朝礼の話題

見たり読んだりして、感じたことを朝礼で話しています。この頃は仕事の話は少なくなりました。

健康長寿の基本は筋膜です

2011-02-01 08:27:11 | 健康
筋膜(きんまく)
2011/01/28
 聴きなれない単語ですが、ボディワークの説明書にある言葉です。
 筋膜は、骨、内臓器官、血管、神経など身体のあらゆる構成要素を包み込み、それぞれの場所に適正に位置するように支えています。つまり、私たちの身体は一組織毎に筋膜という容れ物で中身を傷つけないように包まれています。
 筋膜の主成分はコラーゲン組織のため、可塑性に富んでいます。可塑性とは、粘土のように一定の圧力で形を変えられるという意味です。
 そのため、ケガ・緊張・ストレスなどによって、筋膜は短くなったり、硬くなったり、他の筋膜と癒着したりして形を変えます。変形した筋膜は、その部分にとどまらず、身体全体の構造に影響を及ぼすのです。
 そこで、ロルファー(施術者)は自分の手・肘・腕などを使って、圧力と熱をクライアント(被術者)の身体に加えます。これにより、萎縮した筋膜を伸ばし、硬化した筋膜に弾力を与え癒着した筋膜をはがしていきます。そして、筋肉・腱・靭帯などの柔組織を解剖学的に正しい位置に戻します。このようにして身体全体の構造をバランスさせていくのです。
「筋膜は構造の器官であり、三次元空間で身体を正しく保つための器官である」
生物学や医学では言わない概念ですが、麻生先生のボディワークを受け身体が変わりつつある私には、本当だと確信できます。
 骨格は筋肉によって繋ぎ止められていますが、バラバラの糸のような筋肉ではなく、筋膜でひと固まりに纏められた筋肉で引き合い押し合いして動きながら、身体のバランスを保っていると理解出来ます。
 色々な原因で筋膜が歪み、前屈みの姿勢であったり、左右に偏ったりしています。そしてそれにより身体の不具合が起こるようです。
 私の不具合は、肥満で、骨盤のゆがみが原因と言われましたが、その歪みの原因は、直立したときの重心が足の外側(小指側)に掛かっていること。そしてなぜそうなるかの原因は、足の筋肉が正常の位置でないことだとわかりました。そしてそれを治すべくボディワークするに従って、位置の変わるたび神経痛を引き起こしているようです。
 足・腰。坐骨の痛みの箇所は日替わりに移動します。この痛みが終われば平常に戻れると楽しみに待っているところです。
 筋膜は英語Fasciaの訳語だそうですが、手元の辞書では出ていません。
 実際には白い薄い膜で、テキストには写真がありました。
筋膜のつながりをベストに例え、ベストの端を引っ張ると様々な方向に歪みが進む挿絵がありました。
コメント

歯磨き

2010-09-01 13:57:52 | 健康
歯磨き粉は必要か?
2010/09/01
 入院してベッドから降りられなくなりました。看護婦さんは口ゆすぎ用の水と吐き出し用のお椀を貸してくれました。
 口に水を含みガラガラして吐き出しますと、水は非常に汚れています。
 そのあと、歯磨き粉つけずに歯磨きし、水を吐き出しますと、「嘘だろう」と言うくらいの汚れでビックリします。
 歯磨きしていると歯石がはがれるのか、口臭の嫌な匂いがしてきます。
 いつもは、歯磨き粉をつけて歯磨きしますが、そんな口臭に気付くことはありません。
 歯磨き粉の香料は、自分の匂いに気がつかぬよういれてあるのでしょうか?
 歯磨き粉のない江戸時代には、木の枝の先端を叩きつぶして、そのほぐれたところで歯磨きしたそうです。

 匂いは、体臭をごまかす香水のように、人間の感覚を鈍らすものかもしれません。
 考えてみると、整髪料・チュウインガム・バニラフレーバーなど、不必要な人工香料を使ったものも沢山有るようです。
 人工の匂いを無くしたところで、感じる匂いを犬のように感じてみたいものです。
コメント

体重は14kgも減りました

2010-08-31 10:55:19 | 健康
無事退院
 お盆休みの12日、昨日貰った周田医院の紹介状を持って、小倉記念病院に行きました。
 病院も休みでしたが、救急窓口に紹介状を出しました。すぐ診て貰えました。
 腎臓が良くないようです、と言われ即入院です。
 点滴・酸素マスク・排尿パイプ・自動心電図発信機を付けられ、重病人のようになりました。
 点滴は、利尿剤のようで1日1.5L~2L排尿されます。
 食事は1食470カロリー、水は1日800ccの制限です。
 毎日1kgずつ減り、2週間で14kgも体重がへりました。
 入院時103kgは現在89kgになっています。
 呼吸も歩行も楽になり、8月28日退院となりました。
 寝てばかりでしたので、少しフラフラしますが、すぐ直るでしょう。
 車の運転は、支障ありません。
 医者はありがたいものですね!
 毎日暑く、熱中症も出ているとき、病院で避暑しているみたいで気がひけます。
 これからは、自分で飲水制限・体重管理しなければなりません。
 出来るかなぁ?

コメント

糖尿病の克服

2009-10-05 14:16:03 | 健康
糖尿病よ、さようなら2009・10・5
 吉川尤介さん(親友・高校同級生)は腎臓が弱く、尿にタンパク質が出るので、医者からタンパク質を制限されていました。ご飯も低タンパクの特殊なお米でどこにも弁当持参でした。

 私は糖尿病で、血糖値も高く、尿に糖も出ていました。
 しかし医者は「糖分・炭水化物を制限せよ」とは言わず、「。カロリーを制限せよ。運動せよ」と言います。
 年取ると、膝や足も痛くなり、運動も仕辛く、体重が増えるばかりで100kg
を超えるありさまです。
 炭水化物は消化されブドウ糖となり、余分のブドウ糖は、脂肪に変換され内臓脂肪・皮下脂肪として身体に貯えられます。

