朝礼の話題

見たり読んだりして、感じたことを朝礼で話しています。この頃は仕事の話は少なくなりました。

韓国人の正直さ

2016-10-13 03:19:33 | 21世紀
韓国人の正直さ
2016/10/13
韓国の妻は、夫に来たメールや手紙を勝手に開けて読んじゃいます。要するに夫と妻は一心同体なんです。混じり合って初めて夫婦だと。
 夫婦でなくても韓国では「礼儀なし」=「親しい」となります。礼儀があったらそれは親しくないということだと考えるわけです。
 隣りに住んでいる韓国人が留守中に来て冷蔵庫の物を勝手に持っていっちゃうなんてのは平気です。それが親しみの証だからです。
 同室の他人の歯ブラシも平気で使うし、パンツも平気ではきます。要するにそれは「チング(友達)」だということ、そしてそれを怒るのは友達じゃないということなんです。
 韓国の夫婦では、挨拶もないし、感謝の言葉もないそうです。そんな他人事は夫婦の一心同体に反するのです。
 韓国は国としても、日本に失礼な行為・言葉が多いですが、彼らは、日本を親友・親しい間柄と考えてしている事ではないでしょうか? そう考えると、彼らは正直で自分たちの考える事をそのまま表現していると見るべきでしょうか?
 留学生の韓国人学生が、下宿に来ると冷蔵庫でもどこでも開けて勝手に取ると、嘆いている人がいました。親友となると、遠慮などせず、やりたいように行動するのが親しさの表現と考えているのです。
 グーグルでは、こんな記事もあります。
 朝鮮社会は、日本以上に上下関係にこだわる。目上、目下の関係は社会秩序を維持する上で絶対的なものとされる。
朝鮮の礼義正しいというのと、日本の礼義正しいというのは、かなり違う。
たしかに祖父母や父母や目上への礼、尊敬語の使い方などでは、日本人よりもきちんとしている。
だが朝鮮半島人にとっての礼儀正しさといえば、すべからく家族や社会の下の者が上の者に対しての礼義正しさであり、日本人のように下の者にまで、上下を問わず礼義正しさを示すことはない。
上位者が下位者に横柄な態度をとるのも、儒教社会では立派な礼義=秩序。
だから目下に対しては礼を尽くさないということも起きてくる。
弱い者には辛く当たり、強い者には媚びる。
目上の者は目下の者に対して、へりくだった態度を見せてはいけないと考える。
そうでなければ、上下関係が乱れてしまうから。
儒教という長幼の序とはそういうこと。家族、社会、国家レベルでの上下の秩序が一貫して整然と守られていることが儒教社会の理想なのだ。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 寿命格差 | トップ | 公平 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL