業参観だけでいいです。
コメント

寂しい

2012-08-27 20:52:10 | 21世紀
寂しい
2012/08/28
「Sometime I feel like a motherless child long way from home」
「時には 母の無い子のように・・」
学生の頃、ソノラマ を 買いましたら、中にこの歌がありました。
軽い歌ですが、下宿でホームシックを感じた時、有効な解消法でした。

 お葬式の挨拶に、「御寂しゅうございます」といいますが、今まで一緒にいた人が急に居なくなると、本当に寂しさを感じます。
 父母・祖父母が亡くなって30年以上になります。それ以降寂しいことは、自分の失敗を思う時です。

 変な話ですが、先日、肉体的にも精神的にも、寂しさ・心細さを感じました。
 それは、最後の風呂に入って、入ったまま湯を抜いたのです。お風呂の水位が下がるに従って、感じる水面がじわっじわっと下がります。
 肩まであった湯がヘソまで下がると、喪失感というか、保護が無くなった感覚が皮膚から神経・脳に伝わってきます。そうだ、寂しさというのは喪失感そのものなのだと実感します。
 「I miss you」「お別れが寂しいです」と一般の別離でも言います。
 そういう経験を沢山して、寂しさの克服、ホームシックの解消、乳離れができます。
 今、寂しい若者が多いと言われます。家庭も作らず、ネットカフェで夜を過ごす。だんだん生きがいをなくし、カフェの火事を起こした若者がいました。
 寂しさとは、風呂の水位が下がることなのだと自分で定義しましょう。

 さびしさに 宿をたちいでて ながむれば いづこもおなじ 秋の夕ぐれ    
何とはない寂しさが、そぞろ、身を噛む秋の夕、たまらなくなって家を出てあたりを見れば、どこも同じひといろに、物さびしい秋の夕暮れである。
この良暹法師の歌は、かなり早くに作られている。『新古今集』時代の先駆けといってよい。
三夕(さんせき)とは下の句が「秋の夕暮れ」で終わる有名な三つの句のこと。
寂しさは その色としも  なかりけり  槙立つ山の 秋の夕暮れ  寂蓮法師
心なき 身にもあはれは 知られけり  鴫立つ沢の  秋の夕暮れ  西行法師
見渡せば 花も紅葉も  なかりけり  浦の苫屋の  秋の夕暮れ  藤原定家
年寄りになると、寂しさもこんな感じ方をするのが日本人ですね。先は長い。
コメント

中国の家具不況

2012-08-26 19:59:50 | 21世紀
中国の家具不況
2012/08/27
 WBSのニュースで、中国では家具が売れなくて異変が出ていることが報告されていました。こんなニュースが必要な情報だとマスコミを誉めたくなりました。尖閣上陸について、中国の雰囲気がどうだというようなニュースは要りません。ニュース・ステーションでは尖閣状況を専門家2人に話させていました。嫌になってWBSに変えると真面目な報告で日経はさすがと思いました。

 上海の家具店ではお客が居ません。住宅不況はそのまま家具の売り上げ低下60%だそうです。満州の奥地・綏芬河(スイフンガ)では、ロシア木材を輸入し、家具用の部材を作る加工場が沢山ありました。これらの工場の夜逃げが続いているそうです。中国国内の家具低迷だけでなく、ロシアの関税引き上げで輸入材価格は昨年の2倍となり、諦めざるを得ない状態のようです。