 炭水化物を制限すれば、脂肪が増える心配もいらない。
 脂肪とタンパク質を食べていれば、皮下脂肪も出来ない。
 エスキモーは、生肉だけ食べている時に肥満はなかった。西洋風にパンを食べるようになると肥満の人が多くなった。
 肥満のある糖尿病患者は、炭水化物を制限すべきだ。そうすれば血糖値も下がり肥満も解消する。

 生命維持に糖分は欠かせない。脳細胞はブドウ糖で生存しているといわれていたが、脂肪を分解して出来るケトン体と言う物質で十分生存出来るそうです。
 有酸素運動という代謝システムでは、脂肪を燃焼させてエネルギーにします。
 私達が炭水化物を摂取しなければ、色んな酵素が働き始め内臓脂肪を燃焼する有酸素運動が起こることが早まります。

 アメリカのアトキンスという学者が提唱するアトキンス式ダイエットは、この炭水化物を摂らないダイエット法です。

 私ははじめて2週間ですが、血糖値は下がり100前後を保ち医者から褒められています。
 1か月・2か月たっての結果はまた報告しますが、いい結果が得られそうです。
 医者は糖尿病は治らない、合併症を防ぐため、薬品・インシュリン注射で血糖値を維持すると言います。 切り札は炭水化物の制限のようです。
コメント

認認介護をなくそう

2008-11-18 14:22:58 | 健康
認認介護その2
 認知症の夫を介護する妻が、認知症に罹りボケる場合もある。介護は、いじめ・虐待に変質し、殺人に至る場合があるという。NHKのニュースを見ていて怖くなってきました。認知症患者は、現在日本に220万人おり、2035年には445万人と予想されると言っています。
腹が立つのは、行政で面倒をみるべきだと匂わせる報道姿勢です。
 報道の結論は、どうすれば認知症を減らすことが出来るかというところに持って行き、医者に発言させるべきと思うのです。

 認知症阻止の指導や訓練など、医者や製薬会社など研究しているのでしょうが、一般にはそんな話は聞こえて来ません。

 私は自分の健康を保つのを3つの方法を考えています。
① ハンドパワー
② リンパマッサージ
③ 抗酸化酵素

1・ ハンドパワーの岡上先生に尋ねました。
 「認知症」はハンドパワーで防げますか?」
 「防げます」「認知症の方も、統合失調症の方もよく来られます。症状は改善されています」
 「自分が認知症にならないための対策はありますか?」
 「あります。自分のパワーを他人に与えていますと、それだけで自分も健康になります。

 何でもOKの話は、理論もなく信用するのも不安です。

2・リンパマッサージの麻生先生に尋ねました。
 「認知症は頭に酸素が不足することから起こります」
 「呼吸に心を配り、深く呼吸することで改善されます」
 「呼吸を深くするのは、まず吐くのです。吐いて肺から空気を出してしまえば、自然に、意識しないでも身体が動いて空気を取り入れます。
 意識して吸うのではなく、意識して吐いて下さい」

 お年寄りのお坊さんが、健康で元気です。
 朝夕、御経を読み、すなわち空気を吐いて、無意識のうちに深呼吸しています。意識して吐くとは坊さんの御経やカラオケや謡などにも通じます。

3・抗酸化酵素の海野社長に聴きました。
 陶板浴に入っていますと、還元の環境に居ることで、マイナスイオンを吸っています。汗と共に老廃物・摂り入れた毒物など排泄します。
 代謝の能力が良くなります。
 陶板浴でガンもアトピーも治っています。
 認知症に限らず、陶板浴に入浴して改善されないものは、ありません。

 人間が還元の環境にいると、人間に寄生している細菌のうち嫌気性菌は死滅してしまいます。その結果水虫・皮膚病は徐徐になくなっていきます。

話を聴いていると、リンパマッサージの麻生先生の言われる呼吸法が、ボケの効果的予防法に感じられました。
ハンドパワーは、説得力に欠けています。
抗酸化酵素は健康には有用だが、ボケ予防には効果は不明です。

 他にもいろいろボケ防止法となる療法があると思います。
 医者や厚生省は、法律で認めた療法は医師法違反であるとしています。
 先日も整体の先生が、免許のないのに触診など医療行為を働いたと逮捕されました。
 医者不足で、救急患者がタライ回しされている時代です。お医者さんの多忙・人員不足を解消する一助として、実害のない民間療法を公認の療法として逮捕などしないことにしまししょう。

 ヨガや気功・カイロ・鍼灸などは公認されていますが、それらと同じように、公認して管理するのはいい方法と思いますがどうでしょう?
 
 「疑わしきは禁止」とするのは日本の法律の精神とは異なります。
 「疑わしきは罰せず」が日本の法律の精神です。私たちも民間療法を悪いものと決め付けず、認めていきたいですね。

 宗教として、高額のお布施を取り、グッズを売るものもあります。民間療法を明るみに出せば、インチキ宗教は、淘汰されるでしょう。高価な印鑑を売る霊感療法も淘汰されるでしょう。
コメント

認認介護2008

2008-11-12 11:19:08 | 健康
認認介護2008/11/12
 昨夜のNC9で、認認介護が暴力行為になり殺人事件になった老夫婦が紹介されました。
 認認介護とは、認知症高齢者の夫を介護している妻も高齢となり認知症に罹り、認知症患者を認知症患者が介護する悲惨な状態を指します。
 2035年には日本の認知症患者は445万人(2005年の2倍)と予想されています。

 私は70才妻は65才、認認夫婦にならない対策はあるだろうか?

