観測にまつわる問題

次「パリ協定」「サイバー防衛」「ロシア」次「保守」仕込中「出生率」「諜報」「WTO」「報道」「健康」「自民党」

マケイン氏も日韓合意の重要性に「完全に同意」

2017-05-18 21:29:35 | 日記
マケイン氏、慰安婦問題の日韓合意の重要性に「完全に同意」 河井補佐官と協議(産経ニュース 2017.5.18 09:39)

>訪米中の河井克行首相補佐官は17日、共和党重鎮のマケイン上院軍事委員長と会談し、核・ミサイル開発を進める北朝鮮に対し、「今は北朝鮮と対話する時期ではなく圧力を強める時期だ」などとする安倍晋三首相の意向を伝えた。

>両者は北朝鮮核・ミサイル開発に対処するため日米韓3カ国の協力が重要であると確認。河井氏が慰安婦問題に関する日韓合意の重要性を指摘したのに対し、マケイン氏は「完全に同意する」と応じた。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は日韓合意の見直しに言及している。 

慰安婦合意の遵守を安倍首相を強調するのは、寧ろ韓国を思ってのことなのだと思います。安倍首相は最終的かつ不可逆な合意に関して、当然再交渉を一切する気がないのですから、韓国のことを考えるなら、合意を破ってワーワー吠えて無駄足踏むよりは、国際的に広く認められた合意を守った方がいいということでしょう。第三の道もないと思います。文政権は安倍政権に合意をやぶらないようキッチリ伝えているはずです。

筆者なんかは、言うても時間の問題で破るんじゃない?と思っていますが、どうなんでしょうね?安倍首相の眼力が正しいのか、筆者の眼力が正しいのか(失礼、大変申し訳ありません)。

何故、マケイン氏なのか?そのリベラル寄りとも言われる姿勢から、そんな人でも慰安婦合意を重視してますよと伝える意味はあるでしょう。

後は自由・民主主義の価値観を強く言うタカ派の人で太陽政策を強く批判したこともあるようですから(ウィキペディア参照)、文政権に見え隠れする根強い従北姿勢・過去の姿勢を強く牽制したいのだと思います。筆者も完全にそれに同意します。筆者は文政権の果たす役割に期待はしています(そのように書いています)が、別に過去を忘れた訳でも、簡単に変わると警戒を解いた訳でもありません。簡単に圧力が解かれるようでは、北朝鮮に誤ったメッセージを送ることになりますしね。あるいは、マケイン氏がロシア嫌いの代表格であることから、ロシアを信用するなと言いたいのかもしれませんね。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 中国の夢はイラン | トップ | 総論反対のお邪魔虫は最初か... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む