 「桐一葉落ちて天下の秋を知る」そのままの出来事のようです。
 胡錦濤時代、毎年10%の経済成長を上げ、あらゆる不具合を裏に隠して来ました。汚職・共産党幹部の蓄財・所得格差の拡大・不動産投資の巨大利益・公害問題の放置、これらの問題は隠せなくなるでしょう。
 尖閣問題や南沙諸島など対外問題の強硬化、航空母艦の建造・新型ステルス戦闘機の開発これらは、内部矛盾のひずみの解消策と考え実行しているのではないか?
 来年には中国の指導部は交替します。しかし次期主席とされる習近平は、何も語りません。習近平失脚か?太子党・江沢民完全排除、李克強の巻き返し などというニュースも流れてきます。
 薄煕来重慶市書記が3月に更迭した後、その家族の行方も世間の関心の的になっている。薄煕来氏の妻・谷開来氏も逮捕された。薄煕来氏は北京で取調べを受け、重慶市の黄奇帆市長も取調べを受けているといいます。
 習近平が、自分の仲間である薄煕来を保護出来なかったことから、この更迭劇になったとすれば、習近平は、何も言えず動きが取れないでしょう。
 重要なのは、習近平と解放軍との関係です。解放軍としては習近平をいわば「身内の人間」と見ています。李克強は北京大学卒である。一方は太子党代表として、既得利益擁護に走る官僚主義者階級や保守的な解放軍から支持され、他方は民主化を願う亡命派から期待される。
 中国の矛盾・不具合隠蔽の効かない時代が次の時代です。揉めるのは習近平が主席になり既得権擁護がそのまま続くことでしょう?
コメント

竹島は韓国領だ

2012-08-25 21:06:14 | 21世紀
竹島は韓国領だ
2012/08/26
 民主党の支持団体・日教組(北海道の北海道教職員組合)の動きを伝える記事だが、事もあろうに、竹島を不法占拠し、領有権を唱える「韓国側の主張が事実に基づいている」という資料を作成し、組合員らに配布していたことが、27日明らかになった」(表題)と伝える記事である。具体的にどのように配布したのか、記事には、「資料が配布されたのは、日本政府が中学校社会科の新学習指導要領の解説書で、独島に関する記述を盛り込んでから4カ月後のことだ。解説書に従って教科書の内容が変わっても、教育現場では「韓国の主張が正しい」と生徒たちに教えるよう指示するものだった」(同)とある。事実とすれば、この団体に国籍を問わねばなるまい。
 「北海道教職員組合によると、昨年11月28日に配布した同組合の機関紙兼学習資料「北教」で、「歴史的な事実を冷静に読み解けば、韓国の主張が事実に基づいていることが明らかだ。島根県などが竹島の領有権を主張する行為は、日本の侵略や植民地支配を正当化する、極めて不当な行為だ」という内容が盛り込まれている」
 東京都教職員組合(都教組)が今年6月、教員向けに発行した「中学校新教科書検討資料」において、「竹島(韓国名:独島)は歴史的根拠がなく、日本領とは言えない」との見解を示していたことが明らかとなった。28日付の産経新聞が報じた。複数の韓国メディアもこれに注目し、相次いで報じた。
  韓国メディアは、「日本の閣僚は教員たちに学べ」「独島は日本領土ではないと都教組」などと題し、良心的な教師たちは、中学校の教科書で竹島が日本の領土と表記して教えるべきとの政府方針に反旗を翻したと伝えた。
 島根県が主催する「竹島の日」大会には、民主党関係者は誰も参加しないのが通例です。 (菅・前原など、南北朝鮮祖国が大事!?グループの命令)
外国の領土に関して、民主党は対応できない(内政干渉になる)のだそうです。 まぁ、傀儡政権としては何も出来ません。
 民主党の国会議員のうち、90名以上は帰化人と、まことしやかの囁かれていますが、調べることは、プライバシー保護に反するのでしょうね?
 日本のマスコミは、李明博大統領の竹島訪問は暴挙だと言っていますが、韓国東亜日報の記事では、上に掲げたような記事がはっきり書かれているそうです。日教組の代表者が民主党の幹事長で政治を動かしているのですから、竹島も尖閣もどう攻撃されても、日教組の方針で対処するのでしょう。
 大津の日教組はイジメ隠ぺいに努力していましたが、かわいいものといえそうです。日教組は獅子身中の虫です。日本体力の強化は、虫駆除から始めよう。
コメント