 私はこの対策として、「ハンドパワー」修業が有効ではないかと考えました。
「ハンドパワー」の内容は興味を持たれたら、グーグルで検索してみて下さい。
 いわゆる超能力ですが、スプーンを曲げたりするミスター・マリックではなく、現代医学に見放された難病の予後を改善する実例が溢れています。

 「野中邦子ハンドパワー」「アースハート・ハンドパワー」などの記述を読むと認知症の進行を止める事は可能と思われます。

 今書いているこの文章も、ボケ防止活動の一つとして実行しているものですが、防止から改善へと次元を上げるのに、「ハンドパワー」は試す価値があると考えた次第です。
 ハンドパワーに、他人の病気を改善する力がなかったあるいは自分に習得する力がなかったとしても、意識を身体の一部分に集中する訓練は、ヨガや整体に通じることでもあり、悪い結果にはならない修行だと思います。

 2チャンネルのハンドパワーへの攻撃はなかなか盛んです。
 詐欺集団だ、洗脳だ、警察は取り締まれ、金返せ、とにぎやかです。
 しかし、それらの文章を読んでいると、ハンドパワーが正しく、攻撃者は理解が足りない、実践してみてごらんよなどと思うのは面白いですね。

 民主党や浜田防衛大臣の田母神空将への攻撃のようです。下手な攻撃を聞く度に、田母神空将の堂々たる態度が神々しく見えてきます。論文のどの部分が悪いか指摘する能力のない攻撃者ばかりです。原文をコピーして社内回覧していますが私は論文に賛成です。ハンドパワーも攻撃文を読んでいますと、其れは真実だとの思わせてしまいます。
コメント

パンデミック対策はこれだ!

2008-11-10 11:10:25 | 健康
はちみつ療法・うじ虫療法2008/11/10
 インターネット検索は、楽しいです。何でもあります。
 糖尿病の友人が、足の指を切断手術したと聞いて、自分も怖くなり、「壊疽(エソ)・糖尿病」と入れ検索しました。
 21世紀の現代でも、こんなことがされているのか?健康保険は適用できないだろうが、もし私が壊疽になったらやってみたいと思いました。

 戦場で、負傷したとき、蠅が卵を産みつけ「うじ」が湧くことがあるそうです。うじに食べられてもう終わりかという感じになりそうですが、予後は良いそうです。ウジは死んだ腐敗した肉・腐敗菌は食べますが、生きた細胞は食べないそうです。二次感染も起こすことなく新しい皮膚が出来治癒します。

 糖尿病で血管が損傷を受け、血液が末端まで行かず細胞が死滅するのが壊疽(エソ)ですが、黒く変色し潰瘍になった場所に、無菌で育てたウジを置きますと死んだ皮膚・肉・血管を食べてくれて、ピンク色した新しい組織が出来ると書いてあります。

 ウジの嫌いな人には、蜂蜜も効果的です。潰瘍になった患部に純蜂蜜を塗り布で覆って置きますと、新しい皮膚・肉がついてピンク色になり治癒してくるとあります。
 蜂蜜には、何百種類の物質が入っており、何が効くのかまだ分かっていないけれど治癒するのだそうです。
*****************引用*******************
 ニュージーランドにあるワイカト大学でハチミツ研究チームのディレクターを務めるPeter Molan氏はこう語る。「すべてのハチミツには抗菌作用がある。過酸化水素を作る酵素をハチが加えてくれるからだ。しかし、そこに含まれる有効成分の正体はまだ特定できていない。われわれにわかっているのは、(ハチミツが)非常に幅広い分野で効果を発揮するということだけだ」

Molan氏とSimon氏によると、細菌にハチミツへの耐性を持たせる実験を試みたが、耐性を持つことはなかったという。ハチミツのさまざまな成分が複雑な攻撃を仕掛けているため、細菌の順応が阻止されているのかもしれない、と両氏は推測している。

ドイツでは、20以上の病院で医療用ハチミツを使った実験が行なわれている。医療用ハチミツは、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドでも使われている。だが、米国では、ハチミツが抗生剤として使えること自体がほとんど知られていない。Molan氏は、ハチミツの研究の多くは海外で行なわれており、中には研究の手順が不完全なものもあることから、米国の医師は疑いを払拭できないでいるのだと指摘する。

Molan氏は、今年発表された論文レビューにおいて、2000人以上を対象にした20件以上の調査から肯定的な結果を集めた。さらに動物を使った大規模な研究の裏付けも得ており、この結果は医学界に大きな影響を与えるはずだ、とMolan氏は話している。薬剤が効かない細菌の脅威に直面した場合には、なおさらだ。

「抗生物質がまったく効かない場合もある。そうした細菌に感染して、多くの人が死亡している」とMolan氏。

市販の医療用ハチミツは、米国ではオンラインで入手できる。米食品医薬品局(FDA)に対して承認を申請した企業も1社ある。同時に、より完全な臨床研究も行なわれようとしている。ドイツの複数の病院では、Simon氏のチームがボンで構築したデータベースに、各病院の事例を登録している。一方、Eddy氏は初の二重盲検法を用いた研究を行なっている。

「抗生物質を与えれば与えるほど、多くのスーパーバグが生まれ、傷口はそうした細菌にとって絶好の隠れ場所になってしまう。ハチミツは、このような細菌を根絶することにより、社会に大いに役立ち、公衆衛生の向上に貢献してくれるだろう」とEddy氏は語った。
*******************引用終わり********************
ニュージーランド産のマヌカ蜂蜜(マヌカという樹の花蜜を集めたもの)はアボリジニ時代から薬効を認められたものだそうで、山田養蜂場などから売られています。

蓄膿症にも効果ありと書いてありました。30倍薄め液で鼻を洗浄しますと蜂蜜の殺菌効果で治癒するとあります。

今、鳥インフルエンザの蔓延(パンデミック)が懸念されています。
ウィルスへの対策に、このマヌカ蜂蜜を用意しておこう。これはいいアィデアだと自画自賛しているところです。あなたはどう思います?勉強しましょう。
コメント

何才まで飲みにこれるかなぁ

2008-11-01 13:32:47 | 健康
何才まで飲めるかな?2008/11/01
 昨日5か月ぶりに南国ビルに行きました。太ってしまって節制しなくてはと6月から禁酒していました。
 年寄りがのさばって、雰囲気を毀してはいけないと、7時入店9時退店がペースでした。お客の少ない時は、枯れ木も山の賑わいと喜ばれるかと思っての遠慮からです。
 もう一つの理由は9時になると自動車が、鍛冶町・堺町には進入禁止になるからです。会社からまっすぐ飲みに行って、代行運転で帰るのに9時以降では随分歩くかなければならず時間を決めても5分10分路上で待つのが嫌でした。

昨日ビルから出たとき、タクシーが止まりお客さんが下りてきました。
驚いたのは、半身不随に近い、杖をついた老人だったのです。しばし見守っていましたが無事エレベータに乗り込まれました。
すごいなぁ。あんな体になっても飲みに来るんだ。いい思い出があるんだろう。家庭・病院でのリハビリでストレスも溜まり、家族にも内緒で来ているんだろう。奥さんに言えば外出禁止されるだろうから。私も何年か後こんな風に飲みに来ているだろうか?