水行 陸行

2012-08-24 20:53:49 | 21世紀
水行十日陸行一月
2012/08/25
 魏志倭人伝で邪馬台国までの距離は、陸行水行で表されています。
 色々な学者が、現代の距離に表そうとしますが、邪馬台国の位置は、福岡県・佐賀県・奈良県と、ばらばらです。水行は当時の大型船航行ですから、何倍も何十倍も差はないでしょう。しかし陸行は想像する条件で大きく変わります。
 屋久島の原生林の中を少し歩いたことがあります。倒木だらけで、その倒木斜めに引っかかっているものもあり、下まで倒れたところから新しい樹が生えてもいます。時速10m~20mと言っても良い速さでしか動けません。
 里山や登山する山、手入れされている山とは全く違う雰囲気なのです。
 邪馬台国の頃、日本全体が原始林のままでした。けもの道はあったでしょうが何処かに向う道ではありません。アマゾンの熱帯雨林も原生林ですが、倒木の腐敗・土壌化は早く屋久島のようにはならないでしょう。
 即ち、魏志倭人伝の頃の日本全土は、屋久島の原始林状態にあったと、私は想像します。
 佐賀の吉野ヶ里遺跡は、今は平野草原の中にあり、現代的開墾で出来そうですが、原始林を開拓して作り、あの高い見張り台は、樹海の上に飛び出し回りを見ている。境界の柵は、敵対者の侵入を防ぐ、詰め杭を連ねた形です。
 原始林の中で、満足な工具の無い時代に作られた吉野ヶ里遺跡は、当時の文明程度を大きく上回った遺跡と思うのです。

 長崎高速道・金立パーキングに徐福公園があります。
 司馬遷の『史記』の巻百十八「淮南衝山列伝」によると、徐福は秦の始皇帝に、「東方の三神山に長生不老(不老不死)の霊薬がある」と具申し、始皇帝の命を受け、3,000人の童男童女(若い男女)と百工(多くの技術者)を従え、五穀の種を持って、東方に船出し、「平原広沢(広い平野と湿地)」を得て、王となり戻らなかったとの記述があります。
 この出来事は、紀元前3世紀のことです。

 魏志倭人伝での年号は、卑弥呼は景初2年(238年)以降、帯方郡を通じて魏に使者を送り、皇帝から「親魏倭王」に任じられた、とあります。

 吉野ヶ里遺跡の年代は、紀元前3世紀から紀元後3世紀であり、パンフレットには次のように書かれています。
 紀元前3世紀から紀元後3世紀までの弥生時代は、日本で稲作の文化が始まり、定住文化が根付いた日本の文化の原点ともいえる時代です。
弥生時代の遺跡の中でも吉野ヶ里遺跡は、佐賀県神埼郡の旧神埼(かんざき)町・旧三田川(みたがわ)町・旧東脊振(ひがしせふり)村の3つの町村にまたがった我が国最大の遺跡で、弥生時代における「クニ」の中心的な集落の全貌や、弥生時代600年間の移り変わりを知ることができ、日本の古代の歴史を解き明かす上で極めて貴重な資料や情報が集まっています。
 
 史記・徐福・吉野ヶ里遺跡・魏志倭人伝 これらの資料の年代と、弥生時代の始まりなど考えあわせますと、日本に文明をもたらした最初は、徐福である。
 日本全国に徐福が来た場所と現在言い伝えられている場所は佐賀以外に8か所あります。
 佐賀では、その開拓地は吉野ヶ里遺跡であり、8か所の到来地はそれぞれ文明の拠点として発展したのだろうと思います。邪馬台国は徐福到来以降600年のことですから、それぞれに発展し、地方豪族の元であったと考えられます。

 古代史を考えるのに、日本列島が原始林に覆われていたと言う事が抜けている。騎馬民族など原始林の中では、存在出来ません。高温多湿の日本列島とモンゴル草原の乾燥地帯を混同しているのです。
 北海道は現在乾燥地帯の草原の雰囲気がありますが、明治時代まで原始林だったのです。アイヌ民族が熊と共存する森の世界でした。明治の屯田兵や網走の囚人などにより開拓されて現在の風景になったのです。

 日本は島国の連合のようなものです。陸地内は通り抜け出来ない場所でした。
 そんな場所では、現在想像されているより水運が開拓されていたと感じます。
 弥生時代の銅製品・土器・研磨石器・黒曜石など日本全国に流通していたようです。
 徐福文明は文字に残っていませんが、農耕・水運・金属工具農機具 などで発展し、縄文人と同化して日本弥生文明として完成されたと私は感じます。
 韓国方面からの渡来人も多く、山口県豊北町の遺跡のように集団で渡来したグループもあったようです。
 日本に弥生時代渡来した人々は、難民とか追われてくる人ではなく、自分の自由意思で来たいから来た人であり、それらが日本人のルーツというような共通意識があったと思うのは理想主義すぎるでしょうか?
 現在の韓国人の思考が日本人と合わない根本はそんなところにあるのではないでしょうか? こんなに考えていると日本人が好きになります。これが私の歴史認識と発表したいです。現在韓国の言う損得勘定の歴史認識は下の下です。
コメント

国の寿命

2012-08-23 22:50:36 | 21世紀
国の寿命・会社の寿命
2012/08/24
 会社の寿命40年説がありました。尖閣諸島地主、栗原国起さんは「そこまで言って委員会」に出演したとき、中国をどう思いますか?と聞かれて。『中国の崩壊も近いでしょう。ソ連だって1918年に成立し1991年崩壊した。74年の歴史だった。中国は1945年成立し現在2012年ですから67年の歴史です。』と言っていました。
 自然に出来た日本やイギリスと違い、武力革命で出来た国ですから、民族がその国を存続させようという世論は小さいとも言えます。
 上原先生の「成長の原理」では、「成長限界の原理」があって、成長を始めた者はピークを迎え後、衰退の過程に入る。例外はない。と習いました。
 その「成長限界の原理」を越える原理が「並列進行の原理」です。
 一つの商品が成長の限界を迎える前に、第2の商品を開発し成長させることが、企業発展の要諦である。そんな商品が開発出来なければ会社は滅ぶことになります。
 国は滅びても、新しい形態の政治組織で新しい国が興ります。会社は滅びれば何も残りません。
 中国では、周近平は今年の選挙で次期国家主席と目されていますが、自分の考えること・方針など一切口にしません。言えば、反対派その他から上げ足を取られるから自重しているのでしょうが、不可解な事態です。プーチンが声を張り上げ自己主張しているのとは全く違い予想できない未来があると感じます。その予想出来ない未来とは、中国の内乱・分裂かも知れません。中国が毎年GDP8%の成長を果たせなければ、薄熙来(重慶市委書記)逮捕の様な事件は、まだ起こるでしょう。
 尖閣諸島地主、栗原国起さんの言うように、中国もソ連と同じような最期を迎えるのでしょう。
 中国と同じく、韓国も1945年成立し現在2012年ですから67年の歴史です。李明博大統領は、反日言動を繰り返していますがこれらも,最期を迎えている兆候かも知れません。
 日本にとって一番都合の良い進行は、両国の滅亡です。影響は多いでしょうが何れ起こることとして政府では検討している部所があるでしょうか? 日露戦争の時明石元二郎は今の価値では400億円以上を工作資金として支給されロシア革命支援工作を画策しました。同じようなことを考える政治家はいませんか? 石原慎太郎は尖閣のように、民間資金を集め、実行しませんか?