先日、同級生からうれしい話を聞きました。高野清房(中学の同級生)が脳梗塞にかかり救急車で入院したそうです。しかし無事全快して今では以前より健康になりお酒も昔通り飲んでいるそうです。
朝歯磨きをしている時、口に異常を感じ、鏡を見ると顔面神経になったようで、顔色も白くなり、力が抜ける感じだったそうです。
奥さんに救急車を呼ばせ、脳梗塞だと決めて、治療出来る大病院に行きました。先生からは、早くきたことを褒められ血管の詰まりを溶かす点滴をしてもらい、脳梗塞の症状が固定することなく快癒し時ならず退院しました。

えらいなぁ、ついているなぁ、普段から考えていたのかなぁ、年とっても
自分の身体は自分で管理しておくことが大切だなぁと思いました。
脳梗塞で、寝たきりになり、外出しなくなった友達も何人かいます。
梗塞が起きたときの感じ方・気分・吐き気・頭の回りかたなど習っておいて、速い決断で行動出来る準備しよう。
3年前、寝ていて吐き気を感じ、台所まで這って行き吐きました。救急車で記念病院に行き脳梗塞を覚悟していたところ、「メマイ症」と言われ治療も薬もなくすぐ返されました。あの時はホットしました。
コメント

格好いい幕切れ

2008-10-22 10:28:21 | 健康
後期高齢者に近づきました。2008/10/22
 70才になったら、いいこともあります。厚生年金保険料は引かれなくなりました。 健康保険料は、10,660円引かれますが、自己負担額は30%から10%に下がりました。
 「後期高齢者保険は、後期高齢者を差別するものだ」「後期高齢者は死ねというのか?」「後期高齢者保険を廃止せよ」などとの意見が新聞・テレビ・民主党が言います。

 まだ後期高齢者まで5年ありますので、当事者としての不満はありません。
 70才になった今病院窓口負担10%は、有難いです。糖尿病医者通いに毎月15,000円支払っているのが、5,000円になりました。助かります。
 75才になったら、現在より条件が悪くなるようにも思えないけれど、どうなんだろう?

 長期入院やリハビリに期限が設けられ、治癒していないのに退院させられる。
「老人は早く死ねというのか?」と解説者は言いますが、昔は皆自宅で寝ていました。政府がすべて責任を持って、死ぬまで面倒を見よという意見のようですが、それは可能でしょうか?
 病気の責任は、自分にはない。災難だ。病気を治す責任は国にあると言わんばかりです。

 すべての不具合の原因は自分の外にある、自分自身には責任がないという教育が戦後60年続いた結果の、ひとつの状況です。

 75才にもなって、自分の死生観・生命観を持てない日本人が多いのは、何かが欠けていると感じます。
 それは、戦後無視してきた宗教教育・道徳教育の不足、損得勘定だけで善悪を決める未熟なエゴの表現に思えます。

 格好いい生き方とは、私たちの世代では、石原裕次郎のような太く短く生きる人、ヒルトンの小説「鎧なき騎士」の主人公のような自分の理想に尽くす人、菅原通済のような大きい夢を持つ人、植村直己のような冒険家、そして責任をすべて自分にあるとして自分の運命を受け入れる人です。(私の好みだけかな?)

 後期高齢者問題は、格好いい日本人ではありませんね。
コメント

奇跡のホルモン

2008-09-16 15:12:17 | 健康
アディポネクチン2008/09/16
体重96kgになった私は、メタボと蔑みを受けながら、一応の努力を続けています。糖尿病・高血圧・心臓カテーテル治療と医者通いしています。
 ダイエット・散歩などを気長にやらねばと、気が重いです。

 ビッグニュースです。
 メタボ・生活習慣病を治癒させる薬(ホルモン)が発見され、薬品化及び発売も真近だそうです。
 
 それがアディポネクチンです。日本発の薬剤でうれしいことです。
 アディポネクチンは1996年に発見されました。
 発見者は、大阪大学医学部・分子制御内科の松澤佑次先生(現在は住友病院院長)の研究グループです。
 2003年に東京大学大学院医学研究科・代謝内科研究室で、それがホルモンであることが証明され、薬品として世に出たホヤホヤのものです。

 身体の脂肪といえば、これまでエネルギーをため込む貯蔵庫の役目をする。
 食べ過ぎると脂肪細胞が脂肪を貯め込んで太ると考えられていました。
 阪大・東大の研究で、脂肪細胞は生理活性物質を分泌していることが分かりました。
 分泌する物質には、善玉・悪玉の2種があり、内臓脂肪型の肥満では悪玉物質を盛んに分泌し高血圧・糖尿病を起こすことになります。
 痩せると、善玉すなわちアディポネクチンが分泌され、悪玉は減少します。
 善玉と悪玉の分泌量は反比例です。
 善玉のアディポネクチンを薬剤として投与すれば、糖尿病・高血圧の根本原因が解決されるのです。

 慶応義塾大学医学部老年内科が東京都内の百寿者の調査をしました。
 100才以上の女性66人のアディポネクチン平均値は20.3μg/mlに対し、若い女性66人の平均値は10.8μg/mlでした。
 アディポネクチン値が高いからこそ100才の長寿を保てるとも言えます。

 あるクリニックでの数字です。
 アディポネクチン値の一番低い人は1.7μg/mg 高い人58.5μg/ml。
 男性平均値は8.3 女性平均値は12.5です。
 女性のアディポネクチン量は、男性の約1.5倍もあります。
 女性の平均寿命86才、男性平均寿命78才と差があるのは、アディポネクチン量に差があるからだとも考えられます。