コメント

ホテル=下宿屋

2012-08-22 21:01:07 | 21世紀
ホテル¬=下宿屋
2012/08/23
 アメリカ映画を見ていて、ホテルには長期滞在者が多いのだなと、若い頃から思っていました。都会の公園のベンチで1日中坐っている雰囲気の御婆さん、夜はホテルのレストランで食事をしています。そんな行動を当たり前のことと書いていました。
 クリント・イーストウッドの「ペイルライダー」で主人公はならづ者です。その町に復讐に来るガンマンに対抗するため雇われました。彼の第一の仕事ははホテルを空にすることでした。西部の田舎町なのに長期滞在者が20人位いるのです。料金は安いのでしょう下宿屋替わりのようでした。
 日本では、そんな形の下宿屋はありません。日本の都会ではワンルームマンション1部屋60,000円/月は掛り、それが払えなければホームレス生活です。
 中国人は、そのワンルームに何人も一緒に住んで住宅費を安く上げています。
 テレビで時々報道される、若者の都会生活では収入の50%が家賃と言っていました。観ていて、親元の家から通勤すれば、家賃分要らないから楽だろうなど考えました。
 ホームレス対策で就職斡旋する市役所担当者の奮闘も良く報道されます。
 昔は雇用促進住宅という施設がありましたが、今はどうなんでしょう?
 今こそ、若い人が1万円~2万円/月で入居できる公営住宅があると、期間工や短期従業員なども生活出来ます。東京郊外の団地には入居者が少なく地元スーパーも存続できないといいます。こういう団地を国が補助金出しても若い人達に安く入ってもらいましょう。郊外ですから交通時間・交通費も掛るでしょうが、地域の発展の意味を込めて公費補助してやりましょう。
 若い人をそんな形で集めると犯罪や、喧嘩などもありうまく行かないという意見があるでしょう? 隣組組織や、警察の訪問など対策は出来そうです。
 日本でアメリカ式のホテル=下宿屋が成り立たないのは土地代が高いからです。公営団地など、国の無料貸与などで、自立老人のホテル下宿屋が安くできれば、入りたいな。病院や介護施設と考えると経費が高くなりますが、アメリカ式ホテル下宿屋と考えれば老人にも生活出来るのではないでしょうか?
 完全介護の養護施設や、現存の有料老人ホームは贅沢過ぎます。それらと姨捨山の中間の施設として考えられないでしょうか?
 公園や市民会館・劇場の植木の影に老人が憩う姿は日本にはありません。アメリカ映画の雰囲気ですが、老人大国日本は老人憩いの環境も考えたいですね。
 年取ると、映画を観ても、若い頃とは違う感じがあります。外国の独居老人の生活など見てみたいな。作り物でない雰囲気のあるものを知りませんか?
コメント

チョッパリ

2012-08-21 23:40:44 | 21世紀
チョッパリ
2012/08/22
 韓国人に浸み込んだ、華夷秩序を貴ぶ秩序感覚とここから派生する「地域差別」である。中国を世界の中心に据える華夷秩序であれば、冊封体制に依り、韓国が小中華となる。韓国の中心はソウルであり、ソウルから遠くなる程蔑視される訳である。結果、全羅南道に住む国民は正規軍に依り虐殺され、海の向こうに住む済州島の島民は人間扱いされない。更に済州島の遥か彼方の日本に住む日本人は獣と言う理屈になる。事実、酒の席で韓国人が日本人の事を話す時は、「チョッパリ=豚の足」と言う言葉を好んで使う。山口 巌 さんのお話です。
 韓国ビジネスを担当し始めて、最初の鮮烈な経験は「本貫との出会いである。ある会合で会社を経営する金氏を紹介されたのであるが、名刺を差し出しながらキムです、安東金です、との自己紹介であった。
安東は地名で、金は韓国を代表する姓である、差し詰め、日本で言えば「伊勢平氏」と言った所であろうか?後で知る事になるのであるが、李王朝時代、歴代王の妃は安東金氏依り出る事になっていた、名門中の名門なのである。金氏は紹介時そう言う事を言いたかったに違いない。
日本人は、韓国も日本同様の中央集権国家と思っているが、実態は、一皮剥けば本貫をベースとした「氏族」の集合体ではないのか?
次の経験は、「姓」に関するものである。会合で一人の身なりの良い紳士(本人自己紹介ではソウル大学卒)と話している最中に、私の韓国ビジネスの師匠である朴氏が突然私のスーツの袖を掴み、「あんな人と話しては行けません!」と厳しく諭すのである。朴氏は李王朝時代の貴族階級である「両班」の家系出身でソウル大学政治学科卒のエリート。一方、身なりの良い紳士から受け取った名刺を改めて見ると、この資料でサンノム(賎民)と示されている姓であった。普段温厚な朴氏の激高を思い出すにつけ、偏見とか偏見から来る差別とか言った生易しい物では決してない、まるで「人」と認めない様な激しい拒絶を感じた。今以って、「姓」に対する偏見と差別が韓国社会を分断しているに違いないと思っている。
韓国人は日本人を「チョッパリ=豚の足」であり人間と思っていないのです。
韓国人の中でも、インドのカーストの様な差別があるところで、それらを超越した価値・お金があり、売春で稼ぐことも肯定され、世界一多い人数の海外売春婦が活動しています。
私達日本人は韓国人も日本人と同じ考え方をすると理解しがちですが、彼らは、日本人と違うという事実を教育すべきと思います。
コメント

暇つぶしオリンピック

2012-08-21 23:30:30 | 21世紀
暇つぶしオリンピック
2012/08/21
 暇なもんですから、ロンドンオリンピックの放映を沢山見ました。オリンピックのメダルを取ることが、すべてと言うように、勝に拘る試合は嫌ですね。
 オリンピックの柔道は、日本の柔道ではありません。自分に有利な体勢を作るため襟や袖の取り合いは見苦しい限りです。袖を取って力の限り振り回すのが技ではありません。力があるなら、相手を引き寄せて崩し腰に乗せるほうが柔道と思います。ポイント制とは違う本家柔道を日本は造りましょう。
 新体操も随分変わりましたねぇ。もう、スポーツと芸能の差がなくなる方向に進むのでしょうか?現在の新体操はアラブのへそ出し踊り(ベリーダンス)と同じです。あれが種目なら、日本の「よさこいソーラン」の踊りや「阿波踊り」を世界に広めて種目にしましょう?
 フェンシングは銀メダル取って人気ですが、三銃士やダルダニアンなどの流行らない現在、武術と考えていない突っつき比べです。防具を付けて刺しあいし、刺せば色が付く判定としましょう。日本の剣道や相撲の方が、武術らしいです。アーチェリーも武術とは言えません。アーチェリーの弓には狙い定める道具などいろいろついています。弓以外の小道具の無い日本の弓道が原点で、日本人は弓道の精神的意味などをものにしアーチェリーなど道具屋の陰謀の産物と排斥しょう。
 レスリングの試合をみましたが、面白いものではありません。戦術もなく足を取ると1点、背中に付くと1点、枠の外に押し出すと1点など、オリンピック競技でなければ、する人はいないでしょう。
 ボクシングは、ヘッドギアなど外しましょう。ボクシングの避け方ウイービング・ダッキングなどあるのですから練習しましょう。避けないで防具のあるところを叩くゲームは見て居て面白くありません。山崎なんとかが出ようかと言う程度のものですね。
 猫ヒロシはカンボジアから出演出来ませんでした。日本のマスコミの風潮はオリンピックを汚すというようなものでしたが、何処の国も人種の混合です。中国人ピンポン選手がカナダその他にいますが追い出しませんか? 日本人だってフィギアスケートでロシアに帰化した人もいるのに?
 走る・投げる・跳ぶ・泳ぐの単純なものは、「そうかい」と言うだけで面白くもありません。宣伝と映像でスターを作りますが、結局は出身地地元の歓迎会があってそれで終わりでしょう。 マスコミの放映で暇つぶしになりますが、「ひつまぶし」が良いです。 「いきものがたり」のオリンピックの歌は聴き易く、時代にあっています。この歌とともに「なでしこ」思い出すでしょう。
コメント