 また興味深いのは、男性も女性も年をとるとアディポネクチンの値が目立って高くなることです。
 男性の場合30~74才の平均値に比べ75才以上の人の値は1.8倍も高くなっています。
 アディポネクチンの少ない人はその年令まで生きることができないのかもしれません。
 女性が男性より長生きなのは、アディポネクチンの量が多いからだとも言えるでしょう。

 岡部正さんというお医者さんの本ではこんなことが書いてあります。
 私のクリニックでアディポネクチンを測定した800人のうち、低アディポネクチン血症と呼ぶ4μg/mlの人は男性32人女性7人でした。
 その患者のご両親の死因や病気について教えて頂いたのですが、低アディポネクチン血症と判定された女性7人のうち4人は、両親のどちらかあるいは両親ともガンでした。
 低アディポネクチン血症と判定された男性32人のうち14人は両親のどちらかが心筋梗塞を起こしていました。
アディポネクチンの値が男性の平均値8.3, 女性の平均値12.5より低い人は、低アディポネクチン血症と呼ばれなくても、予防に真剣に取り組むべきです。

以上の話はアディポネクチン含有薬品が存在しないとき書かれたものです。
2008年10月には、健康食品として「アディポリック」を原料に使った商品を開発したとして販売されるそうです。

140才の健康長寿をキーワードとして勉強していますと、新知識にいろいろ出会い、古代フンザ王国人・ビルカバンバ人の寿命を超えることは、夢ではないと、確信が持てます。

生命必須元素を欠かさず摂取し、生モノを食べ酵素の十分な補給をし、アディポネクチンを摂れば、メタボの私も100才は行けそうに思います。そしてボケないよう勉強し、生甲斐として成長・貢献を目指そう!
コメント (1)

中国人は骨粗鬆症にならない

2008-09-12 10:50:56 | 健康
中国人は骨粗鬆症にならない2008/09/12
「フィット・フォー・ライフ」という健康栄養学の本があります。
 欧米で1200万部のベストセラーで、欧米の食習慣を変えさせています。
 翻訳本は2006年グスコー出版発行@2100円です。

 この本の終章にコーネル大学・イギリスオックスフォード大学・中国政府の共同研究「チャイナ・ヘルス・プロジェクト」の統計が出ています。
 この項目に書かれている解説です。
***************この本から引用***************
中国人のカルシウム摂取量はアメリカ人の半分以下。しかも中国人はほとんど牛乳を飲まないにも拘らず、骨が丈夫で、中国では骨粗鬆症という言葉自体がないほどだ。
 動物性タンパク質を摂れば摂るほど尿として失われるカルシウム量が多くなる。
 キャンベル先生は次のように述べている。
 「皮肉なことに、骨粗鬆症はカルシウムの摂取量が最も多い国に生じる傾向がある。
 しかもそのほとんどがタンパク質の豊富な乳製品から摂取されている。
 実は、中国のデータが示しているように、人間は、私たちが考えているよりも少量のカルシウムしか必要としていない。そしてその必要十分な量は野菜から摂ることが出来る」

 近年明らかにされてきているどの研究結果も骨粗鬆症の原因はカルシウムの摂取量が不足しているのではなく、動物性タンパク質・精製穀類・加工食品などの摂りすぎ、カフェイン・アルコール摂取の悪習慣・運動不足にあることを証明している。また、牛乳をはじめとしたカルシウム補助剤を摂取しても、体の役には立たないことも証明されている。

 アメリカでは牛乳は最も政治と結びついている食品で、年間30憶ドルも政府から助成金を受けている。・・・・・・・・・・
************************引用終わり********************
テレビでは、三笠フードが転売したカビ米を大悪事と叩いています。
 
原料にカビがあっても、アルコール発酵させるとき、好気性麹菌は自分の栄養としてそのカビを食べて消化してしまうと私は直感的に思います。出来上がった焼酎には、カビ・あるいは毒素はないでしょう。
生物の働きを、単なる足し算のように考えるのは、大学受験に必要ないと切り捨てた地学・生物無知人間ばかりだからと感じます。
 酒造会社も客商売ですから、反論出来ず、製品回収していますが誰か権威ある人が、安全だと一理屈論争して欲しいですね!

 このカビ米問題に比べて、与える害毒の多いのは、「牛乳に相談だ」とか、先生が出てきて「牛乳を飲みなさい」とかいうCMです。

 学校給食で、子供たちをアトピーや骨粗鬆症予備軍にするだけでは飽き足らず、害があっても儲かればいいのだという牛乳産業の宣伝活動は、恥ずかしいを通り過ぎてあほらしく可哀想にも感じます。

 テレビでは、グルメ番組が多いです。金も掛からず視聴率も高いからでしょうが、これこそ亡国番組と思います。
 あんな食事だと、酵素不足・ミネラル不足で病気が待っています。

 牛乳を止めましょう。
 ヨーグルトも止めましょう。
 焼肉・すきやき・ハムソーセージも止めましょう。
 マグロなど高級お魚料理も止めましょう。

 それから人間らしい身体が始まります。

 まだ、ウナギの産地偽装が報道され、糾弾されています。
 中国産というより、四国四万十川産の方が美味しそうに感じます。
 夢を与えて呉れていると考えればいいではないか?
 栄養に変わりがあるわけでもないし。
 不当に高く売っているのなら、その差額の10倍を罰金とするのはどうでしょう?
 不当表示は、化粧品や薬品の方がひどいとおもいますがどうでしょう?

 疲れて、アリナミンですっきりする筈もないと思うのですが?
 ブルーベリーやルチンなどで本当に眼が良くみえるのだろうか?

 中小企業・食品は攻撃し易く、ニュースにし易いのでしょうね?
コメント (2)   トラックバック (1)

魚鱗癬2008/08/27

2008-08-27 10:31:01 | 健康
魚鱗癬2008/08/27
 今日は、70才の誕生日。朝から冴えています。
 朝のテレビで、引っかかる事があって、考えています。
 24時間テレビの予告編ですが、難病「魚鱗癬(ぎょりんせん)」を取り上げていました。
 10才位の男の子が、魚の鱗(うろこ)のようになった腕の皮膚を剥がしています。顔もひどい日焼けのとき皮がむけるように、捲れています。
 アナウンサーは「難病に負けず、テレビカメラマンになるという希望を持っている少年に、夢を叶えてやる企画だ」と言っています。

 かわいそうだと同情するけれど、病気に対してもう少し考え、実験を提案など欲しいと感じました。
 ウィキペディア(インターネットの百科事典)には、この病気は次のように書かれています。
 先天性(遺伝性)魚鱗癬
尋常性魚鱗癬
常染色体優性遺伝形式をとる。生まれた時は症状がないが、乳幼児期になってから発症する。ほぼ全身の皮膚が極度に乾燥し、特に四肢の伸側と下腿の前面に強く出る。肘窩・膝窩・外陰部には発疹が生じない。皮膚症状は夏に軽快し冬に増悪する。カサカサであるため、汗をかくと症状が軽快したりするが、汗が出にくい場合が多いため、体温調節が難しく、夏場は熱中症になりやすく、冬は角化による亀裂により歩行に支障が出る場合もある。また、成人になると自然軽快する場合もある。アトピー性皮膚炎を合併することがある。治療はサリチル酸ワセリン・尿素軟膏・ビタミンA軟膏を使用する。難治性。鮫肌とは全く別のものである。
伴性遺伝性尋常性魚鱗癬
男児のみ。やはり、生まれた時は症状がないが、乳幼児期になってから発症する。肘窩・膝窩にも発疹が生じるという違いがある。

私はこう思うのです。
原因が分らないので、先天性・遺伝性 などと現代医学は言います。
昔はそんな病気が無かったのだから、昔のような生活をさせてみたらどうだ。
特に食生活は、昔と大きく変わっているのだから、食生活だけでも昔風にすることは、病気の原因を追究するにも役立つ筈だ。
今、酵素・生命必須元素(ミネラル)の勉強をしている私には、この症状は、ポテンジャー・キャットそのものと思えて、何故酵素のことを、ミネラルのことを、調べないのか?と、はがゆくなります。

グーグルにはこんな記事もありました。
乾癬魚鱗症の人の食餌
森下敬一博士の『血液とガン』66pに面白い記事が載せられてます。要約してみましょう。
60年ほど前にインド国立栄養研究所のマッカリンソン博士のグループによる2年7ヶ月という長期の研究です。
フンザというヒマラヤ、カラコルム山麓の小国では120歳で農作業をし子供生むことが出来るという驚くほどの長寿健康地域です。ここではチャパティという精白してない雑穀パンを主食にして、杏や生野菜を常食にしているとのことでした。

研究は
ネズミをそれぞれ千匹づつ、ABCに分けて飼育するのです。
Aにはフンザと同じ食餌を与え
Bには通常のインド食、(日本人も此の部類に属す)
Cには英国食、つまり白パン、砂糖のはいった紅茶、缶詰の肉などを与えました。
2年7ヶ月というとネズミは人間に比較して60歳ほどだと言います。
Aは100%異常なし、
Bは胃腸障害、脱毛、虫歯、肝臓腎臓炎症、皮膚障害に罹った。
Cは病的変化が急速に現われ、精神異常を起こした。飽食しながらも共食いを始めた。
と言う結果が出たのです。

Cのイギリス食は日本の現在のレストランばかりか、家庭でも摂取している食餌なのです。
此の記述を知ってみるといかに食生活が大切かが解るものです。
健康が大切な理由は、身体は魂の入れ物だからです。魂の学びをするために人生を頂いているからです。
神社仏閣教会で手を合わせることが大切ではなくて、健康な体で心を安定させることが大切であり、はつらつとして、社会のお役に立ち、苦しむ人々を少しでもお手伝いすると言うことが、人生を深めることになるのです。

ですから健康な生活をすることは神に感謝の行為であり、健康な生き方を見せることが本当の先祖供養であると言うことです。お寺やお墓に供えた食べ物が減ったのを見たことはありますか?減るのは積み上げられたお金だけですよ。

さて乾癬に成っている人を見ると、膵臓疲労や肝臓疲労が見受けられます。
そこで食べない方が良いものは前掲しましたので、
膵臓に良い料理
肝臓によい料理
を述べてみましょう。リンクして下さい。

これは、ポテンジャー・キャットのねずみ版です。
調理し熱を加えて、食物酵素を殺してしまった食事では、猫でも鼠でも人間でも、代謝酵素が不足して、代謝が上手く出来なくなるのです。

生物の身体のなかの化学作用は、酵素が行っています。一種類の酵素は代謝の一工程だけの触媒として働きます。
代謝酵素は10,000種類以上あって、平行して同時に10,000種類もの代謝を身体のなかで行っているのです。

食物酵素の含まれない、牛乳・肉・野菜を食べている文明人?は、酵素・ミネラル不足から、一部の代謝不能に陥り、その結果が「難病」「奇病」と私は感じるのです。

私達は加熱調理していない食物を食べる必要があります。
生肉・生魚・生野菜・生果物・納豆・生卵
そんなに難しいことではありません。
生肉は、「ユッケ」「レバー」など韓国料理店で、いくらでも食べられます。
生肉だけを食べるエスキモーには、メタボもビタミンC不足の壊血病もありません。

魚鱗癬(ぎょりんせん)には、「ユッケ」「レバー」を実験しましょう。
難病・奇病には「納豆」「生卵」を食べてみましょう。

昔、糖尿病で市立病院に通ったとき、お世話になった栄養士さんは、患者が屁理屈を言うと、カルテに書き込み、医者に私を叱らせました。あの栄養士さんはこの話に納得しないだろうな? 
コメント (1)   トラックバック (2)

21世紀の酵素補給法

2008-08-20 16:40:27 | 健康
酵素を作って補給する。2008/08/20
 調理した食べ物には、酵素が含まれていないため、そこから潜在酵素の過剰使用が始まり、膵臓は2倍にも肥大し、生活習慣病・アレルギー・関節炎・肥満・ガンを起こしています。