消費税増税おめでとう

2012-08-19 21:36:53 | 21世紀
消費税増税おめでとう
2012/08/20
大半の国民・国会議員の反対している、消費税増税が決まりました。
 野田首相だって反対でしょうが、アメリカの指令に背けず、無理矢理の増税です。IMFが増税を指導するのは、予想される欧米の金融危機の際、日本が救済の余力があるように準備するということでしょう。菅直人が首相になって訪米した時、アメリカの機嫌取りで増税を約束したことに始まる出来事でした。
先進国は、皆消費税20%程度ですので、日本が先進国の仲間に入るお祝儀のようなものかもしれません。
日本の国債1,000兆円もアメリカの指導で作ったものです。黒字の日本は設備投資をし、輸出に頼らない発展を目指せと指令を受け、高速道路網・新幹線・湾岸道路・本四架橋3本などを実施した結果が、日本の負債なのです。
アメリカは毎年、日本に対し、年次要望書を発行します。何年かして必ず実行する優等生が日本政府なんです。
先を考えた日本の政策は、戦後60年全部アメリカが計画したものです。
日本の政党などが計画した、大きい意味の政策は、「日本列島改造論」以外にはありません。あとは、アメリカの指令をしぶしぶ実行しているだけです。
タイの工業団地は昨年洪水で浸水してしまいましたが、タイ政府は、高さ5mの防水壁で囲ってしまいました。浸水2mに対し5mですから素晴らしいです。日本も20mの津波に対抗し、25mの盛り土をして新しい土地を造ればいいのです。津波覚悟の港湾や親水地域を残し、内陸100m地点から標高30mの土地にすれば、瓦礫もすべて埋め込みできます。
こんな日本列島改造を実行すれば、昭和30年代の好景気を呼び込むことができます。
売値の安くなる家電やIC関連は、大企業は投資をもう止めましょう。
海洋温度差発電所・海水淡水化プラントなど、大規模プラントに力を注ぎ実証プラントを設置し、実用化することが大企業の仕事だと悟りましょう。
重厚長大は、時代遅れだ。軽薄短小こそ新時代だと言う説があり現在はそれが通常の考えですが、21世紀は、低温度差20℃から大規模設備で量を増やし、ヂ規模電力を引き出すというような、大規模投資に切り替えるべきです。
それが、日本発展の方針とすべきです。サッカーの試合を見て居て、ショートパスを繋ぐ戦法より、ロングパスで突破する法が点を入れ易そうです。
大規模投資は、周りの小規模投資を呼び込み、活気ある社会を作ります。
戦争に負けた。ゼロからのスタートだとして、21世紀の発展策を作りましょう。消費税増税を起点に、新しく考えましょう。
コメント