 かって万能薬としても用いられていた生の牛乳
 1908年発行 C・S・ポッター博士著「慢性病の薬としての牛乳療法」という本があります。当時は牛乳は商品ではなく、それぞれの家で牛を飼い、自分達の家族のための、飲み物やバター・チーズの材料でした。牛たちは自然の草を探し牧草地や森の中を歩きまわっていました。
 その本によれば、肥満で便秘の毒性のある人は、36時間フルーツ・ジュースだけの食事を摂り、最低4週間1日1ガロン半(5.7リットル)飲めば、結核・リューマチ・腎臓病にも効果あり と書いてあります。酵素の効果があったのです。
 
 人間が都会に住むようになって、牛乳は商品となり、牛にはより多くの牛乳を搾りとるために、人工的な餌が与えられるようになり、またバクテリアによる汚染の問題も起こるようになって、短時間の高温消毒が行われるようになりました。その結果、牛乳の酵素は失われ、薬としての効果など言われなくなりました。
 なおかつ、現代では、乳脂肪の固着を嫌って、ホモジナイズ加工(脂肪粒をスクリューで粉砕し酸化させる)され栄養分もないアレルギー原因物質になってしまいました。

 調理された食品・食物酵素のない食事ばかりしているとどうなるか?と言うと、結果はポテンジャーさんの猫です。
 関節炎・肺炎・糖尿病の増加・メスは凶暴に・オスはおとなしくなり、3代目でもう子供は生まれません3代目には95%がアレルギーになりました。
 3代目は足長く、あご小さく、顔長く、目が悪くなりました。
 人間がこれ以上増えないための神の配慮かもしれません。自殺の多いのも酵素減少の一つの結果かもしれません。

 私達は意図して、酵素を摂らなければなりません。
 果物・野菜・生肉・生卵・納豆を食べようと提案しましたが、一つ問題は摂取カロリーが増えそうなことです。
 街には酵素食品と名のつくサプリメントも色々売られています。
 これを酵素補給の手段としようかと考えましたが、これも駄目です。
 と言うのは、日本では液体詰め物は法律で規制され、食中毒防止のため、すべて熱処理され保存料を混入されているのです。

 フレッシュ・ジュースと名が付いていても、加熱殺菌され栄養素は生き残っても、食物酵素は皆無なのです。
 ○○酵素として、高価で売られていても、酵素は死骸しか入っていないのです。

 いろいろ興味を持って見ていると、これだというものがありました。

 それは、自家製ぶどう酒をつくり、熱処理しないまま飲むことです。

エコパラダイスペール (10L)
これは虎杖菌(こじょうきん=いたどりきん)と名付けた北海道の土壌から見つけられた麹菌です。これを練りこんだポリバケツですが、虎杖菌は生き残り定着しています。
虎杖菌は、強い好気性菌で周りの嫌気生菌を制圧します。
 そのため以下書いてあるような現象があります。

1週間、生ゴミを入れ続けても臭いません。鮮度保持効果もあり、米・糠ミソの保管に最適です。水道水を入れておけば、臭みが和らぎ、まろやかに(お茶やコーヒー等に)。醗酵促進効果を利用して漬物樽としても有効です。

ワイン(発酵飲料)もできます。干しぶとう500g、水6リットル、砂糖1kgを入れ、1日1回かくはんするだけで、2週間で完成。
販売価格:2,835円(税込)
 砂糖は身体に悪い。メタボの原因だとされますが、砂糖を虎杖菌に食べさせ、その産物たる酵素をとることは、カロリーも少なく、21世紀の酵素補給法だと、大声で宣伝したいです。

小倉南区モノレール志井駅前「ハイジの里」で売っています。
遠方の方は、私に一報頂ければお送りします(送料500円)

昔の花登 筐(星百合子のだんなさん)の小説で「ほそうで繁盛記」というのがありました。その中のエピソードです。
豆腐屋の息子の大学生が招集されて、満州に行きます。転戦、転戦で皆弱り、無人の城を陣地にします。大豆があったのでそれを煮たり焼いたりして食べていましたが、ビタミンC不足から壊血病が流行りだします。
主人公は、大豆から「もやし」を作る発案をし、壊血病は撲滅されました。
彼は、好きではなかった豆腐をそこで造り、喝采を受けます。そして復員後は立派な豆腐屋になります。

以上思い出しばなしですが、この砂糖から酵素を作ることに似ているなと感じました。

 有用だが今の利用法では限界のあるものを、新たな何かを加えて変質させ、より価値のあるものに仕上げる感覚がうれしいです。

 精糖会社は、砂糖の新しい活用分野だとして、このエコパラダイスペールを生かしませんか?
 健康志向でロハスな21世紀人に受け入れられそうな商品と思いますけれど?

 私は4月に、エコパラダイス・ペールを手に入れ、乾しブドウと白砂糖でワイン風味酵素を造り始めました。2週後から飲みはじめました。途中ほったらかしでしたが、4ヵ月後の今も飲めます。少し渋くなった気もしますが、炭酸で割ると夏の大人の飲み物です。
 腐るかなと心配しましたが、さすが好気性菌虎杖菌です。腐敗菌を寄せ付けないです。

 「140才まで生きよう」と声を挙げ、白い目で見られることも多いのですが、この「酵素」の考え方に出会って、140才は本当に可能だと確信しました。

 今日8月20日、産婦人科の医療事故について裁判があります。
 病気になって、それを医者に治療してもらう。医者が失敗したら訴訟をする。
 そんな考えより、病気にならないことを考え、医者に掛からないような身体を作ることを考えたいですね。
 医者は昔習ったあたりさわりのない治療をするだけです。症状を軽くするだけです。
 医者に、「酵素の重要性」「金属タンパク質」「植物由来ミネラル」などの考えを広める方法を探して欲しいな。
コメント