韓国大統領の竹島訪問

2012-08-18 20:31:35 | 21世紀
韓国大統領竹島訪問
2012/08/19
 韓国の李明博大統領は10日、日本と韓国が領有権をめぐり対立する竹島(韓国名・独島)を訪問した。大統領の竹島訪問は史上初めてで、実効支配している「韓国固有の領土」であると内外にアピールするとともに、一歩も譲歩しない断固たる姿勢を示すのが狙い。日本は激しく反発しており、両国関係の冷却化は必至だ。
 うれしいニュースだと喜びましょう。韓国と日本の関係が悪くなることは、日本のために良い事だと思います。
 韓国の血を引いた政治家、小澤一郎・菅直人は、在日韓国人に地方参政権を渡そうと活動しています。パチンコ屋は在日韓国朝鮮人経営で警察と癒着し、その息子たちは、日本通称名でしか報道されないのを良いことに、性犯罪・殺人などを犯しても糾弾されない仕組みになっています。
 マスコミも、韓国系芸能人と癒着し、韓流ドラマを安く輸入し、日本テレビの程度を下げています。
 日本に韓国人が居ることは、日本人の為になっているか? 大津の中学いじめ自殺は、大津市の韓国人優遇に遠因があります。担任の先生は、日教組の担当として韓国学生との交流活動をし、日本人生徒に韓国語を教えるのに熱心だったそうです。
 韓国人が日本にいて、良いことがあるという実例を教えて貰いたいと思います。日本人側から政治的な反韓国運動などありませんが、韓国からは、従軍慰安婦についての反日運動、歴史問題としての反日運動、教科書記述について反日運動、日本海の呼び名を東海としようとする反日運動などうるさいことばかりです。
 韓国が反日運動を繰り返すのを、日本は無視していましたが、韓国に発案させて隔離政策・旅行禁止・輸入禁止・輸出禁止などに拡大させることを頭に置きましょう。 それに伴い、韓国人への生活保護禁止なども起こるでしょう。あの大声で怒鳴るばかりの韓国時代劇のテレビ放映もなくなるでしょう。
 韓国系芸能人、和田アキ子などに、これらの反日運動をどう思うかと発言させたいですね。そして、反日ならば帰国運動が起こりますように。
 韓国大統領が竹島訪問するのは、反日活動以外の要素はありません。
 大統領自らが行動するのは、自分も反日活動家だと国内に表明しなければならないほど機運が高まっているのでしょう。反日活動をそのまま受け入れましょう。日本人は韓国旅行を控えましょう。韓国人旅行者を歓迎しますまい。
コメント

黒崎の発展策

2012-08-17 21:50:13 | 21世紀
黒崎の発展策
2012/08/18
 10年閉鎖されていたコム・シティを北九州市が買収し、八幡西区役所を移転させるそうです。黒崎駅前の黒崎商店街は、お客が少なくシャッター通りになっています。北九州市は、黒崎地区発展のために100億円以上投資していると解説していました。
 売る方の対策を色々しても、買う人が居なければ、発展などあり得ません。
 昭和42年頃、三菱化成の石炭埠頭などの工事で黒崎にいた私は、当時の賑やかさを良く覚えて居るし、懐かしく想い出します。三菱化成は次々に工事を発注していて、土建業や機械設備業の作業員で溢れていました。打ち合わせの後は街で接待も普通のことで、ほゞ毎日街に出ていました。
 黒崎に当時の賑やかさを取り戻すには、三菱化学・黒崎窯業が新たな設備投資を行うことです。
 戸畑・小倉の昔の賑やかさを取り戻すには、新日鉄・住金・東芝などの大企業が新たな発展をし。新規の設備投資が行われることです。遊ぶお金を持ったお客さんが居なければ、アーケード作っても、新しい商業施設作っても発展はありません。今、景気の良いのは東北仙台だそうです。津波被害復興のため作業する人々が集まり地元にお金を落としています。
 小倉駅裏の空きビルに、マンガ博物館が開かれますが、子供相手の博物館では、お金は儲からないでしょう。
 国営でもいい、公営でもいい、新技術による新工場建設などの投資が、作業員を集め賑やかな街に発展します。
 バイオ発電所(山林廃材やゴミから電気を起こす)、海洋温度差発電(深層水と表面水の温度差から発電する)、海水淡水化プラント、海上風力発電、など機械的設備投資を要するプラント建設に投資しましょう。太陽光発電は現電気代より高いですから発電しても損するばかりです。
 そんな設備があちこちで作られるようになれば、北九州の工場はそれらを作るようになるでしょう。そしてそれらを輸出するようにもなり、発展はあらたな段階になるでしょう。
 昭和30年代、通産省が日本発展のための自動車産業・電機産業・化学産業などを指導発展させたような、国策を考え実行しましょう。そういう発展の本流があってこそ、民間の投資も始まり。税収も上がり、社会全体が浮揚すると感じます。発展の思想が無く既得権益の配分などが主要な考えの民主党的考えでは、国の発展はあり得ないと知らしめ、発展こそが経済成長だと国民の考えを統一しましょう。そんな中で、黒崎も戸畑も小倉も発展するのです。
コメント