酵素は21世紀の健康法

2008-08-20 11:57:39 | 健康
酵素は命そのものです。2008/08/20
ミネラル(生命必須金属元素)は、身体の中で、金属タンパク質となって、身体の化学作用を掌る高性能の触媒となる。ミネラル不足からこの化学反応に不都合が起きる。これが体調不良・生活習慣病の原因だと私は解釈していました。
 勉強していると面白いですね。
 生物の化学作用は、すべて酵素を通じて行われ、ミネラルは酵素を作る必須原料というのが、正しい認識のようです。ミネラル不足は酵素の働きを不全にし、その結果が病気のようです。

 1・酵素の概念
 酵素は、①消化酵素②代謝酵素③潜在酵素④食物酵素の分類があります。
 (エドワード・ハウエル著 酵素栄養学ENZYME NUTORITION)
消化酵素は、アミラーゼ・マルターゼ・プロテアーゼなどがあり、唾液・膵液・腸液・胃液などに含まれ、それぞれ特定の物質、デンプンやタンパク質・脂肪などを分解し、人間が吸収出来る物質にします。
 代謝酵素は、未知のものも含めて10,000種類以上あり、人間の代謝の化学作用を分担します。一つの酵素は特定の一つの化学作用のみを行います。
 だから、体内では、何千種類もの化学作用が同時に混乱することなく行われているのです。
 例えば、おちんちんの立つのは、毛細血管を収縮させる酵素の働きです。
 インポテンツの人がこの酵素を注射すれば、可能になる療法もあります。
 潜在酵素は、人間が生まれながら一生分持っている代謝酵素消化酵素の素(もと)であって、必要に応じ消化酵素にも代謝酵素にも作りかえられます。
 これは膵臓(すいぞう)の働きです。
 原始的な生肉を食べ生野菜を食べる生活なれば150年分の潜在酵素はあると言われます。
 アンデルセンの童話に「神様の家で、ロウソクが長いのや短いのが沢山たっていて火がついていました。このロウソクはお前の寿命だと言われました。眼を盗んで近くの長いロウソクを切って自分のロウソクに継ぎ足し、長生きできると喜んでいたところ、自分の家に帰ると元気だった子供が危篤になっていました」
 潜在酵素はこのロウソクの話のようですね。
 食物酵素は食物のすべてに含まれていて、肉ならば肉を消化する酵素、果物ならば果物を消化する酵素をそれぞれ持っています。自殺用の手榴弾を常に持ち歩いている兵隊さんのようですね。
 生で食べれば、この食物酵素が働き、特別な消化酵素がなくても消化できます。
 酵素はタンパク質の一種であって、熱に弱いので、50℃を越えると能力を失います。
 調理され、熱を加えられた食物には、食物酵素はありません。
 人間は潜在酵素を消化酵素に作り変えて、食べたものを消化します。

 文明社会になり、調理した食べ物を食べるようになって、病気が増えてきました。酵素が不足し、命のロウソクが速く燃えるようになったのです。

 エスキモーは、生肉のみの生活ですが、肥満にもメタボにもなりません。酵素が十分だからです。

 生の牛乳・バターを常食していた、ロシアのダゲストという地方では、100才以上の人が沢山いました。
 牛乳を殺菌消毒する文明社会になりました。酵素のなくなった牛乳・バターを食べる人たちの寿命は短くなり、長寿の調査も終わりました。

 食物酵素は、熱を加えない食品にあります。
 私達は、それらの食品を欠かしてはいけません。
 それは、果物・生野菜・納豆・味噌・醗酵食品・生肉(ユッケ)・生卵
などです。

 これらの食物酵素のある食品を食べることにより、潜在酵素の無駄な消費を避けられるのです。勿論 暴飲暴食 を止める。腹6分目で生きる ことが健康長寿の要です。
 私達は、朝昼晩の三食が、理想と思い込んでいます。
 100年前には昼夜の二食が全世界の習慣だったそうです?
 エジソンがトースターを発明し、売り出しました。売れ行きは良くありません。
 エジソンのトースター販売戦略は、「朝食は必要。文明人は身体つくりが基本
食事を楽しもう。朝食はトースターで文明的に」でした。
 今私達が2月14日にチョコレートを買うように、アメリカ人はトースターを使い電力を無駄に消費し始め、私たちも真似をしているのです。
朝飯を止めましょう。コンビニ食を止めましょう。生ものを食べましょう。
コメント

ポテンジャー・キャット

2008-07-15 14:14:19 | 健康
ポテンジャー・キャット2008/07/15
1945年 アメリカの口腔外科医ポテンジャーさんは、ネコを使った実験をしました。
生ものを食べる習慣のネコに、調理した餌を与える実験です。2代目・3代目と継続しましたところ、3代目では受胎しにくく、流産しやすい虚弱体質で、関節炎・肺炎・糖尿病の増加、メスは凶暴に、オスはおとなしくなりました。

3代目のネコは視力の低下が激しく、顎の発達が悪く細長い顔になり、手足が長く特に後ろ足が長くなりました。
 アレルギーは、初代15%、2代目50%、3代目95%と増加しました。

現代日本の子供・若い人に酷似しています。

これは、酵素が減少するとどうなるか?と言う実験でもあります。
酵素はタンパク質から作られる触媒のようなものです。元がタンパク質ですから、熱に弱く、50℃で酵素の能力が失われます。

酵素というと、アミラーゼなどの消化酵素を思い浮かべますが、人間の体内では消化酵素は8種類だけで、代謝酵素と呼ばれる生命活動を担う酵素は現在5000種類が知られており、研究が進むに従い10000種類を超えるだろうとされています。

調理した餌には、酵素がない。外部から酵素が入って来なければ、動物の生命活動そのものが危機に瀕するのです。

酵素は、DNAの指令により作られるのですが、動物の生命活動すべてを賄う量は体内で作るだけでは間に合わないのです。

納豆・漬物・生肉・生野菜を食べることにより補給されていたのです。

ミネラルが大切、ビタミン・でん粉・タンパク質・脂肪があれば栄養は充分と思い込まされてきましたが、酵素が無ければ栄養分から、必要なものは作れないのです。
コンビニ・ファストフードの調理済み食品に頼っていると、ポテンジャーさんのネコになってしまいます
コメント